Hans Rosling, Anna Rosling Ronnlund

The human brain is a product of millions of years of evolution, and we are hard-wired with instincts that helped our ancestors to survive in small groups of hunters and gatherers. Our brains often jump to swift conclusions without much thinking, which used to help us to avoid immediate dangers. We are interested in gossip and dramatic stories, which used to be the only source of news and useful information. We crave sugar and fat, which used to be life-saving sources of energy when food was scarce. We have many instincts that used to be useful thousands of years ago, but we live in a very different world now.

Posted in human being | 2 Comments

STEM to STEAM

In this climate of economic uncertainty, America is once again turning to innovation as the way to ensure a prosperous future.
Yet innovation remains tightly coupled with Science, Technology, Engineering and Math – the STEM subjects. Art + Design are poised to transform our economy in the 21st century just as science and technology did in the last century.
We need to add Art + Design to the equation — to transform STEM into STEAM.
STEM + Art = STEAM
STEAM is a movement championed by Rhode Island School of Design (RISD) and widely adopted by institutions, corporations and individuals.
The objectives of the STEAM movement are to:

  • transform research policy to place Art + Design at the center of STEM
  • encourage integration of Art + Design in K–20 education
  • influence employers to hire artists and designers to drive innovation
Posted in art | 3 Comments

伊藤恵理

最近では、TEDやTEDxといったトークショーで、科学技術者のアイデアをスタイリッシュに世界に発信できる機会も増えました。また、STEAMが誕生したりして、科学を伝えるコミュニケーションの大きな進歩を嫡しく思っています。
その反面、科学技術や社会実装の仕組みが理解されないまま、一部でイメージばかりが先行する状況に不安を感じるようにもなりました。AI、ロボット、自動運転車、ドローン、シンギュラリティなどについて、多くの専門家が、一般社会の捉え方とのギャップに違和感を覚えています。
科学技術の発展に伴って、豊かな未来を築くためには、文系・理系の壁を超え、時代に合った正しい科学リテラシーを身につける必要があります。

Posted in technology | 1 Comment

中原淳

わたしたちの世界は、データが直接リアルな現場を変えるのではなく、現場にいる人間にデータが解釈され、意味づけられたときに、現場を変えるのです。この「解釈」や「意味づけ」を軽視してはいけません。ところが今は、「データがあれば、現場が変わる」とか「データそのものが現実を変えることができる」と声高に叫ぶような論調がすごく多い。これは素朴すぎる科学主義だし、データ万能主義に陥っているといえます。

Posted in information | 1 Comment

山口周

課題を解くアプローチとして、私が考えているのが、「サイエンス」「クラフト」「アート」の3つです。サイエンス、つまり科学的アプローチで解決できるのは、いわゆるマニュアル業務でしょう。LABORの場合、既存のマニュアルに頼れば一定の仕事の成果を上げることができます。
ところがCEOに近づくほど、サイエンスでは解けない問題が増えていきます。ここで次に頼るのが「クラフト」です。これはいわば経験や勘によるアプローチ。マニュアルに書かれていない課題にぶつかったとき、クラフトが活きてくる場面は少なくないでしょう。
ところが、現代のように変化が早い時代に入ると、クラフトを使っても対応できない課題が増えてしまう。過去の成功体験のとおりやってみても、前提となる社会環境が変わってしまっているため、うまくいかないのです。
サイエンスで解けず、クラフトも効かない――。そんなとき最後に頼るアプローチが、内在的に「真・善・美」を判断する美意識による「アート思考」です。今、世界のエリートたちが早朝のギャラリートークに参加して美意識を鍛えているのも、単に教養を身につける目的ではなく、ビジネス上の極めて功利的な目的によるものなのです。

Posted in art | 1 Comment

Harold Jarche

Posted in wisdom | 1 Comment

Christian Madsbjerg

Sensemaking is practical wisdom grounded in the humanities. We can think of sense making as the exact opposite of algorithmic thinking: it is entirely situated in the concrete, while algorithmic thinking exists in a no-man’s land of information stripped of its specificity. Algorithmic thinking can go wide — processing trillions of terabytes of data per second — but only sense making can go deep.

Posted in wisdom | 4 Comments

Ἀναξίμανδρος

Whence things have their origin,
Thence also their destruction happens,
According to necessity;
For they give to each other justice and recompense
For their injustice
In conformity with the ordinance of Time.

Posted in learning | 2 Comments

Victor Gevers

Posted in human rights and democracy | 3 Comments

Kris Gage

When I was 18, I attended a 50th wedding anniversary party. After dinner, the couple stood up and said:

“Sometimes people ask us how we stayed together for so long…”

They laughed, then said:

“The secret is: we never fell out of love at the same time.”

And that’s it; all of it — including the very real implication: sometimes, one of you will fall out of love.

Posted in love | 1 Comment

John Snow

Neither Shodan nor Censys are likely to be used by some serious cybercriminals — the real big bad guys have had botnets for a while, which can serve the very same purpose yet yield more power. It took Shodan’s creator John Matherly only 5 hours to ping and map all the devices on the whole Internet, and a botnet utilising hundreds of computers would probably do that even faster.
But there are a lot of other people who already have tried to misuse Shodan and Censys to play bad tricks and pranks on other people.

Posted in information | 2 Comments

Censys

Posted in information | 1 Comment

Shodan

Posted in globe | 2 Comments

Devin Coldewey

The security lapse was discovered by Victor Gevers at the GDI Foundation, a security organization working in the public’s interest. Using the infamous but useful Shodan search engine, he found a MongoDB instance owned by the Chinese company SenseNets that stored an ever-increasing number of data points from a facial recognition system apparently at least partially operated by the Chinese government.
Many of the targets of this system were Uyghur Muslims, an ethnic and religious minority in China that the country has persecuted in what it considers secrecy, isolating them in remote provinces in what amount to religious gulags.
This database was no limited sting operation: some 2.5 million people had their locations and other data listed in it. Gevers told me that data points included national ID card number with issuance and expiry dates; sex; nationality; home address; DOB; photo; employer; and known previously visited face detection locations.

Posted in information | 1 Comment

Devin Coldewey

The planned Robot Science Museum in Seoul will have a humdinger of a first exhibition: its own robotic construction. It’s very much a publicity stunt, though a fun one — but who knows? Perhaps robots putting buildings together won’t be so uncommon in the next few years, in which case Korea will just be an early adopter.

Posted in technology | 1 Comment

Gabrielle Chanel

L’extrait est la quintessence d’un parfum. Son geste est précis et particulier. Parfumez-vous « sur tous les endroits où vous risquez d’être embrassée » conseille Gabrielle Chanel. Cou, poignet, décolleté, creux du coude… Déposez une goutte sur les points les plus intimes du corps, là où vibrent les battements du cœur.

