マーカス・ハンカマー

当社のビジョンは「人々の水の飲み方を、持続可能な方法に変えていくこと」です。私たちは、企業が消費者の行動をより良い方向に変えることができると信じています。
(海洋プラスチックごみ問題は深刻です。世界が1年間に消費するペットボトルは約4800億本にも上るなか、ブリタの浄水器は解決策の一つになりえます。)
2050年には海洋プラスチックごみの量が海にいる魚を上回るという予測もあり、事態は深刻です。
水を飲むためだけにプラスチックを使うことは得策ではありません。プラスチックは何百年も分解されずに残ります。それを使い捨てにすることは常軌を逸しています。
サステナビリティには2つの意味があります。1つは環境負荷を減らすこと。もう1つは、生活習慣を変えることです。それは簡単ではありませんが、本当に変えたいのです。もちろん時間が掛かるのは分かっています。
私たちはペットボトルを使わないための解決策を見つけました。ペットボトルは飲み終わったらすぐに捨てられてしまうものです。
私たちは家庭、オフィス、通勤、食事、スポーツなど、さまざまな状況で水分を取ります。今はまだペットボトルを使うことが多いですが、もっとスマートで、オルタナティブな「飲み方」もあるのです。プラスチックを使い捨てにしなくて済む解決策です。

This entry was posted in business. Bookmark the permalink.

1 Response to マーカス・ハンカマー

  1. shinichi says:

    ブリタCEO「浄水器で海洋プラごみ問題に貢献」

    alterna

    http://www.alterna.co.jp/26421

Leave a Reply

Your email address will not be published.