Lynda Gratton, Andrew Scott

For much of human history, mankind has faced a battle for existence over a short life and in the face of food scarcity, diseases and a constant threat of violence. As life has extended and people have become richer, especially those living in the advanced economies, so they have evolved to a situation where, for the majority, their children are safe and educated, work provides some financial security, and they can enjoy a retirement with some components of leisure. As life extends even further, people will be forced to move away from the lockstep of the three-stage life and face many more options about how they live their lives. A hundred years provides more time than required by the evolutionary imperative to breed, and more time in which to meet any financial security needs. So what is the purpose of these extra years if not to procreate and accumulate? Might these extra years, distributed throughout a life, bring the time and opportunity to explore who you are and arrive at a way of living that is nearer to your own personal values and hopes than to the traditions of the society into which you were born? If so, then this is perhaps the greatest gift that longevity can bestow.

Posted in life | 2 Comments

小室淑恵

短時間で高い成果をあげたメンバーをちゃんと評価しなければ、働き方改革は実現できません。そのため、管理職に対する人事評価に「時間あたり生産性」の観点を盛りこむ必要があります。
たとえば、同じ成果をあげた2人の管理職がいたとしましょう。量的な成果が同じだとしても、部下を疲弊させ続けて達成したのか、適切な働き方をさせているのかで、その手腕は雲泥の差。しかし、従来はこの2人が同じ評価を受けていたのです。むしろ、「部下を心身ともに追いこんで業務量を積んだ管理職のほうが昇進する」という逆転現象すら起きていました。
だから、こういう管理職は昇進できない評価制度をつくることが大事です。おススメの方法は部下の「有休消化率」と「総労働時間の平均」を指数化して、管理職の評価に加味すること。私は「霞が関の働き方改革を加速するための懇談会」の座長も務めましたが、こういった観点は官僚の評価制度からスッポリ抜け落ちていました。だから、霞が関は不夜城になっているんです。

Posted in Japanese way | 1 Comment

白石由貴

私にとって日本とスイスホテルは両親のようなもの。どちらかを選べ、選ばなかった方の親はもうあなたの親ではない、と決めつけられるのはとても悲しい。

Posted in Japanese way | 1 Comment

Cafe MIMI

Posted in happiness | 2 Comments

カトリック片瀬教会


Posted in belief | 1 Comment

Hippodrome ParisLongchamp

Posted in business | 2 Comments

Felice Beato

Posted in Japanese way | 1 Comment

My Editor

Posted in happiness | 2 Comments

LES GRAPPES

Posted in happiness | 1 Comment

Wildwood

Posted in happiness | 1 Comment

島村光

Posted in art | 1 Comment

鵜澤正和

  • 特開2002-307070 2001/04/17 海水の処理装置および処理方法 -(株)ハセッパーエンジニアリング
  • 特開2002-256273 2001/03/05 炭化水素燃料の処理方法 -(株)エス・アイ・エス
  • 特開2001-344678 2001/01/22 緊急通報システム - 鵜澤正和
  • 特開平10-236249 1997/02/27 車両のブレーキランプ認識装置 - 小暮久也
  • 特開平10-227859 1997/02/18 人物認識システム - 小暮久也
  • 特開平10-005751 1996/06/21 水の処理方法 -(株)テクノサイエンス 他
Posted in fake | 3 Comments

天羽優子

宣伝文句の中に、これ見よがしに特許番号を出している場合があるが、あれは単に同業他社に対して「真似すんな!」と言ってるだけである。特許番号が宣伝に書いてあるからといって、宣伝内容の科学的正しさとは無関係である。どうも、意図的に、一般に流布している、「特許が出ている=正しい科学知識に基づいて開発した、優れた独自技術を持っているに違いない」という先入観を利用しようとしている節があるので注意が必要だ。
特許はアイデアを保護するためのものである。特許庁の審査を通ったものは「特許公報」に掲載され、審査前のものは「公開公報」に掲載される。どちらに出ているかは、特許電子図書館のウェブページで調べればわかる。審査を通ったものの方が信頼度は高いが、それでも科学的に正しいという保証はない。特許庁では、特許の内容に書かれている装置などを実際に作って確かめることは行わず、書類上の審査だけなので、トンデモない話が紛れ込む可能性は避けられない。ましてや、書類の形式さえちゃんと整っていれば出願をすることはできるし、出願から1年半たつと、ほぼ自動的に公開されるのだから、単に「公報に掲載されている」と言うだけでは、その内容の科学的正しさが保証されていることにはならないことは、当然である。

Posted in fact | 1 Comment

天羽優子

最近、食品や化粧品の会社の技術者から、「クラスターの小さい水を使うといい製品ができるのでしょうか」「磁気処理水って、クラスターが小さいという話ですが、どうなんですか」という質問を相次いで受けた。これに対して私は、「液体の水のクラスターをちゃんと測定した実験は今の所ないので、クラスターを指標にするよりは水の不純物の分析をして成分で押さえた方がいいですよ」という内容の返事をした。
私が、「クラスターの小さい水はおいしい」という話を最初に知ったのは、修士に進学した直後だった。それからしばらくして、その話の根拠となったNMRの測定は誤りであるという話を研究会できいたので、もうそんな話は消えただろうと思っていたのだが、一度広まった話はなかなか根強く残っているようである。

Posted in fact | 1 Comment

天羽優子

「水クラスターが小さい・浸透圧増加・細胞を活き活き・体にいい」などという宣伝を大まじめにやっている業者は、高校の理科の知識すら怪しいことになる。そんな知識しかない業者が作って販売している製品に、あなたはお金を払いますか? その製品を本当に信用できますか? 業者はたまたま(わざわざ宣伝文句に取り入れている)浸透圧について全く無知なだけで、他の水処理技術については高度な知識と技術を持っていると・・・・期待できるでしょうか?