Posted in beauty | 3 Comments

国立天文台 天文情報センター

Posted in globe | 1 Comment

白洲正子

ひたごころ
「ひたむき」な「こころ」の結晶

お金があればルオーはまた買えるだろうが、こんな美しい観音さまには二度と出会えまい。

Posted in heart | 1 Comment

Devin Coldewey

For the first time in history, people have a way of securing their communications quickly, automatically, and at will from any threat, be it hackers or government snoops.
Good for us — but for the FBI and the police, it’s a calamity. Where once they could pry open locked drawers to find incriminating letters, or force a company to reveal private records, now everything depends on the willingness of the owner to allow that information to be decrypted.
Since they can’t go through the front door, so to speak, they have asked repeatedly for a back door. But what exactly is a backdoor, and why should you care?
The concept of a backdoor is simple to state but not so simple to definitively pin down. Like the back door of a house, a crypto backdoor (generally written as a single word) is a way to circumvent the locks and protections of the main entrance in order to walk in unobstructed and make oneself comfortable. A backdoor could be in a phone, laptop, router, security camera — any device, really.

Posted in information | 3 Comments

Devin Coldewey

Because AI is so poorly defined, it’s really easy to say your device or service has it and back that up with some plausible-sounding mumbo jumbo about feeding a neural network a ton of data on TV shows or water use patterns.

Posted in information | 3 Comments

Devin Coldewey

Intelligence is the ability to solve new problems.
That, after all, is really what is at the heart of the “adaptability,” the “generalizing,” the “initiative” that alloys alternately the “reason,” “judgment,” or “perception” abundant in the intelligent mind. Clearly it is important that one is able to solve problems, to reason one’s way through the world — but more important than that, one must be able to turn the ability to solve some problems into the ability to solve other problems. That transformative nature is key to intelligence, even if no one is quite sure how to formalize the idea.
Will our AIs one day be imbued with this all-important adaptable reason, and with it slip the leash, turning to new problems never defined or bounded by their creators?

Posted in information | 3 Comments

ウィキペディア

ロムルス暦
No. ラテン語月名 日数 由来 現在該当
する月
1 Martius 31日 軍神マルスの月 3月
2 Aprīlis 30日 美の女神ウェヌスの月 4月
3 Māius 31日 豊穣の女神マイアの月 5月
4 Jūnius 30日 女性と結婚の守護神ユーノーの月 6月
5 Quīntīlis 31日 quīntus(5番目の月) 7月
6 Sextīlis 30日 sextus(6番目の月) 8月
7 September 30日 septem(7の月) 9月
8 Octōber 31日 octo(8の月) 10月
9 November 30日 novem(9の月) 11月
10 December 30日 decem(10の月) 12月
(月は置かれない) 約61日
Posted in wisdom | 1 Comment

セキララ★ゼクシィ

女性の「一線を越える」の定義は
  手をつなぐ (33%)
  キスをする (21%)
  エッチをする(18%)

男性の「一線を越える」の定義は
  エッチをする(30%)
  キスをする (27%)
  手をつなぐ (23%)

Posted in love | 1 Comment

デヴィ夫人

世界的な大富豪は地位も名誉も資産もあるから、どんな美女も選び放題。でもその妻たちは、お顔もスタイルもどう見ても〝普通の女〞だってご存知かしら? 男って弱っているときに自分に優しくしてくれる女性が〝天使〞に見えちゃうの。『弱った男性には優しく』。これが狙っている男性を落とす一番有効なテクニックだと確信しております。

わたくしは今まで、たくさんの物を男性から頂きました。「どうしたらそんなに高価なプレゼントばかりもらえるんですか?」 と聞かれると、決まってこう答えています。「そういうものをくださる男性の近くにいるからよ」と。会社帰りの合コン、街コンや相席居酒屋で10カラットのダイヤをいただける男性と出会える確率はいかほどかしら?

Posted in business | 1 Comment

Frédéric Lère

Posted in art | 1 Comment

小野寺系

権力を行使して人々を従わせ、愛情や奉仕を強要しなければ、それを得られない女王は、なんとみじめなのだろうか。国家の中枢、権力の頂点に位置するのは、そんなみじめな人間たちなのである。
だが本作は、このような古い政治体制を笑っているだけではないはずだ。世界的に経済格差が拡大する現在の社会の中では、権力の固定化が強まっている。実際に政治を動かすのは、往々にして庶民の生活とは縁のない上流の側の人々である。そんな生活を送っている人間の社会観は、えてして本作のそれと変わらないのではないのか。
そして本作が真に笑っているのは、彼女たちを滑稽だとも、哀れだとも感じる我々が、自分たちの社会だけはまともな仕組みで運営されていると思いこんでいる、甘い認識なのかもしれない。その意味で本作は、やはり笑えない悲劇なのだ。

Posted in perception | 3 Comments

ライネル・マリア・リルケ

名前といふものは、我々人間にとつては一つの意義があるのですよ。薔薇だつて、そりあマリイ・ボオマンだとか、テストウ夫人だとか、カモンド伯爵夫人だとか、或はまたエモオションだとか呼ばれてはゐます、が、それは殆ど無用の長物です。薔薇は自分たちの名前を知つてゐませんからね。それ等の上に小さな木札をひつかける、と、もうそれを引つ込めません。それつきりなのです。しかし、人々は自分たちの名前を知つてゐます。彼等は自分たちのもつてゐる名前に關心を持ち、それを大事さうに暗記してゐて、それを彼等に訊ねる者があれば誰にでもそれを言つてやります。彼等は一生涯、云はばまあ、それを養つてゐるのですね、そしておしまひには、それとごつちやになる位、殆どそつくり、その名前に似てしまふものですよ。……

Posted in story | 1 Comment

崎陽軒

Posted in music | 2 Comments

Imogen Heap

Posted in music | 2 Comments

みんなの経済新聞

足立経済新聞 すみだ経済新聞 深川経済新聞 浅草経済新聞 アキバ経済新聞 神田経済新聞 日本橋経済新聞 銀座経済新聞 新橋経済新聞 品川経済新聞 東京ベイ経済新聞 六本木経済新聞 赤坂経済新聞 市ケ谷経済新聞 池袋経済新聞 赤羽経済新聞 板橋経済新聞 練馬経済新聞 高田馬場経済新聞 新宿経済新聞 中野経済新聞 高円寺経済新聞 下北沢経済新聞 三軒茶屋経済新聞 二子玉川経済新聞 自由が丘経済新聞 目黒経済新聞 シブヤ経済新聞 吉祥寺経済新聞 調布経済新聞 北多摩経済新聞 立川経済新聞 八王子経済新聞 町田経済新聞 西多摩経済新聞  石垣経済新聞 台北経済新聞 香港経済新聞 ホーチミン経済新聞 バンコク経済新聞 シンガポール経済新聞 バリ経済新聞 マニラ経済新聞 ドバイ経済新聞 ニューヨーク経済新聞 

