Tim Wu

When science fiction writers first imagined robot invasions, the idea was that bots would become smart and powerful enough to take over the world by force, whether on their own or as directed by some evildoer. In reality, something only slightly less scary is happening. Robots are getting better, every day, at impersonating humans. When directed by opportunists, malefactors and sometimes even nation-states, they pose a particular threat to democratic societies, which are premised on being open to the people.

Posted in change | 1 Comment

森下佳子

するとひとつだけ気付いたことがありましてね。一日雲を見ておろうが何をしておろうが、誰も何も言わねえんでさ。家も、銭も、知る人もねえ。けど、裏返しゃあ、俺がどこで何をしようとかまわねぇわけで。
これから先は、何にも誰にも縛られず、己の心に従って生きてやるのだと決めたんでさぁ。
(どこぞのお家なぞに縛られるわけにはいかぬということか)
けど、気付いたら、仲間に縛られ、町に縛られ。ざまぁねえでさぁ。

Posted in story | 2 Comments

りりィ

Posted in music | 1 Comment

Gary Dagorn

Un iceberg de 5 800 km² vient de se détacher de la barrière de Larsen.

Posted in globe | 1 Comment

Johannes Jakob Fürst, Gaël Durand, Fabien Gillet-Chaulet, Laure Tavard, Melanie Rankl, Matthias Braun, Olivier Gagliardini

The future fate of the Antarctic ice sheet under a warming climate is dynamically tied to geometric changes of the floating ice shelves. The reason is that ice shelves transmit buttressing to upstream regions. Sources for buttressing are shearing at lateral confinements and positions where the ice shelf locally runs aground, such as at ice rises and ice rumples. As Antarctic ice shelves are known to be thinning at increasing rates, their buttressing potential is expected to reduce. Under continuous atmospheric warming over t he Antarctic Peninsula, vast ice-shelf areas have already be en lost. Before break-up, ice shelves accommodated a certain gradual recession of the ice front. During this recession, a transition of the calving front was observed from being convex to be coming concave, reaching either further or less out into the ocean between any anchor points. After break-up, the extant glacier fronts were no longer buttressed and tributary glaciers accelerated with, in places, an eightfold velocity increase. This had direct consequences for ice flowing over the boundary between grounded and floating ice—that is, the ice discharge over the grounding line. More than one decade after the major break-up events on the Antarctic Peninsula, glaciers still adjust to these past perturbations.

Posted in globe | 1 Comment

Garbiñe Muguruza

Posted in records | 1 Comment

Hamid Dabashi

The question is not which brand of journalism closely approximates to the truth. None do completely: They all come close to truth with their specific fusion of blindness and insights. The question for the world at large is how The New York Times and its Israeli shadow, Haaretz, have lost their monopoly of telling the truth in a manner that best safeguards their common interests in normalising the interests of US/Israeli military domination of the globe – for that is their paramount function.
**
Al Jazeera just adds one lens, a very modest lens, like all other lenses predicated on both its blindness and insights, limitations and abilities, and it is precisely that modesty which has exposed all other news venues, chief among them “the papers of record”, for what they are: a vested interest in telling us how to think. Al Jazeera does not replace or supplant The New York Times or Haaretz or the BBC. It just puts them in their rightful place: just one quick “freewheeling” click away from Al Jazeera, and then let the chips fall where they may!

Posted in perception | 1 Comment

Daria Aminova

The English language has more than 1 million words. Nevertheless, it’s difficult to find an exact translation for certain Russian words, especially if the meaning is related to the enigmatic “Russian soul.”


Nadryv: German Wikipedia has an entire article dedicated to the word nadryv (надрыв). This is a key concept in the writings of Russian writer Fyodor Dostoevsky. The word describes an uncontrollable emotional outburst, when a person releases intimate, deeply hidden feelings.
Moreover, Dostoevsky’s nadryv implies a situation in which the protagonist indulges in the thought that he can find in his soul something that may not even exist. That’s why the nadryv often expressed imaginary, excessively exaggerated and distorted feelings. One part of the novel, Brothers Karamazov, is called “Nadryvs.”


Posted in difference | 1 Comment

虚構新聞

Posted in fake | 1 Comment

John Phillips

Posted in health | 1 Comment

莊子

子獨不見狸 狌乎?卑身而伏,以候敖者,東西跳梁,不辟高下,中於機辟,死於罔罟。今夫斄牛,其大若垂天之雲,此能為大矣,而不能執鼠。今子有大樹,患其無用,何不樹之於無何有之鄉,廣莫之野,彷徨乎無為其側,逍遙乎寢臥其下?不夭斤斧,物無害者,無所可用,安所困苦哉!

Posted in globe | 2 Comments

原研哉

いずれにしても、デザイナーは分断され、パッケージ化されたデザインを供給する職能ではない。もしもそういう錯覚が社会に発生しているとするならば、僕らはそれを払拭しなくてはならない。当然のことだが、あらゆるコミュニケーション、あらゆるメディアにデザインは有効である。コミュニケーションに関与するデザイナーの仕事は、物事の本質を把握し、それに相応しい情報の形を与え、最適なメディアを通してそれらを社会に還流させていくことである。古いメディアに執着する姿勢も、新しいメディアに固執する姿勢も不自然である。

Posted in globe | 1 Comment

近藤祐

私たちは映画『マトリックス』のように、「世界一の都市東京」というヴァーチャルな白昼夢を見ているのではないか。幻覚の表皮を一枚めくれば、過剰消費社会という底なし沼が私たちをのみ込もうとしている。都市空間もまた消費対象であることを免れ得ず、昔ながらの町並みは呆気なく消え失せ、効率性・合理性を至上目的とする優等生的な空間が出現する。そこには歴史的な時間軸にそって蓄積した多様性や不整合性は存在しない。
**
そのような時代状況にあって、私は『生きられる都市を求めて』において、現代都市の私たちを窒息させる合理性の網の目から逃れ、偶発的に「彷徨う」ことを提案した。しかしそれだけでは充分でない。都市空間のみならず、私たちの生の拠点となる居住空間もまた、限度なき商品化にさらされているからである。そのもっとも顕著な例である分譲マンションの広告は、私たちを「上質で豊かな」ライフ・スタイルへと勧誘する。そこには便利さ、快適さに加え〈広さ〉という絶対的な価値が孕まれる。実際に家は広いほどよいことを誰も疑わない。では〈広さ〉に対置される〈狭さ〉は、ただのデメリットでしかないのか。