どうも、現実は、業者やマスコミの科学知識のレベルの方もさんざんなので、変な話を変だと見抜くための「使える科学」を身につけると、お金の面でも心の面でもかなり得をする。信用のできない業者のトンデモ理論を信じて高額の浄水器や活水器を買わされなくてすむし、マスコミが並べ立てる話に一喜一憂して商品を買いに走ったりあるいは買うのを止めたりしなくてもよくなる。また、根拠のない宣伝や報道を信じて友人知人に触れ回った挙げ句、実は相手をかついでいた、などということも避けられる。

Posted in fact | 1 Comment

全国がん患者団体連合会(全がん連)

このたびの本庶佑先生のノーベル生理学・医学賞の受賞は、私たちがん患者や家族に大きな希望をもたらし得るものであり、がんの克服に向けた貴重な一歩となることが期待されています。一方で、その成果の一つである免疫チェックポイント阻害剤は現状では効果が期待できるがんの種類などは限られており、免疫チェックポイント阻害剤特有の副作用などもあることから、慎重に投与されることが必要な薬剤です。
本庶先生の研究をもとに開発された免疫チェックポイント阻害剤により、これまで治療法がないとされたがん患者さんの中に治療効果が現れていることは本当に喜ばしいことです。そうした効果を伝える報道を見聞きし、現在の治療法を中止して免疫チェックポイント阻害剤を使用すべきかと迷う患者さんやご家族が増えている現状があります。
しかし、有効性と安全性が確認され、免疫チェックポイント阻害剤が使用できる患者さんは限られていますし、適応となる患者さんの中でも効果は異なります。また、免疫チェックポイント阻害剤特有の副作用や重篤な副作用の報告もあり、現時点では、すべての患者さんにとっての「夢の薬」とはいえません。こうしたデメリットも含め正しい情報が提供されることが、いま何より重要と考えます。
特に報道機関のみなさまには、免疫チェックポイント阻害剤を含む免疫療法についての正しい情報を冷静に伝えていただくようお願いいたします。

Posted in fact | 1 Comment

リンパ球バンク株式会社

このところ「丸山ワクチン」がネット上で賑わいをみせております。スポーツ選手が投与を受けている、とか科学的根拠が明らかになった、といった話題がSNS上で飛び交っています。
科学的根拠は最初からあります。
相変わらず科学的根拠と臨床上のエビデンス(有効性の証明)が混同されていますが丸山ワクチンは、結核菌の抽出物を注射するのですから何らかの免疫刺激がある、とここまでの根拠はあるのです。
あとは実際に治療に使ってどうか、で、これをエビデンスと呼ぶのですが、白血球が増える人がいらっしゃいます。
ややこしいのは抗がん剤で免疫システムがダメージを受けていくところへ丸山ワクチンを併用すると、免疫刺激効果は当然、減殺されるので効かないのでは、という側面と、全く逆に抗がん剤によって白血球が減少し感染症で亡くなる方が大勢いらっしゃるので丸山ワクチンによって白血球の減少に多少でも歯止めがかかり、投与しないよりはした方が若干の延命効果がでるかも、という側面もあります。
ただし、丸山ワクチンにしろ、レンチナンにしろ単独投与で進行がんの症状を劇的に改善するという類のものではなく、あくまで若干の免疫刺激を加えるというものですのでもの凄い効果を期待するのは無理があります。
実際に進行がん患者さんに、これらの薬剤を単独投与しても、血液中のNK細胞の活性はほとんど動きません。
がん患者さんの強い免疫抑制がかかっている状態のところへ単独投与しても、がん免疫を顕著に刺激するものではない、ということです。

Posted in fact | 1 Comment

河瀬直美

Posted in story | 1 Comment

Al Sweigart

In Automate the Boring Stuff with Python, you’ll learn how to use Python to write programs that do in minutes what would take you hours to do by hand-no prior programming experience required. Once you’ve mastered the basics of programming, you’ll create Python programs that effortlessly perform useful and impressive feats of automation to:

  • Search for text in a file or across multiple files
  • Create, update, move, and rename files and folders
  • Search the Web and download online content
  • Update and format data in Excel spreadsheets of any size
  • Split, merge, watermark, and encrypt PDFs
  • Send reminder emails and text notifications
  • Fill out online forms
Posted in time | 2 Comments

ハンナ・アーレント

世界最大の悪は、ごく平凡な人間が行う悪です。そんな人には動機もなく、信念も邪心も悪魔的な意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。そして、この現象を、私は”悪の凡庸さ”と名付けました。

Posted in bad | 2 Comments

Elsa B. Kania

As the PLA attempts to overtake, rather than just catch up with or match, U.S. progress in this domain, it will be vital to understand and take into account its evolving approach and advances. In particular, the PLA’s capacity to leverage military applications of AI could prove distinctive due to its model of military-civil fusion, expansive concept of “intelligentization,” and focus on AI-enabled command decision-making. Certain PLA thinkers even anticipate the approach of a “singularity” on the battlefield, at which human cognition can no longer keep pace with the speed of decision-making and tempo of combat in future warfare. While recognizing the importance of human-machine collaboration, and likely concerned with issues of controllability, the PLA could prove less adverse to the prospect of taking humans ‘out of the loop’ to achieve an advantage.

