梨木香歩

絵本、というものには昔から惹かれていました。自分が絵本の創作に関係するようになってから、ますますその可能性に惹かれています。

This entry was posted in good. Bookmark the permalink.

1 Response to 梨木香歩

  1. shinichi says:

    やがて満ちてくる光の

    by 梨木香歩

    守りたかったもの
    遠くにかがやく 近くでささやく
    1998、1999年のことば
    家の渡り
    生まれいずる、未知の物語

    I
    森に潜むもの
    透き通るような野山のエッセンスを
    旅にあり続ける時空間―伊勢神宮
    ただ渦を見るということ 国生みの舞台、淡路島へ
    淡路島の不思議な生きものたち、そしてタヌキのこと

    II
    ・・・
    錬金術に携わるような
    ・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published.