見せかけの幸せ

幸せは芸術の敵だという

いい作品を残した人に
幸せだった人はいない
幸せのなにがそんなに素晴らしいのか
なんの芸術も生み出さないというのに
そんなことを言う人がいる

まわりを見れば
幸せは至る所に広がっている
明るい面だけを見れば幸せになれる
未来を信じれば幸せになれる
ブータンの人たちは幸せだ
いや UAEの人たちのほうが幸せだ
感謝すれば幸せ
お金があれば幸せ
健康なら幸せ
愛があれば幸せ
そんなプロパガンダが街に溢れている

不幸せの悲惨さは言い尽くせないが
まあ それはそれとして
プロパガンダの幸せの悲惨さは
見かけだけの幸せの悲惨さだから
深いところにじわじわと
情け容赦なく効いてくる

そう
容赦ない幸せの悲惨さは
人を
人でないなにかにしてしまう

いいところに住んで
いいくるまに乗って
健康な生活をして
困ったことがなく
どんな病気も治ってしまうという悲惨さは
想像するに余りある

見かけだけの幸せを追えば
幸せからどんどん遠くなる

大都会では
汚い水と汚い空気と汚い言葉のせいで
芸術は汚くなり
そして
人間への無関心から
芸術は人工的になる

コンピュータグラフィックスとかいって
合理性と機能性を追求しているうちに
自然を忘れ
感性を忘れ
芸術は芸術でなくなる

芸術の敵は幸せではなく
見せかけの幸せが芸術の敵なのだ

悲しみを知らない芸術はない
でも
悲しみのなかでの芸術より
悲しみから立ち直ったあとの芸術のほうがいい

立ち直る
そして
取り戻す

暮しの中に自然を取り戻し
感性を取り戻せば
幸せと共に
芸術が戻ってくる

ひかりを描く絵も
愛を刻んだ彫刻も
きっと戻ってくる

芸術の敵は幸せではなく
歪んでしまった社会
そして汚れた心
違うか?

でもそうはいっても
僕は
芸術よりも君がいい
君のほうがずっといい

This entry was posted in happiness. Bookmark the permalink.

3 Responses to 見せかけの幸せ

  1. shinichi says:

    (sk)

    第177作
    False Happiness

    Mending of a Broken Heart
    by James Michael Castleton
    から何らかの刺激を受けて

  2. shinichi says:

    “Fake happiness is the worst kind of sadness.”
    ― Dominic Riccitello

  3. shinichi says:

    Mending of a Broken Heart

    by James Michael Castleton

    **

    There is not a “true” happiness and a “false” happiness. Only happiness and meaning. The key to happiness is to realize that it is not the same thing as meaning. The key to meaning is to realize that it is to be found neither in the pursuit, nor in the denial, of happiness. Happiness speaks to our health, meaning to our hope. The former provides for the necessities of life, the latter a reason for living… Happiness is the consequence of properly loving ourselves. Meaning is the consequence of loving others as ourselves.

    **

    Why God Matters というような内容だけれど。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.