小野小町, 渡部泰明

思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを
小野小町 古今集・恋二・五五二
あの人のことを思いながら寝たから夢に見えたのかしら
夢だとわかっていたら目覚めなかったのに

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 小野小町, 渡部泰明

  1. shinichi says:

    古典和歌入門
    岩波ジュニア新書
    by 渡部泰明

Leave a Reply

Your email address will not be published.