外来種

人間の健康を守ることは 自然の環境を守ることと
多くの場合 相反する
人間の健康のためにゴミを人から遠ざければ
自然は少なからず汚染される
人間のため 健康のためというのは
自然のため 環境のためというのと 違う
人がいると生態系は崩れる
でも人がいなくても生態系は変わり続ける

外来種が外国からやってくるというが
なにが外来種かは人間が決める
外来種という名前からして変で
生き物は自分を外来種とは思っていない
動物が外国からやってくると
外来種といって問題にされるのに
野菜や果物がやって来ても
誰も問題にしない

生物の世界には
人間が引いた国境の線はない
外来種などどこにもいない
生存競争はどこにでもあって
バランスが崩れるのは
特別なことではない

人間が外来種の動物を捕獲して駆除する
自然のためとか環境のためとかいうけれど
自分たちが嫌いな種を殺戮しているだけ
人間はいつでも
自分たちのためだけを思う
人間の言うことは
いつもおかしい

This entry was posted in globe. Bookmark the permalink.

1 Response to 外来種

  1. shinichi says:

    (sk)

    第96作
    Invasive Species

    芦田嘉之
    http://www.kushima.org/is/?p=48850

    寺岡克哉
    http://www.kushima.org/is/?p=29363
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.