Posted in story | 3 Comments

執筆者不明

かなり綿密な「美のデータベース」が、普遍的な共有財産として存在しないと、「見立て」は成立しない。これが成立するというのは、かなりハイブローな文化性の証左と言っていい。 卑近な例で言えば、春の彼岸に食べるモチを牡丹に見立てて「ぼたもち」と称し、同じものでも、秋の彼岸になると萩に見立てて「おはぎ」と称するというのは、そうした共有財産がないと成立しない。 ところが、最近はこの財産の共有性が薄れてきているので、平気で、春でも「おはぎ」秋でも「ぼたもち」といったりする。

Posted in perception | 1 Comment

Kenneth Grahame, Charles van Sandwyk

When Mole is drawn out of his underground abode (‘Hang spring-cleaning!’) by the imperious call of Spring, he is fascinated by the world above his home. The first animal he meets is lively Ratty, who introduces him to the beauties of the river and the joys of ‘simply messing about in boats’. Mr Toad, irrepressible aristocrat and creature of crazes, shatters this rural calm with his discovery of the automobile. ‘Villages skipped, towns and cities jumped – always somebody else’s horizon! Oh, bliss! Oh, poop-poop!’ Soon he is risking life and limb indulging his new-found passion, experiencing brushes with the law and landing himself in prison, much to the concern of his friends. Even stern Badger cannot control Toad’s lunatic enthusiasms and wild antics, until they are all faced with a tremendous battle against the scheming stoats and wheedling weasels that have taken over Toad Hall. Can the four friends win against the frightening denizens of the Wild Wood? And does our irresponsible hero really become ‘an altered Toad’?

Posted in story | 2 Comments

Richard Conniff

This is how I want to be dead. That is, in the woods, with wild things all around.

Posted in life | 1 Comment

Les Vins du Valais

Il a été introduit au milieu du XIXe siècle par le Conseil d’Etat, dans le but de dynamiser la viticulture valaisanne, alors dans une période de transition. Mûrement réfléchie, cette action a engendré une spectaculaire progression de la surface plantée. Il faut dire que le Pinot Noir, cépage précoce, supportant sans autre sécheresse et froid, ne pouvait que réussir en Valais. Il donne naissance à des vins d’expressions très variées, témoins de la grande diversité des terroirs. Le Pinot Noir est notamment remarquable sur les calcaires très actifs de la région de Salquenen et de Sierre, ainsi qu’en rive gauche où il profite d’un cycle de maturation un peu plus long, idéal pour la complexité et la fraîcheur de ses arômes.

Posted in happiness | 1 Comment

Ulrich Boser

A forgotten memory is a lot like an old file on your computer. While the document still exists, you don’t have a good way of getting to it, and today many memory researchers don’t even use the word “forgetting.” The term implies that a recollection is gone forever. Instead, forgetting is a matter of “retrieval failure.”

Posted in human being | 1 Comment

Patrick Filleux

« L’homme commence par les pieds », écrivait l’anthropologue André Leroi-Gourhan. Une évidence que le XXe siècle a voulu oublier, à grand renfort de transports, d’efficacité, de performance. Depuis dix ans, la marche retrouve pourtant ses lettres de noblesses. Randonnée, trek, balade urbaine ou périple littéraire, les Français seraient près de quinze millions à mettre un pied devant l’autre… et à y prendre du plaisir.

Posted in change | 1 Comment

長谷川眞理子

一人の食事はさびしい。私自身、やむを得ず一人で食堂に入ることもあるが、なんともわびしい感じがする。同じように一人で食べているほかの人たちを観察してみると、みんなスマートフォンを見るなど、何かしながら食べている。食べてはいるが、決して食事を楽しんではいない。
進化の歴史から見ると、ヒトの食事は必ずやみんなでとるものだった。およそ200万年前、人類の祖先が開けたサバンナに進出していったとき、動物を狩ることも、植物性の食物を採集することも一人ではできず、仲間と一緒に行った。そして、食料をキャンプに持って帰り、みんなで分けて食べた。
20万年ほど前から、私たちヒト(ホモ・サピエンス)が進化したが、ずっとこのような狩猟採集生活だった。獣でも魚でも、たんぱく源になる動物を捕獲し、食べられるように加工するには手間がかかる。種子、地下茎、葉などの植物性食物も、そのまま食べられることはほとんどない。あく抜き、毒抜き、煮て柔らかくするなど、何らかの加工が必要である。これらの作業には火が必須だ。ガスなどないのだから、火をおこすのはこれまた大変な仕事。かくして、みんなが炉のまわりに集まって食べることになる。

Posted in change | 1 Comment

宇野知子

「野に咲く花は美しい」ことは皆さんご存知だと思います。では、なぜ人は花を摘み取り飾るのでしょうか? 人は、自然の姿が美しいことを知っていながらも生活空間に花を飾り、その華やかな彩りを取り入れ、自らの感性を刺激しながら暮らしたいから、と考えます。そう考える一方で、実は私自身がこの考え方に少し抵抗を感じていました。なぜなら、綺麗な花を自分の手の届くところに飾りたいという人間のエゴが見え隠れしているように感じるからです。しかし、このエゴを含めても、花を飾ることには意味があるのだと思うようになりました。
花の命は短いものです。エゴと知りつつも摘み取られた花と共に生活をしながら、花が咲く喜びを分かち合い、その美しい姿を享受しながら大切に飾らせてもらう。こういった気持ちを抱くこと。植物が朽ちる姿を眺めながら生命の神秘を想い、最後の姿までしっかり見届けて「ありがとう、さよなら」そう言えること。

Posted in perception | 1 Comment

東信(あずま まこと)

AMKK(東信、花樹研究所)とは、フラワーアーティスト東信の花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団であり、その活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、それを芸術的レベルに変換し表現する事で、植物の存在価値を高める事に一貫している。

