吉野弘

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

4 Responses to 吉野弘

  1. shinichi says:

    祝婚歌

    二人が睦まじくいるためには
    愚かでいるほうがいい
    立派すぎないほうがいい
    立派すぎることは
    長持ちしないことだと気付いているほうがいい
    完璧をめざさないほうがいい
    完璧なんて不自然なことだと
    うそぶいているほうがいい
    二人のうちどちらかが
    ふざけているほうがいい
    ずっこけているほうがいい
    互いに非難することがあっても
    非難できる資格が自分にあったかどうか
    あとで
    疑わしくなるほうがいい
    正しいことを言うときは
    少しひかえめにするほうがいい
    正しいことを言うときは
    相手を傷つけやすいものだと
    気付いているほうがいい
    立派でありたいとか
    正しくありたいとかいう
    無理な緊張には
    色目を使わず
    ゆったり ゆたかに
    光を浴びているほうがいい
    健康で 風に吹かれながら
    生きていることのなつかしさに
    ふと 胸が熱くなる
    そんな日があってもいい
    そして
    なぜ胸が熱くなるのか
    黙っていても
    二人にはわかるのであってほしい

  2. shinichi says:

    夕焼け

    いつものことだが
    電車は満員だった。
    そして
    いつものことだが
    若者と娘が腰をおろし
    としよりが立っていた。
    うつむいていた娘が立って
    としよりに席をゆずった。
    そそくさととしよりが坐った。
    礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。 
    娘は坐った。
    別のとしよりが娘の前に
    横あいから押されてきた。
    娘はうつむいた。
    しかし
    又立って
    席を
    そのとしよりにゆずった。
    としよりは次の駅で礼を言って降りた。
    娘は坐った。
    二度あることは と言う通り
    別のとしよりが娘の前に
    押し出された。
    可哀想に
    娘はうつむいて
    そして今度は席を立たなかった。
    次の駅も
    次の駅も
    下唇をキュッと噛んで
    身体をこわばらせて—–。
    僕は電車を降りた。
    固くなってうつむいて
    娘はどこまで行ったろう。
    やさしい心の持主は
    いつでもどこでも
    われにもあらず受難者となる。
    何故って
    やさしい心の持主は
    他人のつらさを自分のつらさのように
    感じるから。
    やさしい心に責められながら
    娘はどこまでゆけるだろう。
    下唇を噛んで
    つらい気持で
    美しい夕焼けも見ないで。

  3. shinichi says:

    奈々子に

    赤い林檎の頬をして
    眠っている 奈々子

    お前のお母さんの頬の赤さは
    そっくり
    奈々子の頬にいってしまって
    ひところのお母さんの
    つややかな頬は少し青ざめた
    お父さんにもちょっと
    酸っぱい思いがふえた

    唐突だが
    奈々子
    お父さんは お前に
    多くを期待しないだろう
    ひとが
    ほかからの期待に応えようとして
    どんなに
    自分を駄目にしてしまうか
    お父さんは
    はっきり
    知ってしまったから

    お父さんが
    お前にあげたいものは
    健康と
    自分を愛する心だ

    ひとが
    ひとでなくなるのは
    自分を愛することをやめるときだ

    自分を愛することをやめるとき
    ひとは
    他人を愛することをやめ
    世界を見失ってしまう

    自分があるとき
    他人があり
    世界がある

    お父さんにも
    お母さんにも
    酸っぱい苦労が増えた
    苦労は
    今は
    お前にあげられない

    お前にあげたいものは
    香りのよい健康と
    かちとるにむづかしく
    はぐくむにむづかしい
    自分を愛する心だ

  4. shinichi says:

    生命は

    by 吉野弘

    http://www.kushima.org/is/?p=43564

    **

    漢字喜遊曲
    雪のように

    by 吉野弘

    http://www.kushima.org/is/?p=55168

    **

    祝婚歌
    夕焼け
    奈々子に

    by 吉野弘

    http://www.kushima.org/is/?p=55309

Leave a Reply

Your email address will not be published.