優しさ

ずっと一緒にいられたらいい
一緒にいたあとで
優しさが情熱を包み込む
そんなふうになれたらいい

情熱は過ぎると危険だから
優しさで包まないといけない
なんにもしないで
自然にそうなったらいい

大事にして 大事にされて
それが続いて 優しさが広がって
なんにもしないでいても
情熱を包み込んでしまえばいい

時が経てばきっと
情熱的ではなくなる
その代わりに
優しさでいっぱいになる

優しくなれるかとか なれないとか
そういうことじゃなくて
優しくなる
そうなればいい

一緒にいて お互いに正直でいて
嘘が必要なくて 信頼し合っていて
疑うことがなくて 思いやりがあれば
辺りは優しさでいっぱいになる

正直さなんてどこにもない
だからこそ正直さに惹かれる
お互いに正直でいられたらって
そうなれたらいいって 心から思う

正直でないといけないっていうんじゃない
こうでないといけないっていうのでもない
そんな感じでは 優しさには包まれない
思い合っていなければ 優しさは生まれない

お互いが好きだというのは大事だが
それだけではなくて
相手がなにをしたいのかって考えたり
体調を気遣ったり 気遣われたり
そういうことも含めて 思い合う
いつもじゃなくていいから お互いのことを思う
そういうことも大事ではないか

二人が今より良くなって
美しいものを心で感じるようになって
なんでも許せるようになって
暖かいところで優しくなる

そうなればいいんじゃないかって
そう思う

This entry was posted in love. Bookmark the permalink.

1 Response to 優しさ

  1. shinichi says:

    (sk)

    第160作
    Gentleness

    Paul Coleman
    http://www.kushima.org/is/?p=2532
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.