Posted in art | 1 Comment

足利義政

憂き世ぞとなべて云へども治めえぬ我が身ひとつに猶嘆くかな

置きまよふ野原の露にみだれあひて尾花が袖も萩が花摺り

わが庵は月待山のふもとにてかたむく月のかげをしぞ思ふ

見し花の色を残して白妙の衣うつなり夕がほのやど

さやかなる影はそのよの形見かはよしただくもれ袖の上の月

今日はまた咲き残りけり古里のあすか盛りの秋萩の花

わが思ひ神さぶるまでつつみこしそのかひなくて老いにけるかな

今日はまづ思ふばかりの色みせて心の奧をいひはつくさじ

春来ぬとふりさけみれば天の原あかねさし出づる光かすめり

こぎわかれゆけばかなしき志賀の浦やわが古郷にあらぬ都も

つらきかな曽我の河原にかるかやの束の間もなく思ひみだれて

Posted in poem | 1 Comment

オリエント工業

Posted in business | 2 Comments

篠山紀信


想像を超えた美の存在に遭遇したとき、僕は近未来の迷宮にいるような不安を感じる。この心の動揺こそが僕に写真を撮らせているようだ。

Posted in art | 1 Comment

Alina Dizik

For many, it seems the career ladder is dead, but what’s replacing it may be more daunting. A career web, or lattice, is a professional path where lateral moves are as important to a worker’s end goal as traditional promotions and upwards mobility.
Many are still figuring out how to deal with the exhausting amount of opportunities that go with navigating this less traditional, flatter career path.
Workers are shifting to a web or labyrinth – there’s no career ladder you should climb. For most people it’s a good thing because, the ladder construct forces everybody to be shooting for a single position at the top – it’s a recipe for lack of success.

Posted in change | 1 Comment

Greg Kessler

Posted in difference | 2 Comments

五浦観光ホテル別館大観荘

Posted in memory | 3 Comments

Travis Bradberry

8 Habits of Incredibly Interesting People

  • They are passionate.
  • They try new things.
  • They don’t hide their quirks.
  • They avoid the bandwagon.
  • They check their egos at the door.
  • They’re always learning.
  • They share what they discover.
  • They don’t worry about what others think of them.
Posted in globe | 2 Comments

Kai-Fu Lee

… the A.I. products that now exist are improving faster than most people realize and promise to radically transform our world, not always for the better. They are only tools, not a competing form of intelligence. But they will reshape what work means and how wealth is created, leading to unprecedented economic inequalities and even altering the global balance of power.
It is imperative that we turn our attention to these imminent challenges.
**
One way or another, we are going to have to start thinking about how to minimize the looming A.I.-fueled gap between the haves and the have-nots, both within and between nations. Or to put the matter more optimistically: A.I. is presenting us with an opportunity to rethink economic inequality on a global scale. These challenges are too far-ranging in their effects for any nation to isolate itself from the rest of the world.

Posted in globe | 1 Comment

李开复

现有的人工智能产品正以超出大多数人想象的速度得到改进,很有可能让我们的世界发生根本性改变——不一定就是变得更好。它们只是工具,而非某种与人类竞争的智慧形式。但它们将重塑工作的含义和财富的创造方式,引发前所未有的经济不平等,甚至改变全球力量均势。
我们必须把目光转向这些迫在眉睫的挑战。
**
无论如何,我们都必须开始考虑如何将日渐临近的、由人工智能加大的贫富差距最小化,不管是国内的,还是国与国之间的。要么就得把这件事看得更乐观一些:人工智能给我们提供一个在全球范围内重新思考经济不平等的机会。这些挑战太过广泛,任何国家都无法将自己孤立起来,独自解决。

Posted in change | 1 Comment

琉球新報

野中広務元官房長官は、那覇市内で開かれたフォーラムの基調講演の中で、自身が長官在任中(1998年7月~99年10月)、先例に従い、複数の評論家に内閣官房報償費(機密費)から数百万円を届けていたことを明らかにした。
野中氏は講演で「言論活動で立派な評論をしている人たちのところに盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ。秘書に持って行かせるが『ああ、ご苦労』と言って受け取られる」と述べ、機密費からの提供が定期的にあったことを明かした。
野中氏は自民党政権時代に、歴代の官房長官に慣例として引き継がれる帳簿があったことにも触れ「引き継いでいただいた帳簿によって配った」と明言。その上で「テレビで立派なことをおっしゃりながら盆と暮れに官邸からのあいさつを受けている評論家には亡くなった方もいる」と指摘した。

Posted in Japanese way | 1 Comment

米本浩二

Posted in life | 1 Comment

梯久美子

Posted in life | 1 Comment

昭和の子

『評伝 石牟礼道子─渚(なぎさ)に立つひと』(米本浩二著、新潮社)が胸を打つ。
水俣病闘争は、道子にとって幻想が打ち砕かれていく過程であった。幻想とは「あの世」ではない。「この世」でもない。「もうひとつのこの世」をこの世に出現させること。一九七三年の心情。「永遠に空転している感じです」「文学と運動との間が破綻する。ひきさけてくる」。そして、絶唱。〈いつの日かわれ狂ふべし君よその眸そむけずわれをみたまえ〉
幻がなければ闘えない。幻を支えるのは「狂」である。道子の「狂」は祖母モカに淵源し、水俣病患者への寄り添いがこれを鍛えあげた。
道子の評伝を島尾ミホの評伝『狂うひと』(梯久美子著、同)と並べて読むと、コクが増す。ミホの「狂」は、抽象化すれば、戦争の記憶に蓋をして顧みない「戦後」への異議申し立てだった。道子の「狂」は、効率のためには切り捨てても顧みない「近代」への異議申し立てだった。ミホは夫と奄美へ帰り、小説を書き始める。ミホも道子も地に根づき、言葉を紡ぐことで身を鎮めていく。
二人から見たら、こちら側の私たちこそが「狂」であろう。二冊の評伝が澄んだ「鏡」となって、昭和の顔を映し出す。