Posted in information | 1 Comment

Drago Anguelov

Posted in technology | 1 Comment

Rezzan Hussey

We’ll use my own introvert to illustrate the kinds of differences you see (we’ll call him A).
A — who for the record, is more sociable than me — likes to be in his head. For him, this is where life happens.
There is an independence and self-referential quality to his way of operating. His intuits come through reflection, rather than external stimulus.
It’s awfully subtle — and you’d never know from his LBC radio habit — but A doesn’t go to the outer world for his sense of what is real: he asks himself. Compared to me, he has a little less energy to go around. He is not quick to translate ideas into plans.
A is introvert-flavored.

Posted in human being | 2 Comments

Wikipédia

Le tracé du CEVA (acronyme de « Cornavin – Eaux-Vives – Annemasse ») est constitué de quatre secteurs principaux :

  1. Entre la gare Cornavin et le Bachet-de-Pesay : la ligne CFF existante depuis 1949 entre Cornavin et la gare de La Praille sera réaménagée.
  2. Entre le Bachet-de-Pesay et la gare de Genève-Eaux-Vives : la ligne CFF est à construire et comportera un franchissement de l’Arve au moyen d’un pont puis un tunnel sous le quartier de Champel.
  3. Entre la gare des Eaux-Vives et la frontière franco-suisse : l’ancienne ligne à voie unique exploitée par la SNCF qui existe depuis 1888 est supprimée et une nouvelle ligne à deux voies sera construite sur le même tracé mais en tranchée couverte.
  4. Entre la frontière et la gare d’Annemasse (900 mètres) : la ligne à voie unique du réseau ferré national français qui existe depuis 1888 sera réaménagée selon les souhaits des autorités françaises. La tranchée couverte venant de Suisse sera prolongée et comportera deux voies électrifiées jusqu’à l’entrée en gare d’Annemasse. Deux passages à niveau seront ainsi supprimés et un troisième devrait laisser place à un pont-route.
Posted in records | 2 Comments

Frédéric Joignot

En avril 1993, Tim Berners-Lee obtient du prestigieux laboratoire européen qu’il enregistre le nouvel outil dans le domaine public, publie son code source et l’ouvre au « réseau des réseaux » mondial en gestation, l’Internet. Il est persuadé que le « véritable potentiel » du Web ne peut être libéré que s’il devient « un espace universel » où n’importe qui, en n’importe quel lieu, peut aller chercher librement des ressources, cela « gratuitement » et « sans permission ».
Il pressent qu’un des plus vieux rêves de l’humanité – rassembler toute la connaissance connue dans un espace que tous puissent explorer, une utopie qui remonte à la bibliothèque d’Alexandrie (fondée par Ptolémée en 288 av. J.-C.) et passe par l’imprimerie de Johannes Gutenberg (1400-1468) – devient possible, à la croisée du Web et d’Internet, et pense qu’il doit être offert au monde.

Posted in information | 1 Comment

Michael Beckerman

Fewer than five clicks. That’s all it takes to change privacy settings on your favorite social media or streaming service.
Online platforms, unlike most traditional business, proactively create contextual tools that help people better understand and control their privacy settings. Contrast that with cellphone carriers selling our location to bounty hunters or magazine publishers selling our subscription information to data brokers.
Companies across every sector of the economy collect and use consumer data. That’s why we support an economywide federal privacy law that requires real transparency and meaningful control over how data is collected, used and shared.

Posted in information | 1 Comment

Tony Cenicola

Posted in health | 1 Comment

石牟礼道子

十方無量 百千万億 世々累劫 深甚微妙 無明暗中 流々草花 遠離一輪 莫明無明 未生億海

Posted in story | 3 Comments

Dharam Barrett

(Shouldn’t you announce your goals, so friends can support you?)
When dealing with identity goals — that is, the aspirations that define who we are — sharing our intentions doesn’t necessarily motivate achievement.
On the contrary, a series of experiments shows that when others take notice of our plans, performance is compromised because we gain “a premature sense of completeness” about the goal.

Posted in attitude | 2 Comments

岡野八代

一対の男女の関係が社会の基盤になっているのはいびつだし、歴史的には特殊な在り方だと思います。夫・妻とそこに生まれた子どもで閉じた家族モデルが日本で一般的になったのは一九五〇年代半ばから。家事や育児は女性に無償の労働を強い、その裏返しとして男性は長時間労働を余儀なくされた。日本はそのひずみを是正するどころか、ある種のイデオロギーとして近代家族の価値を押し付け、そこから外れる人たちをバッシングしてきた。
カップル至上主義は日本の現実に合っていません。統計上、日本の世帯は単身世帯が一番多い。多くは高齢者ですが、結婚しなかった独身者も増えています。そのときに性愛だけの結び付きが家族を形成するというモデルでいいのか。単身者が互いに支え合い、共同で暮らす形態も家族と認め、法的にも担保すべきではないでしょうか。

Posted in life | 2 Comments

羽川藤永

Posted in records | 3 Comments

Cultura

Posted in beauty | 2 Comments

Clairefontaine

Posted in beauty | 1 Comment

lieno

ノートという文具の美しさ
ノートに向かう時間は自分と向き合う時間です。
居住まいを正して、自分の心を見つめる、そんな時間を美しい思い出に変えてくれる、ノートは特別で美しい文具だと思います。

Posted in beauty | 2 Comments

田辺聖子

(どれほどさまざまな恋愛を体験してらしたんですか)

そんなに経験しなくても、ひとつ深い恋愛をすればなんでもわかるのよ。

Posted in globe | 2 Comments

轉法輪寺

Posted in art | 2 Comments

横井也有

かわゆき子にも旅はさせよといひ、恋は道ならぬ道もあれば、ふみ迷ふさのゝ舟ばし親もさけて、あだし心はいさ神とてもいさめずやはあらむ。さてしも世にたへぬすさびにて、身にこそ人のいましむべけれ、其くまぐまは尋わけてぞ物の哀もしる端なるべきを、歌にはもとよりもつぱらにして、荻の上葉に問はぬをうらみ、有明の月にわかれをかこつより、沖の石に涙をかけ、衛士のたく火に思ひをよそへて、たとへ雲かゝる高間の山も、なみよする高師の浜も、てにはの詞に品はかざれども、逢ふの・別るゝの・忍ぶぞ・うらむぞと、只一筋の情のみをいひて、女の男を思ふやらむ、男の女をしたふやらん、姿に千変の品はわかれず。

