須賀敦子

自分は音楽には入りこめない、音楽がこっちを向いてくれない

This entry was posted in globe. Bookmark the permalink.

One Response to 須賀敦子

  1. shinichi says:

    ヴェネチアの宿

    by 須賀敦子

    ずっと、自分は音楽には入りこめない、音楽がこっちを向いてくれない、と思いこんできた。いや、音楽のもってくる感動があまりに純粋で、言葉にも色にも形にもすることができないのを、ひたすら恐れていたのかもしれない。言葉の世界に近づけば近づくほど、音楽からは遠ざかった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.