Battlefield Singularity (PDF file)

Posted in american way | 3 Comments

渡部悦和

AIは、戦場における指揮官を手助けし、その状況判断を正確かつ迅速にすることができる。AIはまた、ウォーゲーム、シミュレーション、サイバー戦や電子戦への適用、AIが仮想現実の技術と合体すると訓練・演習をより実戦的にすることもできるなど適用分野は軍事の大部分にわたっている。また、AIは、ロボットやドローンなどの無人機の頭脳となることにより、「自ら認識し判断し決心し行動する」自律無人機を可能としている。
例えば、中国の国営企業である「中国電子科学研究院」は、2017年6月、119個の小さなドローンの群れによる自律協調飛行テストに成功した。このテスト成功は、安いドローンで高価な兵器例えば空母などを群れで攻撃することが可能になることを示している。
中国の専門家は、AIと自律無人機が普及すると、「戦場におけるシンギュラリティ」が到来すると予想している。このシンギュラリティに達すると、AIが可能にする戦闘のスピードに人間の頭脳が追随できなくなる。このことは、AIが指揮する無人機システムに戦いの大部分を任せ、軍人を戦場から解放することを意味する。そのような転換点は、はるか先のことのように思えるが、AIによる自動化の方向に急速に向かっている。

Posted in asian way | 1 Comment

livedoor

Posted in information | 3 Comments

永谷綾子

そうだったんだ、私の身体と心にはたくさんの愛がめぐっている。
それはもちろん 周りの人も同じ。みんな愛だらけの人。
こんなに自分勝手に生きてきた私なのに 
みんな、すごく温かな愛で包んでくれていたんだ・・・
目に見えないからと切り捨てたたくさんの愛があって、
幸せなことに、私の命を生かしてくれていたんだ。
なんてこった!

Posted in love | 1 Comment

Juan Ruiz

Aquí dize de cómo fué fablar con Doña Endrina el Arçipreste.
653  Ay, Dios! Quán fermosa viene Doña Endrina por la plaça!
   Qué talle, qué donaire, qué alto cuello de garça!
   Qué cabellos, qué boquilla, qué color, qué buenandança!
   Con saetas de amor fiere quando los sus ojos alça.
654  Pero tal lugar non era para fablar en amores:
   a mí luego me venieron muchos miedos e tenblores,
   los mis pies e las mis manos non eran de sí señores,
   perdí seso, perdí fuerça, mudáronse mis colores.

Posted in love | 3 Comments

松尾豊

資本主義の世の中ですから、食わなきゃ殺されるんです。強いやつが生き残って弱いやつが死ぬ。そうしたルールで世界中の人たちが戦っているのを、日本人が全く感じていませんよね。いざ殺されそうになると、「フェアじゃない」「社会が悪い」と言い出してしまう。

Posted in Japanese way | 1 Comment

INCOMPLETE++

Excelでソートした時に、見た目は同じ文字列が、なぜか上下に分かれてしまうことがある。
これは、Excelが内部で「読み仮名」をデータとして持っているせい。
ExcelはIMEで変換する前の入力を覚えていて、その読み仮名を基準にソートしている。
(右記の例)1・2の「醤油ラーメン」は セルに「しょうゆらーめん」と入力して変換したもの、7・8の「醤油ラーメン」は他のアプリからコピペしたもの。コピペしたものは読み仮名のデータを持たないので、末尾に回されてしまう。

Posted in technology | 1 Comment

斎藤拓也

セロトニンが不足すると、心のバランスが崩れて精神が不安定になってしまう。
 ① 質の良い睡眠がとれなくなる
 ② 感情がコントロールできなくなる
 ③ 感情が湧かなくなる

以下のことを継続することで、セロトニンを増やすことができる。
 ① 朝起きたら太陽の光を浴びる
 ② 一定のリズムを継続する運動を行う(ウォーキングなど)
 ③ 食事をよく噛む
 ④ スキンシップを大事にする
 ⑤ トリプトファンを含む食品を食べる(バナナ、乳製品、大豆、赤身の魚・肉など)

Posted in health | 2 Comments

荘子

夢の中で胡蝶としてひらひらと飛んでいた所、目が覚めたが、はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか。。。

Posted in dream | 1 Comment

らくからちゃ

Posted in globe | 3 Comments

Ayham Omer

Posted in life | 2 Comments

尾上玲円奈

日本のクライアントの海外案件のPRは、今でも十全に行われていないのが現状です。大変もどかしく思っています。たとえば大手商社は、世界各地で大がかりなプロジェクトを次々にこなしていますが、PR活動を伴わせないことが多いんです。
幹部の方に「もったいないですよね」と話したら、「確かに外資系の企業はやってますね」という反応が返ってきます。日経や読売など、日本のメディアが日本語で記事を書いてくれるだけではなく、インドネシアの案件なら現地インドネシアのメディアに向けて発表することも大事なんです。その効果が及ぶ地域で、きちんとコミュニケーションをしないと。海外で活躍する大企業ですらそうですから、日本企業のパブリックリレーションズに対する理解や意識はまだまだ薄いと感じています。

Posted in information | 1 Comment

永楽屋

柚子こごり

名柚子と名高い木頭柚子を時間をかけて砂糖に漬け込み、粉糖でさりげなく、華やかな装いに仕上げました。口にすれば、柚子の爽やかな香りがふわりと広がります。

Posted in happiness | 1 Comment

University of Minnesota

Extradyadic romantic activity (ERA) includes sexual or emotional interaction with someone other than a primary romantic partner. Given that most romantic couples aim to have sexually exclusive relationships, ERA is commonly referred to as cheating or infidelity and viewed as destructive and wrong. Despite this common sentiment, ERA is not a rare occurrence. Comparing data from more than fifty research studies shows that about 30 percent of people report that they have cheated on a romantic partner, and there is good reason to assume that the actual number is higher than that.
Although views of what is considered “cheating” vary among cultures and individual couples, sexual activity outside a primary partnership equates to cheating for most. Emotional infidelity is more of a gray area. While some individuals who are secure in their commitment to their partner may not be bothered by their partner’s occasional flirting, others consider a double-glance by a partner at another attractive person a violation of the trust in the relationship.

