nao さん

新橋はSHINBASHIではなくて、SHIMBASI

This entry was posted in Japanese way. Bookmark the permalink.

1 Response to nao さん

  1. shinichi says:

    駅名ローマ字

    by naoさん

    https://nihongokichijoji.blog.so-net.ne.jp/2017-04-23

    久しぶりに娘と地下鉄に乗った。「青山一丁目って、ローマ字でああ書くのね。」
    と娘が言うので見ると「Aoyama-itchōme」と書いてあった。


    前に駅名のローマ字表記で、長音をŌなどと表しているのに同感したことをブログに書いたが、他の法則を気にしたことがなかった。-itchōme なんだ。

    駅名などのローマ字表記は、鉄道掲示規程(昭和22年(1947年)7月26日運輸省達第398号)の別表第10に規定された『駅名標ヘボン式ローマ字』という表記方法でかかれているらしい。
    http://officenezuka.webcrow.jp/DearNANKAI/nankai/fushigi/romaji.html
    主なルールは、下の通り。
    1 長音の符号には、ŌSAKA(Oの上に-を引いたもの)のように「-」を用いる。
    2 はねる音は、B・M・Pの前はM、その他はNを用いる。(例:SHIMBASHI)
    3 はねる音M・Nとその次にくる母音(Yを含む。)とを切り離す必要があるときは、
      SHIN-YOKOHAMAのように「-」を用いる。
    4 つまる音は、CHの前はTを、その他の場合には次にくる子音を重ねる。
      (例:KUTCHAN、NIPPORI)

    この規則だと新橋はSHINBASHIではなくて、SHIMBASI

    気にしたことはなかったが確かにそうだ。小伝馬町はKODEMMACHŌ


    長音の符号はいいと思ったが、itchōmeは違和感がある。決まりだし、友達に聞くとなぜ知らなかったのという顔をされたが。でも、やはり、この規則は変と一人で思っている。
    パソコンに入力にも不利だ。ittyoume icchoume は ちゃんと一丁目と出てきたが、
    itchome では いtちょうめ 伊t丁目になってしまう。
    ちなみに、shimbashi shinbashi は、ひらがな表記は駄目だが、漢字には変換できた。

    それにしても、日本語教育では初級の学生にローマ字表記があることをサラッと教える、後は、置いておいて OITEOITE → OITOITE など一部の縮約形を教える時くらいだった。そこまで気を付けたことはなかった。
    知らなくてヒヤッとすることが幾つになっても多い。

Leave a Reply

Your email address will not be published.