炒飯

そこの店の炒飯は
エビ炒飯でもカニ炒飯でもなく
叉焼入り炒飯でもほうれん草炒飯でもなく
広東生菜炒飯とか揚州炒飯とかでもなく
五目炒飯でも特製炒飯でもない
ただの炒飯だった

カタカナのチャーハンではない
前になんにも付かない
ただの炒飯
なんの変哲もない炒飯
それなのに
心が揺さぶられるほどおいしくて
他の皿がぜんぶ翳んでしまうほどおいしくて
普通のものがおいしいと
贅沢なものがおいしいのとは違った感激がある

普通のことやあたりまえのことで心を動かされると
なんとも言えないくらい 嬉しい

This entry was posted in good. Bookmark the permalink.

2 Responses to 炒飯

  1. shinichi says:

    (sk)

    第120作
    Fried rice

    藤沢周平
    http://www.kushima.org/is/?p=59758
    http://www.kushima.org/is/?p=45511
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.