大柴ひさみ

日米間のビジネス、マーケティング、コミュニケーションの違いは、さまざまな機会で実感することが多いが、同じ日に日米の「PR(Public Relations)」業界の人間とミーティングを持ち、そのプラクティスと姿勢の違いに非常に驚いた。
まず最初に地元サンフランシスコでテクノロジーに特化したIndependentのPR Agencyと、ポテンシャルのプロジェクトに関してミーティングを持った。印象的だったのは「Thought Leadership」というアプローチによるPR活動である。日本ではあまり耳にしない言葉だが、米国では、マーケティング、コミュニケーション、PRなどの業務をたずさっていれば、必ず耳にするアプローチである。

「Thought Leadership」とは、単なる自社商品やサービスに関する情報ではなく、発信者が属する特定の分野において、将来を見据えたテーマや課題の解決策などを提案して、議論を巻き起こすというコミュニケーション活動をいう。発信者は、そうしたConstructiveなコンテンツを発信することによって、そうした情報に関心を持つメディアおよびそのオーディエンスとエンゲージが図れて、その分野においてReputationを獲得することが可能となる。

そのミーティングの後に、日本のテクノロジー関連のPRのベテランに、日本のPRの実情を聞いたが、そのリアリティに、唖然としてしまった。そのベテランに言わせると、昨今の日本の「Traditional あるいはConventional なメディア」は、従来型の広告出稿が減少する現状の中で、PRエージェンシーやクライアントに、最初から「枠」扱いで値段をつけて、自社のイベントやコンテンツを「広告媒体」のように販売し、従来型の広告の埋め合わせをしているという。もちろん、私もそんなにナイーブではないが、彼からその詳細なやり方を聞くと、そこまでするのかと思うほどだった。

This entry was posted in business. Bookmark the permalink.

3 Responses to 大柴ひさみ

  1. shinichi says:

    PRとは「PUBLIC RELATIONS」ってことを忘れていないか?

    by 大柴ひさみ

    https://www.huffingtonpost.jp/hisami-oshiba/prpublic-relations_b_7951804.html

    日米間のビジネス、マーケティング、コミュニケーションの違いは、さまざまな機会で実感することが多いが、同じ日に日米の「PR(Public Relations)」業界の人間とミーティングを持ち、そのプラクティスと姿勢の違いに非常に驚いた。

    その日は、まず最初に地元サンフランシスコでテクノロジーに特化したIndependentのPR Agencyと、ポテンシャルのプロジェクトに関してミーティングを持った。CEOとはもう15年以上の付き合いがあり、社員やオフィスも増えてどんどん大きくなっている。彼女の会社にはとにかく優秀な女性たちが多く、弊社JaMとのChemistryは非常に良く、一緒に仕事をしていて、とにかく気持ちがいい。彼らと一緒に実施したPRプロジェクトで、印象的だったのは「Thought Leadership」というアプローチによるPR活動である。日本ではあまり耳にしない言葉だが、米国では、マーケティング、コミュニケーション、PRなどの業務をたずさっていれば、必ず耳にするアプローチである。

    「Thought Leadership」とは、単なる自社商品やサービスに関する情報ではなく、発信者が属する特定の分野において、将来を見据えたテーマや課題の解決策などを提案して、議論を巻き起こすというコミュニケーション活動をいう。発信者は、そうしたConstructiveなコンテンツを発信することによって、そうした情報に関心を持つメディアおよびそのオーディエンスとエンゲージが図れて、その分野においてReputationを獲得することが可能となる。その1つの例としてContributed Articleといった寄稿記事の形態がある。そのSFのPR Agencyは、彼らが日ごろから密にコミュニケートして関係論を築いているパブリケーションに働きかけ、彼らのオーディエンスにとって有益な情報となりえる、意味のある記事を寄稿することによって、発信者(この場合は弊社のクライアント)の価値を高めるという活動を行った。各々のパブリケーションは、冷静にその寄稿記事の質を判断して、掲載してくれた。もちろん、記事の質も大きく影響するが、そのPR Agencyの持つメディアとの良好な関係論が大きく影響しているのはいうまでもない。

