三島由紀夫

愛する者は手ぶらで愛せるが、愛される者は、永久に愛されたいと思うかぎり、永久に多少の神秘を保存しなければならない。すなわち、尻尾を保存しなければならないのです。人はわかりきったものを愛することはできません。

This entry was posted in love. Bookmark the permalink.

1 Response to 三島由紀夫

  1. shinichi says:

    不道徳教育講座

    by 三島由紀夫

Leave a Reply

Your email address will not be published.