Posted in modern times | 2 Comments

慈照寺東求堂同仁斎

Posted in art | 2 Comments

雪舟

Posted in art | 1 Comment

김선아

Posted in story | 1 Comment

李寧煕

고맙습니다
高真心而多



Posted in asian way | 2 Comments

額田王

  潮 熟   潮 熟
  毛 田   も 田
  可 津   か 津
  奈 尓   な に
  比 舩   ひ 船
  沼 乗   ぬ 乗
  今 世   今 り
  者 武   は せ
  許 登   漕 む
  藝 月   ぎ と
  气 待   出 月
  菜 者   で 待
        な て
        ば

Posted in globe | 1 Comment

ウィキペディア

日本語における文字の使用は、5世紀から6世紀頃の漢字の輸入とともに始まり、漢字を日本語の音を表記するために利用した万葉仮名が作られた。やがて、漢字の草体を元に平安時代初期に平仮名が、漢字の一部を元に片仮名が作られたとされる。

Posted in Japanese way | 1 Comment

漢字文化資料館

日本の古代の遺跡からは、漢字が刻印された中国の貨幣が発見されることがあります。それらのうち最も古いものは、紀元前1世紀ころに造られた貨幣です。ここから考えますと、日本列島に住んでいた人たちが初めて漢字を目にしたのは、貨幣が中国から渡来してくるのにかかる時間を考慮にいれて、遅くとも紀元後1世紀ごろであろうと思われます。
しかし、その漢字を目にした人たちが、それを文字だと認識していたかどうかについては、また別の問題です。わたしたちがたとえばアラビア文字を見るときのように、おそらく当時の人々にも、漢字は模様のようにしか映らなかったのではないでしょうか。
では、日本列島に住んでいた人たちは、いつごろから漢字を文字として理解し始めたのでしょうか。詳しいことはわかりませんが、確実なのはやはり邪馬台国の時代、紀元3世紀ごろです。『魏志倭人伝』で有名なように、このころには、日本と中国との間に使節の往来があったことは確かです。外交文書を扱うことができなければ、使節としては体を成しません。おそらく邪馬台国やそれに先立つ国々には、漢字を理解し、文書を扱うことのできる人々がいたに違いないと考えられています。

Posted in Japanese way | 1 Comment

Maryanne Wolf

We were never born to read. Human beings invented reading only a few thousand years ago. And with this invention, we rearranged the very organization of our brain, which in turn expanded the ways we were able to think, which altered the intellectual evolution of our species. Reading is one of the single most remarkable inventions in history; the ability to record history is one of its consequences. Our ancestors’ invention could come about only because of the human brain’s extraordinary ability to make new connections among its existing structures, a process made possible by the brain’s ability to be shaped by experience. This plasticity at the heart of the brain’s design forms the basis for much of who we are, and who we might become.

Posted in good | 1 Comment

William Leith

When people started to read and write, it was not seen universally as a good thing. On the contrary, some people, including Socrates, thought it might be terribly damaging, in the same way that many people today see computer games and text messages as damaging.
Socrates came from a culture where you had to remember everything, and he thought that having to memorise things meant you understood them better. Writing things down, he thought,would actually mean writing them down and forgetting them.

Posted in good | 1 Comment

オカモト株式会社

店頭でコンドームのパッケージを見かけた時、中身が気になったことはありませんか?
色や形、大きさは? 包装はどんなものなんだろう? 中身が確認できると良いのに。
確かにコンドームという商品であればこそ、実際の中身は気になりますし、巷には中身が見えるパッケージも多く出回っていますから、そのお気持ちは良くわかります。
しかし、コンドームの箱を透明にできない理由があります。
多くのコンドームは、天然ゴムラテックスという、いわゆるゴムでできています。日本では、ポリウレタンというプラスチック系素材のものも多く見受けられます。どちらの素材も、太陽光や蛍光灯などから発せられる紫外線によって劣化してしまいます。この劣化を防ぐために、コンドームの箱は光を通さないようにする必要があるのです。

Posted in business | 1 Comment

テンカス

新しい政治の担い手となった武士の女性は、その社会的地位こそ確かに向上したものの、鎌倉時代には認められていた相続権を失うなど、次第に主体性を喪失していった。それに比べると、庶民の女性の生きざまは、庶民階級全体の勃興と相まって、はるかにたくましく清新な息吹きに満ちている。
そんな生きざまは「花子」「内沙汰」などの狂言の中にうかがうことができる。「花子」では、夫の浮気を見ぶってとっちめる妻が描かれており、「内沙汰」では、訴訟を起こそうとする夫に対し、近ごろに裁判はあてにならぬから、自分の前で弁論の実演をしてみろと、特訓を課す妻が登場するといったぐあいである。当時の庶民女性は、女権伸張の現代とほとんど変わりのない強さと積極性を、すでに備えていたかのようである。
庶民の女性がこのように男と対等に近い関係で、主体的に生きることができたのは、庶民世界に育まれていた自由調達な精神の土壌によるところが大きい。彼女たちは、男ともども自らの生活を支える主要な働き手であったのだ。

Posted in Japanese way | 1 Comment

産経新聞

ニュースエンジンの開発などを手掛ける「JX通信社」が世論調査の結果を公表した。今回の調査は、都内の有権者を対象に、無作為に電話をかけるRDD方式で行われた。
調査結果によると、産経新聞読者安倍政権支持率86%に達し、6紙の中で際立って高かった。一方、もっとも低かったのは東京新聞読者5%と、両紙読者によって80ポイント以上違うという「極端な差」が示された。ちなみに不支持率は産経新聞読者が6%、東京新聞読者は77%だった。
ちなみに高支持率の次点は読売新聞読者43%日経新聞読者41%が続いた。朝日新聞、毎日新聞の読者の支持率はそれぞれ、14%、9%にとどまった。

Posted in perception | 2 Comments

ちきりや

やがて社交の場として、「会所の茶」が流行しました。会所とは、接客の為の部屋のことで、そこに当時流行していた唐物の絵画・墨蹟・花瓶・香炉などを飾り、唐物の茶道具を使ってお茶を淹れるのが習わしでした。それらを観賞しながら、お茶を飲んだり、和歌や連歌などを詠んだりしていました。
1320年頃に、そういった会所の茶が、遊興的な「闘茶」へと広がりました。茶歌舞伎や茶香服、茶寄合とも呼ばれるもので、お茶を飲む習慣のあった貴族や武士たちの遊びとして流行しました。お茶を飲んでその産地をを当てるという遊びです。当初は、明恵上人がもたらした栂ノ尾の茶を「本茶」、それ以外の産地のお茶を「非茶」として、茶を飲み比べて当てるというものでした。

