二葉亭四迷

さて、題だが……題は何としよう? 此奴には昔から附倦ぐんだものだッけ……と思案の末、礑と膝を拊って、平凡! 平凡に、限る。平凡な者が平凡な筆で平凡な半生を叙するに、平凡という題は動かぬ所だ、と題が極まる。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

One Response to 二葉亭四迷

Leave a Reply

Your email address will not be published.