Posted in love | 1 Comment

Wikipedia

‘Platonic friendships provide a fertile soil for unrequited love’. Thus the object of unrequited love is often a friend or acquaintance, someone regularly encountered in the workplace, during the course of work, school or other activities involving large groups of people. This creates an awkward situation in which the admirer has difficulty in expressing their true feelings, a fear that revelation of feelings might invite rejection, cause embarrassment or might end all access to the beloved, as a romantic relationship may be inconsistent with the existing association.

Posted in globe | 2 Comments

Linda and Charlie Bloom

It’s “la difference” that makes relationships edgy, dynamic, exciting and a little scary. There is of course, a fine line between “a little scary” and frightening. And there is a fine balance between having enough danger in a relationship to make it stimulating and to keep it from dying from a lack of excitement.

Posted in love | 2 Comments

Roy Baumeister

What makes a man or woman desirable, of course, is a complex and highly personal mix of many qualities and traits.

Posted in love | 1 Comment

Friedrich Nietzsche

indispensable…to the lover is his unrequited love, which he would at no price relinquish for a state of indifference.

Posted in love | Leave a comment

Eric Berne

No man is a hero to his wife’s psychiatrist.

Posted in human being | 1 Comment

Eric Berne

Some say that one-sided love is better than none, but like half a loaf of bread, it is likely to grow hard and moldy sooner.

Posted in love | 1 Comment

Merriam-Webster Dictionary

Definition of Unrequited
: not requited : not reciprocated or returned in kind
// unrequited love

Posted in love | 2 Comments

Henry Holiday

Posted in love | 3 Comments

Ginny Brown

Saying “I can’t stop thinking about the person I love because my dopamine is high and serotonin is low” doesn’t change the reality of that feeling. The feelings are just as strong and real after we have names for the hormones that contribute to them as they were before.
But knowing the biological basics can give you hope, though. I don’t know about you, but when I’m feeling something strongly, I tend to assume I will feel that way forever. I know it’s not true, but I have a hard time really believing that I’ll ever experience anything but the soul-searing pain I’m in right now.
In those moments, it can be helpful to remember that my feelings are related to the surges of hormones in my brain, and that it is completely normal and expected for those hormones to show up under these circumstances.
It doesn’t negate the feelings or diminish their importance. It just puts them in context.

Posted in love | 2 Comments

三角みづ紀

とりいそぎの水と
ジュースと野菜を
赤いかごにいれて
レジに並んでいたら
彼はあわてて その場をはなれて
一束のチューリップを持ってくる
わかりやすいピンクの
まだつぼみのそれらは
計量カップに飾られて
咲くのを 待っている

Posted in poem | 2 Comments

宮本百合子

人間が極く原始な集団生活を営んでいた頃、そこにどんな恋愛と結婚のモラルがあり、家庭のしきたりという考えが存在していたろう。女も男も獣の皮か木の葉をかけて、極く短い綴りの言葉を合図にして穴居生活を営んでいる時代に、原始男女の世界は彼等の遠目のきく肉眼で見渡せる地平線が世界というものの限界であった。人類によって理解され征服されていなかった自然の中には、様々のおそろしい、美しい、そしてうち勝ち難い力が存在していて、嵐も雹も虹もそこに神として現れたし、彼等の体を温めたり獣の肉をあぶったりする火さえもその火が怒れば人間を焼き亡す力を持っている意味で、やはり神であった。神や魔力は水の中にさえもあった。あんなに静かに流れ、手ですくっておいしく飲めるその水が、天からどうどうと降りそそげば、彼等の穴ぐらは時々くずれたり狩に行けないために飢えなければならない時さえあった。

Posted in story | 1 Comment

島本理生

いくら美意識が千差万別とはいえ、あんなふうに全肯定されたら、かえって不気味なのよ。私は自分のことを良い女だなんて思ったことは一度もないわけ。なのに私が世界一みたいな言い方されてごらんなさいよ。あまりに気持ち悪くて、眉毛を描く気にもなれないわよ。
**
無理です。ほかの女性なんて、考えられません。
当たり前でしょう。ほかの人なんて考えられないと思うのが恋愛なのよ。みんな、ほかの人なんて考えられない、と思いながら別れてほかの人と出会って好きになって、ほかの人と付き合うのよ。何度でも。

Posted in story | 2 Comments

牛窓オリーブ園

Posted in voyage | 1 Comment

Wendell Wallach

Social disruptions, public health and economic crises, environmental damage, and personal tragedies all made possible by the adoption of new technologies will increase dramatically over the next twenty years.

If a convergence of multiple crises takes place, many of which result from unaddressed, foreseen problems, the answer could be the rapid onset of a dystopian future.

