寺山修司

昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかゝって
完全な死体となるのである
そのときが来たら
ぼくは思いあたるだろう
青森市浦町字橋本の
小さな陽あたりのいゝ家の庭で
外に向って育ちすぎた桜の木が
内部から成長をはじめるときが来たことを

子供の頃、ぼくは
汽車の口真似が上手かった
ぼくは
世界の涯てが
自分自身のなかにしかないことを
知っていたのだ

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

2 Responses to 寺山修司

  1. shinichi says:

    懐かしのわが家

    by 寺山修司

Leave a Reply

Your email address will not be published.