竹取物語

「かくあまたの人を賜ひてとどめさせたまへど、許さぬ迎へまうで来て、取り率(ゐ)てまかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にてはべれば。心得ずおぼしめされつらめども、心強く承らずなりにしこと、なめげなるものにおぼしめしとどめられぬるなむ、心にとどまりはべりぬる」
とて、

今はとて天の羽衣着るをりぞ君をあはれと思ひいでける

とて、壺の薬添へて、頭中将呼び寄せて奉らす。中将に天人取りて伝ふ。中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せ奉りつれば、翁をいとほしく、かなしとおぼしつることも失せぬ。この衣着つる人は、もの思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具して上りぬ。

This entry was posted in love. Bookmark the permalink.

2 Responses to 竹取物語

  1. shinichi says:

    かぐや姫の昇天(二)

    日语学习网

    http://jp.tingroom.com/yuedu/rwgdmz/zqwy/17662.html

    **

    『竹取物語』は、平安時代初期に成立した日本の物語。成立年、作者ともに未詳。

  2. shinichi says:

    「かなしい」に「愛」の字をあてている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.