Steven Pinker

(“Why should I live?”)
In the very act of asking that question, you are seeking reasons for your convictions, and so you are committed to reason as the means to discover and justify what is important to you. And there are so many reasons to live!
  As a sentient being, you have the potential to flourish. You can refine your faculty of reason itself by learning and debating. You can seek explanations of the natural world through science, and insight into the human condition through the arts and humanities. You can make the most of your capacity for pleasure and satisfaction, which allowed your ancestors to thrive and thereby allowed you to exist. You can appreciate the beauty and richness of the natural and cultural world. As the heir to billions of years of life perpetuating itself, you can perpetuate life in turn. You have been endowed with a sense of sympathy—the ability to like, love, respect, help, and show kindness—and you can enjoy the gift of mutual benevolence with friends, family, and colleagues.
  And because reason tells you that none of this is particular to you, you have the responsibility to provide to others what you expect for yourself. You can foster the welfare of other sentient beings by enhancing life, health, knowledge, freedom, abundance, safety, beauty, and peace. History shows that when we sympathize with others and apply our ingenuity to improving the human condition, we can make progress in doing so, and you can help to continue that progress.

This entry was posted in life. Bookmark the permalink.

2 Responses to Steven Pinker

  1. shinichi says:

    Enlightenment Now: The Case for Reason, Science, Humanism, and Progress

    by Steven Pinker


  2. shinichi says:

    21世紀の啓蒙

    by スティーブン・ピンカー

    上巻

    第一部 啓蒙主義とは何か

    人が生きる意味と、啓蒙主義の理念

    **

    (「なぜわたしは生きなければならないんですか?」)
     そういう質問をされたということは、あなたは自分が納得できる「合理的な理由」を探しているということです。それはあなたが、自分にとって大事なものを見つけたり、その正当性を示したりする手段として、「理性」を頼りにしているということです。そして生きるための合理的な理由ならたくさんあります!
    「感覚をもつ存在」であるあなたは“わくわくするような人生”を送る力をもっています。たとえば、学んだり考えたりすることで、理性の力そのものを磨くことができます。科学を通して自然界の真相究明に努めることも、芸術と人文科学を通して人間のありようについて探究することもできます。喜びや欲求充足のために自分の力を存分に発揮することもできます。あなたの先祖もそうすることで繁栄し、だからこそあなたも存在しているわけです。あなたはこの世界の自然の美しさや文化の豊かさを愛でることができる。数十億年も続いてきた生命の継承者として、あなたもまた命をつなぐことができる。あなたには「共感」を抱く能力──好ましく思い、愛し、尊敬し、助け、そして思いやりを示す能力──があり、その共感を友人、家族、同僚と分け合うことができます。
     そしてこれらのどれ一つとして、あなただけに特有のものではないことが理性によってわかるのですから、あなたには自分が得られて当然だと思うものを、他の人々に提供する義務があります。あなたは他の「感覚をもつ存在」の生活の質、健康、知識、自由、豊かさ、安全、美、そして平和をより高めることによって、彼らの幸福を育むことができます。歴史を見ればわかるように、他の人々に共感し、自ら創意を凝らして人間のありようを改善しようとするとき、わたしたちは進歩できるのです。そしてあなたも、その進歩の継続に力を貸すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.