Posted in happiness | 1 Comment

農林水産省生産局農業環境対策課


Posted in Japanese way | 1 Comment

折口信夫

日本の信仰では、霊魂が人間の体に入る前に、中宿として色々な物質に寓ると考へられてゐます。其代表的なものは石で、その中で、皆の人が承認するのは、神の姿に似てゐるとか、特殊な美しさ・色彩・形状を具へてゐるとか言ふ特徴のある物です。神像石の場合は、石全体を神と感じる様になつたのです。又、玉だと思つてゐるものゝ中には、獣の牙だつたり、角だつたりするものもあります。之を一つの紐に通しておくのが、古語で言ふみすまるのたまです。だから、考古学の方で、玉の歴史を調べる前に、どうしても霊魂の貯蔵所としての玉といふ事を考へてみなければ訣らぬものが、装身具の玉になつた後にもあるのです。古代には、単なる装飾とは考へてゐず、霊的な力を自由に発動させる場合があつたに違ひないのです。併しそれは、非常に神秘的な機会だから、文字に記される事が少かつたのです。

Posted in Japanese way | 1 Comment

等持院

Posted in voyage | 1 Comment

Влади́мир Пу́тин, Oliver Stone

Posted in records | 2 Comments

123Greetings

While mums often nag us to perfection, dads teach us how to be imperfectly perfect, which is much needed for balancing ourselves. Life throws at us unexpected expectations. Sometimes we aren’t prepared for the challenges. Posing perfection at those times could be taxing, that is when the little window of allowing ourselves to be sans judgement and beliefs is a savior.

Posted in business | 1 Comment

Ministère de l’Education nationale

  • Suffit-il d’observer pour connaître ?
  • Tout ce que j’ai le droit de faire est-il juste ?
  • La raison peut-elle rendre raison de tout ?
  • Une oeuvre d’art est-elle nécessairement belle ?
  • Défendre ses droits, est-ce défendre ses intérêts ?
  • Peut-on se libérer de sa culture ?
  • Y a-t-il un mauvais usage de la raison ?
  • Pour trouver le bonheur, faut-il le rechercher ?
Posted in Eurocentrism | 1 Comment

Robert T. Lackey

I am concerned that policy-biased science is increasingly common in the scientific enterprise, as it undermines the credibility of science and scientists in public policy debates. This situation is especially unfortunate because scientific information is essential in many policy debates; such as, conflicts over scarce water resources; approaches to addressing wild fires; adapting to changing climate; policies toward native versus non-native species; and, balancing risks and benefits of genetically modified organisms.
Science is not value-free, but it should be objective and policy should be based on the best science available. Too often, however, scientific information presented to the public and decision-makers is infused with hidden policy preferences. Such science is termed normative and it is a corruption of the practice of good science. Normative science is defined as “information that is developed, presented, or interpreted based on an assumed, usually unstated, preference for a particular policy choice.”
**
Yes, scientific information must remain a cornerstone of public policy decisions about natural resource and ecological issues, but I offer cautionary guidance to scientists. Become involved with policy issues and deliberations, but play the appropriate role. Provide facts, probabilities, and analysis, but avoid slipping into normative science. Scientists have much to offer the public and decision-makers, but also have much to lose when they practice stealth policy advocacy.

Keep Science and Scientists Credible (PDF file)

Posted in globe | 1 Comment

CIES Football Observatory

Posted in records | 2 Comments

ウィキペディア

「悪御所」の綽名で呼ばれた足利義教は苛烈な側面を有しており、些細なことで激怒し厳しい処断を行ったと言われる。主な例としては以下のようなことがある。

  • 永享2年、東坊城益長が儀式の最中ににこっと笑顔を作った。義教は「将軍を笑った」と激怒し、益長は所領を没収された上、蟄居させられている。
  • 永享4年、一条兼良邸で闘鶏が行われ、多数の人々が見物に訪れた。そのため義教の行列が通ることが出来ず、激怒。義教は闘鶏を禁止し、京都中のニワトリを洛外へ追放した。
  • 義教は側室日野重子の兄である日野義資に対して青蓮院門跡時代から恨みを持っており、将軍に就任すると義資の所領を没収し、謹慎させた。永享6年、重子が子(後の足利義勝)を産むと、叔父になる義資のもとに祝賀の客が訪れた。これを不快に思った義教は訪れた客すべてを処罰した。さらに6月8日には義資が何者かに斬殺され首を取られた。犯人については明らかにならなかったが、義教の討手であるという噂が流れた。この噂をした参議高倉永藤は硫黄島流刑となった。
  • 比叡山根本中堂の炎上に関する噂をすることを固く禁じ、その禁に触れた商人は斬首された。
  • 酌の仕方が下手だという理由で侍女(少納言局)は激しく殴られ、髪を切って尼にさせられた。
  • 説教しようとした日蓮宗の僧日親は、灼熱の鍋を頭からかぶせられ、二度と喋ることができないようにを切られた。
  • 猿楽においては、音阿弥を重く用いる一方で、世阿弥を冷遇して佐渡へ配流した。

これにとどまらず「献上された梅の枝が折れた」「料理がまずい」といった些細な理由で庭師や料理人を罰したことが当時の記録に数多く記されている。

永享6年(1434年)6月、中山定親は日記『薩戒記』において義教に処罰された人間を数えたてているが、公卿59名、神官3名、僧侶11名、女房7名が処罰されたとしている。中には日野西資子といった天皇の生母や、皇族、関白なども含まれる。斎木一馬は義教の全統治期間ではこの2倍に上るものが処罰されたとしている。なお、これらの数には武家や庶民は含まれておらず、総数は相当数に上ると見られている。

これらの事跡は義教が暴君で、恐怖政治を志向したことや、嗜虐性を有していた事を示す逸話として伝えられた。伏見宮貞成親王は『看聞日記』で、商人の斬首についてふれ「万人恐怖、言フ莫レ、言フ莫レ(永享七年二月八日条)」と書き残した。この「万人恐怖」を義教時代を象徴する一語と見ることも多い。

Posted in records | 1 Comment

Anderson Cooper

Posted in change | 1 Comment

Tristan Harris

Well every time I check my phone, I’m playing the slot machine to see, “What did I get?” This is one way to hijack people’s minds and create a habit, to form a habit. What you do is you make it so when someone pulls a lever, sometimes they get a reward, an exciting reward. And it turns out that this design technique can be embedded inside of all these products.

