聡明さは 愛の最大の敵
聡明な人に 愛は似合わない
はたしてそうだろうか
聡明さは 愛の味方ではないのか

不完全なのは いけないことか
不完全だから 成長する
もし完全なら 生きてはいない
そう 不完全だから 愛する

不完全さを 喜ぶ
宇宙は不完全
僕も不完全
だから 不完全さを 愛する

花を摘んではいけない
花を摘めば 花は死ぬ
愛も消える
愛しているなら 摘んではいけない

愛は感謝するもの
所有するものではない
生きるのは 愛するため
愛するのは 生きるため

木の葉が風にそよぐ 枝が揺れる
幹は揺れない 樹皮も揺れない
根は揺れを感じているのか
根を包む土は 愛を知っている

いろいろな葉がある
健康な葉 病気で弱っている葉
美しい葉 美しくない葉
大きな葉 小さな葉

どの葉も 風を感じる
どの葉も 悩む
どの葉も 喜ぶ
どの葉も 愛する
そして 死ぬ

This entry was posted in love. Bookmark the permalink.

1 Response to

  1. shinichi says:

    (sk)

    第206作
    Leaves

    Larry Young, Brian Alexander
    http://www.kushima.org/is/?p=27925
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.