鶴川台ウィメンズクリニック

女性ホルモンと言えばこのエストロゲンです。このホルモンの安定した周期的な分泌は、女性として子孫を残せることのなによりの証になります。
本来の役割は妊娠を成立させることにありますから、子宮内膜を増殖させて、受精卵のためにフカフカのベッドを作るのが得意技です。
しかしなんと申しますか、妊娠は相手があってこそ成立するものですから、ただ待っているだけでなく殿方に好意を持っていただかなくてはなりません。そう考えると排卵の直前に一番分泌量が増えるのがなんとも意味深です。
エストロゲンには女性を美しくしてくれる効果があり、俗に「美人ホルモン」とも呼ばれてます。肌や髪の毛をつやつやにし、女性らしいふくよかなバストとむっちりヒップを作り、しかも自律神経も安定させてくれるので概ね排卵時期の女性は穏やかで優しいです。でもそれと同時に脳が活発化して頭の回転も早くなってますから要注意ですよ。
それにしても、ここ一番の時期を狙いすまして勝負に出るとは、エストロゲン恐るべしですね。
とにもかくにもエストロゲンは女性として健康でたおやかに生きるためのエッセンスといえるでしょう。

This entry was posted in human being. Bookmark the permalink.

One Response to 鶴川台ウィメンズクリニック

  1. shinichi says:

    エストロゲン(E2):卵胞ホルモン

    女性ホルモンの基礎知識・仕組みと種類

    鶴川台ウィメンズクリニック

    https://www.tsurukawadai.jp/column/20180405

Leave a Reply

Your email address will not be published.