Posted in learning | 1 Comment

Yahoo! Japan

Yahoo!ジオシティーズ サービス終了のお知らせ
ジオシティーズは1994年アメリカで誕生しました。その後、1997年に日本法人ジオシティーズ株式会社が設立されました。2000年からはYahoo!ジオシティーズとして運営しております。
アメリカを始め各国で提供されたジオシティーズは2009年にサービスを終了し、日本のジオシティーズだけが残りました。
インターネット初期から現在までに作成された膨大なホームページを維持するためスタッフ一同努力を続けて参りましたが、2019年3月末をもちましてサービスを終了させていただくことにいたしました。
サービス終了の理由は、一言では説明できません。採算面や、今後システムを維持するためのテクノロジーに関する複数の課題などを総合的に判断した結果、これ以上の継続は難しいという判断に至りました。ご利用いただいている皆様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解をいただけますと幸いです。

Posted in change | 2 Comments

竹内睦夫

yahoo!ジオシティーズのサービス終了により「俳句の森」は2019年3月をもって消滅することとなりました。
どこか別の場所に移転して継続することも検討したのですが、ひとまず終了し、一旦リセットしてから考えることとしました。
俳句もコンピュータも素人の個人が運営する拙いサイトですが、これまで多くの方にお立ち寄り頂き、また貴重な交流の機会を得ることが出来ました。御礼申し上げます。
このページの原型を作った頃はwin3.1、ダイヤルアップ接続という環境下で、私は「ホームページの作り方」というムック1冊をたよりにHTMLタグを手入力して立ち上げました。当時は俳句人口は今よりずっと多く、インターネット人口は爆発的な増加が始まったところでした。でもこの二つの人口はほとんど重なっておらず、俳句三協会も主要な俳句結社も未だサイトを持っていませんでした。しかし今日、まあ皆さんご存じのような隆盛(?)ですので俳句の森の役割ももうありますまい。
素人が自営業の傍ら思いつきで続けて来たこの森は、増築を重ねた温泉旅館みたいになってしまいましたし、更新もままなりません。ちょうど良い機会とも言えませんが、終わりにします。

Posted in change | 1 Comment

横井也有

  • しわがよるほくろができる背がかがむあたまがはげる毛が白くなる
  • 手はふるう足はよろつく歯はぬける耳は聞こえず目はうとくなる
  • またしても同じ話に孫自慢達者自慢に古きしゃれいう
  • くどくなる気短かになるぐちになる思いつくことみな古くなる
  • 身にそうは頭巾えり巻きつえめがね湯婆温石にしびんまごの手
  • 聞きたがる死にともながるさびしがるでしゃばりたがる世話やきたがる
Posted in poem | 4 Comments

Ralph Waldo Emerson

The purpose of life is not to be happy. It is to be useful, to be honorable, to be compassionate, to have it make some difference that you have lived and lived well.

Posted in happiness | 1 Comment

圓通寺

Posted in beauty | 1 Comment

The International Churchill Society

“You make a living by what you get; you make a life by what you give.”

While often attributed to Churchill, a search of over 2.5 million words by and about Churchill in The Churchill Centre’s research database fails to show that Churchill ever spoke or wrote those words.

Posted in quote | 2 Comments

高橋洋一

世は「ビッグデータの時代」なので、海外では、官公庁も民間企業も、ともに統計専門家は高給取りになっている。しかし、日本政府では、統計専門家は主にノンキャリアで、出世しない地味なポストだ。しかも最近は人員・予算不足、縦割り組織の弊害が甚だしく、満足な仕事が出来ない。この現状を認識し対策を打たなければ、「統計不正を行った官僚が悪い」と非難しても、再発防止にはまったくならない。
この2週間、マスコミでは人員・予算不足、省庁ごとの縦割りの弊害はほとんど報じなかった。そのうえ、厚労省の事後対応の不味さが相次ぎ見られたので、その不手際を指摘する報道があふれた。このままでは、統計不正の根本を改善する方向に向かうのではなく、官僚バッシング、政権バッシングに終始することになりそうだ。

Posted in globe | 1 Comment

三島由紀夫

幸福つて、何も感じないことなのよ。幸福つて、もつと鈍感なものよ。幸福な人は、自分以外のことなんか夢にも考へないで生きてゆくんですよ。

Posted in happiness | 1 Comment

Paulo Coelho

The alchemist picked up a book that someone in the caravan had brought. Leafing through the pages, he found a story about Narcissus.
 The alchemist knew the legend of Narcissus, a youth who knelt daily beside a lake to contemplate his own beauty. He was so fascinated by himself that, one morning, he fell into the lake and drowned. At the spot where he fell, a flower was born, which was called the narcissus.
 But this was not how the author of the book ended the story.
 He said that when Narcissus died, the goddesses of the forest appeared and found the lake, which had been fresh water, transformed into a lake of salty tears.
 ”Why do you weep?” the goddesses asked.
 ”I weep for Narcissus,” the lake replied.
 ”Ah, it is no surprise that you weep for Narcissus,” they said, “for though we always pursued him in the forest, you alone could contemplate his beauty close at hand.”
 ”But… was Narcissus beautiful?” the lake asked.
 ”Who better than you to know that?” the goddesses asked in wonder. “After all, it was by your banks that he knelt each day to contemplate himself!”
 The lake was silent for some time. Finally, it said:
 ”I weep for Narcissus, but I never noticed that Narcissus was beautiful. I weep because, each time he knelt beside my banks, I could see, in the depths of his eyes, my own beauty reflected.”
 ”What a lovely story,” the alchemist thought.

Posted in story | 2 Comments

F. Scott Fitzgerald

There are only the pursued, the pursuing, the busy, and the tired.