Posted in human being | 1 Comment

Pascal Oesch, Ivelina Momcheva


It may look like just a blue blob, but it’s a technical feat for astronomers to have imaged this galaxy, which lies about 13.1 billion light-years from Earth and hails from a time less than 700 million years after the big bang.

Posted in globe | 3 Comments

NASA

Posted in globe | 2 Comments

JR新幹線ネット

東京-京都

Posted in voyage | 2 Comments

東京新聞

Posted in heart | 1 Comment

Peter Suderman

The promise of the internet, and social media in particular, was that it would not only allow anyone the opportunity to speak, but would also make it possible for anyone to precisely tailor what he reads, sees and hears online. News and information would no longer be mediated by newspaper editors, television producers and other gatekeepers. Instead, social media would allow direct access to individual voices in a feed custom-built by the user. It was a new frontier for both unregulated free expression and individual control.
In practice, the actual experience of social media, for many users, is not one of control but of virtual bombardment, in which a flood of ideas and opinions that are irritating, dull and often outright offensive often seem impossible to avoid. Yes, you can block, mute, unfollow, log off and even delete your account. But the prevalence of social media — the way in which it has become the mortar of everyday life, filling in the cracks of our time — has a way of enforcing a sense that there is no way to truly escape from its reach. The world of social media increasingly feels as if it is simply the world.
That world is one in which speech is often perceived not as an individual right, but as a public act, in which words and ideas are not your own, but a contribution to the collective. Social media has, in effect, socialized speech.

Posted in information | 1 Comment

東京新聞

Posted in Japanese way | 1 Comment

法務省:国籍法

第十六条 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。

Posted in Japanese way | 1 Comment

LeFigaro.fr

Posted in Eurocentrism | 5 Comments

백성현

Posted in happiness | 1 Comment

김태리

Posted in nature | 3 Comments

宮嶋加菜子

その年の秋、孫さんはツイてなかった。
10月。銭湯に行こうと狭い路地を歩いていたら、蛇行運転してきた車にぶつかり、病院へ。車は逃げ、治療費を支払う羽目に。退院後、さらにバイトを増やした。
11月。料亭でのバイト中に腹が痛み出した。病院に行く金はない。我慢して働いた。次の日、アパートで動けなくなり、病院に運ばれ、腹膜炎で緊急手術を受けた。
病院食は少なくて、満たされなかった。なにより、異国の地で一人過ごす病室の夜は寂しかった。
そんな時、写真現像店の女性が、温かいうどんの丼を手に来てくれた。
「私にも孫さんと同じくらいの息子がいてね。シルクロードの文化が大好きで、夏休みに敦煌に行きました。中国で息子が困ったとき、親切な中国の人に会えたらいいな。そう思っていたんです」
当時は日本語がうまく話せず、「ありがとう」としか言えなかった。
その後、名古屋の大学院に進学。上海に戻って会社を起こした。
池袋にあった写真現像店は、いまはない。女性の名前は、たしか「木村さん」。でも、自信が持てない。だから、メッセージにはこう書いている。
《○村さん、あの時のうどんの味があったから、日本でも上海でも頑張れました。会って、ちゃんとお礼が言いたいです》

Posted in heart | 1 Comment

ジェイ・ルービン

よい文学とは、僕に言わせれば、日常生活に響くものです。ごく当たり前の日常生活―――買い物をしていても、車を運転していても、料理をしていても――何をしていても、ふと微妙な関係で瞬間的に頭をよぎるものです。すべての生活に関わりを持っている。
村上さんの作品は、僕のいう「よい文学」の条件をパーフェクトに満たしています。とはいっても、僕が村上さんから具体的に何か教訓のようなものを得たか、それはよくわかりません。
ただ、はっきり言えるのは、もし僕が村上春樹という作家を知らずにいたら、まったく違う人生を送っていただろうし、このインタビューを受けることもなかっただろうということです。
もっと言えば、村上さんを知らずにいたら、今とは異なる頭脳構造を持っていただろうとさえ言ってよいと思います。もちろん仕事もまったく違うものになっていたでしょう。
村上さんを翻訳したおかげで、新しい経験を持つことができました。

Posted in story | 1 Comment

Haruki Murakami

Sometimes when I look at you, I feel I’m gazing at a distant star. It’s dazzling, but the light is from tens of thousands of years ago. Maybe the star doesn’t even exist any more. Yet sometimes that light seems more real to me than anything.

Posted in love | 3 Comments

Ian McEwan

When it’s gone, you’ll know what a gift love was. You’ll suffer like this. So go back and fight to keep it.

Posted in love | 1 Comment

André Maurois

À la naissance de l’amour, les amants parlent de l’avenir ; à son déclin, ils parlent du passé.

Posted in love | 4 Comments

Benjamin Disraeli

The magic of first love is our ignorance that it can never end.

Posted in love | 1 Comment

Jean de La Bruyère

L’on n’aime bien qu’une seule fois, c’est la première ; les amours qui suivent sont moins involontaires.

