油井雅和

政界やスポーツ界に新たな病がまん延しているらしい。その名は「謝ったら死ぬ病」。自らの非を認めたら、その瞬間に死が訪れると信じているような「病」。
もちろん「謝ったら死ぬ病」があるわけではない。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で使われる言葉だ。
その症状は、すぐ謝れば解決するかもしれないのに、過ちをかたくなに認めない▽問題点を追及されると、ごまかしたり無視したりする--。
なんともたちの悪い「患者」だ。

This entry was posted in Japanese way. Bookmark the permalink.

2 Responses to 油井雅和

  1. shinichi says:

    「謝ったら死ぬ病」まん延? 政界・スポーツ界に今……

    by 油井雅和

    https://mainichi.jp/articles/20180530/dde/012/040/004000c

  2. shinichi says:

    うそで日本が溶けていく

    by 与良正男

    https://mainichi.jp/articles/20180530/dde/012/070/003000c

     「私はうそをついていた」と告白するのには覚悟が要る。白状すれば信用どころか仕事も失うかもしれない。だから普通「よくぞ、うそを認めた」と評価さえする。

     ところが、その告白も「うそではないか」と私を含めて多くの人が疑ってしまう。こんな事態を一体、どう考えたらいいのだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.