特徴.COM

綺麗な花や輝く宝石など、見惚れることが多かったり、思わず見とれてしまう瞬間が多いのは、間違いなく女性が多いということが分かっており、これはホルモンの作用によるものであると考えられます。
エストロゲンというホルモンが豊富にある女性は、エストロゲンが脳に働きかけることにより、嗅覚が強まった結果、穏やかな気持ちになることができます。
そして穏やかな気持ちになることができると、綺麗な花の匂いに幸福感を感じたり、宝石のような美しい光に敏感となりやすく、夢中になってしまうというわけです。
このエストロゲンには様々な働きが見られ、基礎体温を下げる、女性らしい丸みのある体を作る、妊娠に関する良い働きをするのも、このエストロゲンが深く関係していて、男性よりも女性の方が綺麗なものが好きという人が多いのは、男性にエストロゲンが少なく、女性に多いことが原因となります。

This entry was posted in human being. Bookmark the permalink.

1 Response to 特徴.COM

  1. shinichi says:

    綺麗なものが好きな人の心理と女性に多い理由

    特徴.COM

    http://tokutyou.com/tokutyou/4096

    綺麗な花や輝く宝石など、見惚れることが多かったり、思わず見とれてしまう瞬間が多いのは、間違いなく女性が多いということが分かっており、これはホルモンの作用によるものであると考えられます。

    エストロゲンというホルモンが豊富にある女性は、エストロゲンが脳に働きかけることにより、嗅覚が強まった結果、穏やかな気持ちになることができます。

    そして穏やかな気持ちになることができると、綺麗な花の匂いに幸福感を感じたり、宝石のような美しい光に敏感となりやすく、夢中になってしまうというわけです。

    このエストロゲンには様々な働きが見られ、基礎体温を下げる、女性らしい丸みのある体を作る、妊娠に関する良い働きをするのも、このエストロゲンが深く関係していて、男性よりも女性の方が綺麗なものが好きという人が多いのは、男性にエストロゲンが少なく、女性に多いことが原因となります。

    **

    解剖学者が発見した男女の網膜に関する違いにて、男性は網膜が厚い、女性は網膜が薄いに加えて、男性はM細胞が多く、女性はP細胞が多いということが分かっています。

    男性に見れるM細胞とは、動きや方向などの情報を集める役割があり、女性に見られるP細胞とは、質感や色に関する情報を集める役割があります。

    つまり、女性の方が花や宝石などの質感や色に惹かれてしまうのは、P細胞が多いことも原因であり、男性の方が鉄道マニアが多いのも、M細胞が多いことが関係しているのです。

    また、ケンブリッジ大学がおこなった研究によれば、102人の赤ちゃんを対象に、見るものに関しての性差の実験をしたところ、男の子は揺れて動くものに強く興味を示し、女の子は人の顔に強く興味を示したことからも、視神細胞の違いにより、綺麗なものが好きな割合が女性に多いということが言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.