Posted in love | 1 Comment

高橋章夫、石井くに子

Posted in story | 1 Comment

大谷直子

Posted in story | 2 Comments

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

  1. 原稿と表紙を準備します。利用できるツールとリソースを確認します。
  2. 本の内容などが KDP のコンテンツ ガイドライン品質ガイドラインに準拠していることを確認します。
  3. Amazon アカウントを使用して KDP にサインインするか、アカウントを新規作成します。
  4. お使いのブラウザーが最新バージョンであることを確認します。
  5. 「本棚」にアクセスします。「新しい本を作成」セクションで、「+ Kindle 本」をクリックします。
  6. 次の各セクションに情報を入力します。
  7. 情報を入力したら、「Kindle 本を出版」をクリックします。
Posted in information | 1 Comment

joyfulbrix

I like the word seek specifically as it relates to the practice of living an inspired life because it is such a powerful word. It is purposeful and directional. To seek is to go in search of, to discover, to ask for. Think about that for a minute. To ASK FOR is a powerful, self directed action that many of us struggle to be comfortable with. How many of us struggle to ask for help with tasks at home or work? To ask for help with a medical, financial or family concern? To ask for help critiquing our design, research, art or writing? At times it can be terrifying to ask for help or to seek inspiration or guidance from others so we often simply don’t. Then another day passes and we don’t. Then another day passes and we still don’t. As the cycle continues the thought of asking gets harder and idea of seeking becomes seemingly impossible.
The truth is when we are bogged down with our daily burdens it is too easy to lose sight of the importance of seeking inspiration, seeking guidance. It is too easy to forget the importance of being available to others seeking inspiration, guidance or simply friendship from us. Seeking is something we have to accept and welcome into our daily lives as a practice. Seeking, as the word itself tells us, is a call to action to ask and discover what sets our soul on fire.

Posted in happiness | 2 Comments

森田秀二

恋愛物語とは、本来相手との絶対的一体化の願望である<愛>が、空間的距離(すれ違い)、情報的距離(嫉妬)、制度的距離(不倫)などの障害によって妨げられる物語。

Posted in love | 4 Comments

Jean-Michel Jakobowicz

Amour ou amitié ? Cette question débouche immanquablement sur une autre, que l’on se pose dès l’adolescence et qui est : « est-il possible d’avoir des liens d’amitié avec une personne du sexe opposé ? ». Ce qui est très intéressant, c’est que cette question que l’on se pose assez tôt dans la vie peut nous poursuive pendant très longtemps à l’âge adulte…
En réalité, trois cas de figures se présentent : le premier que je souhaiterais aborder relève d’un lien d’amitié qui existe sans aucune arrière-pensée sexuelle ou amoureuse. Les deux personnes sont simplement amies au-delà de leur sexe, et ne ressentent pas le besoin de faire évoluer leur relation sur le terrain amoureux.
La seconde situation est plus problématique : elle survient lorsque l’un des deux partenaires ressent un sentiment amoureux à l’égard de son ami(e), tandis que celui-ci/celle-ci reste dans une « simple » configuration amicale. Enfin, le troisième cas apparaît lorsque les deux amis éprouvent l’un envers l’autre des sentiments amoureux qu’ils n’osent pas, pour diverses raisons, s’avouer mutuellement.

Posted in love | 1 Comment

山田あかね

20世紀に神は死んだ、と言われ、一応先進国では宗教という概念は終わったとされている。じゃあ、あの強い信仰心に変わるものはなんだろうか。
それはずばり、ロマンチックラブ・イデオロギーでしょう。つまり、「愛」ってやつですね。一般的には男女の愛。宗教による戦争などの痛い経験のあと、20世紀のひとたちがすがりついたのは、身近なひとたちによせる信仰心のような、愛情だったというわけ。
宗教と純愛はよく似ている。宗教をなくしたひとたちが、すがるように手に入れたのはが「愛」ってやつだったんですね。だから、狂信者と愛を信じるひとたちはとてもよく似ている。蘇りを信じたり、永遠をうたったり。死はすべての終わりではない、と考えたがる。(気持ちはわかるけどさあ)
みんななにかを信じて、それにすがりたいんだよね。新興宗教ブームと純愛ブームって根は同じなんだと思う。すがりたいひとたちのよすがだ。
もちろん、それを信じて、信じることで救われるとしたら、ほんと手軽でいいと思う。できれば、私も入信したいけど、もはや、そういった信仰心をもてない身。宗教も純愛もない荒野を歩いていくしかないのだった。とほほ。

Posted in love | 1 Comment

張競

たしかに「東アジアにおいて、恋愛の受容はたしかにわれわれの想像力と表現力を豊かにした」。しかし、「『恋愛』は近代人の身体、性意識ならびに感情表現を『近代文明』の管理下に置こうとする過程でもある」。たとえば「恋愛を拒否することや、恋愛の儀式にのっとらない行為は、『異常』や『病的』あるいは『非常識』として排除される現象が生じた」りするのだ。

Posted in asian way | 1 Comment

Anna Pasternak

The heartbreaking story of the passionate love affair between Boris Pasternak and Olga Ivinskaya – the tragic true story that inspired Doctor Zhivago. `Doctor Zhivago’ has sold in its millions yet the true love story that inspired it has never been fully explored. Pasternak would often say `Lara exists, go and meet her’, directing his visitors to the love of his life and literary muse, Olga Ivinskaya. They met in 1946 at the literary journal where she worked. Their relationship would last for the remainder of their lives. Olga paid an enormous price for loving `her Boria’. She became a pawn in a highly political game and was imprisoned twice in Siberian labour camps because of her association with him and his controversial work. Her story is one of unimaginable courage, loyalty, suffering, tragedy, drama and loss. Drawing on both archival and family sources, Anna Pasternak’s book reveals for the first time the critical role played by Olga in Boris’s life and argues that without Olga it is likely that Doctor Zhivago would never have been completed or published.

Posted in love | 2 Comments

Henry Thomas Buckle

Great minds discuss ideas. Average minds discuss events. Small minds discuss people.

You can tell the lowest class by their habit of always talking about persons; the next, by the fact that their habit is always to converse about things; the highest, by their preference for the discussion of ideas.

