Kahlil Gibran

If you love somebody, let them go, for if they return, they were always yours. If they don’t, they never were.

This entry was posted in love. Bookmark the permalink.

2 Responses to Kahlil Gibran

  1. shinichi says:

    ハリール・ジブラーン(Kahlil Gibran)

    (1883年 – 1931年)

    レバノン出身の詩人、画家、彫刻家。キリスト教マロン派(マロン典礼カトリック教会)信徒。

    オスマン帝国時代末期に現在のレバノン北部ブシャッレで生まれ、少年期の1895年アメリカ合衆国へ移住、ニューヨーク市で没した。

    「20世紀のウィリアム・ブレイク」とも称され、宗教・哲学に根ざした、壮大な宇宙的ヴィジョンを謳う詩や絵画を残し、その作風は後世いろいろな詩人や政治家に影響を与えた。

    世界的に著名な詩集は、1923年英語で発表された『The Prophet』(最初の構想はアラビア語で練ったといわれる)。

    また、皇太子妃だった当時の皇后美智子がレバノン大統領から贈られたジブラーンの詩集『預言者』を愛読し、相談役の神谷美恵子にも紹介。神谷が後に『預言者』の抜粋集を執筆するきっかけにもなった。

    さらに、『預言者』はカウンター・カルチャーなどにも影響を与え、ジョン・レノンがビートルズの曲 ”ジュリア ”(1968年)の歌詞に引用したりしている。

  2. shinichi says:

    相手の本音は自分に打ち明けたところにではなく、打ち明けられなかったところにある。だから、もし相手を理解しようと思うのなら、相手が言ったことにではなく、言わなかったことに耳を傾けなさい。

    昨日は今日の記憶。明日は今日の夢。
    Yesterday is but today’s memory, and tomorrow is today’s dream.

    You talk when you cease to be at peace with your thoughts.

    愛があなたを手招きしたら、愛に従いなさい。愛のやり方は、厳しく、非情かもしれないけれど。
    愛があなたを抱きかかえたら、愛に抱いてもらいなさい。翼に隠された剣で、傷つくかもしれないけれど。
    そして愛があなたに話しかけてきたら、愛の言うことを信じなさい。愛の声は、北風が庭の花を枯らすように、あなたの夢を粉々に砕くかもしれないけれど。

    Let there be spaces in your togetherness, And let the winds of the heavens dance between you. Love one another but make not a bond of love: Let it rather be a moving sea between the shores of your souls. Fill each other’s cup but drink not from one cup. Give one another of your bread but eat not from the same loaf. Sing and dance together and be joyous, but let each one of you be alone, Even as the strings of a lute are alone though they quiver with the same music. Give your hearts, but not into each other’s keeping. For only the hand of Life can contain your hearts. And stand together, yet not too near together: For the pillars of the temple stand apart, And the oak tree and the cypress grow not in each other’s shadow.

Leave a Reply

Your email address will not be published.