公安9課

デスクトップ向け

末尾 CPUの一例 説明
なし Core i7-6700 通常版CPU。
X Core i7-5960X 倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
Extremeモデル(性能も価格もExtreme)
K Core i7-6700K 倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
通常版CPUよりも1つ上のグレードに位置
C Core i7-5775C 末尾X, Kと同様に倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
S Core i7-4770S 省電力版CPU。省電力になることと引き換えに
通常版CPUよりも動作周波数がダウン
T Core i7-4770T 超省電力版CPU
末尾SのCPUよりも省電力・動作周波数がダウン
This entry was posted in globe. Bookmark the permalink.

One Response to 公安9課

  1. shinichi says:

    IntelのCPUの末尾にあるK, S, T, Uなどのアルファベットについてまとめ

    https://pssection9.com/archives/intel-cpu-alphabet-suffix-meaning.html

    Intel-6th-core

    Core i5-4690K CPU-Z

    IntelのCore iシリーズには、Core i7-6700K, Core i5-4690S, Core i5-6600Tなど末尾に「K」「S」「T」といったアルファベットが付与されており、それぞれにちゃんとした意味があります。というわけでまとめです。

    この末尾についているアルファベットがCPUの世代を示しているわけではありません。アルファベットはCPUの種類を示しています。

    デスクトップ向け

    末尾 CPUの一例 説明
    なし Core i7-6700
    Core i5-6600
    通常版CPU。
    X Core i7-5960X
    Core i7-4960X
    倍率ロックフリーを示す
    オーバークロックが可能
    Core i7 Extreme Editionの最上位モデルに付与
    性能も価格もExtreme
    K Core i7-4930K
    Core i7-4820K
    倍率ロックフリーを示す
    オーバークロックが可能
    ※Core i7 Extreme Editionの方のKモデル
    K Core i7-6700K
    Core i5-6500K
    Core i7-4790K
    Core i7-4770K
    Core i5-4660K
    倍率ロックフリーを示す
    オーバークロックが可能
    末尾なしの通常版CPUよりも1つ上のグレードに位置
    C Core i7-5775C
    Core i5-5675C
    末尾X, Kと同様に倍率ロックフリーを示す
    オーバークロックが可能
    末尾Cは第5世代CPU「Broadwell」のこの2つのCPUのみ
    S Core i7-4770S 省電力版CPU。省電力になることと引き換えに
    通常版CPUよりも動作周波数がダウン
    T Core i7-4770T 超省電力版CPU
    末尾SのCPUよりも省電力かつ動作周波数がダウン
    P Core i5-2450P
    Core i5-2380P
    内蔵GPUを搭載していないモデル
    R Core i7-5775R
    Core i7-4770R
    CPU単体では販売されていないモデル
    GIGABYTEの小型PCに搭載されている

    ちなみに、現状最新である第6世代CPU「Skylake」では末尾SのCPUはありません。

    モバイル向け

    末尾 CPUの一例 説明
    B Core i7-8700B 第8世代「Coffee Lake」から登場
    スペック等はデスクトップ向けのB通常版モデルと同一
    (Core i7-8700BはCore i7-8700とほぼ同じ)
    ソケット形状がノートパソコン向けになってるだけ
    G Core i7-8705G AMD GPUをパッケージ上で統合したCPU
    Core i7-7700HQ+GeForce GTX1060を上回る性能を実現
    8th Gen Core Processors with RADEON RX Vega M Graphics
    H Core i3-6100H ハイパフォーマンス・グラフィックス
    HK Core i7-6820HK ハイパフォーマンス・グラフィックス・倍率ロックフリー
    DELLやMSIのゲーミングノートPCに搭載
    HQ Core i7-6700HQ ハイパフォーマンス・グラフィックス・クアッドコア
    ただただハイスペック
    ハイエンドノートパソコンに搭載されている
    MX Core i7-4940MX モバイル・エクストリーム・エディション
    第4世代CPU「Haswell」まで存在
    第5世代「Broadwell」以降は末尾MのCPUは無い
    MQ Core i7-4900MQ
    Core i7-4702MQ
    クアッドコア・モバイル
    第4世代CPU「Haswell」まで存在
    第5世代「Broadwell」以降は末尾MのCPUは無い
    M Core i7-4600M
    Core i5-4300M
    モバイル
    ちょっと前のノートパソコンに搭載されていたのがこれ
    第4世代CPU「Haswell」まで存在
    第5世代「Broadwell」以降は末尾MのCPUは無い
    U Core i7-6600U
    Core i5-6300U
    Core i3-6100U
    超低消費電力CPU
    ノートパソコン搭載CPUでよくみるやつです
    Y Core i7-4610Y 極低消費電力CPU
    Surface Goなどに搭載されています
    QM  Corei7-3820QM 第3世代CPU「IvyBridge」まで存在
    第4世代CPU「Haswell」以降は末尾QMのCPUは無い

    HK, HQ, MX, MQの4つはゲーミングノートPCやメーカーが「高性能CPU」と称していて、重さが2kg以上だったり、値段がやたらと高いノートパソコンに搭載されていることが多いです。なお、最近発売された・これから発売されるノートパソコンに搭載されるのは末尾H, HK, HQ, U, YのCPUでしょう。

    「Y」は末尾にはついていないものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.