Posted in simple | 1 Comment

Famille Musulmane

Posted in belief | 3 Comments

Mikhail Naimy

You live that you may learn to love. You love that you may learn to live. No other lesson is required of Man.

Posted in love | 1 Comment

David Lewis

There is no doubt that chocolate beats kissing hands down when it comes to providing a long-lasting body and brain buzz.
A buzz that, in many cases, lasted four times as long as the most passionate kiss.

Posted in love | 1 Comment

philo-marie

恋愛におけるホルモンの動きを俯瞰してみると、
① 恋愛の特攻隊長♡フェニルエチルアミン(やっと覚えれた!!)略してPEAが、何の加減かで好きになりそうな相手と関わると出る。恋は盲目ホルモン。あなたしか見えない。。
② 快楽ホルモン♡エンドルフィン:PEAは、麻薬のモルヒネに似た構造を持つ脳内麻薬で、高揚感、陶酔感などの快感をもたらすエンドルフィンを分泌させる。 でもエンドルフィンは、その後も出続け安定した関係にも寄与。ストレスを感じた時も出るから、複雑な人。
③ 愛情ホルモン♡オキシトシン:性的な触れ合いで、特に子宮頸部の刺激で、女性に大量に放出されるホルモン。このホルモンの恐ろしいところは、その対象の相手への愛が一生持続するところ!ヒエ~~~!!
④ 興奮ホルモン☆ドーパミン:強力麻薬ドーパミン。ウキウキワクワクが止まらない。ずっと出し続けるのは無理。もっともっとと中毒症状。大騒ぎです。はい、恋愛の一番良くて苦しい状態を作り出しますね。
⑤ 落ち着けホルモン♡セロトニン:これが恋愛中は不足する(特に女子)ので、1~4までの暴走を止められない。苦しみを和らげる鍵はこのホルモン!
⑥ ブチ切れホルモン☆ノルアドレナリン:あまりにもきつい状況が続くと、これが分泌され、キレがちに。

Posted in human being | 1 Comment

海外SEO情報ブログ

  • <meta name=”robots” content=”noindex”>
    ウェブページをインデックスさせたくない、言い換えると検索結果に表示させたくないときに使う。ミラーページを準備するときに便利。
  • <meta name=”robots” content=”nofollow”>
    このタグを記述すると、ロボットはページ内にあるリンク先(aタグで指定された別ページ)へアクセスしない。リンク先ページをキャッシュさせたくないときやPageRankを渡したくないときに便利。
  • <meta name=”robots” content=”noarchive”>
    サーチエンジンがウェブページをデータベースに保存するのを拒否できる。キャッシュリンクをクリックしても、直近にキャッシュされたページを閲覧することはできない。つまり現在のウェブページしか見れない。
Posted in information | 2 Comments

国立国会図書館サーチ

タイトル
夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したとされる根拠となる文献はないか。(岐阜県図書館)

回答
確かな根拠を示す資料を見つけることはできませんでした。

Posted in love | 2 Comments

竹取物語

「かくあまたの人を賜ひてとどめさせたまへど、許さぬ迎へまうで来て、取り率(ゐ)てまかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にてはべれば。心得ずおぼしめされつらめども、心強く承らずなりにしこと、なめげなるものにおぼしめしとどめられぬるなむ、心にとどまりはべりぬる」
とて、

今はとて天の羽衣着るをりぞ君をあはれと思ひいでける

とて、壺の薬添へて、頭中将呼び寄せて奉らす。中将に天人取りて伝ふ。中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せ奉りつれば、翁をいとほしく、かなしとおぼしつることも失せぬ。この衣着つる人は、もの思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具して上りぬ。

Posted in love | 2 Comments

ウィキペディア

日本語の「愛」の意味の変遷
日本の古語においては、「かなし」という音に「愛」の文字を当て、「愛(かな)し」とも書き、相手をいとおしい、かわいい、と思う気持ち、守りたい思いを抱くさま、を意味した。
近代に入り、西洋での語義、すなわち英語の「love」やフランス語の「amour」などの語義が導入された。その際に、「1. キリスト教の愛の概念、2.ギリシア的な愛の概念、3. ロマン主義小説の恋愛至上主義での愛の概念」などの異なる概念が同時に流れ込み、現在の多様な用法が作られてきた。

Posted in love | 2 Comments

Akira

恋の旧字体は「戀」。上部は「絲」+「言」で、下部は「心」。「絲」は「糸」の旧字体、「言」は《言葉でものごとにけじめをつける》という意味。もともとは《もつれた糸にけじめをつけようとする心》という意味だったものが、のちに《もつれる心》《ずるずる続いて切れない心》《他人に繋がって切れない心》という意味になった。

Posted in love | Leave a comment

Victor Frankl

A thought transfixed me: for the first time in my life I saw the truth as it is set into song by so many poets, proclaimed as the final wisdom by so many thinkers. The truth–that love is the ultimate and the highest goal to which man can aspire. Then I grasped the meaning of the greatest secret that human poetry and human thought and belief have to impart: The salvation of man is through love and in love. I understood how a man who has nothing left in this world may still know bliss, be it only for a brief moment, in the contemplation of his beloved. In a position of utter desolation, when a man cannot express himself in positive action, when his only achievement may consist in enduring his sufferings in the right way–an honorable way–in such a position man can, through loving contemplation of the image he carries of his beloved, achieve fulfillment. For the first time in my life, I was able to understand the words, “The angels are lost in perpetual contemplation of an infinite glory.”

