高橋洋一

世は「ビッグデータの時代」なので、海外では、官公庁も民間企業も、ともに統計専門家は高給取りになっている。しかし、日本政府では、統計専門家は主にノンキャリアで、出世しない地味なポストだ。しかも最近は人員・予算不足、縦割り組織の弊害が甚だしく、満足な仕事が出来ない。この現状を認識し対策を打たなければ、「統計不正を行った官僚が悪い」と非難しても、再発防止にはまったくならない。
この2週間、マスコミでは人員・予算不足、省庁ごとの縦割りの弊害はほとんど報じなかった。そのうえ、厚労省の事後対応の不味さが相次ぎ見られたので、その不手際を指摘する報道があふれた。このままでは、統計不正の根本を改善する方向に向かうのではなく、官僚バッシング、政権バッシングに終始することになりそうだ。

This entry was posted in globe. Bookmark the permalink.

One Response to 高橋洋一

  1. shinichi says:

    統計不正問題「官僚叩き」よりも先にやるべき抜本的解決策を示そう

    by 髙橋 洋一

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59702?fbclid=IwAR1iCIaAZX3-cZ8JPlzGTDfrDlp7WLbQpBG2xMGwRIrNstFpHIjZ98URykk

Leave a Reply

Your email address will not be published.