    新製品情報をリリースで流すあるいは何かイベントを実施するといった単発的&散発的なPR活動では、鮮度が落ちれば、メディアおよびそのオーディエンスからの関心度も低下する。PRすなわち「Public Relations」という名称が示すように、本来はパブリック(メディアも含む一般消費者全体)と関係論を構築する継続的な企業のコミュニケーション活動そのものがPR活動である。米国のPRSAの定義は、”Public relations is a strategic communication process that builds mutually beneficial relationships between organizations and their publics.”と非常にシンプルである。日本では、なぜか「PRする」という言葉が「広告宣伝する」という風に捉えられて、そのような意味を持って一般に使用されている。米国は「Advertising」や「Promotion」と「PR」を明解に分けており、こうした用語使用と認識の違いが、日米のPR Agencyの動き方にも相違点を生み出していると思う。

    確かに「Thought Leadership」というアプローチは時間と手間がかかり、すぐに目に見える効果が出にくいが、「深度のある質の高いエンゲージメント」へつながる可能性は大で、コミュニティの中で影響力のある人へのリーチアウトが可能となる。また鮮度に左右されないコンテンツは、何年たっても納得させるだけのStrengthを持ち、発信者の信頼性は揺るがない。ポイントは、ターゲティング・オーディエンスが、その発信するコンテンツを「Social Currency」としての意味を認めて、コミュニティにシェアしたいと思うかどうかである。

    その日はそのミーティングの後に、日本のテクノロジー関連のPRのベテランに、日本のPRの実情を聞いたが、そのリアリティに、唖然としてしまった。そのベテランに言わせると、昨今の日本の「Traditional あるいはConventional なメディア」は、従来型の広告出稿が減少する現状の中で、PRエージェンシーやクライアントに、最初から「枠」扱いで値段をつけて、自社のイベントやコンテンツを「広告媒体」のように販売し、従来型の広告の埋め合わせをしているという。もちろん、私もそんなにナイーブではないが、彼からその詳細なやり方を聞くと、そこまでするのかと思うほどだった。

    コミュニケーションビジネスの環境は激変している。「悪魔に魂を売り渡す」ではないけれども、一度深い底まで落ちてしまうと、這い上がるのには、物凄い体力がいる。綺麗ごとだけではすまされないが、「正攻法」の底力は必ず結果を生むと思う。

  2. shinichi says:

    What is thought leadership? 20 of our favourite quotes

    by Steve Pell

    http://thoughtleadershippartners.com/what-is-a-thought-leader/

    1. “Thought leaders are the informed opinion leaders and the go-to people in their field of expertise. They are trusted sources who move and inspire people with innovative ideas”
    – Denise Brosseau

    2. “Thought leadership should be an entry point to a relationship. Thought leadership should intrigue, challenge, and inspire even people already familiar with a company. It should help start a relationship where none exists, and it should enhance existing relationships.”
    – Daniel Rasmus

    3. “Thought leaders advance the marketplace of ideas by positing actionable, commercially relevant, research-backed, new points of view. They engage in “blue ocean strategy” thinking on behalf of themselves and their clients, as opposed to simply churning out product-focused, brand-centric white papers or curated content that shares or mimics others’ ideas.”
    – Craig Badings and Liz Alexander

    4. “Thought Leadership is simply about becoming an authority on relevant topics by delivering the answers to the biggest questions on the minds of your target audience.”
    – Michael Brenner

    5. “A thought leader is someone who creates something before people realize that they need it. Best example, of course, is Steve Jobs. Richard Branson too.”
    – Guy Kawasaki

    6. “Thought leaders do not become thought leaders by trying to be one; that’s an external focus that only satisfies the ego and blocks true enlightenment on any subject. A thought leader has a singular, internal focus on achieving mastery of a particular discipline.”
    – Sam Fiorella

    7. “A thought leader is someone with proven expertise and experience who isn’t afraid to share it with the world without direct compensation.”
    – Jay Baer

    8. “A thought leader is true to themselves even when others might laugh, disagree or nay-say. They actually walk their talk. Be an original, share your enthusiasm, educate yourself on your industry, make enough room for others, be open to criticism and don’t get short-sighted.”
    – Jessica Northey

