Manic Loveless

Love is a curious thing, and we as humans have studied it since the ancient times. Cultures from all over the world have their own take on what is “true love”, and it means something different to everyone. To some, love is a warm feeling in the pit of your stomach. For others, it is a trust and bond that only a select few are privilege to.
There are even some who’d say they would die or kill for love.

Posted in love | 1 Comment

Kris Gage

Too often, we think love is supposed to be manic
People celebrate “losing themselves,” and “falling” for someone; they get tossed and turned like they have no say in the matter; they let themselves get pulled emotionally willy nilly and chalk it up as “passion.”
“Relationships take work,” we tell ourselves. But we’ve misconstrued what that “work” is supposed to mean.
“Boring” is better than “impassioned,” and while most great relationships have a blend of both, forced to choose, we should readily take the former.Consistently warm is far more hospitable than hot and cold for long-term emotional wellbeing.
Boring is beautiful
By “boring,” I mean stability, consistency, reliability. We can hang our hat on these things; we can only build on a solid, unwavering foundation.

Posted in love | 1 Comment

Samantha Irby

 
I’m in love and it’s boring.
 

Posted in love | 1 Comment

Kris Gage

What makes us happy?

  • Focusing on what we can control (which is only ourselves)
  • Committing (ourselves) to our partner  —  love them healthily and hard, every day.

The only thing we control is us. And “marriage” is about commitment, but it starts and ends with our own.  And after that, we only need to respect our partners as their own person, separate from us, who commit to us not by contract, but choice.

Posted in love | 1 Comment

Caroline Zielinski

Despite today’s popular view that marriage equals love, matrimony is not actually grounded in love or intimacy: historically, it was a strategic alliance between two families, more often than not orchestrated by the families to ensure long-term stability and prosperity for the maximum amount of people.

Posted in love | 2 Comments

Laurel Stewart

People seem to have a pretty good understanding of what love feels like, and we do a good job respecting love as an important feeling. But our culture sends a pretty contradictory message about what commitment is. We say marriage requires love and commitment, and yet somehow “love is all you need” prevails as a logical sentiment. Our collective divorce rate speaks for our confusion.

Posted in love | 1 Comment

J. Richard Cookerly

What pops up in your mind when you see the words “intimate love”? Lots of people think of something sexual. Others think of something powerfully and very personally emotional. There are a good many other people who think about both ecstatic sex and various intensely pleasurable, psychological states interwoven together.
The term “intimate love” can mean a surprisingly wide range of different things to different people.
Intimacy in a love relationship can mean knowing another and being known by another in incredible ways. It also can mean a sense of wonderful closeness, fervent shared eroticism combined with a marvelous sense of loving and being loved in very personal ways.

Posted in love | 1 Comment

Kemi Amushan

I know that one of the best feelings in the world is holding the person you love close to your heart and body; to connect mentally, emotionally and physically. We don’t realize it but our intimate relationships teach us a lot about the people we love and even more about ourselves. So what really is intimacy?

Posted in love | 1 Comment

Emna

Posted in globe, love | 3 Comments

George Steinmetz


Six Mile Bridge, which leads from Marathon Key toward Key West, is what the South Florida coastline might look like in a hundred years if sea level rises according to current climate change models.

Posted in change | 1 Comment

Marc Levy

Il n’y a rien de plus complet qu’un couple qui traverse le temps et qui accepte que la tendresse envahisse la passion.

Posted in truth | 1 Comment

髙山善文

Posted in Japanese way | 1 Comment

Wikipedia

A five-dimensional space is a space with five dimensions. If interpreted physically, that is one more than the usual three spatial dimensions and the fourth dimension of time used in relativitistic physics. It is an abstraction which occurs frequently in mathematics, where it is a legitimate construct. In physics and mathematics, a sequence of N numbers can be understood to represent a location in an N-dimensional space. Whether or not the universe is five-dimensional is a topic of debate.

Posted in learning | 2 Comments

Rod Sterling

There is a fifth dimension beyond that which is known to man. It is a dimension as vast as space and as timeless as infinity. It is the middle ground between light and shadow, between science and superstition, and it lies between the pit of man’s fears and the summit of his knowledge. This is the dimension of imagination. It is an area which we call the Twilight Zone.

Posted in belief | 1 Comment

Juan Ramos

The 5th dimension remains in debate but many believe it could represent an undefined or unknown dimension in space that is unknowable to humans. Einstein’s general theory of relativity defines the 4th dimension as time and another 5th dimension yet to be discovered.

Posted in learning | 1 Comment

Jason Hise

Posted in learning | 3 Comments

KEK

1929年にアメリカの天文学者、エドウィン・ハッブルは、遠方の銀河が後退する速度を観測して、距離が遠い銀河ほどより早い速度で地球から遠ざかっていることを発見しました。つまり、宇宙が膨張しているということが分かったのです。宇宙が今後どのようになっていくのか、を知るためには、今の宇宙を成り立たせている2つの成分を知る必要があります。それらは「宇宙膨張を減速させる成分(A)」と「宇宙膨張を加速させる成分(B)」です。(A)は宇宙にある物質の量に関連があります。物質と物質の間では重力が働きます。この重力が引力となるので、宇宙膨張は減速されます。一方、(B)は物質とは反対の負の圧力をもつ成分で、アインシュタインが、宇宙の膨張や収縮を防ぐために方程式に導入した「宇宙項」としても知られています。この成分は全く正体不明なため、ダークエネルギーと呼ばれています。最近の超新星の観測から、現在宇宙膨張はどんどんと加速されているということが分かり、暗黒エネルギーが現実に存在する可能性が高くなってきました。
更に2つの成分の比率も分かってきました。(A)は宇宙の27%、(B)は73%。なんと、宇宙の大半がダークエネルギーで占められているという訳です。しかも、これまでに私たちが知っている原子を作っている物質は、宇宙を満たす物質やエネルギー全体の4%にしかすぎないため、残りの23%を占める未知の物質があることも分かったのです。物理学者は、この正体の分からない物質をダークマターと名づけました。

Posted in globe | 1 Comment

Lucy Foulkes

All brains are different
Recognising that all adolescents are different has really important implications for things like education or advertising. If, for example, the way in which adolescents learn is dependent on their specific pattern of brain development, then educational strategies that are based on averages will only have limited use.
Similarly, advertising campaigns for things like sexual health, if based on the studies that are averaged across participants, will work for some adolescents but not others.
The sooner we understand the difference between adolescents, the sooner we can integrate this information into schools and policy. This is important, because after all, there’s no such thing as an average teenager, and we need to remember this as we continue to refine our understanding of the adolescent brain.