Posted in human being | 1 Comment

りりィ

Posted in music | 2 Comments

佐藤剛

アメリカ人とのハーフの端正な顔立ちをした女の子だった。ただ肩まで伸ばした髪の毛は、いつ手入れしたのかわからないほどからまっていて、ジーンズのミニスカートから見える脚は、汚れてすすけてあちこちすり傷があった。
りりィという名は中学校の時のニックネームだというその女の子は、ギターの弾き語りでイエスタディを歌って聞かせた。喉から絞りあげるようなかすれた声は個性的だった。
オリジナル曲が一曲だけあると言った。というその曲を聞かせてもらうことにした。その歌を聴いて驚いた。空もひとり 海もひとり 私もひとりという歌詞の、底知れない孤独感にうちのめされる思いがした。りりィが17歳の時に初めて書いたというには、孤独な少女の叫びが込められていた。ヒット曲になるような歌ではない。だが素直な歌詞とハスキーなヴォーカルから、純粋な心根が伝わって3人の心をゆさぶった。
すると曲がついていない詩ならまだたくさんあると、りりィは黒い手帳を開いて見せてくれた。そこには詩のほかにイラストも書いてあった。

Posted in memory | 1 Comment

谷崎潤一郎

私は夫を半分は激しく嫌い、半分は激しく愛している。私は夫とほんとうは性が合わないのだけれども、だからといって他の人を愛する気にはなれない。私には古い貞操観念がこびり着いているので、それに背くことは生れつきできない。私は夫のあの執拗な、あの変態的な愛撫の仕方にはホトホト当惑するけれども、そういっても彼が熱狂的に私を愛していてくれることは明らかなので、それに対して何とか私も報いるところがなければ済まないと思う。あゝ、それにつけても、彼にもう少し昔のような体力があってくれたらば、………一体どうして彼はあんなにあの方面の精力が減退したのであろうか。………彼に云わせると、それは私があまり淫蕩に過ぎるので、自分もそれにつり込まれて節度を失った結果である、女はその点不死身だけれども、男は頭を使うので、ああいうことがじきに体にこたえるのだという。そう云われると恥かしいが、しかし私の淫蕩は体質的のものなので、自分でもいかんともすることができないことは、夫も察してくれるであろう。夫が真に私を愛しているのならば、やはり何とかして私を喜ばしてくれなければいけない。

**

私と木村氏とはありとあらゆる秘戯の限りを尽して遊んだ。私は木村氏がこうしてほしいと云うことは何でもした。何でも彼の注文通りに身を捻じ曲げた。夫が相手ではとても考えつかないような破天荒な姿勢、奇抜な位置に体を持って行って、アクロバットのような真似もした。(いったい私は、いつの間にこんなに自由自在に四肢を扱う技術に練達したのであろうか、自分でも呆れるほかはないが、これも皆木村氏が仕込んでくれたのである)ところで、いつもは彼とあの家で落ち合うと、合ってから別れるギリギリの時間まで、一秒の暇も惜しんで全力的にそのことに熱中し、何一つ無駄話などはしないのであるが、今日はふっと、「郁子さん、何を考えているんですか」と、木村が眼敏とく気がついて私に尋ねた瞬間があった。(木村はとうから私のことを「郁子さん」と呼んでいるのである)「いゝえ別に」と、私は云ったが、その時、ついぞないことに、夫の顔がチラリと私の眼の前を掠めた。

Posted in globe | 9 Comments

大学生の読書生活

ギリシャの恋愛は人間の欲望を肯定した上でそれを高めていくものである。一方、キリスト教の恋愛は動物的な欲望を悪性と廃し、動物性が浄化されるのは子孫の繁栄を目的とした結婚の時のみとしている。これに対し、日本古来の恋愛は本能+感情である。露骨に言ってしまえば一緒に寝たいという欲望、それに繊細な感情の美学が加わったものが日本の恋愛なのである。
例えば「万葉集」では美しい別離の情や、恋人に久しぶりに会った喜びなどの生活感情を素材にして愛が述べられている。また、「伊勢物語」や「源氏物語」においても、恋愛はただ感情から綴られた。このように、恋愛を哲学や騎士道と結びつけたヨーロッパと違い、日本の恋愛はそれらから隔絶した世界にあり、感情の形でだけ浄化してきた。

Posted in love | 1 Comment

三島由紀夫

私はあくまで黒い髪の女性を美しいと思ふ。洋服は髪の毛の色によつて制約されるであらうが、女の黒い髪は最も派手な、華やかな色であるから、かうして黒い服を着た黒い髪の女は、世界中で一番派手な美しさと言へるだらう。

Posted in beauty | 1 Comment

ウィキペディア

クワエ (Kuwae) は、南太平洋の国バヌアツのシェパード諸島に存在する火山、海底火山、カルデラ。1452年から1453年にかけて発生した大噴火が知られている。火山爆発指数はVEI6。当時の噴火の様子を記録されたものはない。大量の火山噴出物は大気中に拡散して日射量を減少させ、世界各地で火山の冬(もしくは夏のない年のような状況)のような極端な寒冷化をもたらした。日本では、長禄・寛正の飢饉の引き金になったほか、欧州でも飢饉となり同時期(1453年5月)にコンスタンティノープルの陥落(東ローマ帝国の滅亡)も生じたことから関連付けて語られることがある。

Posted in globe | 2 Comments

田家康

1459年から1461年にかけて、今度は長い干ばつと台風の到来によるっ凶作が続き、長禄・寛正の飢饉となる。1460年(長禄四)に京都で「頃年早風水災、天下凶荒、疫癘飢年、天下人民死亡者三分之二」、越中で「天下飢饉、疾病餓死者死亡不知数、人種失三分之二云々」、1462年に奈良で「依災早餓死数千人、又依病事死去不知其数」、越前で「河口庄から百姓がいうに、昨年から七月まえの間、餓死者9268人、逃亡者757人」等、全国でかなりの数の記録が残っている。

Posted in Japanese way | 3 Comments

五木寛之

私は、むかしから、お金というものを信用できませんでした。なぜこの紙きれで物が買えるのかと、不思議でならなかったのです。旧大日本帝国の植民地であった朝鮮半島で、敗戦を迎えたとき、その疑惑は現実のものとなりました。
それまで政府が保証していたお札は、国が倒れればまったく価値がなくなる。どんなに貯金があっても、ただの紙きれになってしまうのです。

Posted in real | 2 Comments

heartbeat

Posted in love | Leave a comment

#AsianCup2019

Posted in Japanese way | 3 Comments

Arthur Schopenhauer

The assumption that animals are without rights and the illusion that our treatment of them has no moral significance is a positively outrageous example of Western crudity and barbarity. Universal compassion is the only guarantee of morality.

Posted in human being | 2 Comments

Rogelio de Egusquiza

Posted in art | 2 Comments

Arthur Schopenhauer

Never in my life having enjoyed the true happiness of love I shall erect a memorial to this loveliest of all dreams in which, from the first to the last, love shall, for once, find utter fulfillment.

