島本理生

いくら美意識が千差万別とはいえ、あんなふうに全肯定されたら、かえって不気味なのよ。私は自分のことを良い女だなんて思ったことは一度もないわけ。なのに私が世界一みたいな言い方されてごらんなさいよ。あまりに気持ち悪くて、眉毛を描く気にもなれないわよ。
**
無理です。ほかの女性なんて、考えられません。
当たり前でしょう。ほかの人なんて考えられないと思うのが恋愛なのよ。みんな、ほかの人なんて考えられない、と思いながら別れてほかの人と出会って好きになって、ほかの人と付き合うのよ。何度でも。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

2 Responses to 島本理生

  1. shinichi says:

    クローバー

    by 島本理生

  2. shinichi says:

    島本理生(1983年 – )

    『シルエット』(2001年)

    『リトル・バイ・リトル』(2003年)

    『生まれる森』(2004年)

    『ナラタージュ』(2005年)

    『一千一秒の日々』(2005年)

    『大きな熊が来る前に、おやすみ。』(2007年)

    『あなたの呼吸が止まるまで』(2007年)

    『クローバー』(2007年)

    『波打ち際の蛍』(2008年)

    『君が降る日』(2009年)

    『真綿荘の住人たち』(2010年)

    『あられもない祈り』(2010年)

    『アンダスタンド・メイビー』(2010年)

    『七緒のために』(2012年)

    『よだかの片想い』 (2013年)

    『週末は彼女たちのもの』 (2013年)

    『Red』 (2014年)

    『夏の裁断』(2015年)

    『匿名者のためのスピカ』(2015年)

    『イノセント』 (2016年) 

    『わたしたちは銀のフォークと薬を手にして』(2017年)

    『ファーストラヴ』(2018年)

Leave a Reply

Your email address will not be published.