Isabella Bird Bishop

In spite of reforms, the Korean nation still consists of but two classes, the Robbers and the Robbed,—the official class recruited from the yang-bans, the licensed vampires of the country, and the Ha-in, literally “low men,” a residuum of fully four-fifths of the population, whose raison d’être is to supply the blood for the vampires to suck.

This entry was posted in asian way. Bookmark the permalink.

2 Responses to Isabella Bird Bishop

  1. shinichi says:

    Korea and Her Neighbours: A Narrative of Travel, with an Account of the Recent Vicissitudes and Present Position of the Country

    by Isabella Bird Bishop

  2. shinichi says:

    朝鮮紀行

    by イザベラ・バード

    朝鮮の災いのもとのひとつに、この両班つまり貴族という特権階級の存在がある。両班はみずからの生活のために働いてはならないものの、身内に生活を支えてもらうのは恥じとはならず、妻がこっそりよその縫い物や洗濯をして生活を支えている場合も少なくない。両班は自分では何も持たない。自分のキセルですらである。両班の学生は書斎から学校へ行くのに自分の本すら持たない。慣例上、この階級に属する者は旅行をするとき、大勢のお供をかき集められるだけかき集め引き連れていくことになっている。本人は従僕に引かせた馬に乗るのであるが、伝統上、両班に求められるのは究極の無能さ加減である。従者たちは近くの住民を脅して、飼っている鶏や卵を奪い、金を払わない。

    **

    当時はひとつの道に44人の地方行政官がおり、そのそれぞれに平均400人の部下がついていた。部下の仕事はもっぱら警察と税の取り立てで、その食事代だけをとってみても、ひとり月に2ドル、年に総額で39万2,400ドルかかる。総員1万7,600人のこの大集団は『生活給』をもらわず、究極的にくいものにされる以外なんの権利も特典もない農民から独自に『搾取』するのである。

Leave a Reply

Your email address will not be published.