細胞は生きている

一つ一つの細胞には限りある命があり
寿命が来て死ぬと新しい細胞に置き換わる
人の体には50兆から75兆の細胞があるのだけれど
細胞は約260種類に分けられ
種類ごとに違った寿命を持つ

胃や腸の表面にある上皮細胞は1日
精子細胞は約3日、皮膚細胞は約2〜3週間
血液中の赤血球は約4か月、白血球は1年以上
骨の細胞は約10年
脳細胞は人が死ぬまで
心臓の心筋細胞や神経細胞も一生かわらない

人体は1日で1兆個もの細胞を入れ替える
不要になった細胞は死んで
そばの細胞を分裂させてふたつにして
そのひとつを死んだ細胞と入れ替える

人間が死ぬと体内の細胞も死ぬ
でもすべての細胞が死ぬまでに
数時間はかかる
時には1日かかることもある

細胞がいくら入れ替わっても
変わらないものがある
決して入れ替わらない細胞もあるけれど
それよりも
その人のまごころ、慈しみ、誠実さ
それらは絶対に変わらない
そして
その人の魂、本性、正体
そんなものもたぶん変わらない

This entry was posted in human being. Bookmark the permalink.

2 Responses to 細胞は生きている

  1. shinichi says:

    (sk)

    第38作
    All living cells

    Benjamin Radford
    http://www.kushima.org/is/?p=60674
    にインスパイアされて。

  2. shinichi says:

    人体の細胞更新速度(Cell update rate of the human body)

    https://sites.google.com/site/jinntainosaiboukousinnsokudo/

    1.新陳代謝
    人体は、1日で1兆個もの細胞を入れ替えています。不要になった細胞は死んで、その近辺の元気な細胞を細胞分裂させて2個にし、その一つを失った細胞に入れ替えて成長させます。人体の細胞の数は、約60兆個で、単純計算すれば、毎日1兆個の細胞が入れ替わり、1ヶ月で30兆個、2ヶ月で60兆個が新しい細胞になっていきます。

    2.細胞
    人体を構成している細胞は、約250種であり、その更新速度は、各々の組織や臓器によって、次の4つに大別されます。
    速やかに更新される細胞    :表皮,角膜,消化器系上皮組織,精巣上皮,造血組織,リンパ組織など
    ゆっくり更新される細胞    :呼吸器上皮,尿細管上皮,肝細胞,膵臓,結合組織細胞,胃の壁細胞,副腎皮質細胞など
    生涯に一部しか更新されない細胞:平滑筋細胞,脳神経膠細胞,骨芽細胞,副腎髄質細胞,褐色脂肪細胞など
    生涯更新されない細胞     :神経細胞,心筋細胞,セルトリ細胞など

    3.主な細胞の更新速度
    脳    :早い細胞は1ヶ月で約40%、遅い細胞は約1年で全て入れ替わる。
    胃の粘膜 :約3日で全て入れ替わる。
    腸の微絨毛:約1日で全て入れ替わる。
    肝臓   :早い細胞は1ヶ月で約96%、遅い細胞は約1年で全て入れ替わる。
    腎臓   :早い細胞は1ヶ月で約90%、遅い細胞は約1年で全て入れ替わる。
    筋肉   :早い細胞は1ヶ月で約60%、遅い細胞は約200日で全て入れ替わる。
    皮膚   :約1ヶ月で全て入れ替わる。
    血液   :4.5~5.0リットルの血液は100~120日間で全て入れ替わる。
    骨    :幼児期は約1年半、成長期は約2年未満、成人は約2年半、70歳以上は約3年で全て入れ替わる。
    肌    :10歳代で約 20日周期、
          20歳代で約 28日周期、
          30歳代で約 40日周期、
          40歳代で約 55日周期、
          50歳代で約 75日周期、
          60歳代で約100日周期で全て入れ替わる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.