Posted in change | 1 Comment

Larry Rosen

What we find is the typical person checks their phone every 15 minutes or less and half of the time they check their phone there is no alert, no notification. It’s coming from inside their head telling them, “Gee, I haven’t check in Facebook in a while. I haven’t checked on this Twitter feed for a while. I wonder if somebody commented on my Instagram post.” That then generates cortisol and it starts to make you anxious. And eventually your goal is to get rid of that anxiety so you check in.

Posted in change | 2 Comments

菊池道人

どちらか一方だけが正しいというような場合は、余り多くはない。大抵はどちらの言い分にもそれなりの理があるものだ。例えば、周郎が申したように、張角の説く教えに縋りつく者たちは、飢えや病に苦しんでいる、それを考えねばということは正しい。また、孫堅殿が国家の安寧のために不逞の輩を成敗するということも、理があり、まして、それを侮辱されたのは、子として許しがたいというのも、もっともな心情じゃ。しかし、そのもっともな理や情がぶつかると、無益な争いとなり、どちらの言い分も死んでしまうものだ。
正しい事を言うと、とかく、人を傷つけてしまうものだよ。わしも若い頃は官吏の端くれであったが、余りに歯に衣を着せずに物を申すものだから、本来ならば味方になってくれそうな人々まで敵に回してしまった。かと言って、何も言わずにいればよいというものではない。先ずは、相手が如何なる立場の者であるのかを考えねばならぬ。

Posted in story | 1 Comment

福嶋聡

三田氏は、図書館が著作者の権利を制限することによって成り立っていることを指摘、作家の窮状を訴え、諸外国の例にならって「公共貸与権」の重視のもと、具体的な作家への保障を求める。図書館側の人たちは、争点となっている「複本」(予約者数の多いベストセラーを何冊も買い込むこと)も指摘されるほど多いわけではなく、自分たちは限られた、しかも削減されつつある予算の中で必死に頑張っている、と主張する。
どちらの言い分も、もっともである。双方とももっともだから、最後には「お互いいがみあっている場合ではない。作家も図書館も連帯して、国から予算をぶんどろう。」、表現が荒っぽすぎるかもしれないが、つまるところこういう結論になる。
ところが、現実には国も自治体も台所事情は火の車である。経済状況も相変らず悪い。だとすれば、先の結論は余り生産性を期待できるものではない。
明らかに読者の視点が欠落している。あるいは、利用者の視点が。
読者や利用者のことを忘却しているわけではない。欠落しているのはその視点なのである。

Posted in information | 1 Comment

齋藤勝裕

「どちらに優先権があるのか、ハッキリしない」という場合に使われるのが、この「タマゴか先か、ニワトリが先か」という言葉。「タマゴがなければニワトリは生まれないのだからタマゴが先だ」「いや、ニワトリがいなければタマゴは生まれないのだから、ニワトリが先だ」― 一見(一聴)、どちらの言い分ももっともに聞こえ、どちらが正しいとは言いかねる。
しかし、生命科学的に見たら答えは明らかである。交配の実験で考えてみよう。A種のニワトリとB種のニワトリを掛けあわせて新種のC種のニワトリをつくるとしよう。C種の生命体として最初に誕生するのは受精卵であり、タマゴである。
これをDNAの見地から考えると、父親AのDNAはaであり、母親BのDNAはbであるとすると、この両親の生殖細胞が合体して子供CのDNA=cができることになる。そしてDNAこそが生命体の証明であり、戸籍なのである。したがって、「新生物C」が最初に発生するのは受精卵としてなので、「タマゴが先!」である。

Posted in belief | 1 Comment

小林朝夫

禅宗における坐禅の流儀の一つに、曹洞宗の「黙照禅」がある。宋の時代の僧である宏智正覚によって考案されたもので、禅に対する心構えを表したものだ。
一方、臨済宗は、功徳の高い僧と問答をしながら禅の修行をする「看話禅」を唱え評判を上げていた。
黙照禅を推す正覚は、お釈迦様の教えは文字では書き表せないと主張したが、どちらの言い分ももっともであり、この二つの禅の流儀が世に広まることとなったのである。心の中で無駄なおしゃべりをしていれば警策で肩を叩く。これは、看話禅での座禅修行の一コマだ(看話禅では警策を「けいさく」、黙照禅では「きょうさく」と呼ぶ)。
いずれにせよ、やはり「黙」は大切なようである。

Posted in attitude | 1 Comment

北方ジャーナル

Posted in information | 3 Comments

石飛幸三

がん、動脈硬化、そして認知症。これらは病気であると同時に、その原因は老化です。がんは免疫の減衰であり、動脈硬化は血管というパイプの目詰まり。こうした体の不調は、車の部品と同じで「耐用年数」が近づいているということなのです。芦花ホームで終末期医療の現実を知るにつれ、病を治すはずの医療が、「老衰」と闘う医療になってしまっているのではないかと疑問を持つようになりました。医療に「老衰」を止めることはできない。死を敗北とするならば、「負け戦」が続くのは当然です。

Posted in health | 1 Comment

龍言

龍言の朝食の主役は、なんと言っても釜で炊いた「南魚沼産コシヒカリ」です。朝食のおかずは、南魚沼きりざい・卵焼き・鮭などの「日本の朝ごはん」と感じるおかずをご用意しております。

Posted in voyage | 1 Comment

岩木一二三

今の状況は、本来の旅の姿ではない。人間性を置き忘れている。旅の本質を見失っている。何時の日か人間性の回復を求め、郷愁の念に駆られ山の小さな温泉宿に心の故郷を求め、本当の旅人が戻ってくる。旅らしい旅が求められる時代が来る。

