分を超えて

動物も植物も細胞の中心に細胞核を持ちその中に染色体がある
父親と母親から23本ずつ受け継いだ46本のヒトの染色体には
1番から22番までの常染色体とXとYの性染色体があって
男は常染色体とXのセットと常染色体とYのセットを
女は常染色体とXのセットを2セットを持っている
染色体には長い二重らせん形のDNAが収納されていて
DNAのなかで遺伝情報をもっている領域を遺伝子という
染色体のぜんぶ遺伝子のぜんぶ遺伝情報のぜんぶをゲノムといい
ヒトゲノムに含まれる遺伝子の数は約26,800個だという

そういう中学理科の世界からはるかに遠いところに
個人の遺伝情報に合わせた医療だとか
生分解性プラスチックだとかがあって
遺伝子の組み換えはとどまるところを知らない
農業と食品工業は遺伝子組み換えで境界をなくし
医学と医薬品産業は一緒になって遺伝子を組み換え
エネルギー分野も環境分野も遺伝子を組み換え
遺伝子組み換えの技術は悪いことではなくなる

ナチュラルチーズの大量生産も
酵母や麹菌の育種や甘味料の製造も
ヒトインスリンやB型肝炎ワクチンのの製造も
エタノールの効率いい生産も
生分解性プラスチックの生産も
農作物の改良からナノバイオデバイスまで
みんなみんな遺伝子組み換えのおかげだと
いいことばかりが宣伝される

いいことばかりに目を向いていて
なにか基本的なことを忘れてしまい
倫理や人権も大事だけれど
まずはビジネスが大事だと
うーん
もっと基本的なことがあるんじゃないか
人間の存在が
存在そのものが
大切なのではないか

遺伝子を組み換えたりしていいのか
そんなことをする人に畏れはないのか
菌の遺伝子を組み換え
植物の遺伝子を組み換え
動物の遺伝子を組み換え
ヒトの遺伝子を組み換え
なんにも起こらないと思っているのか

ウイルスの感染が広がっただけで
オタオタしている人間が
もっともっと大きなことを
顔色も変えずにやっている
新しい生物を生み出し
それをビジネスにして生きていく
そんなことが許されると思っている
ヒトはなんて楽観的なんだろう

This entry was posted in business. Bookmark the permalink.

4 Responses to 分を超えて

  1. shinichi says:

    (sk)

    第73作
    Beyond humanity

    International Wheat Genome Sequencing Consortium (IWGSC)
    http://www.kushima.org/is/?p=56169

    Smithsonian National Museum of Natural History, National Human Genome Research Institute
    http://www.kushima.org/is/?p=23366

    Personal Genome Project
    http://www.kushima.org/is/?p=1833

    U.S. Human Genome Project
    http://www.kushima.org/is/?p=1832

    Siddhartha Mukherjee
    http://www.kushima.org/is/?p=59494

    Alex Matthews-King
    http://www.kushima.org/is/?p=59018

    Robert Plomin
    http://www.kushima.org/is/?p=59006

    Steven W. Cole
    http://www.kushima.org/is/?p=55078
    にインスパイアされて。

  2. shinichi says:

    よくある質問 – 基礎編

    身の回りで使われている遺伝子組み換え技術にはどんなものがありますか。

    バイテク情報普及会事務局

    https://cbijapan.com/faq/basic/71/

    遺伝子組み換え技術は、農作物だけではなく、食品や工業製品、医薬品など幅広く活用されており、多様な分野に貢献しています。また、遺伝子組み換え技術を利用して、環境をきれいにする研究も進められています。ちなみに、農業分野で利用される遺伝子組み換え技術をグリーンバイオテクノロジーと呼ぶのに対し、工業分野をホワイトバイオテクノロジー、医薬品をレッドバイオテクノロジー、環境分野をグレーバイオテクノロジーと呼ぶこともあります。

    1.食品工業
    遺伝子組み換え技術は酵母や麹菌の育種、甘味料の製造、また食品添加物にも利用されています。牛乳を凝固させる酵素「キモシン」はナチュラルチーズの製造に欠かせませんが、天然のキモシンは仔牛の第4胃の中で分泌されるもので、大量に抽出することができず、貴重で高価なものでしたが、キモシンを作る遺伝子を微生物に組み込むことで大量に生産することが可能になりました。

    2.医薬品
    遺伝子組み換え技術を用いて製造したヒトインスリンやB型肝炎ワクチンなど、医療分野ではすでに数多く商品化されています。糖尿病に使うインスリンは、以前はブタなどから抽出していましたが、遺伝子組み換え技術によってヒトインスリンが大量供給できるようになりました。他にも、遺伝子組み換え植物を用いた医薬成分・原料製造などの研究も進められています。

    3.工業製品
    限りある化石燃料に代わるエネルギー源として、植物を使ったバイオ燃料の利用が注目されています、遺伝子組み換え技術を使ってエタノールを効率よく生産する開発が進められています。

    4.環境分野
    遺伝子組み換え技術を使って、環境をきれいにする研究も進められています(バイオレメディエーション)。環境汚染物質の分解除去、吸収を行うための環境浄化能力の高い微生物や植物の開発や、廃棄問題に対応した生分解性プラスチックを生産する微生物や植物の開発が行われています。

  3. shinichi says:

    細胞核・遺伝子・染色体・ゲノムのおはなし

    Akira Magazine

    https://www.akira3132.info/gene_DNA.html

  4. shinichi says:

    GENOME MAP

    京都大学大学院生命科学研究科・生命文化学研究室

    http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/genomemap/

Leave a Reply

Your email address will not be published.