水野和夫

五〇〇年におよぶ近代資本主義を駆動させてきた諸条件は、現在、急速に失効しつつある。交易条件しかり、海外市場の開拓しかり、人口増加しかり。そしてこれらのことは、決して一過性の問題ではなく、中世封建社会の崩壊と匹敵するような局面にわれわれは立たされているというのが、… 共通した認識だと思う。
このような時代の転換点において、近代資本主義の枠内だけの道具では、問題を解決することは不可能だろう。デフレという問題ひとつとっても、お金を刷れば一挙解決といった処方箋は、グローバル化した経済を見誤っている典型のように思われる。

This entry was posted in globalization. Bookmark the permalink.

1 Response to 水野和夫

  1. shinichi says:

    超マクロ展望 世界経済の真実

    by 水野和夫, 萱野稔人

Leave a Reply

Your email address will not be published.