名前

クロワッサンの中にチョコレートが入ってているパンを
フランスの南西部では chocolatine と呼び
残りの地方では pain au chocolat と呼ぶ

パンの切れ端のことを
フランスの南半分では quignon と言い
北半分では croûton と言う

そんなどうでもいいことで
時間が過ぎていく

名前がどうでも なにも変わらない
そんなことは知っている
名前なんて 言葉が違えば違うのだ
それも わかっている
それなのに僕は 名前にこだわる
名前なんか どうでもいいのに
なぜか名前が気になる

違う場所では違う名前で呼ばれる草
まったく同じ草なのに
違う地方に行けば違う名前で呼ばれ
違う草だと思われている

違う場所では違う名前で呼ばれる花
全然違う花なのに
似たような名前が付けられて
同種だと間違われたりする

違う場所では違う名前で呼ばれる木
まったく違う木なのに
同じ名前で呼ばれているので
同じ木だと勘違いされている

中国から日本に漢字がやって来た時に
もうすでに 木には名前があって
その木の漢字を知った当時の日本人は
前からあった読みをその漢字に当てた
だからこんがらがるのは当たり前で
間違えるのも当然で
橡はトチノキだと栃とも書いて
橡がクヌギだと櫟とか椚とも書き
橡はツルバミだったり
櫟はイチイだったり
紛らわしいこと この上ない
科はシナで榀とも書くが
榀という字は漢字ではなくて
日本でできた国字だという
なにがなんだかわからないから
ぜんぶカタカナで書けばいい
トチノキ クヌギ ツルバミ イチイ シナ で
いいではないか
そんなことを呑気に言っていたら
あっという間に世界中が近くなり
知らないところから知らない木が
人に運ばれてやってきた
名前はみんなカタカナで
どの木が 日本のどの木だと
専門家は忙しくしたけれど
お互いの連絡もつかぬまま
たくさんの勘違いと間違いが生まれ
でも
 まあいいや
という人たちのおかげで
ゆるやかな気分で木の名前を呼ぶことができる

遠い国の植物園で
名前の札を食い入るように見ても
草も花も木も
なんて呼ぶのか わからない
知っているはずの草や花や木まで
名前を失ってゆく

隣の国の植物園で
名前の札に書かれた漢字をずっと見ていたとしても
草も花も木も
呼び方が違いすぎて 混乱してしまう
知っているはずの草や花や木の名前が
違っているのではないかと疑い出す

草や花や木は
名前はどうでも生きていて
その美しさは
名前で変わる わけではない

君の名前がどんなでも
君をなんと呼ぼうとも
君は君
美しい

This entry was posted in knowledge. Bookmark the permalink.

1 Response to 名前

  1. shinichi says:

    (sk)

    第144作
    Name

    白洲正子
    https://kushima38.kagoyacloud.com/?p=39719
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.