北川悦吏子

正人:うん。そういうの聞くとなあ ああ女の子だなあなんてキュンとするんだよね。
律 :そんなんだから何人にもなっちゃうんだよ彼女が。
正人:てかさあ 犬飼うとするじゃない?
律 :うん。
正人:で 新しい犬来ました。前の犬 捨てる?
律 :いや。
正人:なっ。俺、そこ、わかんないんだよ。増えてくじゃん、犬。なんで女の子は、増えちゃだめなの?

正人:今、この子を抱きしめたら、絶対好きになる。抱きしめてチューしたら、もう100%好きだよ。
律 :そいでいいじゃん。恋愛ってそういうもんじゃん。
正人:自分さ、律みたいなまじめな人には分からないかもしれないけど、遊んでいるっていう感覚なくて。あー、かわいいな、好きだなと思って付き合うと、どんどんどんどん…
律 :わかった、その先はわかった。どんどん増えていっちゃうんだよな、女の子が。
正人:うん。
律 :犬みたいに。
正人:うん。
律 :新しい犬飼って、次の犬が来たから、前の犬捨てる人いないっていう理屈は前に聞いた。

律 :人間と犬が一緒はまずいんじゃないの?
正人:そっか。でも両方に愛あるよ俺。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

One Response to 北川悦吏子

  1. shinichi says:

    半分、青い。

    NHK

    by 北川悦吏子

    38話 57話

Leave a Reply

Your email address will not be published.