開高健

 日本も江戸時代には、藍の技術が非常に進歩して、すばらしい藍色がだせるようになっていた。藍というのは、大きくいうと紺色のことだから、やっぱり男に合うのは紺なのであろうか。そういうことを再認識、再々認識する思いであった。紺に始まって紺に終わる--というのがファッション道のフナ釣りみたいなものらしいと、うなずけた。今後もうなずき続けるであろう。諸君、男のファッションの究極は、紺なんだ。いい紺を選びたまえ。

This entry was posted in dogme. Bookmark the permalink.

1 Response to 開高健

  1. shinichi says:

    知的な痴的な教養講座

    開高健

    第三十六章 究極のスーツは紺色

Leave a Reply

Your email address will not be published.