内田 伸子

人は,自分自身の発見のために,整合的な世界の中心に自分自身を位置づけるために,文章を書くという営みに従事する。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

1 Response to 内田 伸子

  1. shinichi says:

    子どもの文章―書くこと考えること (シリーズ人間の発達)

    by 内田 伸子

    遊びの中での想像豊かなお話から、やがて文字を使った作文、そしてその推敲の過程までを、認知心理学的手法でたんねんに追跡し、子どもの認識世界とことばの発達の関係を明らかにする。

Leave a Reply

Your email address will not be published.