    9. “A hallmark of true thought leadership is the confidence to take the route that 99.9 percent of industry experts don’t even see. Will you?”
    – Craig Badings and Liz Alexander

    10. “Thought leadership is at the centre of a strong executive-positioning plan. It focuses on an idea or problem that you are passionate about, and that you will continue to be passionate about no matter what industry you work in or job you have.”
    – Cheryl Kim

    If you’re enjoying this article, you might like our weekly reading list of marketing ideas worth talking about: Subscribe to the weekly reading list here

    11. “Thought leadership is the perceived advantage a company achieves in the minds of its stakeholders in relation to a theme or topic that is of central importance to its business. Thought leadership is a perishable perceptual grant by your stakeholders.”
    – Andrew Lark

    12. “To me, Thought Leadership is all about having the answers to the biggest questions on the minds of your buyers. It can also include your unique perspective on hot topics relevant for your customers. The key here is that the agenda is set by your audience. They determine what is important. It can be difficult to give up this control over to your buyers. But the fact is that they already have the control. And we can all benefit when we allow our audience to set the agenda and then just go with it.”
    – Michael Brenner

    13. “Thought Leadership is establishing a relationship with and delivering something of value to your stakeholders and customers that aligns with your brand/company value. In the process you go well beyond merely selling a product or service and establish your brand /company as the expert in that field and differentiate yourself from your competitors.”
    – Thought Leaders International

    14. “Thought leaders ask “why?” a lot more than “what?” or “how?” Are you asking the right questions at the start?”
    – Craig Badings and Liz Alexander

    15. “Thought Leadership is the ability to aggregate followers around ideas to educate, influence and inspire.”
    – Jeanine Moss

    16. “…a distinguishing characteristic of a thought leader is the recognition from the outside world that the company deeply understands its business, the needs of its customers, and the broader marketplace in which it operates.”
    – Elise Bauer

    17. “The giving—for free or at a nominal charge—of information or advice that a client will value so as to create awareness of the outcome that a company’s product or service can deliver, in order to position and differentiate that offering and stimulate demand for it.”
    – Rolf Jester

    18. “To be a company that exemplifies thought leadership, you need to have an idea engine, a concept forge, AS WELL AS an outward-leaning communication stance combined with a desire to raise the playing field – a capability to not only learn new things, to not only discover them for the first time, but to educate others – selflessly.”
    – Tom Paul

    19. “Thought leadership is a way to build a relationship with prospects based on knowledge—not on products and services.”
    – Chris Koch

    20. “Thought leaders are brave; explore areas others don’t, raise questions others won’t, and provide insights others can’t.”
    – Craig Badings and Liz Alexander

    21. “Thought leadership = crazy ideas + inevitability”
    – Steve Pell

  3. shinichi says:

    三浦恵次

    http://www.kushima.org/is/?p=35056

    困ったことに、日本人には PR ということがわからない。「弘報」「報道」「情報」「渉外」「秘書」という字が当時 PR に充てられた日本語であった。
    GHQ は、1949年の夏、CIEO 主催による日本で初めての広報講習会(PR 技術研修会)を開催し、政府がその活動についての情報をいかに円滑に国民に伝えるかということを示そうとした。この講習会の記録「広報の原理と実際 (Principles and Techniques of Public Information in Japan)」には、インフォメーションとしての広報が強調されている。しかしそこでの原理は、アメリカという社会を基礎としているものであって、それまでの日本における「天皇の官吏」としての政府・政府機関、あるいは国民を前提にしてのものではなく、更にはそれらを問い直すことも示されなかった。特殊な状況下にあった日本政府・国民という考えが抜け落ちたまま、アメリカの社会を前提にして、話が進められたのだ。そしてまた、日本側は、日本の特殊性の中でしか物事をとらえることができない状況、つまり「官」と「公」を認識できない状況だったのである。

    http://www.koho.or.jp/useful/notes/theory/theory04.html

    **

    日本広報協会

    http://www.koho.or.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published.