立命館大学生存学研究センター

難病
アミロイドーシス  HTLV―1関連脊髄症  遠位型ミオパチー  炎症性腸疾患  潰瘍性大腸炎  加齢黄斑変性  ギラン・バレー症候群  筋萎縮性側索硬化症(ALS)  筋ジストロフィー  球脊髄性筋萎縮症  クッシング病  クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)  クローン病  血管腫(angioma)/血管奇形(Vascular Malformation)  ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病(GSS)  拘束型心筋症  骨形成不全症  再生不良性貧血  再発性多発軟骨炎  サルコイドーシス  シェーグレン症候群  自己免疫性肝炎  視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica: NMO)  シャイ・ドレーガー症候群  シャルコー・マリー・トゥース病(Charcot-Marie-Tooth disease: CMT)  重症筋無力症(MG)  心筋症   神経線維腫症I型(レックリングハウゼン病)   神経線維腫症II型  進行性核上性麻痺  進行性骨化性線維異形成症(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva:FOP)  スティーブンス・ジョンソン症候群 (Stevens-Johnson syndrome:SJS)  スモン  正常圧水頭症(NPH)  成人スティル病  脊髄空洞症  脊髄小脳変性症  脊髄性筋萎縮症(SMA)  線維筋痛症  線条体黒質変性症  全身性エリテマトーデス  多系統萎縮症  多巣性運動ニューロパチー  多発性硬化症(Multiple Sclerosis: MS)  単クローン抗体を伴う末梢神経炎(クロウ・フカセ症候群、POEMS症候群)  肥大型心筋症  パーキンソン病  ハンチントン病  心筋症/特発性拡張型心筋症/拘束型心筋症/肥大型心筋症  ベーチェット病  ペルオキシソーム病  フィッシャー症候群  フォン・ヒッペル・リンドウ病(Von Hippel-Lindau disease: VHL)  複合性局所疼痛症候群 (CRPS)  膵嚢胞線維症  肺高血圧症  慢性炎症性脱髄性多発神経炎  慢性疲労症候群  ミトコンドリア病  メニエール病  網膜色素変性症  モヤモヤ病  溶血性貧血  ライソゾーム病  リンパ脈管筋腫症

This entry was posted in health. Bookmark the permalink.

2 Responses to 立命館大学生存学研究センター

  1. shinichi says:

    難病 nambyo

    立命館大学生存学研究センター

    http://www.arsvi.com/d/n02.htm

  2. shinichi says:

    (sk)

    年間人口100万人当たり1~10人程度発症する難病がたくさんある。

    そんな難病が10あれば、年間人口10万人当たり1~10人程度発症。

    そんな難病が100あれば、年間人口1万人当たり1~10人程度発症。

    そんな難病が1,000あれば、年間人口1,000人当たり1~10人程度発症。
    そうしたら、100年のあいだに、人口10人当たり1~10人程度発症。
    みんな難病に罹ってしまう。

    難病。。。
    原因が不明、なかなか治らない、とても珍しい、療養が長引く。。。
    なぜなのかという問いに答えはない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.