山下竜弥

(住友不動産のオフィスビルに入るITベンチャーが増えているという印象があります。実際に手応えを感じていますか)
ITベンチャーに特化しているわけではありませんが、「ITベンチャーの聖地=渋谷」という従来のイメージを変えるようなオフィスを増やせていると思います。たとえば2016年3月竣工の六本木グランドタワーでは、DMMやBASEなど渋谷地域から多くのITベンチャーが移転されました。このビルは地上43階・地下2階建て、延床面積約6万3000坪を誇る我々のフラッグシップの1つで、テレビ東京も入居しています。
(なぜITベンチャーに選ばれていると分析していますか)
根底には当社のオフィスビルづくりのポリシー「シンプル・イズ・ベスト」をご評価いただいたのだと思います。ビル形状は「整形・無柱・広いワンフロア」にこだわっていて、自由にレイアウトできます。また外観は全面ガラス張りで、1階には貸室をあえて設けず、エントランスホールは重厚感のある広々とした空間にしています。

This entry was posted in change. Bookmark the permalink.

1 Response to 山下竜弥

  1. shinichi says:

    なぜ「ITベンチャーの聖地=渋谷」が過去の話になっているのか

    by 山下竜弥

    https://www.msn.com/ja-jp/money/companies/なぜ「ITベンチャーの聖地equals渋谷」が過去の話になっているのか/ar-BB11lktA

    ここ数年、「ITベンチャーの聖地」といわれてきた渋谷地域から、六本木などほかの地域にオフィスを移すIT企業が目立つ。そうした動きを加速させているのが、「東京のオフィスビル、ナンバーワン」を謳う住友不動産だ。なぜITベンチャーに選ばれているのか。ビル営業部長の山下竜弥氏に聞いた――。

Leave a Reply

Your email address will not be published.