暗黒社会

監視社会は暗黒で
監視される人々は不幸だと
そう思わされてきた
ところが
監視社会がやってきた国で
監視されている人々は幸せで
豊かで
暗黒とは程遠い暮らしを
楽しんでいる

見張られている人たちは
監視カメラやスマホによって行動履歴を国に握られ
ネット通販やオンライン決済の利用履歴を企業に握られ
膨大な個人データをもとに格付けまでされて
それでも見張られることを嫌がってはいない

監視のためのテクノロジーが
キャッシュを持たない暮らしをくれて
犯罪者がすぐに見つかる安心をくれて
書類の作成や記入から解放してくれて
医療データや健康を管理してくれていて
だから
見張られるなんていうことは
テクノロジーの恩恵に比べたら
なんでもない

民主主義の社会には多少の自由があるけれど
銃を持つ自由もあって暴力はなくならず
訴える自由もあるから訴訟ばかりが増え
悪人ばかりがプライバシーの侵害を叫び
犯罪者の人権ばかりが尊重される
そして
見張られていないという建前を
信じている人なんか
どこにもいない

監視社会がやってきても
人々が幸せになれば
豊かになれば
満足になれば
いいではないか

人々が幸せになって
豊かになって
満足になって
それが暗黒だなんて
誰にも言えない

たとえどんな社会になっても
君が幸せなら
それでいい
たとえそれが管理社会だとしても

This entry was posted in freedom. Bookmark the permalink.

1 Response to 暗黒社会

  1. shinichi says:

    (sk)

    第145作
    Dark Society

    ウィキペディア
    http://www.kushima.org/is/?p=61634

    Alain Juppéと
    http://www.kushima.org/is/?p=34674
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.