Posted in art | 1 Comment

Oculus

  • VRで、どんなイベントも特等席から。
  • エンターテイメント:対応アプリは1000本以上。人と会うのも、一緒にイベントを楽しむのも、音楽を聴くのも、ゲームで遊ぶのも思いのまま。
  • 外出にもそのまま持っていける。
  • OCULUSスタジアム:自宅の椅子が会場の特等席に。
  • Oculus Goケース:カバンの中に、すっきり収納。持ち運びも安心。
  • Oculusアプリ:いつでもどこでも、すぐに楽しめる
  • ストレージ:容量は2種類、どちらでも体験は快適
    (32GB ¥23,800、64GB ¥29,800)
Posted in virtual | 1 Comment

telling,

パパ活という言葉をご存じですか?
その名の通り、女性を経済的に支援してくれる“パパ”を探す活動のことです。ネットやテレビでこの言葉が普及してから、「セックスなしのお食事だけでお金を稼げる!」とパパ活にいそしむ女性たちが増えたそうです。いやいや、そんな都合良い話があるわけないでしょ……と思いつつも、パパ活の実態を探るべく、潜入取材してきました。

Posted in business | 4 Comments

小笠原泰

よく考えれば、ゴーン氏は日産の日本人経営陣にとって、本当は日産に対するフランス政府からの影響を排除してくれる存在でもあり、日産のグローバル企業への脱皮を促す存在であった。それを今回の逮捕により、フランス政府を前面に引き出してしまい、そのために日本政府を引き出すしかなくなった結果、日産はめでたくグローバル化できない日本企業になったということだろう。これが、西川社長のいう「日本企業としての自主独立」なのであろう。また一つ、グローバル化適応の失敗の例、つまりシーラカンス化の例が一つ増えるということだろうか。
今回の一件は、国際政治経済の観点で捉えれば、グローバル化によりパワーが減衰する国家がナショナリズムを利用して、パワーを増強しようとして、国からの離脱を試みる企業を叩くことによって、国民に主権回復を印象付けるという事例である。企業同様に国家が競争力を高める必要に迫られるなかで、これはむしろ目先の国家の生き残りの手段といえるのかもしれない。
日本に関していえば、既存のレジーム(=既得権)を脅かす社会変化(今回は大企業の日本離脱)をもたらす者は日本人でなくとも叩くということを内外に示したことになろう。その代わりに、日本に優秀な外国人経営者ばかりでなく、高度な外国人人材も来なくなるだろう。

Posted in globalization | 1 Comment

Andrew Juniper

Wabi sabi describes a traditional Japanese aesthetic sensibility based on an appreciation of the transient beauty of the physical world.
It embodies the melancholic appeal of the impermanence of all things―especially the modest, the rustic, the imperfect, and even the decayed.
With its focus on the delicate subtitles, objects, effects, and environments of the natural world, wabi sabi promotes an alternative approach to the appreciation of the beauty and life itself.

Posted in beauty | 2 Comments

唐木順三

私がいちばん書きたいと思い、また力をいれ、苦労したのは、道元を扱った「無常の形而上学」である。無常を観じ思って、道心を発し菩提を求めるという、普通のところから出発した道元が、ついに無常そのものを究め尽し、「無常仏性」にまで至ったそのことを私は書き尽くしたかった。無常を、ありきたりの無常感や無常観から解き放して、即ち心理や情緒や詠嘆から解き放して、まさに無常そのもの、もののリアリティにいたりつくした「無常の形而上学」を書きたかった。

Posted in nature | 2 Comments

Carol Vogeldec

In the preface to his only novel, “The Picture of Dorian Gray,” Oscar Wilde famously proclaimed that “all art is quite useless.” The statement seemed so intriguing to a contemporary, an Oxford University student named Bernulf Clegg, that in 1891 he wrote Wilde asking him where in his other work he “may find developed that idea of the total uselessness of all art.”
Wilde, not directly answering Clegg’s question, responded: “Art is useless because its aim is simply to create a mood. It is not meant to instruct or influence action in any way. It is superbly sterile, and the note of its pleasure is sterility.

Posted in art | 4 Comments

Wikipédia

Traduttore, traditore est une expression italienne signifiant littéralement : « Traducteur, traître », soit : « Traduire, c’est trahir » (« all translation is treason »). Il s’agit d’une paronomase, expression qui joue sur la ressemblance entre les deux mots. Elle est couramment utilisée dans d’autres langues que l’italien, en raison de sa concision et du jeu de mots.
Le fait de comparer un traducteur à un traître signifie que la traduction d’un texte d’une langue dans une autre ne peut jamais respecter parfaitement le texte de l’œuvre originale. Beaucoup de polyglottes préfèrent lire une œuvre en version originale car ils veulent la découvrir telle qu’elle a été créée par l’auteur. Dans un cas extrême, traduire un poème en le modifiant pour garder les rimes altère singulièrement l’œuvre du poète.

Posted in truth | 2 Comments

Alan Watts

To Taoism that which is absolutely still or absolutely perfect is absolutely dead, for without the possibility of growth and change there can be no Tao. In reality there is nothing in the universe which is completely perfect or completely still; it is only in the minds of men that such concepts exist.

Posted in beauty | 1 Comment

鶴川台ウィメンズクリニック

女性ホルモンと言えばこのエストロゲンです。このホルモンの安定した周期的な分泌は、女性として子孫を残せることのなによりの証になります。
本来の役割は妊娠を成立させることにありますから、子宮内膜を増殖させて、受精卵のためにフカフカのベッドを作るのが得意技です。
しかしなんと申しますか、妊娠は相手があってこそ成立するものですから、ただ待っているだけでなく殿方に好意を持っていただかなくてはなりません。そう考えると排卵の直前に一番分泌量が増えるのがなんとも意味深です。
エストロゲンには女性を美しくしてくれる効果があり、俗に「美人ホルモン」とも呼ばれてます。肌や髪の毛をつやつやにし、女性らしいふくよかなバストとむっちりヒップを作り、しかも自律神経も安定させてくれるので概ね排卵時期の女性は穏やかで優しいです。でもそれと同時に脳が活発化して頭の回転も早くなってますから要注意ですよ。
それにしても、ここ一番の時期を狙いすまして勝負に出るとは、エストロゲン恐るべしですね。
とにもかくにもエストロゲンは女性として健康でたおやかに生きるためのエッセンスといえるでしょう。

