INCOMPLETE++

Excelでソートした時に、見た目は同じ文字列が、なぜか上下に分かれてしまうことがある。
これは、Excelが内部で「読み仮名」をデータとして持っているせい。
ExcelはIMEで変換する前の入力を覚えていて、その読み仮名を基準にソートしている。
(右記の例)1・2の「醤油ラーメン」は セルに「しょうゆらーめん」と入力して変換したもの、7・8の「醤油ラーメン」は他のアプリからコピペしたもの。コピペしたものは読み仮名のデータを持たないので、末尾に回されてしまう。

This entry was posted in technology. Bookmark the permalink.

One Response to INCOMPLETE++

  1. shinichi says:

    Excelの日本語(漢字)ソート結果がおかしいとき

    INCOMPLETE++

    https://mikan.lunarscape.net/2008/02/excel.html

    余計なお世話が得意技のExcel。
    日本語、漢字のデータをソートしている時、意図通りにソートされないときがある。

    ↓例えばこのようなデータ。


    これをソートすると、予想としてはこうなるはず。


    ところが実際ソートしてみると、見た目まったく同じはずの「醤油ラーメン」が、何故か上下に分かれてしまうことがある。


    これのカラクリは、Excelが内部で「読み仮名」をデータとして持っているせい。ExcelはIMEで変換する前の入力を覚えていて、その読み仮名を基準にソートしている。

    上記の例の場合、先頭の「醤油ラーメン」は、セルに「しょうゆらーめん」と入力して変換したもので、末尾にまわってしまった「醤油ラーメン」は、メモ帳に書いたものをコピペしたもの。他のアプリからコピペしたものは読み仮名のデータを持たないので、末尾に回されてしまう。

    これを回避するためには、ソート時にオプションから「ふりがなを使わない」に切り替えておけばOK。

    「データ」タブの「並べ替え」→「オプション」→「ふりがなを使わない」


    そのセルがどんなフリガナデータを持っているのかは、セルを選んで「ホーム」タブのこのアイコンをクリックすると表示できる。


    めんどくさいからふりがな全部削除したいんじゃあああ!という人には、RelaxToolsアドインがオススメ。ボタン一発で削除可能。


Leave a Reply

Your email address will not be published.