石川九楊

ひとつの字画――それはその言葉の肯定と否定とが無数に詰まったかたまりだとも言えます。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

1 Response to 石川九楊

  1. shinichi says:

    NHK人間大学 書という芸術への招待 1997/1~3月期

    石川九揚

Leave a Reply

Your email address will not be published.