Centers for Disease Control and Prevention (CDC)

Despite the vast devastation caused by this pandemic, however, massive labor shortages due to high mortality rates sped up the development of many economic, social, and technical modernizations (Benedictow, 2008). It has even been considered a factor in the emergence of the Renaissance in the late 14th century.

This entry was posted in health. Bookmark the permalink.

4 Responses to Centers for Disease Control and Prevention (CDC)

  1. shinichi says:

    (Google Translate)

    しかし、このパンデミックによって引き起こされた甚大な荒廃にもかかわらず、高い死亡率による大規模な労働力不足は、多くの経済的、社会的、および技術的な近代化の開発を加速させました(Benedictow、2008)。 14世紀後半のルネサンスの出現の要因とさえ見なされています。

  2. shinichi says:

    Susan Scott, Christopher J. Duncan

    http://www.kushima.org/is/?p=61097

    … the plague was spread by direct human contact (not from rat fleas) and was, in fact, a virus perhaps similar to AIDS and Ebola …

    **

    人獣共通感染症 連続講座 第159回(09/2/2004)

    第159回 中世の黒死病はペストではなくウイルス出血熱

    https://www.jsvetsci.jp/veterinary/zoonoses/159.php

    14世紀にイタリアで発生した黒死病はボッカチオのデカメロン、カミユのペストをはじめとして、多く語りつがれています。これは現在では腺ペストであって、ネズミが媒介するペスト菌により起きたものと考えられています。

    英国リバプール大学動物学名誉教授のクリストファー・ダンカン(Christopher Duncan)と社会歴史学の専門家スーザン・スコット(Susan Scott)は教会の古い記録、遺言、日記などを詳細に調べて「黒死病の再来」(Return of the Black Death , Wiley, 2004)を出版しました。彼らの結論では、黒死病はペスト菌ではなく出血熱ウイルスによるものであり、今でもアフリカの野生動物の間に眠っていて、もしもこれが現代社会に再び出現した場合には破局的な事態になりかねないと警告しています。

  3. shinichi says:

    (sk)

    14世紀にヨーロッパで流行した黒死病がその後のヨーロッパの経済的・社会的な繁栄をもたらしたとか、ルネッサンスは黒死病のおかげとか、論理的でない言説に見えるけれど、そうかなとも思う。

    なぜかというと、戦争や災害のあとに発展が訪れるというのが、あまりにもよく見られるからだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.