Posted in love | 1 Comment

Bertram R. Forer

  1. You have a great need for other people to like and admire you.
  2. You have a tendency to be critical of yourself.
  3. You have a great deal of unused capacity which you have not turned to your advantage.
  4. While you have some personality weaknesses, you are generally able to compensate for them.
  5. Disciplined and self-controlled outside, you tend to be worrisome and insecure inside.
  6. At times you have serious doubts as to whether you have made the right decision or done the right thing.
  7. You prefer a certain amount of change and variety and become dissatisfied when hemmed in by restrictions and limitations.
  8. You pride yourself as an independent thinker and do not accept others’ statements without satisfactory proof.
  9. You have found it unwise to be too frank in revealing yourself to others.
  10. At times you are extroverted, affable, sociable, while at other times you are introverted, wary, reserved.
  11. Some of your aspirations tend to be pretty unrealistic.
  12. Security is one of your major goals in life.
Posted in belief | 2 Comments

International Wheat Genome Sequencing Consortium (IWGSC)

On 17 August 2018, the IWGSC published in the international journal Science a detailed description and an analysis of the reference sequence of the bread wheat genome, the world’s most widely cultivated crop.
This work will pave the way for the production of wheat varieties better adapted to climate challenges, with higher yields, enhanced nutritional quality and improved sustainability.
The research article – authored by more than 200 scientists from 73 research institutions in 20 countries – presents the DNA sequence of the bread wheat variety Chinese Spring ordered along the 21 wheat chromosomes. It is the highest quality genome sequence produced to date for wheat.

Posted in life | 3 Comments

Manic Loveless

Love is a curious thing, and we as humans have studied it since the ancient times. Cultures from all over the world have their own take on what is “true love”, and it means something different to everyone. To some, love is a warm feeling in the pit of your stomach. For others, it is a trust and bond that only a select few are privilege to.
There are even some who’d say they would die or kill for love.

Posted in love | 1 Comment

Kris Gage

Too often, we think love is supposed to be manic
People celebrate “losing themselves,” and “falling” for someone; they get tossed and turned like they have no say in the matter; they let themselves get pulled emotionally willy nilly and chalk it up as “passion.”
“Relationships take work,” we tell ourselves. But we’ve misconstrued what that “work” is supposed to mean.
“Boring” is better than “impassioned,” and while most great relationships have a blend of both, forced to choose, we should readily take the former.Consistently warm is far more hospitable than hot and cold for long-term emotional wellbeing.
Boring is beautiful
By “boring,” I mean stability, consistency, reliability. We can hang our hat on these things; we can only build on a solid, unwavering foundation.

Posted in love | 1 Comment

Samantha Irby

 
I’m in love and it’s boring.
 

Posted in love | 1 Comment

Kris Gage

What makes us happy?

  • Focusing on what we can control (which is only ourselves)
  • Committing (ourselves) to our partner  —  love them healthily and hard, every day.

The only thing we control is us. And “marriage” is about commitment, but it starts and ends with our own.  And after that, we only need to respect our partners as their own person, separate from us, who commit to us not by contract, but choice.

Posted in love | 1 Comment

Caroline Zielinski

Despite today’s popular view that marriage equals love, matrimony is not actually grounded in love or intimacy: historically, it was a strategic alliance between two families, more often than not orchestrated by the families to ensure long-term stability and prosperity for the maximum amount of people.

Posted in love | 2 Comments

Laurel Stewart

People seem to have a pretty good understanding of what love feels like, and we do a good job respecting love as an important feeling. But our culture sends a pretty contradictory message about what commitment is. We say marriage requires love and commitment, and yet somehow “love is all you need” prevails as a logical sentiment. Our collective divorce rate speaks for our confusion.

Posted in love | 1 Comment

J. Richard Cookerly

What pops up in your mind when you see the words “intimate love”? Lots of people think of something sexual. Others think of something powerfully and very personally emotional. There are a good many other people who think about both ecstatic sex and various intensely pleasurable, psychological states interwoven together.
The term “intimate love” can mean a surprisingly wide range of different things to different people.
Intimacy in a love relationship can mean knowing another and being known by another in incredible ways. It also can mean a sense of wonderful closeness, fervent shared eroticism combined with a marvelous sense of loving and being loved in very personal ways.

Posted in love | 1 Comment

Kemi Amushan

I know that one of the best feelings in the world is holding the person you love close to your heart and body; to connect mentally, emotionally and physically. We don’t realize it but our intimate relationships teach us a lot about the people we love and even more about ourselves. So what really is intimacy?

Posted in love | 1 Comment

Emna

Posted in globe, love | 3 Comments

George Steinmetz


Six Mile Bridge, which leads from Marathon Key toward Key West, is what the South Florida coastline might look like in a hundred years if sea level rises according to current climate change models.

Posted in change | 1 Comment

Marc Levy

Il n’y a rien de plus complet qu’un couple qui traverse le temps et qui accepte que la tendresse envahisse la passion.

Posted in truth | 1 Comment

髙山善文

Posted in Japanese way | 1 Comment

Wikipedia

A five-dimensional space is a space with five dimensions. If interpreted physically, that is one more than the usual three spatial dimensions and the fourth dimension of time used in relativitistic physics. It is an abstraction which occurs frequently in mathematics, where it is a legitimate construct. In physics and mathematics, a sequence of N numbers can be understood to represent a location in an N-dimensional space. Whether or not the universe is five-dimensional is a topic of debate.

Posted in learning | 2 Comments