三崎律日

  • 魔女に与える鉄槌 ~10万人を焼き尽くした魔女狩り
  • 台湾誌 ~ 稀代のペテン師の妄想「嘘の国の歩き方」
  • ヴォイニッチ手稿 ~ 万能薬のレシピか? 植物図鑑か?
  • 野球と其害毒 ~ 明治の偉人たちの「最近の若者」
  • 穏健なる提案 ~ 妖精の国に突き付けられた国家再建案
  • 天体の回転について ~ 知のリレーが地球を動かした
  • 非現実の王国で ~ 大人になれない男の終わらない話
  • フラーレンによる52Kでの超伝導 ~ “神の手”
  • 軟膏を拭うスポンジ / それを絞り上げる ~ 奇妙な医療
  • 物の本質について ~ 快楽主義者のこの世の真理
  • サンゴルスキーの「ルバイヤート」 ~ 水難の書物
  • 椿井文書 ~ いまも地域に根差す江戸時代の偽歴史書
  • ビリティスの歌 ~ 古代ギリシャ女流詩人の愛の独白
  • 月世界旅行 ~ 1つの創作が科学へと導かれる
This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

1 Response to 三崎律日

  1. shinichi says:

    奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語

    by 三崎律日

    これは、良書か、悪書か?

    本書で紹介する奇書とは、数“奇”な運命をたどった“書”物です。

    「かつて当たり前に読まれていたが、いま読むとトンデモない本」
    「かつて悪書やフィクションの類と目されたが、いま読めば偉大な名著」

    1冊の本を「昔」と「今」の両面から見ると、時代の流れに伴う価値観の「変化」と「差分」が浮かび上がります。
    過去の人々は、私たちと比べ、「どこまで偉大だったか」「どこまで愚かだったか」――。
    そこから得られる「教訓」は、私たちに未来への示唆を与えてくれるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.