Posted in voyage | 2 Comments

Camembert au four

Posted in happiness | 1 Comment

芳林堂書店高田馬場店

Posted in knowledge | 2 Comments

世阿弥

訴訟のために上京して3年になる芦屋の里の領主は、国元に残した妻の身を案じ、侍女の夕霧を帰国させます。一方、留守を預かる妻は、上京以来何の連絡もよこさぬ夫の愛を疑い、ひたすらに孤独な時間を過ごしていました。帰国した夕霧に恨み言を述べる妻は、ふと今まで気づかなかった砧の音を耳にし、「故郷の妻子が異国に囚われの身となった蘇武(そぶ)[中国・前漢時代の人]を慕って砧を打った」という故事を思い出し、自分の思いが夫の心へ通じるように自らも砧を打ちます。晩秋の夜寒のもと、砧の音は閉ざされた妻の心を慰めたかに見えましたが、夫への想いを抑えることができなくなり涙を流すのでした。さらに今年の暮れも夫は帰国しないと告げられると、妻は絶望のあまり病床に伏し亡くなります。帰国した夫は妻の最期を知り、呪術の力を借りて言葉を交わそうとすると、妻の霊は地獄で苦しむ自らのありさまを語り、これまでの夫の仕打ちを激しく非難しますが、やがて読経の功徳のおかげで成仏するのでした。

Posted in records | 2 Comments

Alan Smith

 

Posted in change | 2 Comments

紀伊國屋書店

Posted in knowledge | Leave a comment

honto

Posted in knowledge | 1 Comment

観世文庫

糺河原勧進猿楽舞台桟敷図:冒頭に、糺河原勧進猿楽が、鞍馬寺の再興が目的であったこと、その中心的な役者が音阿弥、又三郎の親子であったことが記され、その左に、能舞台の構造、足利将軍の席や、大名・公家・僧侶たちの桟敷席の配置が図示されています。その下には演目が記されており、3日間にわたって能23番、狂言20番が上演されていたことが分かります。これは能舞台の図としても最も古いもので、現在とは異なり、橋掛りが舞台の後方に付いている点が注目されています。

Posted in records | 2 Comments

世阿弥

菊を愛好する白河院の庭で、菊の世話をする山科の荘司という者がいました。荘司は白河院の女御の姿を見て、恋心を抱きます。女御は荘司の懸想を知り、臣下を通じて荘司に、あることを行えば、思いに応え、姿を見せてあげようと伝えます。あることとは、美しく装飾され、いかにも軽そうに見える荷を持って、庭を百度、千度廻ることでした。荘司はわずかな望みができたと喜び、下働きで鍛えてきたからやりやすいと、精一杯の力を込めて持ち上げようとします。しかし、それは大変な重荷で、まったく持ち上がりません。何度も何度も頑張ってみますが、持ち上がることはありませんでした。力を使い果たし、絶望した荘司は、この仕打ちを恨み、女御に思い知らせてやると言いながら、死んでしまいます。
臣下から荘司の死を知らされた女御は、庭に出て、荘司の死体を見て、その死を悼みます。ところが、立ち上がろうとしても巌に押さえつけられるように、身動きできません。すると、そこへ荘司の亡霊が現れます。亡霊は、女御のひどい仕打ちに憤り、さんざん恨み言を語り、地獄で苦しんでいることを伝え、女御を責め立てます。
しかし最後に荘司の亡霊は、弔いをしてくれるなら、恨みを消し、女御の守り神となって、幸せを末長く守ろうと言い、去っていきました。

Posted in globe | 1 Comment

水野聡

経典に「善悪不二、邪正一如」とある。本来良い・悪いなど何をもって定めるのか。ただ時により用に足るものを良い、足りないものを悪いとするだけのこと。この芸の品々というものも、その時代の人々所々により最大多数の好みによって、受け入れられるものが用に足りるため、花となるのだ。ここではこれこれの芸がもてはやされ、あちらではまた別の芸が愛される。これぞ人それぞれの心に咲く花である。いずれがまことの花であろうか。ただ時が選ぶもの、これを花とすべきである。

Posted in art | 2 Comments

United Nations Dag Hammarskjöld Library

Posted in UN way | 1 Comment

国際連合ダグ・ハマーショルド図書館

Posted in UN way | 1 Comment

岩井茂樹

「幽玄」に関して言えば、大西は「幽玄」という概念を次の七つの特徴を持つものとして規定した。それは、
 (一) 何らかの形で隠され、蔽われていること、
 (二) 仄暗く、朦朧で、薄明であること、
 (三) 静寂であること、
 (四) 深遠であること、
 (五) 充実していること、
 (六) 神秘性、または超自然的であること、
 (七) 非合理的、不可逆的、微妙であること、
の七つであった。大西氏の「幽玄」理解がかなり象徴的であり、かつ神秘的であることは疑いを入れないところであろう。

Posted in beauty | 1 Comment

九島伸一

Posted in knowledge | 1 Comment

藤原実方, 足利義政

かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな もゆるおもひを 
(藤原実方)

かくとだに まづゐゝよらん 傳もがな こゝろの底に むせぶおもひを 
(足利義政)

おもひのみ ますだの池の つゝみかね こゝろの水ぞ 袖にながるゝ
(足利義政)

Posted in poem | 2 Comments

文鮮明, 重光武雄

文鮮明
1941年、19歳の時に日本に留学し、早稲田高等工学校に通い電気工学分野の勉強を続け、1943年末に卒業後、鹿島組で働いた。終戦後、22歳の時に帰国し、1954年に「世界基督教統一神霊協会」を設立した。


重光武雄
1942年、19歳の時に関釜連絡船に乗って日本本土へ転居。1944年に早稲田実業学校卒業。終戦後、ガム製造に乗り出し、1948年に株式会社ロッテを設立した。

Posted in time | 2 Comments

蒲生はな

鎌倉時代に栄西が日本へ伝えた点茶は、その後、足利幕府に受け継がれ、千利休の時代には今の「点前」の基礎が確立します。
「茶をたてる」、「てまえ」という言葉は、早い時期から使われており、当初は「立てる」「手前」と書かれていました。「点てる」「点前」と「点」の字を使うようになったのは、江戸時代後期からのようで、中国語の「点茶」を「茶ヲ点ズ」と読み下したことに由来しています。また、茶人としても有名な幕末の大老井伊直弼は「点前」と書いて「たてまえ」と読ませていたそうです。その後、しだいに、「点前」は、「てまえ」と読まれるようになり、一方で「たてる」には「点てる」という字が当てられました。その後、この使い方が、一般的に使われるようになったのです。
「茶を点てる」と「点」の字を使うようになったのは150年程度以前のことのようです。栄西が「点茶」を伝えてから800年以上という長い茶の湯の歴史の中では、「点てる」という言葉の用い方は意外と歴史が浅いと言えますね。

Posted in change | 1 Comment

おおた あきひろ

かつて禅宗寺院の方丈の南側は儀式をとり行うための、清浄を意味する白砂を敷き詰めた「無塵の庭」でした。ところが、その後庇のある広縁が儀式の場にとってかわり、さらに進んで室内となったことから、南庭は儀式に用いられなくなりました。そこで瞑想や座禅の場にふさわしい造景として、「枯山水」というスタイルが発展していきました。
枯山水は、回遊式庭園や露地などの庭園と違い、遊楽・散策などの実用的要素をもちません。屋内から静かにこれに対峙して鑑賞するよう構成されています。禅は深山幽谷の大自然の中で思惟思索をめぐらし、座禅を行って悟りに至る、自らを変革する自立の宗教です。禅者にとっては、遊興の世界は不要なのです。
白砂の上に大小の自然石を立てたり、据えたり、組み合わせることで、ひとつの観念的世界を創造します。 それは山の峰や、滝が走る渓谷、大河やせせらぎ、ひっそりと静まりかえった海、大海に浮かぶ島々まで、さまざまな風景であったり、または仏教世界観や宇宙観であったりします。 自然と向き合い、自らの存在と一体化することで、無でなければならない自身を見い出す、境地に立とうとする。 それは見えざるものの中にそのものを見、聴こえざるものの中から、そのものを聴くといったところに枯山水の表現が求められたのです。

Posted in Japanese way | 2 Comments

David Kaye

Yet across a range of areas, I learned of deep and genuine concern that trends are moving sharply and alarmingly in the wrong direction. This is especially acute in the context of media independence. Japan has well-earned pride in a Constitution that expressly protects the freedom of the press. Yet the independence of the press is facing serious threats: a weak system of legal protection, persistent Government exploitation of a media lacking in professional solidarity, and the recent adoption of the Specially Designated Secrets Act are all combining to impose what I perceive to be significant challenges especially to the mainstream media, where the vast majority of Japanese citizens get their news. Numerous journalists, many agreeing to meet with me only on condition of anonymity to protect their livelihoods, highlighted the pressure to avoid sensitive areas of public interest. Many claimed to have been sidelined or silenced following indirect pressure from leading politicians.

Posted in UN way | 3 Comments

龍安寺

Posted in art | 1 Comment

Mandarin Bar

Posted in happiness | Leave a comment

国立大学法人評価委員会

Posted in Japanese way | 2 Comments

根津美術館

Posted in art | Leave a comment

Martin Untersinger

La question de savoir si Lazarus est effectivement piloté par Pyongyang est encore plus ardue. Le FBI, après une enquête sur le réseau de Sony Pictures avait conclu à la responsabilité de la Corée du Nord. Mais les preuves avancées étaient très minces. Non seulement l’attribution d’attaques informatiques à un Etat est techniquement très difficile, mais elle repose souvent fréquemment sur des éléments collectés par des agences de renseignement, par définition difficilement publiables sans mettre en péril leur source, qu’elle soit technique ou humaine.
« Le besoin de protéger des sources et des méthodes sensibles nous empêche de partager toutes les informations », écrivait d’ailleurs le FBI en novembre 2016.

Posted in information | 2 Comments

Marzuki Darusman

2010年8月-2016年8月、北朝鮮人権状況国連特別報告者
2014年2月、朝鮮民主主義人民共和国における人権に関する国連調査委員会の報告書を公開。
2016年に結成された有識者組織「北朝鮮人権賢人グループ」メンバー。
2017年、旭日重光章を受章

Posted in Japanese way | 1 Comment

Jeff Beck

人生無駄に過ごした。

Posted in life | 1 Comment

Ruth Brown

The World Health Organization is spending more money on the travel bug than on fighting AIDS or malaria, according to a new report.
The UN health agency blows around $200 million a year on travel costs so its honchos can fly business class and stay in five-star hotels — more than what it reserves for battling some of the world’s biggest health crisis.

Posted in health | 1 Comment

Eleanor Coppola

Posted in love | 2 Comments

ryo fukawa

Posted in music | Leave a comment

家永遵嗣

こうして日野重子の所生子は義政を残して他は全て没してしまった。異母兄弟も、堀越御所政知と浄土寺義尋の二人だけとなった。義政にも政知にもまだ男子がいない。かつて義勝の死を聞いたとき、伏見宮貞成親王は「舎弟済済御座之上者、相続不可断絶歟」と記した。しかし、今や状況は変わった。義観の死没から八ヶ月後の寛正五年一二月二日に、義尋が還俗した。京都将軍家の断絶が危惧され、ために義視の還俗が決定されたと考えて良かろう。
古河公方征討という戦略課題があって、政知を京都に戻すことはできなかった。

足利義視と文正元年の政変(PDFファイル)

Posted in records | 1 Comment

Freedom of the Press Foundation


SecureDrop
Our open-source whistleblower submission system


Secure the News
Tracking and promoting the adoption of HTTPS by news organizations.


FOIA Lawsuits
Suing the government for transparency.


Digital Security Training
Teaching others to use digital security tools, one newsroom at a time.

Posted in information | 1 Comment

Edward Snowden

Posted in information | 1 Comment

Julian Assange

The UK has said it will arrest me regardless. Now the US CIA director [Mike] Pompeo and the US attorney general [Jeff Sessions] have said that I and other WikiLeaks staff have no rights and that my arrest and the arrest of other staff is a priority. That is not acceptable … Our publications are proceeding at speed and that speed in relation to [recent high profile leaks about the CIA] is accelerating.

Posted in information | 2 Comments