違うのは悪くない

異質な要因を持たない人を
正常といい
異質な要因を多少でも持つ人を
異常だという
20人のうち19人は
基準範囲のなかに入り
正常といわれ
20人のうちひとりだけが
基準範囲の外にいて
異常ということになる

誰が普通で
誰が異常なのか
異常な人がなにか悪いことをしたというのか
違うのが
悪いわけではないのに
違うというだけで異常といわれる

なにが普通で
なにが異常なのか
背の高いのは異常なのか
背の低いのは異常なのか
太っているのは異常なのか
痩せているのは異常なのか
血圧が高いのは異常なのか
血圧が低いのは異常なのか
成績がいいのは異常なのか
成績が悪いのは異常なのか

同じことを考えないのは異常なのか
同じことを感じないのは異常なのか
同じことを望まないのは異常なのか
同じことに従わないのは異常なのか

同じ宗教を信じないのは異常なのか
同じ教育を受けないのは異常なのか
同じ知識を持たないのは異常なのか
同じ経験を持たないのは異常なのか
同じ信念を持たないのは異常なのか
同じ能力を持たないのは異常なのか
同じ価値観を持たないと異常なのか

違うのはそんなにいけないことなのか
同じなのがそんなにいいことなのか

ひとりひとりが違うのに
基準上限値とか基準下限値を外れれば
異常とか
おかしいということになる
異常でなく
なにもおかしくないのに
まるで悪いみたいにいわれ
間違っているかのように扱われる

違うのは
悪くない
違うからといって悪いというのが
悪いのだ

This entry was posted in difference. Bookmark the permalink.

1 Response to 違うのは悪くない

  1. shinichi says:

    (sk)

    第60作
    To be different is

    清沢洌
    http://www.kushima.org/is/?p=7656

    Elizabeth Mannix, Margaret Neale
    http://www.kushima.org/is/?p=30013
    にインスパイアされて。

Leave a Reply

Your email address will not be published.