Posted in human being | 1 Comment

本田雅一

今から13年前のこと。がん治療は現在ほど進んでおらず、13本のうち11本のリンパ管を右脇から取り除いたみえ子は、極めて厳しい抗がん剤治療を乗り越えねばならなかった。そんな様子を見た中治は、ひととおりの治療を終えて自宅へと戻ってきたみえ子と“2人だけ”で、最後の営業を行い、その食事の舞台を“可能な限り最高”にしようと誓った。
価値観を大きく変えた中治は、明日はないとの覚悟を決めた。そう覚悟を決めたならば、細かく素材の仕入れ価格を抑え、安全装置とも言える料理人の“コスト感覚”をいっさい無視したすしを握ることができる。予約はスカスカ。希少な高級素材を仕入れたからといって、利益を上げていけるのか、リスクは極めて高い。
安全装置を外した中治は、ひたすらに“最高のすしとは何か”を求め始めた。
2008年に『ミシュランガイド東京』が大田区にあるレストランも評価対象に加えると、たった2人だけで営業するこの店は毎回二つ星で掲載され続ける。が、利益はほとんど出なかった。そんな初音鮨が予約困難店となったのは「食べログ」を通じて評判が広がり、驚きと称賛がネットを通じて知られるようになった2015年からのことだ。

Posted in business | 2 Comments

Green Beryl

Posted in beauty | 1 Comment

特徴.COM

綺麗な花や輝く宝石など、見惚れることが多かったり、思わず見とれてしまう瞬間が多いのは、間違いなく女性が多いということが分かっており、これはホルモンの作用によるものであると考えられます。
エストロゲンというホルモンが豊富にある女性は、エストロゲンが脳に働きかけることにより、嗅覚が強まった結果、穏やかな気持ちになることができます。
そして穏やかな気持ちになることができると、綺麗な花の匂いに幸福感を感じたり、宝石のような美しい光に敏感となりやすく、夢中になってしまうというわけです。
このエストロゲンには様々な働きが見られ、基礎体温を下げる、女性らしい丸みのある体を作る、妊娠に関する良い働きをするのも、このエストロゲンが深く関係していて、男性よりも女性の方が綺麗なものが好きという人が多いのは、男性にエストロゲンが少なく、女性に多いことが原因となります。

Posted in human being | 1 Comment

村上春樹

さて、いったい何がラオスにあるというのか? 良い質問だ。たぶん。でもそんなことを訊かれても、僕には答えようがない。だって、その何かを探すために、これからラオスまで行こうとしているわけなのだから。それがそもそも、旅行というものではないか。

もちろん何もかもがすべてとんとんと順調に進んだわけではない。「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」というのが僕の哲学(みたいなもの)である。

Posted in story | 1 Comment

Peachy

足のむくみの解消法
 ・入浴
 ・マッサージ
 ・リンパマッサージ
 ・ストレッチ
 ・ツボ押し(足三里、豊隆、太衝)
 ・ふくらはぎのエクササイズ
 ・栄養(カリウム、クエン酸、ビタミンE、塩分を控えめに)

Posted in human being | 1 Comment

ウィキペディア, Wikipedia

生物時計(biological clock)とは、生物が生まれつきそなえていると考えられる時間測定機構。体内時計、生理時計(physiolosical clock)とも言う。生物の睡眠や行動の周期に影響を与える。哺乳類では脳の視交叉上核によるとみなされている。

**

Biological clock may refer to:

  • Age and female fertility, decrease of female fertility with advancing maternal age
  • Ageing, biological program that limits the lifespan of an individual
  • Circadian clock, a molecular mechanism that results in a circadian rhythm in a living organism
  • Circadian rhythm, biological process that displays an oscillation about 24 hours, such as the human sleep-wake cycle (the “body clock”)
  • Epigenetic clock, a set of DNA sites whose methylation levels can be used to measure aging throughout the body
  • Molecular clock, a technique that uses the mutation rate of a biomolecule to deduce the time in prehistory when two life forms diverged
  • Vernalisation, the induction of flowering by prolonged exposure to low temperatures, as during the winter in a temperate climate
  • Menstrual cycle, the regular natural change that occurs in the female reproductive system (specifically the uterus and ovaries) that makes pregnancy possible.
Posted in human being | 2 Comments

インテリア・サプリ

Posted in globe | 2 Comments

Glenfiddich

Posted in good | 1 Comment

Neil Strauss

Now, if I met that person who was 100 per cent deep into The Game [using rehearsed lines and psychological tactics to pick up women], I don’t think I’d like him. But I know I had to be that man to become the person I knew I could be. For me, it was a shallow path to self-esteem.
A pick-up artist gave me a good piece of advice: the three most important things in a relationship are honesty, trust and respect, and if you don’t have those, you don’t have love. I have found that to be true. A friend said recently that you should date someone for a year, live with them for a year, then get engaged for a year before getting married. To me, that seems sensible.

Posted in love | 3 Comments

Malcolm Forbes, Ryan Anderson

Earlier this month, Australia canceled the visa of controversial self-styled “pick-up artist” Julien Blanc. Blanc espouses sexist views and advocates grabbing women around the neck and aggressively forcing their heads toward his crotch in an attempt to seduce them. He has been widely criticized and publicly rebuked for his misogynistic views, and campaigns to bar him from entering Japan and the UK are gaining momentum. Blanc’s website tells would-be followers that he can help “make girls beg to sleep with you after short-circuiting their emotional and logical mind into a million reasons why they should.”
A “pick-up artist” is a person who practices finding, attracting, and seducing sexual partners, and often promotes his skills in workshops for audiences of young heterosexual men. Some of these individuals suggest, as Blanc does, that they use techniques that subvert a target’s autonomy.

Posted in game | 1 Comment

21st Century Loving

People change as they go through life and we need to adjust our expectations to allow for it.
If a situation arrives and you think that you know how your significant other would react, think again. You can be stuck with an outdated opinion of her. Maybe she would do what you never thought she would, or would not do what she always used to do.
Our knowledge of people and things also evolves. It is extremely rewarding to spend effort understanding your significant other. Why does she react, in what might seem as strange ways to you, in some circumstances? There might be some interesting stories hidden under some of these behaviors. And if you query nicely, you might be surprised to learn them.

Posted in change | 1 Comment

Roberta Flack

Posted in music | 2 Comments

Statista

Posted in records | 2 Comments

Amy Cuddy

Usually we think that a person we’ve just met is either more warm than competent or more competent than warm, but not both in equal measure. We like our distinctions to be clear—it’s a human bias. So we classify new acquaintances into types: lovable fools or competent jerks.
Occasionally we see people as incompetent and cold—foolish jerks—or as warm and competent—lovable stars. The latter is the golden quadrant, because receiving trust and respect from other people allows you to interact well and get things done.
But we don’t value the two traits equally. First we judge warmth or trustworthiness, which we consider to be the more important of the two dimensions. People process words related to warmth and morality (friendly, honest, and others) faster than words related to competence (creative, skillful, and others).
Why do we prioritize warmth over competence? Because from an evolutionary perspective, it is more crucial to our survival to know whether a person deserves our trust. If he doesn’t, we’d better keep our distance, because he’s potentially dangerous, especially if he’s competent. We do value people who are capable, especially in circumstances where that trait is necessary, but we only notice that after we’ve judged their trustworthiness.

