昔話

時の流れにまつろうのは いやだ
時の中に閉じ込まれるのは もっといやだ

そんなことを思って昔の天皇の話を読んだでいたら
これが結構面白い

その中でも20代天皇から26代天皇までの話は特に面白く
20代安康天皇と弟の21代雄略天皇とその子の22代清寧天皇や
23代顕宗天皇と兄の24代仁賢天皇とその子の25代武烈天皇
そして20代から25代天皇までとは無縁の26代継体天皇と
想像の翼は限りなく拡がる

安康天皇は皇后の連れ子の眉輪王に暗殺され
その後継者と目された安康天皇の従兄の市辺押磐皇子は
後に雄略天皇となる安康天皇の弟に殺され
雄略天皇の子の清寧天皇に後嗣がなかったからといって
殺された市辺押磐皇子の子供たちが連れてこられて
その子供たちが顕宗天皇と仁賢天皇になり
武烈天皇に後嗣がなかったためといって
武烈天皇の高祖父の弟の玄孫が連れてこられて
継体天皇になる

結婚も望んでとか望まれてとかではなく
家が誅された後に決められたものが多く
征伐して統合した皇族や豪族の残党を
納得させるために妃を取るなんてこともあり
誰々の娘が天皇の妃になったといっても
現実は私たちの想像とはかけ離れたもの
雄略天皇の皇女は仁賢天皇の皇后でとか
仁賢天皇の皇女は継体天皇の皇后でとかいっても
その意味合いは想像を絶する

雄略天皇はとんでもない暴君だったとか
武烈天皇が悪逆非道の異常な行動をとったとか
継体天皇は新王朝の始祖であるとか
歴史学者の言うことのすべてが
今に残る書物を読み解いての想像でしかなく
想像は果てしなく広がり
楽しい

話が現実離れしていると話にはいりこめないし
出てくる人たちが立派すぎるのも面白くない
ぜんぶが正確に記録されていたら想像は働かず
二つ以上の書物に矛盾がないなんて つまらない

わからない時代のわからない人たちは
今に生きる私たちと そうは変わらず
展開される話はまるで 隣国のテレビドラマのよう
主人公がいて敵役がいて 援助者がいて理解者がいる
そして 不思議なことに
見え隠れする端役だけが 真実を知っている

今という時代を生きる君は
そして僕は
その頃に生きていた人たちより 幸せか?
その答えは 誰も知らない
君も知らない
僕も知らない

This entry was posted in fact. Bookmark the permalink.

2 Responses to 昔話

  1. shinichi says:

    (sk)

    第151作
    Once Upon a Time in Japan

    万葉集 雄略天皇
    http://www.kushima.org/is/?p=58778

    佐佐木隆
    http://www.kushima.org/is/?p=25573
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.