Posted in human being | 2 Comments

sanscroquettesfixes

Concrètement, il sera défini par le terme “anthropomorphisme” le fait d’attribuer des caractéristiques comportementales ou physiques propres aux humains à d’autres entités telles que des dieux, des objets, des phénomènes, des idées ou bien des animaux.

Posted in learning | 4 Comments

Lisa Randall

There’s definitely a sense that we’re close, but there’s a big difference between being close and reaching the goal. As a theorist, I’m not conducting experiments. The best I can do is say, “This is the way things are. Are there things that we’re missing? Are there ways that we can interpret the data so that we can learn more than we thought we could?” That’s how the discovery about gravitational waves was finally made, but it took 50 years. We could do the same for particle physics: talk about what we’d like to see in the future, but at the same time talk about what information we can extract from the measurements we already have. It’s a combination of those two: how to disperse our research resources optimally, but also how to analyze the existing information and learn more.

Posted in attitude | 2 Comments

Bari Weiss

Women are hypocrites. Women are opportunists. Women are liars.
They are abusers and bullies and manipulators. They are capable of cruelty, callousness and evil.
Just like men.

Posted in human being | 1 Comment

Tom Robbins

We waste time looking for the perfect lover, instead of creating the perfect love.

Posted in love | 1 Comment

Strong Mind

Posted in life | 1 Comment

Wikipedia

Foreign relations of Israel


Foreign relations of the ROC (Taiwan)

Posted in globe | 1 Comment

鈴木穣

(北欧は)高福祉だが税金も高い。付加価値税25%に所得への課税は50%前後。そこで暮らす人々は高い税をどう思っているのだろう。
日本人は税は「納める」という意識ではないか。政府のお金であって自分のものではない。使われ方もよく分からない。北欧では「預ける」と考えている。いずれ国民に返ってくる「貯蓄」「投資」といった感覚だろうか。
スウェーデンのエコノミストに聞くと「その見方はそうだね。人は生まれれば税で賄われる教育を受ける。そして働いて税を払い老後はそれをもらう。人生を通してみるとそういうことになる」と話した。
聞いたのは数人だったが「高い税は嫌だ」と言う人はいなかった。「社会保障がちゃんと人生を支えてくれることが分かっているから納税する」という答えが共通していた。
税が高くても必要な支えは得られると実感している。負担と給付の関係が明確だ。

Posted in difference | 1 Comment

漢字辞典オンライン、字訓

「かな(しい)」という読み方を持つ漢字の一覧(漢字辞典オンライン)

  㤅  哀  爱  悲  愛

「かな(しい)」という読み方を持つ漢字(字訓)

  悲 哀 愛(爱) 㤅 惻 愴 悼 悽

Posted in learning | 1 Comment

Rumi

I choose to love you in silence … for in silence I find no rejection,
I choose to love you in loneliness … for in loneliness no one owns you but me,
I choose to adore you from a distance … for distance will shield me from pain,
I choose to kiss you in the wind … for the wind is gentler than my lips,
I choose to hold you in my dreams … for in my dreams, you have no end.

Posted in love | 1 Comment

Charles Baudelaire

Ce qu’il y a d’ennuyeux dans l’amour, c’est que c’est un crime où l’on ne peut pas se passer d’un complice.

Posted in love | 1 Comment

Osho

I love this world because it is imperfect. It is imperfect, and that’s why it is growing; if it was perfect it would have been dead. Growth is possible only if there is imperfection. I would like you to remember again and again, I am imperfect, the whole universe is imperfect, and to love this imperfection, to rejoice in this imperfection is my whole message.

Posted in beauty | Leave a comment

Osho

If you love a flower, don’t pick it up.
Because if you pick it up it dies and it ceases to be what you love.
So if you love a flower, let it be.
Love is not about possession.
Love is about appreciation.

Posted in beauty | Leave a comment

Mikhail Naimy

Ask not of things to shed their veils. Unveil yourselves, and things will be unveiled.

Posted in wisdom | 2 Comments

Kahlil Gibran

If you love somebody, let them go, for if they return, they were always yours. If they don’t, they never were.

Posted in love | 2 Comments

Stephen Hawking

One of the basic rules of the universe is that nothing is perfect. Perfection simply doesn’t exist…..Without imperfection, neither you nor I would exist.
(So next time someone complains that you have made a mistake, tell him that may be a good thing. Because without imperfection, neither you nor I would exist.)

If you are lucky enough to find love, remember it is there and don’t throw it away.

Posted in truth | 2 Comments

Alain

Regarde au loin
Au mélancolique je n’ai qu’une chose à dire : « Regarde au loin. » Presque toujours le mélancolique est un homme qui lit trop. L’oeil humain n’est point fait pour cette distance ; c’est aux grands espaces qu’il se repose. Quand vous regardez les étoiles ou l’horizon de la mer, votre oeil est tout à fait détendu ; si l’oeil est détendu, la tête est libre, la marche est plus assurée ; tout se détend et s’assouplit jusqu’aux viscères. Mais n’essaie point de t’assouplir par volonté ; ta volonté en toi, appliquée en toi, tire tout de travers et finira par t’étrangler ; ne pense pas à toi ; regarde au loin.

Posted in happiness | 2 Comments

室生犀星

「おじさま、いい考えがうかんだのよ、おじさんとあたいのことをね、こい人同士にして見たらどうかしら、可笑しいかしら、誰も見ていないし誰も考えもしないことだもの。」
「そういう場合もあるだろうね、乞食のように生きてゆくひとは、犬や猫と生涯をおくることもあるからな、犬や猫は寝ていると女くさくなってゆくけれど、金魚とは寝ることが出来ないしキスも出来はしない、ただ、きみの言葉を僕がつくることによってきみを人間なみに扱えるだけだが、まアそれでもいいね、きみと恋仲になってもいいや、僕には美しすぎた過ぎ者かも知れないけれど、瞳は大きいしお腹だけはデブちゃんだけれどね。」
「あたいね、おじさまのお腹のうえをちょろちょろ泳いでいってあげるし、あんよのふとももの上にも乗ってあげてもいいわ、お背中からのぼって髪の中にもぐりこんで、顔にも泳いでいって、おくちのところにしばらくとまっていてもいいのよ、そしたらおじさま、キスが出来るじゃないの、あたい、大きい眼を一杯にひらいて唇をうんとひらくわ、あたいの唇は大きいし、のめのめがあるし、ちからもあるわよ。」

Posted in love | 1 Comment

谷崎潤一郎

ナオミは奇妙にあんな地質が似合いました。それも真面目な着物ではいけないので、筒ッぽにしたり、パジャマのような形にしたり、ナイト・ガウンのようにしたり、反物のまま身体に巻きつけてところどころをブローチで止めたり、そうしてそんななりをしてはただ家の中を往ったり来たりして、鏡の前に立って見るとか、いろいろなポーズを写真に撮るとかして見るのです。白や、薔薇色や、薄紫の、紗のように透き徹るそれらの衣に包まれた彼女の姿は、一箇の生きた大輪の花のように美しく、「こうして御覧、ああして御覧」と云いながら、私は彼女を抱き起したり、倒したり、腰かけさせたり、歩かせたりして、何時間でも眺めていました。

Posted in love | 2 Comments

Vladimir Nabokov

Lolita, light of my life, fire of my loins. My sin, my soul. Lo-lee-ta: the tip of the tongue taking a trip of three steps down the palate to tap, at three, on the teeth. Lo. Lee. Ta. She was Lo, plain Lo, in the morning, standing four feet ten in one sock. She was Lola in slacks. She was Dolly at school. She was Dolores on the dotted line. But in my arms she was always Lolita. Did she have a precursor? She did, indeed she did. In point of fact, there might have been no Lolita at all had I not loved, one summer, an initial girl-child. In a princedom by the sea. Oh when? About as many years before Lolita was born as my age was that summer. You can always count on a murderer for a fancy prose style. Ladies and gentlemen of the jury, exhibit number one is what the seraphs, the misinformed, simple, noble-winged seraphs, envied. Look at this tangle of thorns.

Posted in love | 2 Comments

泉鏡花

「あい、」
 とわずかに身を起すと、紫の襟を噛むように――ふっくりしたのが、あわれに窶れた――頤深く、恥かしそうに、内懐を覗いたが、膚身に着けたと思わるる、……胸やや白き衣紋を透かして、濃い紫の細い包、袱紗の縮緬が飜然と飜えると、燭台に照って、颯と輝く、銀の地の、ああ、白魚の指に重そうな、一本の舞扇。
 晃然とあるのを押頂くよう、前髪を掛けて、扇をその、玉簪のごとく額に当てたを、そのまま折目高にきりきりと、月の出汐の波の影、静かに照々と開くとともに、顔を隠して、反らした指のみ、両方親骨にちらりと白い。

Posted in love | 1 Comment

森鴎外

 今この処を過ぎんとするとき、鎖したる寺門の扉に倚りて、声を呑みつゝ泣くひとりの少女あるを見たり。年は十六七なるべし。被りし巾を洩れたる髪の色は、薄きこがね色にて、着たる衣は垢つき汚れたりとも見えず。我足音に驚かされてかへりみたる面、余に詩人の筆なければこれを写すべくもあらず。この青く清らにて物問ひたげに愁ひを含める目の、半ば露を宿せる長き睫毛に掩はれたるは、何故に一顧したるのみにて、用心深き我心の底までは徹したるか。

・・・そが傍に少女は羞を帯びて立てり。
 彼は優れて美なり。乳の如き色の顔は燈火に映じて微紅を潮したり。手足の繊くたをやかなるは、貧家の女に似ず。

Posted in love | 1 Comment

坂口安吾

 オレはヒメに歩み寄ると、オレの左手をヒメの左の肩にかけ、だきすくめて、右手のキリを胸にうちこんだ。オレの肩はハアハアと大きな波をうっていたが、ヒメは目をあけてニッコリ笑った。
「サヨナラの挨拶をして、それから殺して下さるものよ。私もサヨナラの挨拶をして、胸を突き刺していただいたのに」
 ヒメのツブラな瞳はオレに絶えず、笑みかけていた。
 オレはヒメの言う通りだと思った。オレも挨拶がしたかったし、せめてお詫びの一言も叫んでからヒメを刺すつもりであったが、やっぱりのぼせて、何も言うことができないうちにヒメを刺してしまったのだ。今さら何を言えよう。オレの目に不覚の涙があふれた。
 するとヒメはオレの手をとり、ニッコリとささやいた。
「好きなものは咒うか殺すか争うかしなければならないのよ。お前のミロクがダメなのもそのせいだし、お前のバケモノがすばらしいのもそのためなのよ。いつも天井に蛇を吊して、いま私を殺したように立派な仕事をして……」
 ヒメの目が笑って、とじた。
 オレはヒメを抱いたまま気を失って倒れてしまった。

Posted in love | 1 Comment

三島由紀夫

愛する者は手ぶらで愛せるが、愛される者は、永久に愛されたいと思うかぎり、永久に多少の神秘を保存しなければならない。すなわち、尻尾を保存しなければならないのです。人はわかりきったものを愛することはできません。

Posted in love | 1 Comment

太宰治

 あの人は、かねがね私の醜い容貌を、とても細心にかばってくれて、私の顔の数々の可笑しい欠点、――冗談にも、おっしゃるようなことは無く、ほんとうに露ほども、私の顔を笑わず、それこそ日本晴れのように澄んで、余念ない様子をなさって、
「いい顔だと思うよ。おれは、好きだ。」
 そんなことさえ、ぷつんとおっしゃることがあって、私は、どぎまぎして困ってしまうこともあるのです。私どもの結婚いたしましたのは、ついことしの三月でございます。結婚、という言葉さえ、私には、ずいぶんキザで、浮わついて、とても平気で口に言い出し兼ねるほど、私どもの場合は、弱く貧しく、てれくさいものでございました。だいいち、私は、もう二十八でございますもの。

Posted in love | 2 Comments

太宰治

 人生はチャンスだ。結婚もチャンスだ。恋愛もチャンスだ。と、したり顔して教える苦労人が多いけれども、私は、そうでないと思う。私は別段、れいの唯物論的弁証法に媚びるわけではないが、少くとも恋愛は、チャンスでないと思う。私はそれを、意志だと思う。
 しからば、恋愛とは何か。私は言う。それは非常に恥かしいものである。親子の間の愛情とか何とか、そんなものとはまるで違うものである。

Posted in love | 2 Comments

Surabhi Surendra

その日のことは、鮮明に覚えている。私はゴールドの刺繍が鮮やかな赤のドレスに身を包んでいた。メイクは決して完璧ではなかったけれど、いつもより美しく見えた。幸せを感じていたから、きっとそう見えたのだろう。
その日は私の結婚式だった。でも、それはあなたが想像するような典型的なものとはかなりかけ離れているだろう。私は彼のプロポースに対して、顔も知らないまま「イエス」と答えた。結婚は親同士の紹介によるお見合い結婚だった。
お見合い結婚などうまくいかない、心から幸せになることなんてできないと考える人は少なくない。それでも、実際に私たちは結婚7年目を迎えた。そして、信じられないくらい幸せを感じている。

Posted in love | 2 Comments

David Ewalt

Posted in virtual | 2 Comments

新田國夫

栄養を考えると、野菜は当然のこととして、筋肉を維持する働きのあるタンパク質を取れる肉はきちんと食べた方がいい。さらに、野菜には消化を助ける働きがありますから、肉と一緒に取ることで、タンパク質が吸収されやすくなります。
また、高齢になると、どうしても骨密度が落ちてきて、骨折などの原因となります。防ぐには、乳製品でカルシウムを補ってあげることが非常に重要です
塩も醤油も、よほどとりすぎなければ問題はありません。むしろ、あまり気にして薄味にしすぎると、味気なくなり、食べる量が減りますから、身体にはかえって良くありません。油物には、消化器に負担をかける部分がありますが、たまに食べたくなったら我慢せず、食べたほうがストレスを溜めこまなくてすむ。
皆さん自分が美味しいと思えるものを、好きな味付けで楽しんで食べている。これが一番大切なことなのです。そもそも、健康維持のために特定の何かをたくさん食べたほうがいいという考え方には、あまり意味がない。何事も大切なのはバランス。そして体が欲するものを取ることです。

Posted in life | 1 Comment

素敵な笑顔がだいすき!

「自分勝手な人に限って元気で長生きする」といいます。ある医師は「医者の言うことを素直に聞かない老人ほど、元気で長生きするように思える」と報告しているそうです。
自分勝手といわれる人は独立心があり、子供や孫に過剰に期待をしません。なので、子供や孫と適度な距離をおいて付き合い、自分勝手とか情が薄いなどと言われるのでしょう。
長生きする人には、周囲ににたらたらと文句を言い、あっちが痛いこっちが痛いと体の不調をこぼし、社会や自分の境遇の不幸を嘆く老人ほど元気な人が多いといいます。
健康や命が大事なら、周囲の人や医師に余計な気を使わず、自分の気持ちや症状に正直に振る舞った方がいいようです。

Posted in life | 1 Comment

STMEGI Новости

Секрет долголетия заключается в том, что японцы – единственный народ на Земле, который при общении старается не испортить настроение своему собеседнику. Более позитивной страны найти в мире невозможно. Поэтому мы видим настоящее экономическое чудо, у них нет земли, им негде сеять рис и строить города, у них абсолютно отсутствуют природные богатства. Но при этом они самая богатая нация на свете. Средняя зарплата японца – три с половиной тысячи долларов.
Дело в том, что секрет успеха целой страны заключается в том, что японцы одними из первых научились контролировать _свои мысли_. Понимая прекрасно, что негативные мысли убивают не только настроение собеседника, но и его здоровье, и его будущее, – они взяли и выкинули из своего языка слово «нет».
Это было сделано естественным образом, потому что каждый из них в школе, дома, на работе, контролирует свои мысли и не даёт негативным мыслям испортить жизнь и будущее другим людям.

Posted in Japanese way | 2 Comments

Auberge de la Source

Posted in voyage | 2 Comments

英辞郎 on the WEB

  • (人)を迷子になったとして諦める
    give ~ up for lost
  • 友人とはぐれて迷子になる
    become lost after being separated from one’s friends
  • ちょっと迷子になる
    get a little lost
  • よく迷子になる
    get lost a lot
  • しょっちゅう迷子になる
    get lost a lot
  • 頻繁に迷子になる
    get lost a lot
Posted in business | 1 Comment

Mark Knopfler

Posted in music | 1 Comment

Katie Melua

Posted in music | 1 Comment

Rainer Maria Rilke

To be loved means to be consumed. To love is to give light with inexhaustible oil. To be loved is to pass away, to love is to endure.

Posted in love | 2 Comments

街コンジャパン

・恋は下心、愛は真心
・恋は一人で、愛は二人で
・恋は「してほしい」愛は「してあげたい」
・恋は一部しか見てない、愛は全体を見てる

Posted in love | 1 Comment

Tintoret

Posted in love | 2 Comments

다비치

Posted in love | 3 Comments

風花未来

「核心を突いた意見である」という意味を伝えたい場合、「的を得た意見」は間違いで、「的を射た意見」が正しいとされています。
当サイトでも「間違えやすい言葉と慣用句【文章の基本ルール】」という記事をアップしたことがあり、実は、最初はこの「的を得る」は間違いで「的を射る」が正しいと掲載してみたのです。しかし、今は削除してあります。
削除した理由は、「的を得る」が正しいと主張したいのではなく、「的を射る」の方が正しいと言い切るのも、奇妙だと感じたからです。
「的を射た」という言葉も、実に、ぎこちない、というか、センスの悪い言葉のように思えてなりません。
あくまで私個人の見解ですが、「的を得る」でも「的を射る」でも、どちらでも間違いではないということにした方が良いと思います。今のままですと、両方とも使えないのです。
「一生懸命」と「一所懸命」はどちらでも良い、「世論」を「よろん」でも「せろん」でも構わないというのならば、「的を得る」でも「的を射る」でも、どちらでも良いでしょう、というのが私の言葉感覚です。

Posted in Japanese way | 1 Comment

nao さん

新橋はSHINBASHIではなくて、SHIMBASI

Posted in Japanese way | 1 Comment

鉄道掲示規程

  1. ローマ字のつづり方は改修ヘボン式によること。
  2. 長音の符号には「 ̄(マクロン)」を用いること。
  3. はねる音「ん」はB・P・Mの前はM、その他はNを用いること。
  4. はねる音M・Nとその次に来る母音(Yを含む。)とを切り離す必要があるときは「-」を用いること。
  5. 促音はCHの前はTを、その他の場合には次に来る子音を重ねること。
Posted in globe | 1 Comment

鳥居寛之

日本語の「らりるれろ」をアルファベットで綴るときには R で表記します。でもなぜ L ではないのでしょう。日本人は英語の L と R の区別ができない、とよく言われますが、それは日本語に流音が「ら行」子音ひとつしかないからで、しかもそれが英語の L とも R とも違う「弾き音」の発音であることに由来しています。そもそも L と R の違いって何なのでしょうか。
確かに、日本語の「ら行」子音は英語の r とはかなり違った発音です。言語学に興味があって数カ国語の欧米言語を話せるハンガリー人の同僚に聞いてみたのですが、日本語の「らりるれろ」を発音して聞かせたところ、「これは l とも r とも聞こえる。丁度中間の感じだね。なるほど、日本人が l と r を区別しにくいわけだ」、との返事でした。一般に l と r は発音学上、息がなめらかに流れる子音という意味の「流音」に属しますが、日本語などにはこれが1種類しかないのが混乱のもとなのです。日本語のら行子音は弾き音といって、舌の先を上の歯茎の裏あたりに一回つけて弾く音であって、英語の舌を口腔内に浮かせてどこにもつけず「ぅる」というようなこもった音で発音する歯茎後部接近音の r とはまるで別の音です。これに比べれば、舌面前部を歯茎につけて発音する側面音 l の方が近いとも言えます。でも、英語圏のネーティヴのひとに言わせるとやはり、舌先で弾く「ら行」子音と、舌の側面から空気を逃がして発音する英語などの l とはかなり違っているらしく、日本語のら行は r に近くも聞こえるようです。実際日本人の耳にも、英語の l は日本語ら行より硬く聞こえるように思います。

Posted in difference | 1 Comment

René et Maxime Meilleur

Posted in happiness | 5 Comments

澤芳樹, 髙橋政代

髙橋 医療に限らず,どんな技術でも進歩の歴史は試行錯誤の過程です。現在の再生医療を航空機の開発になぞらえれば,「初飛行を終えたところ」でしょう。
今は大陸間を安全に飛ぶ航空機も,ライト兄弟による飛行では300メートルほどしか飛んでいません。「短距離しか飛べないなら,飛ばす意味がない」と批判されても,始まりはそこからでした。
 航空機開発の軌跡は心臓移植手術の歴史とも重なります。ヒトからヒトへの心臓移植は1967年,南アフリカで行われたのが最初です。このときのレシピエントは,術後たった18日間しか生存していません。それでも,世界では毎年実施され続け,地道に改良が重ねられました。シクロスポリンの登場というブレークスルーを経て,1980年代にようやく治療法として確立し,移植を受けて10年,20年と生きる患者も多くなりました。

Posted in change | 1 Comment

安井かずみ

「愛するとは、尽きない油をもって輝くこと。愛されることは滅びゆくが、愛することは持続する ―― 」というリルケの言葉が印象に残っている。
「自分で納得し、やっていけるのは、結局、自分の中にある愛だけなのだ ―― 」という私の大好きなピーター・フォンダの言葉!
 百年も隔たったふたりの言葉はどうやら、その表現と感覚の違いこそあれ、ほんとうは、人間の愛について同じことを言っているのだ。

Posted in love | 2 Comments

Catherine Tate


Posted in difference | 1 Comment

Journaliste au Yémen


Posted in difference | 1 Comment

安宅和人

「人工生命」という研究分野があります。仮想空間で人工的に造った生命体の変化プロセスから、生命に関するシステムに迫る学問です。この分野で、興味深いファインディングがあります。
外的な影響を受けない「閉じた環境」において、同じ初期値で、モデルを同じにして生命体の進化を観察しても、毎回異なる結果になる、ということです。シンプルにモデル化されたクローズな系でもそうだということは、それよりもはるかに要素が多く、閉じた系とはいい難いこの地球上では、仮に過去と同じ出来事がすべて繰り返し起きたとしても同じ人類は生まれない、ということ。そんな環境下で我々は生きているわけです。数秒後とかならともかく、未来の本当の姿を予想できると考えること自体が非科学的なのです。

Posted in fake | 2 Comments

TVS Motor Company

Mineral oil is the most basic variety of engine oils and is most commonly used for a large majority of everyday vehicles. Mineral oils are refined petroleum oils which undergo treatment to perform across a wide temperature range.
Semi-synthetic oil, also known as synthetic blend oil has a small amount of synthetic engine oil blended in with mineral oil to boost its properties without escalating the cost by much. The addition of synthetic oil enhances its viscosity and wear resistance at higher temperatures and stress.
Synthetic oils are essentially mineral oils only; however, they go through an extensive treatment in the lab to make them significantly superior to their mineral counterparts. As a part of the process, the mineral oil is broken down into its most basic molecules, which helps remove any undesired substances and impurities to a very high degree. The molecules of synthetic oil are also very consistent in their size and shape, offering superior lubrication.
As a rule of thumb, everyday, average performance motorcycles don’t require you to spend extra for semi-synthetic or synthetic oil. A good quality mineral oil which complies with the grade recommended by the manufacturer should work well enough.

Posted in business | 1 Comment

Central India Media

Posted in communication | 2 Comments

Yorke Zhang, Jerod L. Ptacin, Emil C. Fischer, Hans R. Aerni, Carolina E. Caffaro, Kristine San Jose, Aaron W. Feldman, Court R. Turner & Floyd E. Romesberg

Since at least the last common ancestor of all life on Earth, genetic information has been stored in a four-letter alphabet that is propagated and retrieved by the formation of two base pairs. The central goal of synthetic biology is to create new life forms and functions, and the most general route to this goal is the creation of semi-synthetic organisms whose DNA harbours two additional letters that form a third, unnatural base pair. Previous efforts to generate such semi-synthetic organisms culminated in the creation of a strain of Escherichia coli that, by virtue of a nucleoside triphosphate transporter from Phaeodactylum tricornutum, imports the requisite unnatural triphosphates from its medium and then uses them to replicate a plasmid containing the unnatural base pair dNaM–dTPT3. Although the semi-synthetic organism stores increased information when compared to natural organisms, retrieval of the information requires in vivo transcription of the unnatural base pair into mRNA and tRNA, aminoacylation of the tRNA with a non-canonical amino acid, and efficient participation of the unnatural base pair in decoding at the ribosome. Here we report the in vivo transcription of DNA containing dNaM and dTPT3 into mRNAs with two different unnatural codons and tRNAs with cognate unnatural anticodons, and their efficient decoding at the ribosome to direct the site-specific incorporation of natural or non-canonical amino acids into superfolder green fluorescent protein. The results demonstrate that interactions other than hydrogen bonding can contribute to every step of information storage and retrieval. The resulting semi-synthetic organism both encodes and retrieves increased information and should serve as a platform for the creation of new life forms and functions.

Posted in human being | 2 Comments

Wikipedia

A chief strategy officer (CSO), or chief strategist, is an executive responsible for assisting the chief executive officer (CEO) with developing, communicating, executing, and sustaining corporate strategic initiatives.
Today, many CEOs have less time to devote to executing strategy, while at the same time uncertain environments increase the need for professional strategy development. As a result, Chairmen, Presidents, and CEOs in academic, nonprofit and corporate organizations are appointing CSOs. In recent years, the CSO position increased in popularity, which is reflected by the high number of US companies (nearly 50% of S&P 500 firms) who created CSO positions in their top management teams.
The CSO is a consultative role; part leader and part doer, with the responsibility of ensuring that execution of the strategy supports the strategy elements. This unique background takes a multitude of different operating experiences, and must include being both a creative thinker and influential collaborator. CSOs are often executives who have worn many hats at a variety of companies or agencies before taking on the responsibilities and tasks that come with the job title.

Posted in business | 1 Comment

Henri Salvador

Posted in love | 3 Comments

Yuval Noah Harari

Why is liberal democracy in crisis? Is God back? What can we do about the epidemic of fake news? Which civilisation dominates the world? Should Europe keep its doors open to immigrants? Can nationalism solve the problems of inequality and climate change? What should we do about terrorism? What should we teach our kids?
Billions of us can hardly afford the luxury of investigating these questions, because we have more pressing things to do: we have to go to work, take care of the kids, or look after elderly parents. Unfortunately, history makes no concessions. If the future of humanity is decided in your absence, because you are too busy – you and they will not be exempt from the consequences. This is very unfair; but who said history was fair?

Posted in human being | 1 Comment

佐藤幹児

Posted in art | 1 Comment

宮本三夫

本書は、私が殉職船員への鎮魂の念を込めて書いたものであるが、以下の多面的機能を備えている。第ーに、太平洋戦争の敗因を補給作戦面から解明した戦史としての機能である。第二は、徴傭船原簿で確認された喪失船舶 3,605 隻(約905万総トン)について、沈没位置・殉職船員等の数を含む被害の概要、並びに 1,221 の輸送船団の出発港・到着港、投入・被害船腹量及び護衛艦数等の情報を、それぞれ一覧表にまとめ後世に伝えようとした記録(データベース)としての役割である。第三は、これら一覧表のデータを、設定した類別に基づき多角的に量的分析を行っているので、船舶及び輸送船団の被害状況を客観的に解明した学術書としての使命である。本書が将来に亘り広く利用されることを願っている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

NHKスペシャル

「我敵部隊見ユ」―広大な海域を舞台に行われた太平洋戦争。その最前線でアメリカ軍の襲来を見張る「哨戒」を担っていたのは、海軍に徴用された漁師たちであった。通称「黒潮部隊」。小さな漁船はアメリカ軍による凄まじい射撃に晒され、「敵ニ対シ突撃ヲ決行ス」と打電し消息を絶っていった。部隊の死者は2000人に及ぶとも言われるが、詳しいことは分かっていない。戦争遂行に不可欠な石油を運んでいたのも、民間の船員たちであった。戦局の悪化とともに、軍は「特攻精神」による輸送を決定。それは、船団のうち、何隻かが日本に戻れれば良いという、死を前提とした輸送作戦であった。武装の乏しい漁船や商船は、米潜水艦の格好の標的となり、およそ6万人が犠牲になったと言われている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

Parc Naturel Régional de Millevaches en Limousin

Posted in voyage | 1 Comment

りーだーずあくしょん

超える、超す 越える、越す
90歳を超える(年齢)
40度を超える熱(温度)
今日は、20℃を超えた(気温)
8時間を超える手術(時間)
100万円を超える(金額)
1万人を超える
限界を超える
平均値を超える
 
10万人を超す
度を超す
峠を越える
山を越える
障害物を越える
国境を越える
難関を乗り越える
花も嵐も踏み越える
権限を越える
 
冬を越す
引っ越す
繰り越す
追い越す
Posted in Japanese way | 1 Comment

Paul Pogba, N’golo Kante

Posted in happiness | Leave a comment

血液型一覧

AB型: 宮澤喜一、江崎玲於奈、植木等、石原慎太郎、坂上二郎、石橋蓮司、アントニオ猪木、黒沢年雄、井上陽水、谷村新司、間寛平、松崎しげる、村田兆治、奥田瑛二、古舘伊知郎、名取裕子、假屋崎省吾、東ちづる、川島なお美、今井美樹、増田明美、内村光良、稲葉浩志、香川照之、財前直見、有森裕子、江角マキコ、松岡修造、桑田真澄、杉本彩、富田靖子、反町隆史、山口もえ、市川海老蔵、菊川怜、澤穂希、上村愛子、村主章枝、相葉雅紀、水川あさみ、ベッキー、松下奈緒、本田圭佑、佐々木希

Posted in Japanese way | 1 Comment

Muse

幸せな時間

Posted in happiness | Leave a comment

Michel Sardou

Posted in love | 3 Comments

Jacques Deray

Posted in love | 2 Comments

窪田容子

一時的な感情でなく『子どもが愛せない』というママがいます。ママ自身が何より悲しく、苦しまれていることと思います。こんなママたちの背景に次のような要因が関係していることがあります。

  • 重いつわりや難産、マタニティブルーや産後うつに苦しんだ。メンタルヘルスの問題がある
  • 望まない妊娠で、仕事などやりたかった道の断念を余儀なくされた
  • まとまった時間を寝てくれない、ずっと抱っこしていないと泣くなど、子どもが育てにくい個性をもっている
  • 義両親や夫、地域から孤立していて、身近に味方がいないと感じる
  • 自分自身が幼少期に愛されずに育った
  • 自分自身のことがどうしても好きになれない
  • 関係がうまくいっていない夫や義両親、実両親と、子どもが似ていると感じる
  • よいママでありたい、ダメなママだと思われたくないと常に思う

子育ては、自らの子ども時代をなぞるといわれています。例えば、泣いている子どもを見て、抑え込んできた子ども時代の悲しみが刺激されたり、思いきり自己主張をする子どもに『自分は我慢してきたのに、ワガママをいうなんて許せない』と感じてしまったり。。

Posted in love | 1 Comment

小西麻美


青花 梅竹山水人物文 八角水滴: 青花とは、中国や朝鮮での染付の呼び方。酸化コバルトを発色の主成分とした呉須顔料で絵付けを施したやきもののこと。側壁に梅と竹、上面に山水文をあらわした、八角に面取りされた水滴です。水滴とは、硯に水を注ぐための容器。傾けることで、側面についた小さな注ぎ口から、少量の水を差すことができます。面をきっちりとった潔い器形ですが、手取りは重く、安定感があります。加えて、上面に厚く掛かった釉薬が、青花の青色と良く馴染み、柔らかい発色となっているのが特徴。シャープな器形ながらも、角のとれた上品さも兼ね備えている作品です。

Posted in art | 2 Comments

子育て四訓

乳児はしっかり、肌を離すな
幼児は肌を離せ、手を離すな
少年は手を離せ、目を離すな
青年は目を離せ、心を離すな

Posted in attitude | 1 Comment

DoodleChaos

Posted in good | 1 Comment

Otter.ai

Posted in technology | 3 Comments

ロイター

日銀は2018年1─3月期の統計に加え、過去の数字をさかのぼって改定した結果も併せて公表した。
最も大きく変化したのは、ゆうちょ銀行を含む「中小企業金融機関」が保有する投信残高。17年12月末の金額は、6兆9981億円から43兆6116億円に増えた。これまで、外国株式や外国債券で構成する国内組成の投信を「外国証券」としていたのを改め、投信残高に計上することにしたためだ。
家計の投信保有残高についても算出方法を見直した結果、17年12月末の金額は109兆1358億円から76兆4407億円に下方改定された。
いずれも30兆円を超えるぶれが生じ、統計の信頼性に疑問符が付いたことも否めない。ただ、資金循環統計は、毎年1回行う改定で過去の数字が大きく振れがちなのも事実。
17年6月の改定では、「企業間・貿易信用」の見直しが影響し、家計の負債残高が55.6兆円も下振れた。今回の改定が投信だっただけに、市場関係者の注目が集まった側面もありそうだ。
日銀は「統計の精度を高めた結果であり、ミスだったという認識はない」(広報課)としている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

時事通信

Posted in Japanese way | 2 Comments

毎日新聞

個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明した。近年順調に増加しているとされてきた投信保有額が、実際は減っていたことになり、「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃が広がっている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

安野光雅

 よく見ていると、親が自分の都合で子どもを叱っていることが多いことに、わたしは気がつきました。たとえば、家で洗濯ものを干しているとき、買いものをしているときに、子どもが邪魔をするとか、自分が急いでいるのに子どもが手間をかけるとか、ほとんどの場合、おとなのさまたげになるときに叱っているように思います。
子ども自身の成長に必要だから、ということで叱っている方は、少ないのではないでしょうか。
そもそも、わたしは「しつけ」が嫌なので、叱ることはありませんが、ほかの子を傷つけたり、いじめたりしたときには叱ることも必要だと思っています。

Posted in attitude | 2 Comments

古市憲寿

禁止されることは、時に信仰を強化する。日本でも「かくれキリシタン」と呼ばれる人々が数世紀にわたり熱心に信仰を守ってきたことが有名だ。
しかし、そのかくれキリシタンも衰退の危機にあるという。信仰が伝わる長崎県の島々でも、若者は都市に出てしまい、少子高齢化が進んでいるのだ。
皮肉なのは、宗教の自由がなかった江戸時代に生きながらえた信仰が、信教の自由が担保されている現代日本で消えようとしていること。
禁止が魅力を増すといえば、マリファナも同じだろう。オランダではマリファナなどのソフトドラッグが合法だが、全く関心を示さないオランダ人も多い。マリファナに対する幻想も嫌悪もなく、数ある嗜好品の一つなのだ。日本では大麻を巡る事件が絶えないが、そもそも「禁止」が薬物の魅力を高めている可能性がある。
不況に悩む出版界も、いっそ活字禁止や、紙の出版物が禁止となったら、人はこぞって本や雑誌を読み出すのかも知れない。

Posted in learning | 1 Comment

志村昌也

弊社のアニメ絵本は、アニメ絵本の先駆者である平田昭吾さんが手がけたもの。平田さんは手塚治虫さんのお弟子さんだった方で、ポプラ社さんなどでも絵本を書かれています。彼のポリシーは“誰も殺さない”ということ。
昔話には子どもに社会のモラルを伝える役割がありますが、“悪いことをしてはいけない”というメッセージのために、残酷的な描写を読み聞かせる必要があるでしょうか?


口伝である民話は、時代によって変化していくものです。『ありとキリギリス』『うさぎとかめ』などで知られるイソップ寓話は、もともと為政者が民衆を治めるために語られたといわれています。


弊社のアニメ絵本は現在、世界各国で翻訳され親しまれています。昔話が変わることへの議論はありますが、時代の流れのひとつとして、アニメ絵本のような再話の形もあると考えていただきたいです

Posted in attitude | 2 Comments

小澤俊夫

まず、昔話とはなんでしょうか。昔話は「口で語られて耳で聞かれた文芸」です。耳で聞き終わったら消えちゃう。それが、目で読む文学ともっとも違うところです。だから、昔話の語り口は「シンプル」で「クリア」でなければならない。
もうひとつ大事なことは、聞いているほうがはっきり聞き取れるよう、言葉を繰り返すときには同じ言葉で語る。そのような「かたち」があるんです。
では、昔話を語るうえでいちばん大切なことはなんだと思いますか? それは、大人が子どもの耳に「生の声」で聞かせることです。目で読む文学、たとえば絵本のようなものが登場したのは、ごくごく最近。絵巻物のようなものがあったかもしれませんが、それはお金持ちだけのもので、大多数の人たちは、子どもを膝に乗せて昔話を語った。うんと身近なところでしゃべるから、子どもたちは体温や呼吸を感じる。その距離で接しているから、自分が相手にされている、愛されているということがいつの間にか実感できる。
**
昔話が残酷だと言われはじめたのは、だいたい1980年代。高度成長の時代です。高度成長では、生活すべてがきれいになったでしょう、家も服装も全部。文明っていうのは、生活環境を自然から隔離することだよね。そのときに気がついてみたら、昔話が残酷だと言われはじめていたんです。
高度成長に生まれてきた人たちが貧困を知らない、それはいいことなんですよ。だから、昔話がそれを教えてくれている。元来、日本人の生活は、自然と密着した生活をしていたんだということを。それを大事にしないと、日本人は根無し草になってしまう。

Posted in story | 2 Comments

公安9課

デスクトップ向け

末尾 CPUの一例 説明
なし Core i7-6700 通常版CPU。
X Core i7-5960X 倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
Extremeモデル(性能も価格もExtreme)
K Core i7-6700K 倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
通常版CPUよりも1つ上のグレードに位置
C Core i7-5775C 末尾X, Kと同様に倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
S Core i7-4770S 省電力版CPU。省電力になることと引き換えに
通常版CPUよりも動作周波数がダウン
T Core i7-4770T 超省電力版CPU
末尾SのCPUよりも省電力・動作周波数がダウン
Posted in globe | 1 Comment

パソコンハードウェア初心者の館

Posted in technology | 1 Comment

teamLab

Posted in art | 1 Comment

Cambridge English Dictionary

intimacy

[ U ] a situation in which you have a close friendship or sexual relationship with someone:

Intimacy between teachers and students is not recommended.

[ C usually plural ] things that are said or done only by people who have a close relationship with each other:

It was obvious from their witty intimacies that they had been good friends for many years.

Posted in learning | 1 Comment

服部桂

いままで現場の手づくりの経験だけに頼っていた分野で、設計やデザインという思想が情報というかたちで抽出され、培養され、進化し、またモノに落とし込まれる。
それは生物学や医学が、DNAという生命の基本素子のもつ情報構造の表現と理解されるようになって、「外側」からではなく「内側」から情報操作によって扱えるようになったのと同じ流れだ。
こうした流れは、文明にひたすら破壊的な変化を起こすものなのか、破壊から持続的なものに変化しうるものなのか。市場の勝者は敗者を生み出し、新しい方法は旧来の方法に固執する人々を片隅に追いやる。
われわれが熱狂する現在のイノヴェイションは、人間の太古からの深い欲望を新しいツールによって再度解放しているだけの作業なのかもしれない。
現在の局面にだけ目をやって損得勘定で論じるより、もっと大きなパースペクティヴの元に、「イノヴェイション自体のイノヴェイション」を考えるべき時期に来ているのではないだろうか?

Posted in change | 1 Comment

Robert Sternberg

Combinations of intimacy, passion, commitment
 
                   
Intimacy
(親密さ)
Passion
(情熱)
Commitment
(コミットメント)
Non-love(愛ではない)
Liking/friendship(好意)
Infatuated love(夢中な愛)
Empty love(空っぽな愛)
Romantic love(ロマンティックな愛)
Companionate love(友愛)
Fatuous love(愚かな愛)
Consummate love(完璧な愛)
Posted in love | 3 Comments