Posted in human being | 1 Comment

Seinfeld

Posted in beauty | 2 Comments

Ella Alderson

  • The fourth dimension is not a spacial one but it consists instead of time. Time helps plot an object’s location in the universe and also adds a way for the third dimension to change.
  • In the fifth dimension there would be a new world that would allow us to see the similarities and differences between our world and this new one, existing in the same position and having the same beginning as our planet, i.e. the Big Bang.
  • The sixth dimension is an entire plane of new worlds that would allow you to see all possible futures, presents, and pasts with, again, the same beginning as our universe.
  • In the seventh dimension up through the ninth, we now have the possibility of new universes with new physical forces of nature and different laws of gravity and light. The seventh dimension is the beginning of this, where we encounter new universes which have a different beginning from ours. That is, they were not born from the Big Bang.
  • The eight dimension is a plane of all the possible pasts and futures for each universe, stretching infinitely.
  • The ninth dimension lays bare all the universal laws of physics and the conditions of each individual universe.
  • Some scientists believe that the multiverse has only 10 dimensions while others put that number at 11. However, a universe cannot have more than 11 dimensions because of self consistency — they become unstable and collapse back down into 11 or 10 dimensions. At this point, anything is possible. There are all futures, all pasts, all beginnings and all ends, infinitely extended, a dimension of anything you can imagine. Everything comes together.
Posted in globe | 1 Comment

尾関章

「つくばエクスプレス(TX)」南流山駅で起こった「20秒早発」事件。定刻9時44分40秒発の下り電車が9時44分20秒に出発し、首都圏新都市鉄道が「お客様には大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と公式サイトで謝った。
忘れてならないのは、鉄道の利用客が列車の運行にどのくらいの精度を求めているかを見極めることだ。駅の発車時刻表はふつう「……分」までしか書かれていないから、利用客は「……分」発の列車に乗ろうと思い、時計の表示が「……分」になる前にホームに着くよう心掛ける。だから20秒のずれに、それほどの意味はないように思われる。
さらに言えば、大都市圏の電車は数分間隔で走っている路線が多いから、1本乗り遅れてもその実害は小さい。現にTX南流山駅の時刻表をみると、早発事件があった当日の当該時刻、下り電車は4分間隔で運行されていたことがわかる。今回のニュースリリースには、当該列車に乗れなかったというクレームが同日夕現在でなかった旨が書かれている。「深くお詫び」の必要があったかどうかは考えどころだ。
もう一つ、心にとめるべき現実がある。電車が駅に停まるときの様相は日々変わるということだ。

Posted in Japanese way | 3 Comments

くまのお気楽日記

谷をまたいで張られたホースを遠くから見ると、ホースの表面から離れられない蟻が歩く次元はホースの長さの方向に沿った左右の次元一つしかない。肝心なのは遠く離れた視点から見ると、長いホースが一次元の物体に見えるということだ。現実にはホースには太さがあり、ズームアップして見れば、ホースの表面に住んでいる蟻が二つの次元(ホースの長さに沿った左右の次元と、環状にホースを巡る「時計回り-反時計回り」の次元)に沿って歩けることがわかる。この例から、空間次元には大きく拡がっておりすぐ目に付くものと、小さく巻き上げられていてずっと認めにくいものがある、とわかる。環状の次元は新たな次元であり、どの点にも上下、左右、前後の次元それぞれが存在するように、拡がった次元のどの点にも存在する、新たな独立した次元だ。しかし「小さい」とはどのくらい「小さい」のか? 1926年クラインは、カルーザの最初の示唆と、量子力学の分野から借りた概念を組み合わせ、環状の次元の大きさはプランクスケールほどでしかない、と計算した。それ以来、小さな空間のなかに新たな次元がある可能性を「カルーザ-クライン理論」と呼ぶ。

Posted in perception | 3 Comments

西田幾多郎

動物から人間に進化したと云っても人間は動物でなくなったのではない。動物の生命と云っても、既に自己矛盾的である。私は人間は動物を反極として有ち、動物は人間を反極として有つと云う所以である。人間も動物も創造物である。衆生である。
但人間は作られたものから作るものといふ歴史的生命の極致に立つものである。神其像の如くに人を創造したまへりと云ふ如く、矛盾的自己同一の頂点に立つのである。そこに人間は絶対矛盾的自己同一に面する。神に対して立つと云ひ得るのである。
  

Posted in human being | 1 Comment

Paul Amerigo Pajo

An autocracy is a form of government in which one person possesses unlimited power.1 An autocrat is a person (such as a monarch) ruling with unlimited authority.
Autocracy and totalitarianism are related concepts. Autocracy is defined by one individual having unlimited legislative and executive power, while totalitarianism extends to regulating every aspect of public and private life. Totalitarianism does not imply a single ruler, but extends to include absolute rule by any faction or class of elites who recognize no limit to their authority. Autocracy differs from military dictatorship, as these often take the form of “collective presidencies” such as the South American juntas. However, an autocracy may be totalitarian or be a military dictatorship.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

Erica Frantz

Dictatorships have dominated global politics for hundreds of years, from the pharaohs of Egypt to the absolute monarchs of Europe. Though democracy has since spread to much of the world, about a third of today’s countries are still ruled by dictatorship. And yet, compared to democracies, we know very little about how dictatorships work, who the key political actors are, and where decision-making powers lie. Political processes are opaque, and information is often intentionally distorted. Political survival depends not on maintaining the favor of voters, as in democracies, but on securing the backing of a considerably smaller coalition of supporters. The absence of a reliable third party to enforce compromises among key players means that power-sharing deals lack credibility and the threat of forced ouster is omnipresent. Uncertainty pervades authoritarian politics.
Modern autocrats respond to this uncertain environment in a variety of ways. They use political parties, legislatures, elections, and other institutions typically associated with democracies to lessen their risk of overthrow.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

Steven Levitsky, Daniel Ziblatt

From Getúlio Vargas and other better-known dictators in the 1930s to Indira Gandhi and Ferdinand Marcos in the 1970s and on to Vladimir Putin and Recep Tayyip Erdogan more recently, autocratic-minded leaders have long used national emergencies — some real, some fabricated — to claim extraordinary powers. One of our greatest concerns about Donald Trump’s presidency has always been that he would exploit (or invent) a crisis in order to justify an abuse of power.
Autocratic-minded leaders find democratic politics intolerably frustrating. Most lack the skills or the temperament for the give-and-take of everyday politics. They are allergic to criticism and compromise. They have little patience for the intricacies of the legislative process.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment