Stephen Hawking

We are each free to believe what we want and it is my view that the simplest explanation is there is no God. No one created the universe and no one directs our fate. This leads me to a profound realisation. There is probably no heaven, and no afterlife either. We have this one life to appreciate the grand design of the universe, and for that, I am extremely grateful.

This entry was posted in human being. Bookmark the permalink.

2 Responses to Stephen Hawking

  1. shinichi says:

    Stephen Hawking

    Wikipedia

    https://en.wikipedia.org/wiki/Stephen_Hawking

    Religion and atheism

    Hawking was an atheist[370][371] and believed that “the universe is governed by the laws of science”. He stated: “There is a fundamental difference between religion, which is based on authority, [and] science, which is based on observation and reason. Science will win because it works.”[372] In an interview published in The Guardian, Hawking regarded “the brain as a computer which will stop working when its components fail”, and the concept of an afterlife as a “fairy story for people afraid of the dark”.[24][141] In 2011, narrating the first episode of the American television series Curiosity on the Discovery Channel, Hawking declared:

    We are each free to believe what we want and it is my view that the simplest explanation is there is no God. No one created the universe and no one directs our fate. This leads me to a profound realisation. There is probably no heaven, and no afterlife either. We have this one life to appreciate the grand design of the universe, and for that, I am extremely grateful.[373][374]

    Hawking’s association with atheism and freethinking was in evidence from his university years onwards, when he had been a member of Oxford University’s humanist group. He was later scheduled to appear as the keynote speaker at a 2017 Humanists UK conference.[375] In an interview with El Mundo, he said:

    Before we understand science, it is natural to believe that God created the universe. But now science offers a more convincing explanation. What I meant by ‘we would know the mind of God’ is, we would know everything that God would know, if there were a God, which there isn’t. I’m an atheist.[370]

    In addition, Hawking stated:

    If you like, you can call the laws of science ‘God,’ but it wouldn’t be a personal God that you would meet and put questions to.[352]

  2. shinichi says:

    ホーキング博士「天国はない、作り話である」〜科学者と信仰者の間隙

    Christian Today

    2011年5月17日

    https://www.christiantoday.co.jp/articles/9287/20110517/news.htm

    世界的に著名な理論物理学者であるスティーブン・ホーキング博士は、英ガーディアン紙のインタビューに応じ、「天国はない、死後の世界は作り話である」と述べた。科学者と信仰者の間隙があらためて露わとなる見解が示されることとなった。

    ホーキング博士は21歳のとき筋萎縮性側索硬化症を発症した。本来であれば早期に死に至る病気であるが、ホーキング博士の病状は途中で進行が急速に弱まり、車いす生活をしながらも健在し、理論物理学・宇宙論で著名な功績を残してきた。同氏は死に対して恐れを抱いてはいないとし、「私は脳というのはその構成要素が欠損するときその働きを停止するコンピューターであると見なしています。コンピューターが故障した後に天国や死後の世界などあるはずがありません。闇を恐れる人々による作り話にすぎないでしょう」と述べ、死後の世界の存在を否定した。

    同氏は2010年に『ザ・グランドデザイン』という著書を出版し「宇宙の創造に神の手は必要としない」と著書の中で主張している。同氏は宇宙というものは科学を通して説明され得るものであるという。理神論者のホーキング博士は、宇宙と人類は偶然と自然発生的に生じた創造により形成されてきたと信じている。人格を持たない神が、ただ物質が存在する理由付けの証拠のためだけに存在していると見なしている。

    これに対し、宇宙物理学博士で信仰をもつ理由について研究しているジェフェリー・ズェーリンク博士は「ホーキング博士の考えの根本的な欠陥は神は人格を持たないのに、私たち人類は人格を持っていると考えているところにあります。私たちの中には精神があり、霊が存在しています。そして人類の精神の発展を受け継いで存在しています。もし私たちが私たちの精神や物理法則よりも劣る完全に非人格的な魂から人格を与えられたとしたら、なぜ非人格的なものが人格というより優れたものをつくり出すことができるのでしょうか」と反論している。

    ホーキング博士は1988年の著書『ホーキング、宇宙を語る』が世界的ベストセラーとなり、「アインシュタインの再来」とされ一躍有名となった。宇宙創造・宇宙構造や時間軸、空間やブラックホールの存在について実証主義に基づいた宇宙物理学による説明を展開している。

Leave a Reply

Your email address will not be published.