ネスプレッソ

Posted in business | 2 Comments

大九工務店

やがて、余計なものをすべてそぎ落とすかのような、単純にして質素な茶事が注目されるようになります。そこでは侘と寂という日本人ならではの感性が尊ばれました。
この侘と寂にはいろいろな解釈が存在し、これが正解というものはありません。ただ豪華絢爛な美の世界の対極にある、素朴で、歳月の過ぎゆくままに古びてゆく姿に美を見る境地。日本古来の「もののあはれ」にも通じる感覚です。
たとえば木の家具が何年もかけて傷んでいく様子、そうした身近な滅びの姿も侘と寂を感じるものといえます。茶の世界における寂という言葉は、錆と同じ意味合いを持ち、時の経過により自然に古くなってゆく様子を表わします。

Posted in beauty | 2 Comments

L’Institut du monde arabe

Posted in art | 1 Comment

Victoria and Albert Museum

Posted in art | 1 Comment

Ron Miller

While a machine can perform a given task, often more efficiently than we can, what it lacks is the artistry in the activity, that uniquely human ability to cater to the needs of the individual. The protocol may suggest one approach, but a person who is good at their job understands when to adjust and the subtleties that are required.
People still matter. And that’s an important point to keep in mind. Even in scenarios that don’t involve advanced education like physicians, it doesn’t mean that we as humans don’t want to interact with people instead of machines.
Technology marches relentlessly forward, and it would be foolish to argue otherwise, but some things remain fundamental, and people-to-people communication will continue to be one of them. Just because the tech is available, doesn’t mean it’s always going to be the best option in every situation.

Posted in human being | 2 Comments

Steven Shorrock

Following most major accidents, one phrase is almost guaranteed to headline in the popular press: ‘human error’. The concept is also popular in our own discipline and profession; it is probably among the most profitable in terms of research and consultancy dollars. While seductively simple to the layperson, it comes with a variety of meanings and interpretations with respect to causation and culpability. With its evocative associations, synonyms, and position in our own models, ‘human error’ is a key anchoring object in everyday and specialist narratives. Despite our efforts to look at what lies beneath, explanations, both in industry and the judiciary, often float back what people can see, with hindsight, at the surface. Our scientists’, designers’ and analysts’ perspectives are overpowered by common sense, management and legal perspectives. And the pervasive nature of the term clouds other ways of seeing that recognise the need for adjustments, variability and trade-offs in performance.

Posted in human being | 2 Comments

Pascale et Pascal Grappin

Posted in happiness | 1 Comment

三苫民雄

人間は間違いを犯す生き物で、神様でもない限りこれを避けて生きることはできません。さらに、人間は間違いを隠す生き物でもあり、自己正当化のためには事実をねじ曲げるばかりか、ときにはそのような事実がなかったことにさえしてしまいます。
他方で、人びとがあえて自らの間違いを認めた場合の社会的反応は決して悪いものではありません。実は私たちには間違いを肯定的にとらえ、イノベーションや将来の制度設計に活かしていくという可能性が開かれているのです。

Posted in human being | 1 Comment

鹿児島県薩摩川内市東郷町

Posted in good | 2 Comments

孔子、聖徳太子

子曰、君子和而不同、小人同而不和。

一曰、以和為貴、無忤為宗。
人皆有黨、亦少達者。是以或不順君父、乍違于鄰里。然上和下睦、諧於論事、則事理自通、何事不成。

Posted in difference | 1 Comment

リーチ・マイケル

まずはいろいろ、選手の言うことを全部聞いてみる。重要なのは Want と Need。1人1人の考えをしっかりと整理する。Need を優先する。Want もできる限り実現できるようにする。相手のすべてを受け入れてから、解決策を考える。

Posted in game | 1 Comment

Brad Katsuyama

We wanted to build a company that reflected the mission we’re on — people who cared as much about doing good as they did about making money. To do that you have to find the right people. We’ve had a very good track record of finding the right people. In a way, if I was this massively controversial figure, it would have been harder for people to sign up for this mission. I am a fairly go-with-the-flow guy. Don’t get me wrong, I have convictions. I’m not afraid to stand up for what we believe in. It is shocking that I’m in the position I’m in.

Posted in business | 1 Comment

Michael Lewis

Having understood the problems, Katsuyama and his colleagues had set out not to exploit them but to repair them. That, too, I thought was interesting: some people on Wall Street wanted to fix something, even if it meant less money for Wall Street, and for them personally.
**
The rigging of the stock market cannot be dismissed as a dispute between rich hedge-fund guys and clever techies. It’s not even the case that the little guy trading in underpants in his basement is immune to its costs.

Posted in business | 3 Comments

Li Yong

The WTO statement of “made in the world” reflects the reality of the globalized production chain, like it or not, and trade war based on politically-driven positions will not change the situation. The biggest categories of US exports are commercial aircraft, automobiles, and food, for example, and no one can imagine that those products are, or can be, made completely in America. Take Boeing as an example. A lot of major components are made in factories located in Tianjin, Chengdu, Xi’an and Shenyang, and exported to Boeing, who assembles them into airliners that Boeing will sell to the rest of the world, including China. A trade war will change the economics of the supply chain and hurt everyone in the chain.
**
As the Chinese saying goes, a war that kills 1,000 enemies by losing 800 of your own soldiers is not a winning war. A trade war that reduces the size of the cake and kills jobs amid the effort to increase them is not a smart move. So, why bother having a trade war?

Posted in globalization | 1 Comment

World Trade Organization (WTO)

Today, companies divide their operations across the world, from the design of the product and manufacturing of components to assembly and marketing, creating international production chains. More and more products are “Made in the World” rather than “Made in the UK” or “Made in France”. The statistical bias created by attributing the full commercial value to the last country of origin can pervert the political debate on the origin of the imbalances and lead to misguided, and hence counter-productive, decisions. The challenge is to find the right statistical bridges between the different statistical frameworks and national accounting systems to ensure that international interactions resulting from globalization are properly reflected and to facilitate cross border dialogue between national decision makers.

Posted in globalization | 1 Comment

Nasir Wakif

Posted in globe | 3 Comments

りりィ

Posted in picture | 3 Comments

Statista

Posted in Japanese way | 1 Comment

野田聖二

戦前と戦後の大震災の事例をみてわかることは、震災により景気が一時的にダメージを受けても、それによって景気が震災直後から累積(スパイラル)的に悪化していくようなことはなく、むしろ復興需要に絡む在庫投資が景気を加速させる方向に作用する、ということです。
このことは、在庫循環モデルのシミュレーションからも確かめることができます。震災のショックで需要もしくは生産が一時的に落ち込むと、それが復元していく過程で在庫投資が急増して景気が加速し、景気循環の振幅が激しくなるのです。
このような需要もしくは供給の一時的なショックが景気の回復局面で発生すると、過去2回の大震災の時のように、景気の水準は一時的に落ち込むものの、それによって回復基調が途切れてしまうわけではなく、むしろその反動で景気が加速して、場合によってはそれが景気循環のピークの到来を早めることにもなります。
過去2回の大震災の事例と在庫循環のメカニズムとから、今回の東日本大震災が景気に与える影響もあらかた予想できるのではないかと思います。
結論から言えば、震災の影響による一時的なショックにより、生産などの経済の水準は一時的に落ち込みますが、景気の回復基調がそれによって途切れるわけではなく、むしろ落ち込んだ水準から元の水準に戻っていく過程で景気が加速していく可能性がある、ということです。

Posted in Japanese way | 1 Comment

鈴木貴博

人工知能とロボットが発達すると究極には人類の99%の仕事がなくなるという予測があります。百年後の未来を考えればそれはその通りなのですが、15年後ぐらいの近未来を考えた場合、人工知能とロボットにはどうしても到達できない、非常に優れた人間の体の機関があります。それは指です。指先が行う繊細な仕事が、ロボットにも人工知能にも、どうにもマネできないのです。
それ以外の機関、つまり眼や耳などの感覚器官、脳のような思考力、足や腕のような四肢のマネごとまでは人工知能やロボットが近未来に人間を代替できるようになるのですが、指先だけはどうしようもありません。先日、甲斐の名産である信玄餅の工場を見学したところ、生産プロセスの大半はロボットが行っていたのですが、最終工程の箱詰めだけは人間が作業をしていました。
指先が必要な仕事の大半は現場仕事です。コンビニの棚に商品を補充する店員の仕事や、マクドナルドの厨房で調理のオーダーをさばく仕事、こういった細かい作業をする際には指が不可欠です。指の役割をロボットが代替できない以上、たとえ世の中の大半の仕事が消えてしまっても、こういった仕事だけはなくなりません。そう。人工知能とロボットが発達した15年後の未来には、人類に残される仕事は現場作業だけになります。

Posted in change | 2 Comments

DK Publishing

Posted in knowledge | 2 Comments

Joseph Rouse

These discussions of the concepts of truth and value lead us to the final issue that I take to characterize cultural studies of science. Sociological constructivists frequently insist that they merely describe the ways in which scientific knowledge is socially produced, while bracketing any questions about its epistemic or political worth. In this respect, their work belongs to the tradition that posits value-freedom as a scientific ideal. By contrast, cultural studies of scientific knowledge have a stronger reflexive sense of their own cultural and political engagement, and typically do not eschew epistemic or political criticism. They find normative issues inevitably at stake in both science and cultural studies of science, but see them as arising both locally and reflexively. One cannot not be politically and epistemically engaged.

Posted in knowledge | 3 Comments

Career Garden

平成9年、日本ではじめて介護保険制度がスタートしました。
介護保険制度とは、高齢化社会に向け、福祉サービスの充実を図るためにできた制度です。ケアマネージャーはこの介護保険サービスの中核を担うために生まれた比較的新しい職種です。
ケアマネージャーとは、正式名称を「介護支援専門員」といい、介護を必要とするお年寄りと介護保険サービスをつなぐ大切な役割をもっています。
ケアマネージャーの仕事内容は一言では言い尽くせないほど多岐にわたりますが、主に下記のような仕事をしています。
 ・ お年寄りやその家族の介護相談
 ・ 要介護認定の書類作成代行
 ・ ケアプランの作成
 ・ モニタリング
 ・ 介護保険の給付請求
 ・ 各介護サービスとの連絡調整

Posted in Japanese way | 1 Comment

厚生労働省

介護保険制度の財源 (2013年)
財源 負担率 金額
公費(50%) 25% 1,860億円
都道府県 12.5%   930億円
市町村 12.5%   930億円
高齢者(65歳~)の保険料 22% 1,636億円
若年者(40歳~64歳)の保険料 28% 2,082億円
  総額 7,438億円
Posted in Japanese way | 1 Comment

Pico Iyer

Japan is still — and will long be — a country of ghosts and of gods, which is partly why it still remains so far from the larger world in so many (often costly) ways, even in the midst of its mismatched, globalized surfaces. Fantasy is everywhere here, but that does not make for any less realism—and surrender to what is more deeply beyond understanding.
While so many elsewhere are talking about the disaster in terms of ifs and buts, most of my friends in Japan seem much less distractible. Everything is uncertain, and none of us will last for long: that part didn’t change at all three years ago.

Posted in Japanese way | 1 Comment

Sheri Rose

Glittering Generalities
Words of praise for product or person; nice words like goodness or patriotism


Posted in information | 1 Comment

Institute for Propaganda Analysis

Glittering Generalities:
Glittering generalities was one of the seven main propaganda techniques identified by the Institute for Propaganda Analysis in 1938. It also occurs very often in politics and political propaganda. Glittering generalities are words that have different positive meaning for individual subjects, but are linked to highly valued concepts. When these words are used, they demand approval without thinking, simply because such an important concept is involved. For example, when a person is asked to do something in “defense of democracy” they are more likely to agree. The concept of democracy has a positive connotation to them because it is linked to a concept that they value. Words often used as glittering generalities are honor, glory, love of country, and especially in the United States, freedom. When coming across with glittering generalities, we should especially consider the merits of the idea itself when separated from specific words.

Posted in information | 2 Comments

加神サキ

Posted in difference | 2 Comments

松本卓也

「取り戻す」。これが安倍政権のキーワードだ。ニッポンを取り戻す-。安倍晋三首相はかつて自著で、(日本が直接攻撃を受けてなくても、他国を武力で守る)集団的自衛権は「自然権」であり、日本は「権利があっても行使できない」「禁治産者」と表現した。
私が専門とする精神分析の分野で「享楽の盗み」という概念がある。人間は生まれ落ちた時点で母親から切り離され、いわば楽園状態から追放される。その結果、本来あった十全たる享楽を欲しがるのだが、しばしば誰かに自分の享楽を盗まれたのだと錯覚する。
安倍政権も同じ論理で、かつて幸福な時代があったとの空想が強い。この「取り戻す」が問題なのは「ならば私たちの享楽を盗んだのは誰か」と排外主義に結び付きやすい点だ。例えば、拉致問題解決を訴えるデモにヘイトスピーチをやる人が交じってくる。
安倍政権は米国への従属と挑発という矛盾する政策を繰り返す。首相の真珠湾訪問で、米国にもう絶対、歯向かいませんと腹を見せた。日ロ首脳会談はシリア問題でロシアへの制裁を求める米国の手をかむかのようだった。この二方面作戦は「懸命な対米従属」とも「対米自立」とも読み取れ、両側から矛盾をはらんだ支持を集めている。
「失われた享楽」を取り戻そうと、集団的自衛権を行使できるようにした安全保障関連法は、米国の思い通りに利用されかねない。つまり戦争の道具にされる。自立路線のふりをしながら、結局、対米従属が強まるのだろう。安倍政権は東アジア諸国に対して加害者として反省、謝罪する代わりに、米国とともに加害者になろうとしている。

Posted in Japanese way | 1 Comment

OFIS arhitekti, AKT II, Harvard GSD Students


Posted in voyage | 1 Comment

Bruce Springsteen

We busted out of class had to get away from those fools
We learned more from a three minute record than we ever learned in school

Posted in music | 1 Comment

Michel de Montaigne

Chez moy, je me destourne un peu plus souvent à ma librairie, d’où, tout d’une main, je commande mon mesnage : Je suis sur l’entree ; et vois soubs moy, mon jardin, ma basse cour, ma cour, et dans la plus part des membres de ma maison. Là je feuillette à cette heure un livre, a cette heure un autre, sans ordre et sans dessein, à pieces descousues : Tantost je resve, tantost j’enregistre et dicte, en me promenant, mes songes que voicy.
**
Chez moi, je me détourne un peu plus souvent à ma librairie, là, tout d’une main , je commande à mon ménage. Je suis sur l’entre, et vois sous moi mon jardin, ma basse-cour, ma cour, et dans la plupart des membres de ma maison. Là je feuillette à cette heure un livre, à cette heure un autre, sans ordre et sans dessein, à pièces décousues. Tantôt je rêve ; tantôt j’enregistre et dicte, en me promenant, mes songes que voici.

Posted in story | 2 Comments

モーリー・ロバートソン

放射能、TPP、子宮頸がんワクチン、大麻など、ひとたび「○○が怖い」「○○は穢(けが)れている」という流れになったとき、日本では多くの人々が目の前にある重い課題をゼロベースで考え抜くことを放棄し、「信じたいことを信じる」傾向が強くなる。みんな同じことを考えるはずだ、そうでないヤツはけしからん…。
この脆弱な言論空間に、スマートで巧妙な情報操作を行なう集団が現れたらどうなるか? たとえ「極右政権誕生」という形はとらなくとも、様々な形で“排外的な空気”が社会全体に染み渡っていく可能性は極めて高いでしょう。
マスメディアが没落してあらゆる情報が水平化した現在、情報の信頼性や真贋、そして「奥行き」は受け手側が判断しなければいけなくなりました。具体的な見分け方はケースバイケースですが、ひとつだけ言えることがあります。
自分や自分の属する集団を無批判に持ち上げる(「今のままが一番」「日本人で良かった」など)ばかりの報道や政治運動は、よく考えてみれば、別の誰かにとっては極めて排他的なものです。そんな言説が力を持つ世の中では、いつしかその排他性が自分にも向かってくる。これからの時代、そのことは誰もが肝に銘じておく必要があるでしょう。

Posted in information | 1 Comment

片渕須直

Posted in attitude | 1 Comment

団鬼六

とにかく小池は強い。新宿の将棋道場を拠点に勝ちまくり、奉られた二つ名が「新宿の殺し屋」。「通天閣の死闘」と呼ばれる激戦を制したり、泥酔して暴行事件を起こし、一晩とめおかれた留置場から駆け付けて大山康晴十五世名人との対局(角落ち)に圧勝したり、と、格好良すぎるくらい強いのに、いよいよプロへの道が開けようかという時にホステスに入れ込み、将棋道場の金を使い込んで逐電。重要な節目節目で必ず女に溺れて失敗する小池のジェットコースター人生から目が離せなくなる。
本書の魅力は、小池に何度煮え湯を飲まされようと彼の将棋を見たい、勝負に“乗りたい”と思ってしまう人間の不思議さを描いていることだ(著者の団もそのおかしな一人)。天才の一手に「夢」を託し、「夢」の先を見届けたいと願う人の姿が、また読む者の胸を打つ。

Posted in life | 1 Comment

Marc Prensky

Probably the biggest reason that tell-test is failing to do the job it used to is that the world of the learner has changed so dramatically. As a result, learners no longer see themselves as receptacles to be filled up with content, but as creators and doers. And that these changes have happened so quickly is a primary reason education and training hasn’t changed to keep up. Even in normal times education is slow to change. But now there is the phenomenon in which kids have totally outpaced their parents and elders in the new ways of the world.
Learners have access to and experience with so much before they ever hit a training or education classroom that they are rarely “empty vessels” (or tabulae rasae) when they get there. In business it is extremely rare to find an audience that knows absolutely nothing about the subject matter at hand. Everyone knows something about it – we just don’t know who knows what. So by “telling” everything we wind up boring all the people most of the time.

Posted in change | 2 Comments

マーク・プレンスキー

説明と確認テストが以前ほど機能しなくなってきている最大の理由は、学習者を取り巻く世界が劇的に変わったからである。結果として、学習者たちは自らを受身な空っぽの容器のようには見ず、実践者や創造者として見ている。この変化のスピードが速く、教育は変化に追いっくことができていない。変化の緩やかな時代であっても、そもそも教育というのは変化が遅いものである。しかし今や子どもたちは、親や老人たちの世代を完全に追い抜いて、新しく開かれた世界を生きているという現象が起こっているのだ。
学習者たちは、教室で学ぶ以前に多くの経験をしているのであって、空っぽの容器や白紙の状態で教室に来ることなどあり得ない。企業内研修の場において、教えようとする知識について全く何も知らない学習者がいるということはまず考えられない。そのため、一から何もかも説明すると、誰もがほとんどの時間を退屈して過ごすことになる。

Posted in change | 2 Comments

Marc Prensky

Digital Immigrant teachers assume that learners are the same as they have always been, and that the same methods that worked for the teachers when they were students will work for their students now. But that assumption is no longer valid. Today‟s learners are different. “Www.hungry.com” said a kindergarten student recently at lunchtime. “Every time I go to school I have to power down,” complains a high-school student. Is it that Digital Natives can’t pay attention, or that they choose not to? Often from the Natives‟ point of view their Digital Immigrant instructors make their education not worth paying attention to compared to everything else they experience – and then they blame them for not paying attention!
And, more and more, they won‟t take it. “I went to a highly ranked college where all the professors came from MIT,” says a former student. “But all they did was read from their textbooks. I quit.”

Digital Natives, Digital Immigrants (PDF file)

Posted in change | 1 Comment

ブッダ

落ちついて思慮ある人は身をつつしみ、ことばをつつしみ、 心をつつしむ。 このようにかれらは実によく己をまもっている。

愛するものから憂いが生じ、愛するものから恐れが生じる。愛するものは変滅してしまうから、ついには狂乱に帰す。

耳で多くのことを聞き、眼で多くのことを見る。思慮ある人は、見たこと、聞いたことをすべて信じてはならない。

Posted in belief | 2 Comments

生活雑感

この30年来、心ある知識人は専門分化が著しい現代文明の状況を眺めて、誰も全貌を理解し得ない時代が来たと慨嘆した。専門が専門を生み、その細分化は止まることがない。そのため隣接する部門であっても、たちまち他国に踏み込んだように理解できないくなっていた。もはやゼネラリストは存在しないのか。だとすれば知識全体のバランスは誰が、どうやって図るのか。まさにカオスの時代が到来したと嘆いた。その頃から私も同じ問題意識で悩まされていた。しかし21世紀のはじめ、遂に人類は新しい知識環境への到達を実感するにいたった。ウエブツーワールド時代の到来だ。従来のツリー型知識の構造は、人間がつくったもので絶対のものではない。それが今日までの進化による情報集積の結果、ついにカバーしきれなくなったのだ。しかし人間は、この閉塞を打ち破るテクノロジーを開発した。ウエブ2.0である。これによって地球全体の情報が瞬時に検索できるようになった。そして個人の頭脳が、地球全体の頭脳とリンクしたのだ。その波及効果は大きい。たとえば大学は知識情報のメッカとしての存在の意味を失っている。

Posted in knowledge | 2 Comments

Peter Navarro

Posted in american way | 3 Comments

Microsoft

 
 

Posted in picture | 1 Comment

白井健策

ひとの話を聞きながら、うーむ、その話も、それからさっきの話も、新聞に出ていたなあ、などと思うことがある。その人が得々として話していることは、知った情報をいわば受け売りしているのである。▼それなりに面白い情報の羅列なのに、心の琴線に触れない。その人の心身を通って出てきた言葉がないからだ。そう感じて思わず自分の話し方をも省みる。私たちは、とかく情報を知恵と混同しがちである。▼当節、情報は山ほどある。それを取り入れて、賢くなったように錯覚する人がいる。あるいは情報の洪水におぼれ、流される人もいる。むろん、情報は持っているに越したことはない。情報は力でもある。▼だが、あくまでも情報は情報である。例えば、育児、教育、健康などに関して、情報を集める。それは結構だが、その上でどういう生活をするかを決めるのは、知恵の領域である。知恵が働かないと、情報に振り回される。▼ことの道理や筋道をわきまえ、しっかり判断する心の働きが知恵である。頭の良さ、学問的知識の有無などといったことではない。人生経験は関係があるだろう。だが体験したことを十分に自分の収穫とし、いつも考え抜く訓練がなければ知恵にはなるまい。▼英国の詩人・批評家、T・S・エリオットに、こういう言葉がある。「私たちが知識の中で失った知恵は、どこにある?私たちが情報の中で失った知識は、どこにある?」混同しがちな三つのものが詠み込まれている。▼自分の仕事に打ち込んできた、すぐれた職人。さまざまな苦労を重ねた年配の女性。時々、こういう人々から、重みのある、味のある、知恵の言葉を聞くことがある。各自の体験から引き出された、人生への深い洞察に裏打ちされた言葉である。▼先生たちは教室で知恵の言葉を語っているだろうか。親は子の情報判断を助けているだろうか。

Posted in globe | 2 Comments

John A. Alic

Posted in business | 2 Comments

Dustin Volz

Apple Inc has been asked by Chinese authorities within the last two years to hand over its source code but refused, the company’s top lawyer told lawmakers on Tuesday in response to U.S. law enforcement criticism of its stance on technology security.
The congressional testimony highlighted an issue at the heart of a heated disagreement between Apple and the FBI over unlocking encrypted data from an iPhone linked to last December’s San Bernardino, California shootings – how much private technology companies should cooperate with governments.
Law enforcement officials have attempted to portray Apple as possibly complicit in handing over information to China’s government for business reasons while refusing to cooperate with U.S. requests for access to private data in criminal cases.
“I want to be very clear on this,” Apple general counsel Bruce Sewell told Tuesday’s hearing under oath. “We have not provided source code to the Chinese government.”

Posted in business | Leave a comment

WSJ | Reuters

International Business Machines Corp has agreed to let China review some product source code in a secure room, the Wall Street Journal reported, citing two people briefed on the practice.
It was not clear which products IBM was allowing reviews of or how much time officials of China’s Ministry of Industry and Information Technology can spend looking at the code, the WSJ said on Friday.
U.S. tech companies have been facing increased pressure from Chinese authorities to accept rigorous security checks before their products may be purchased by China’s sprawling, state-run financial institutions.
“IBM does not provide government access to client data or back doors into our technology,” the company said in an emailed statement to Reuters on Friday.
The company said that in several countries it can conduct limited demonstrations of specific aspects of its technology in “highly secure, controlled IBM environments that have no external communication links”.

Posted in business | 1 Comment

中国国家认证认可监督管理委员会

第五十一条 国务院认证认可监督管理部门可以采取组织同行评议,向被认证企业征求意见,对认证活动和认证结果进行抽查,要求认证机构以及与认证有关的检查机构、实验室报告业务活动情况的方式,对其遵守本条例的情况进行监督。发现有违反本条例行为的,应当及时查处,涉及国务院有关部门职责的,应当及时通报有关部门。
第五十二条 国务院认证认可监督管理部门应当重点对指定的认证机构、检查机构、实验室进行监督,对其认证、检查、检测活动进行定期或者不定期的检查。指定的认证机构、检查机构、实验室,应当定期向国务院认证认可监督管理部门提交报告,并对报告的真实性负责;报告应当对从事列入目录产品认证、检查、检测活动的情况作出说明。
第五十三条 认可机构应当定期向国务院认证认可监督管理部门提交报告,并对报告的真实性负责;报告应当对认可机构执行认可制度的情况、从事认可活动的情况、从业人员的工作情况作出说明。
国务院认证认可监督管理部门应当对认可机构的报告作出评价,并采取查阅认可活动档案资料、向有关人员了解情况等方式,对认可机构实施监督。
第五十四条 国务院认证认可监督管理部门可以根据认证认可监督管理的需要,就有关事项询问认可机构、认证机构、检查机构、实验室的主要负责人,调查了解情况,给予告诫,有关人员应当积极配合。
第五十五条 县级以上地方人民政府质量技术监督部门和国务院质量监督检验检疫部门设在地方的出入境检验检疫机构,在国务院认证认可监督管理部门的授权范围内,依照本条例的规定对认证活动实施监督管理。
国务院认证认可监督管理部门授权的县级以上地方人民政府质量技术监督部门和国务院质量监督检验检疫部门设在地方的出入境检验检疫机构,统称地方认证监督管理部门。
第五十六条 任何单位和个人对认证认可违法行为,有权向国务院认证认可监督管理部门和地方认证监督管理部门举报。国务院认证认可监督管理部门和地方认证监督管理部门应当及时调查处理,并为举报人保密。

Posted in asian way | 2 Comments

三枝国際特許事務所

研究および開発のレベルになると、お互い、技術情報や実験データのやりとり並びに研究成果の交換や発明が生まれるケースも十分考えられます。ここで、留意しなければならないのは、まず、米国の企業や大学との共同研究・開発契約において、上記技術情報や実験データ(特に米国側から日本企業または日本企業から派遣されている研究者に開示される場合)については、輸出管理規制の対象にはならないのかどうかの確認(これを怠ると産業スパイ法による罰則の対象となるリスクがあります)が必要となります。また、当然に米国で発明が生じた場合に米国側の単独となる場合は別として日本企業との共有になる場合に、当該発明を日本側の研究者に開示するにあたっては米国特許法のルールの対象となりますので、この点も十分理解した上で対応することが肝要です。

Posted in business | 1 Comment

シティユーワ法律事務所

イスラーム教の教義(シャリーア)に従った金融手法。利息の禁止を中核的な概念としており、投資による損益分配や実物取引の形態を使用したスキームが採用されている。イスラーム金融の代表的な諸原則としては、以下のものが挙げられる。

  1. 利息(Riba)の禁止(例えば、金利付き貸付はこれに反する。遅延損害金も利息の禁止に抵触する。)
  2. 酒・豚肉の飲食の禁止(例えば、酒造会社への投資はこれに反する。)
  3. 賭博の禁止およびそのコロラリーとしての投機(maisir)の禁止(例えば、保険やデリバティブ取引について、シャリーアに準拠したイスラーム保険(タカフル)やマスター契約が開発されている。)
  4. 不明確性(Gharar)の禁止
  5. 実物取引との結びつきの重視(実物取引の裏づけの無い金融取引は禁止または嫌忌される。)
Posted in knowledge | 1 Comment

日本貿易振興機構 ドバイ事務所 知的財産権部

シャリーアにおいては、財産は、相続、遺贈又は遺産、個人の労働と努力等、様々な源流から取得されうるものである。このうち、労働と努力は知的財産にとって重要である。ゆえに、コーランとスンナがともに個人を励まして働かせようとしていることは明白である。
知的財産法は、権利者が金銭的利益のために自らの権利を利用することを認めている。同様に、シャリーアも上記の利用を認めているが、それには幾つかの制限があり、公益に反する利用は禁じられる。たとえば、権利者はザカート(喜捨)又はアルムス等の幾つかの金銭的義務を引き受けなければならない。明らかに、この制限はイスラム教徒のみに適用されるものである。喜捨はイスラム教徒に課される税だからである。さらに、権利者は自らの利用を合法的な方法による利用に限定しなければならない。つまり、利息の徴収、強制、窃盗、及びその他の許容されない行為を常に避けなければならない。
シャリーアの考え方によれば、権利者は、自らの財産及び資産を営利目的での使用を他人に許諾する権利をすべて有している。同様に、知的財産に関する権利の実施許諾も、同じ法理と理解に基づいて認められる。

Posted in knowledge | 1 Comment

Pico Iyer

The secret to happiness in almost any relationship is knowing what not to say. Ask your new love about her old loves and you’ll learn more than you want to know, and hear things you’ll never be able to unhear. Start telling your teacher that your dog ate your homework while your grandma was being rushed to the hospital, and he’ll have even less patience with you than if you just say, “I blew it.”
One reason we’re advised to send only brief emails is that too much information gives the person at the other end much more to misinterpret — or to start chewing over at 3 a.m. The other is that if you send a long message, the person you’re writing to may feel compelled to send an equally long one back, and then it’s you who’s twisting and turning on what she meant by that “and” and why she never mentioned Steve.
Or why she never wrote back at all.

Posted in communication | 1 Comment

一番かんたんなJava入門

WordPressの管理画面の上の方に、

「WordPress x.x が利用可能です ! 更新してください。」

って更新を促すメッセージが出てるので軽い気持ちで更新してみると、何分待っても更新が終了せず、仕方ないのでブラウザを閉じた。。
・・なんていう事をしでかすのは僕だけなんでしょうか?
その後、WordPress管理画面にアクセスすると、真っ白な画面に、

Warning: XXXXXX …

という素人には到底理解不能な謎の警告文が表示されるだけで、何もできなくなります。内心かなりパニックです。
よく、プラグインが原因で更新が上手くいかないとか聞きますが、状況的に、更新が完了しておかしくなったのか?それとも更新自体正常に完了していないのか?もうわけが分かりませんでした。

Posted in learning | 1 Comment

宇多田ヒカル

Posted in music | 1 Comment

大高ひさお

涙じゃないのよ 浮気な雨に
ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ
ここは地の果て アルジェリア
どうせカスバの 夜に咲く
酒場の女の うす情け
あなたも私も 買われた命
恋してみたとて 一夜の火花
明日はチュニスか モロッコか
泣いて手をふる うしろ影
外人部隊の 白い服
Posted in poem | 2 Comments

大喜直彦

幕末・明治初期にかけて、明治政府は近代化を目指し、極端な西欧化政策に舵を切りました。その結果、江戸時代までの日本社会に成長してきた諸々の事象が否定的に位置づけられ、西洋のものやその思想がよいと誤解され、以後の日本社会に大きく影響を及ぼしました。
本来、日本人の信条は自然との共生でした。その根底には、古来自然は神仏との認識があったからです。神とは人知の及ばない畏るべきものでした。それは雨、雷、風、蛇、動物などつまり自然そのものなのです。そしてこの神はやがて仏教の仏と習合して融合していきます。
同時に近代化する社会は、合理的な考え方を強制するようになっていきました。合理化が進むと、自然は不思議なものではなくなり、ますます神仏の世界から切り離されていくのでした。
自然に勝つこと、それが「進歩」、この考えが人間社会にも持ち込まれ、勝つことが正しく、負けた側には目もくれず、さっさと進む、それが「進歩」と考えたのではないでしょうか。

Posted in globe | 1 Comment

三村幸作

shinboku0

Posted in voyage | 3 Comments

Hassan Ammar

syria-homs-bike_3584090b

Posted in globe | 1 Comment

内井惣七

ゴルトンが人種改良の結果に着目し、その望ましさを強調したのに対し、ハクスリーはそのような結果に至る過程で何が生じるか、そのような過程を遂行するために何が必要かに着目し、結果の望ましさを打ち消してあまりあるほどの問題点があることを指摘したのである。ハクスリーの指摘は、次のようにまとめることができょう。(1)優生政策を成功させるためには、途方もない残忍な手段が要求されるので、これは倫理的に望ましくない。(2)人間に対する人為淘汰を行なうためには、人の性格や品性を、とくに幼年期のうちに見抜けるほど優れた観察力や知性を備えた判定者が必要であるが、そんな人間はいないので、適切な淘汰を行なうことが不可能である。さらに、(3)このような条件のもとで、つまり残忍な手段を用い、超人的な知性が要求されるという条件のもとで、このような政策を行なおうとすることは、社会の中で人々を結びつけている特有の絆を壊す危険性が高い、ということも指摘されている。
ゴルトン自身が1869年以後に行った遺伝と統計についての研究によっても、65年の論文あるいは69年の著書で構想したような「人種改良」の試みにはきわめて大きな困難があることが明らかになってきた。1870年代の後半にゴルトンが行なったスイートピーの育種実験によって、第一世代の平均より重い種(の一グループ)から得られた第二世代の種も、重さの分布は正規分布に従うことがわかっただけでなく、その平均値は、その重いグループの平均値ではなく、もとの世代全体の平均値の方へ近づくという「先祖返り」あるいは「退化」を示すことが明らかになった。さらに、1880年代に入って、ゴルトンは人体測定研究所を開いて人間のデータを集め始めたが、両親の身長と、成人した子供の身長を比較した統計データからも、まったく同じような「退化」の傾向があることが明らかになった。つまり、身長の大きな両親から産まれた子供の平均身長も、両親の平均身長よりは一世代全体の平均値の方へ近づく(「退化する」)のである。数学的解析の結果わかったのは、これは遺伝とは直接関係がなく、統計的な操作がもつ数学的性質の一つだということであり、ゴルトンが「退化の係数」と呼んだものは「回帰係数」と名づけ直されることになった。

Posted in human being | 1 Comment

Amazon

echo
e-feature-utterances1

Posted in business | 2 Comments

Oliver Duggan, Peter Spence

nobelHow the Nobel Prize has favoured white western men for more than 100 years

Posted in Eurocentrism | 3 Comments

内井惣七

近頃はやりの考え方によれば、「科学」は社会制度や法律、文化や芸術作品と同じように、人間が社会的営みの中で作り出したものである。したがって、人間の社会的営みがあるところには必ず「倫理」の問題が出てくるので、科学といえども倫理の問題は避けて通れない、ということになる。このような答えは、当然のように見えて、ほとんど内容がない。なぜなら、先の問いの本質的な部分は、「なぜ倫理か」という部分だけではなく、「なぜ科学か」という部分にもあったはずだからである。

Posted in globe | 3 Comments

伊東俊太郎

ヨーロッパの研究者の間には、西欧文明がアラビアから大きな影響を受けたなんてとんでもない、という気持ちがあるように思います。アラビアなんて石油だけの国ではないか、そこの文明からいろいろなものをもらって自分たちの文明に基盤が出来たなどということがあってたまるかという自尊の念がどこか頭の端にあって、それで、そうした事実をひたかくしに隠すか、隠しきれなければ、それを最小限度に押さえるとか、過小評価してしまう、あるいはその文脈をそらしてしまうというようなことがあると思うのです。

Posted in perception | 1 Comment

Wikipedia

map_of_the_achaemenid_empire

Posted in fact | 2 Comments

Schomaker

schomaker1schomaker6

Posted in happiness | 1 Comment

手嶋兼輔

ギリシアとローマは「ギリシア・ローマ」と言うように一体化した呼び名が通用しているが、実はその両者はその名称の持つ響きほどには均質の国家、社会でもなければ、文化を共有しているわけでもない。双方は本質的には別個な、それぞれの歴史と伝統を重ねている。それを「ギリシア・ローマ」とひと括りにまとめてしまうところに誤解が生じるように思える。ギリシアにはギリシアの、ローマにはローマのそれぞれの背景がある。ギリシアは地中海の東に発展し、対するローマは地中海の西に地歩を築いた。両者は言わば、後ろ向きに背中合わせに逆方向を向きながら成長してきたような間柄なのである。

Posted in perception | 3 Comments

Maxim’s

maxims

Posted in change | 1 Comment

Robert K. Merton

In sociology, the Matthew effect (or accumulated advantage) is the phenomenon where “the rich get richer and the poor get poorer.” In both its original and typical usage it is meant metaphorically to refer to issues of fame or status but it may also be used literally to refer to cumulative advantage of economic capital. The term was first coined by sociologist Robert K. Merton in 1968 and takes its name from the parable of the talents in the biblical Gospel of Matthew. As a result of the Matilda effect, Harriet Zuckerman is also credited by Merton as the co-author of the Matthew effect.

Posted in simple | 2 Comments

Malcolm Gladwell

outliersOnce a musician has enough ability to get into a top music school, the thing that distinguishes one performer from another is how hard he or she works. That’s it. And what’s more, the people at the very top don’t work just harder or even much harder than everyone else. They work much, much harder.
**
It’s not how much money we make that ultimately makes us happy between nine and five. It’s whether or not our work fulfills us. Being a teacher is meaningful.


Posted in perception | 1 Comment

Carlos Ghosn

gosnWe’re introducing sophisticated functions to empower the driver, who can decide when to drive and when not to. And if he or she decides not to drive, we’ll have the technology to ensure that it’s in a safe and low-stress environment where the driver can be doing something else.

Posted in business | 2 Comments

Alain de Botton

The person who is best suited to us is not the person who shares our every taste (he or she doesn’t exist), but the person who can negotiate differences in taste intelligently — the person who is good at disagreement. Rather than some notional idea of perfect complementarity, it is the capacity to tolerate differences with generosity that is the true marker of the “not overly wrong” person. Compatibility is an achievement of love; it must not be its precondition.
Romanticism has been unhelpful to us; it is a harsh philosophy. It has made a lot of what we go through in marriage seem exceptional and appalling. We end up lonely and convinced that our union, with its imperfections, is not “normal.” We should learn to accommodate ourselves to “wrongness,” striving always to adopt a more forgiving, humorous and kindly perspective on its multiple examples in ourselves and in our partners.

Posted in love | 1 Comment

Club Med 北大壺

%e5%8c%97%ef%bc%91

Posted in voyage | 3 Comments

立木教夫

「倫理」や「道徳」という語は中国古典に由来する言葉です。その意味で言えば、古代中国から導入された外国語です。
明治維新以降、近代西欧の思想が導入される過程で、新たな考え方を表現するために翻訳語が数多くつくられました。「倫理」という語は、ethicsの訳語として新たに翻訳されたものなのです。そのため、中国古典に存在していた「倫理」という語はethicsが内包する新たな意味を獲得して蘇った言葉なのです。
西欧からmoral scienceやmoral philosophyが導入され、それに伴って、従来の「道徳」という語はmoral, morals, morality等が内包する意味を新たに獲得し、蘇りました。しかし、「moral」に対し、「道徳」という訳語がすぐに確定したわけではないのです。

Posted in moral | 1 Comment

北野武

  • 道徳がどうのこうのという人間は、信用しちゃいけない。
  • 道徳なんてものは、権力者の都合でいくらでも変わる。
  • 少なくとも、いつの時代も、どんな人間にとっても通用する、絶対的な道徳はないっていうことは間違いない。
  • 学習指導要領には、「児童の道徳性の育成に、大きな影響を与えている社会的風潮」のひとつとして、「物や金銭等の物質的な価値や快楽が優先される」とある。
    それはあんたたちのことだろう! と、とりあえずツッコんでおく。景気が良くなれば、世の中すべてが上手くいくみたいなことをいっているのは、いったいどこの誰だろう
  • 道徳を云々するなら、まずは自分が道徳を守らなくてはいけない。それができないなら、道徳を語ってはいけないのだ。
  • 昔ながらの日本的な道徳観を支えているのは、単なる郷愁くらいのものなのだ。
  • 時代を作る人は、いつだって古い道徳を打ち壊してきた。誰かに押しつけられた道徳ではなく、自分なりの道徳で生きた方がよほど格好いい。
  • 誰かに押しつけられた道徳に、唯々諾々と従うとバカを見る。それはもう、すでに昔の人が経験済みのことだ。
Posted in moral | 2 Comments

岸田秀

あるときなどは、「先生はなぜ生きているのか、なぜすぐに死なないのか」と重ねて質問してきた学生もいた。こういう質問が出る前提として、人間が生きているのは生きるに値する価値のためであって、そのような価値がないなら死んだ方がましだという考え方があると思われる。わたしはこのような考え方こそおかしいと思うのだ。
**
生きるための価値を求めるふるまいは、きわめてはた迷惑である。そのような価値は幻想にすぎないわけだから、心の底から納得できる確かな価値などあろうはずがない。キリスト教・イスラム教であれ、ロシア共産制・アメリカ民主制であれ、ユダヤ金融家・アーリア純潔者であれ、これらはすべて人々の価値体系の対立に起因するものである。相手の迷惑を顧みず、伝道や説伏をしようとする結果今でも起きている争いごとである。資本主義が成り立っているのも、一部の「悪辣な資本家」が「愚かで弱い」民衆を金の力で支配しているのではなく、民衆も金の価値を信じているからである。
**
ある理想の価値を信じている人は、その理想を共にしない人を軽蔑する。価値というものを信じている人々の態度が改まらない限りは、いっさいの差別の問題は解決しないに違いない。

Posted in knowledge | 2 Comments

Johan Cruyff

  • In my teams, the goalie is the first attacker, and the striker the first defender.
  • I always threw the ball in, because then if I got the ball back, I was the only player unmarked.
  • Choose the best player for every position, and you’ll end up not with a strong XI, but with 11 strong 1’s.
  • Quality without results is pointless. Results without quality is boring.
  • What is speed? The sports press often confuses speed with insight. See, if I start running slightly earlier than someone else, I seem faster.
  • Playing football is very simple, but playing simple football is the hardest thing there is.
Posted in good | 2 Comments

Bob Seger

Wish I didn’t know now
what I didn’t know then

Posted in happiness | 3 Comments

小石輝

kiminonaha私の考えでは、この作品が人々の心をわしづかみにした最大の理由は、「誰かにとって心から必要とされたい」「社会にとって役立つ存在になりたい」という根源的な二つの欲求を、「あり得ない設定」によって同時に満たす過程を描いたことにある。
現実社会でこれらを満たすことが日本人、特に三十歳代以下の「若者」層の多くにとって、実現できるとは思えないほどの彼方にあるからこそ、「決してあり得ない自己実現の物語」が共感を呼ぶのだ。この作品の超ヒットは、実は日本の社会が重度の機能不全に陥っている表れではないか。

Posted in globe | 1 Comment

戸田山和久

todai私が目指したのは、認識論を壊すことだ。『認識論をいったんこわして、もういちどつくる』本。。。これまで営まれてきた伝統的認識論の賞味期限は過ぎてしまったんじゃないのか。伝統的認識論は、ある特定の知識生産のやり方に根ざした特定の課題によって生じたという意味で、どこまでも「時代に既定された」営みにほかならない。その課題がリアルな問題に感じられた時代は確かにあったろう。しかし、科学や情報技術の高度化によって、われわれが知識を獲得・処理・利用する仕方は大きく変化してしまった。これだけ知識のあり方そのものが変化してしまったのに、認識論だけそのままというわけにはいかないだろう。伝統的認識論のどこがまずいのかを示し、それを解体したのちに、新しい知識のあり方に即した新しい知識の哲学を構築すること。それが本書の目的だ。

Posted in knowledge | 4 Comments

日本看護協会

倫理と道徳はどのように異なるのでしょうか。国語辞典で「倫理」を引くと、
  人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。
  道徳。モラル。
などと示されており、「道徳」を引くと、
  人のふみ行うべき道。
  ある社会で、人々がそれによって善悪・正邪を判断し、正しく行為するための規範の総体。
などと示されているように、辞典上ではほぼ同義とされており、一般的にもその解釈が用いられています。ただ、道徳が個人や家族などの小集団に用いられることが多いのに対し、倫理は個々人の関係から社会に至るまでより広範に用いられることが多いようです。
そのため、道徳は日常生活における行動の基準にはなっても、医療現場における治療の方向性などの判断基準にはなり得ないことが多いと言われています。

Posted in moral | 1 Comment

wiseGEEK

The difference between ethics and morals can seem somewhat arbitrary to many, but there is a basic, albeit subtle, difference. Morals define personal character, while ethics stress a social system in which those morals are applied. In other words, ethics point to standards or codes of behavior expected by the group to which the individual belongs. This could be national ethics, social ethics, company ethics, professional ethics, or even family ethics. So while a person’s moral code is usually unchanging, the ethics he or she practices can be other-dependent.

Posted in moral | 1 Comment

Gaynor Borade

While morals define our character, ethics dictate the working of a social system. Ethics point towards the application of morality. In the wake of this understanding, national, social and workplace ethics are based on the abstract moral codes adopted and adhered to by each member of the group. Ethics lay down a set of codes that people must follow. Ethics are relative to peers, profession, community, society and nation. Morals are and are dependent on an individuals choice or beliefs or religion and can mean doing the right or wrong thing. An example to help you understand the difference would be: Abortion is legal and therefore medically ethical, while many people find it personally immoral. Ethics can be relatively simple to follow, while applying morals can be decidedly tougher. There can be a moral dilemma, but not an ethical one. While good morals represent correct and upright conduct, ethics act more as guidelines. Ethics are applicable or adhered to by a group or community or society, whereas morals relate to individuals.

Posted in moral | 1 Comment

Frédéric Teulon

The concept of relativism, sometimes referred to as postmodernism, is very popular at present: values are uncertain, objectivity is an illusion, and collective beliefs can be put down to cultural traits. These relativist theories contradict basic sociological observations: today, as yesterday, individuals have strong moral convictions. We must not abandon notions of truth. Theft and fraud go against the touchstone of reciprocity which prohibits pure appropriation of others’ goods. Theft is wrong because social order is based on the notion that all reward should, in theory, correspond to a contribution. It is imperative to strengthen the ethical values that we can all share. The use of ethical discourse as a set of moral principles presupposes that we are all bound by a mutual understanding of what they imply.

Posted in moral | 2 Comments

Lionel Robbins

Economics deals with ascertainable facts; ethics with valuations and obligations. The two fields of enquiry are not on the same phase of discourse. Between the generalisations of positive and normative studies, there is a logical gulf fixed which no ingenuity can disguise and no juxtaposition in space or time bridge over.

Posted in moral | 1 Comment

Frédéric Teulon

Seemingly, the economic relations have nothing to do with the morality. The economy claims to be able to be a science; yet in the other scientific disciplines one does not arise this type of questions (we do not wonder if the physics of particles is moral either or not or if the composition of such molecule obeys ethical principles. The analysis led here on Bernard Mandeville’s papers which showed the ambiguous relationships which the vice maintains with the virtue. However the paradox is that the economy cannot work without a certain shape of morality. The economy is made by individuals endowed with a capacity to know right from wrong. While the economy and capitalism may be amoral, individuals are not.

Posted in moral | 2 Comments

Kalle Ljung

drone2

Posted in nature | 3 Comments

JRA

nakayamahanshin

Posted in happiness | 1 Comment

加藤恭子

バブル経済が崩壊した1991年以降、能力に関する様々な概念が巷に溢れている。人間力、EQ、察知力など人間の内面に注目したもの、社会人基礎力、就職基礎能力など社会人になるために学生に必要とされる能力の明確化を目指したもの、そして日本のビジネス界で使用されるようになった新たな能力の概念がコンピテンシーである。
しかしながら、コンピテンシーに対する共通の定義はコンピテンシーの本家といわれるアメリカにおいても得られていない状況であり、日本においても概念が輸入されてから10年以上経つが、未だ共通の定義を見ない。
その原因は、コンピテンシーという概念がビジネスの領域だけでなく教育・司法・臨床心理学などの広い領域使用され、その中で異なった定義がされている点、また実務が先行してしまい、研究が後追いになっている点などがあげられる。そのため、実務の世界ではコンピテンシーを有効に活用することこそが重要であり、その用語自体はさほど重要ではないとする声もある。このような状況が、コンピテンシー概念の混乱に拍車をかけ、次第に言葉そのものが軽んじられているようになってきた。

日米におけるコンピテンシー概念の生成と混乱(PDFファイル)

Posted in perception | 3 Comments

小倉山荘

 山里は冬ぞさびしさまさりける 人めも草もかれぬと思へば
  (源宗于)

 わがまたぬ年はきぬれど 冬草のかれにし人はおとづれもせず
  (凡河内躬恒)

 ことの葉も霜にはあへずかれにけり こや秋はつるしるしなるらむ
  (大中臣能宣)

〈詞書〉かれがれなるおとこの おぼつかなくなどいひたりけるによめる
 有馬山ゐなの笹原かぜ吹けば いでそよ人を忘れやはする
  (五十八 大弐三位)

 ひと夜とて夜がれし床のさむしろに やがても塵のつもりぬるかな
  (二条院讃岐)

Posted in globe | 1 Comment

正村俊之

そのことを端的に物語っているのが、生産から金融へのパワー・シフトである。研究開発→生産→販売という生産の論理に依拠して利潤を得るには時間がかかるが、金融取引に基づく利潤は、時々刻々と変化する為替・金利・株価の変動から生ずる。新自由主義政策の一環として行われた金融の自由化は、金融の力を増大させると同時に、短期的合理性の追求を促進することにもなった。

バブル崩壊後の日本を見ていて時々思い起こす言葉がある。それは、ルーマンが社会を分析する際に使った「ありそうもなさ(Unwahrscheinlichkeit)」という言葉である。この言葉は、社会が成立することは、本当はありそうもないことであり、そのありそうもないことが現に起こっていることを示している。

Posted in fake | 1 Comment

庵原晴美

ihara被災体験、戦後の混乱期を経て、高校時代にジイドの『狭き門』に衝撃を受けた少女はその後、数々の苦難に負けることなく波乱の人生を自らの行動力で見事にバラ色に開花させていく。幼子二人を抱えて途方に暮れた二十八歳の夏の日から二十年後、憧れ続けたパリのセーヌ河畔で。。。


Posted in life | 2 Comments

5時に夢中!

5jimu5jimu2

Posted in quote | 1 Comment

TRT World

Posted in change | 2 Comments

HSBC

All over the world, companies are under pressure to offer customers a platform that provides full functionality on a smartphone. But in Asia, where there is extremely rapid growth in mobile penetration, there is an even stronger need for a smartphone solution.
Mobile is so important in the region because in many markets, a smartphone is the first and only channel that people have to get online – people have leapfrogged desktop PCs and gone straight to mobile. In Asia’s developing markets there is a willingness to adopt new payment technologies – the success of mobile platforms in China for example, demonstrates that people are comfortable using their phone to manage financial transactions.

Posted in asian way | 1 Comment

松本保美

表に出てきた主張だけを見て、センの経済学はラディカルであると批判する経済学者がいるが、その評は浅薄で間違っている。彼の主張は、経済学本来の目的から見て至極真っ当なものである。むしろ、批判されるべきは、伝統的な分析手法に無批判に従っている多くの経済学者の方である。なぜなら、功利主義とか経済人といった極めて単純化・抽象化された概念は、本来、分析のための第一次近似として導入されたもので、分析が進むにつれ、このような概念は人間の現実の行動をより正確に反映するように緩められなければならないにもかかわらず、実際の理論的展開においては、いつの間にか、多くの経済学者は、この第一次近似という前提を忘れてしまい、あたかも普遍的な概念であるかのように錯覚してしまっているからである。

Posted in learning | 1 Comment

Amartya Sen

It is, in fact, arguable that economics has had two rather different origins, both related to politics, but related in rather different ways, concerned respectively with ‘ethics’, on the one hand, and with what may be called ‘engineering’, on the other.

Posted in learning | 2 Comments

野原文男

nohara1nohara2
nohara4nohara5

Posted in learning | 1 Comment

Cyril Dion

cyril-dionEt si montrer des solutions, raconter une histoire qui fait du bien était la meilleure façon de résoudre les crises écologiques, économiques et sociales que traversent nos pays ? En 2012, Cyril Dion prend connaissance d’une étude, menée par vingt-deux scientifiques de différents pays, annonçant la disparition possible d’une partie de l’humanité d’ici à 2100. Cette nouvelle fait à peine l’objet d’un traitement de seconde zone dans les médias. Considérant qu’amplifier le concert des catastrophes ne fonctionne pas, il décide de partir, avec l’actrice-réalisatrice Mélanie Laurent et une petite équipe, découvrir à quoi notre monde pourrait ressembler si nous mettions bout à bout certaines des meilleures solutions que nous connaissons déjà dans l’agriculture, l’énergie, l’économie, l’éducation et la démocratie. Villes produisant elles-mêmes leur nourriture et leur énergie, systèmes zéro déchet, entrepreneurs et municipalité créant leur propre monnaie pour empêcher la spéculation et l’accaparement des richesses, peuples réécrivant eux-mêmes leur Constitution, systèmes éducatifs pionniers, ils découvrent partout des femmes et des hommes qui changent le monde. En reliant ces initiatives, ils mettent au jour une nouvelle philosophie, une communauté de pensée entre tous ces acteurs qui ne se connaissent pas. Un nouveau projet de société…

Posted in globe | 3 Comments

Ethan Kross, Marc G. Berman, Walter Mischel, Edward E. Smith, Tor D. Wager

How similar are the experiences of social rejection and physical pain? Extant research suggests that a network of brain regions that support the affective but not the sensory components of physical pain underlie both experiences. Here we demonstrate that when rejection is powerfully elicited—by having people who recently experienced an unwanted break-up view a photograph of their ex-partner as they think about being rejected—areas that support the sensory components of physical pain (secondary somatosensory cortex; dorsal posterior insula) become active. We demonstrate the overlap between social rejection and physical pain in these areas by comparing both conditions in the same individuals using functional MRI. We further demonstrate the specificity of the secondary somatosensory cortex and dorsal posterior insula activity to physical pain by comparing activated locations in our study with a database of over 500 published studies. Activation in these regions was highly diagnostic of physical pain, with positive predictive values up to 88%. These results give new meaning to the idea that rejection “hurts.” They demonstrate that rejection and physical pain are similar not only in that they are both distressing—they share a common somatosensory representation as well.

Posted in human being | 3 Comments

Francisco Sagasti

The present study attempts to provide a frame of reference to examine the prospects for the development of science and technology in developing countries during the first two decades of the 21st century. This essay begins by presenting the main components of the conceptual framework and the outline of an explanatory scheme that would link the various components of the alternative model in an organic fashion. It then offers a brief historical perspective describing the evolution of speculative knowledge, the changes in technology base and the transformation of productive and service activities. The third part examines the emergence of the knowledge society in the second half of the 20th century, describing its main characteristics and implications, before turning to a simultaneous and paradoxical phenomenon: the knowledge divide. Several strategies and policies at the national and international level are proposed for bridging the knowledge divide. This is followed by an analysis of progress and development. The paper concludes by drawing out main directions for developing countries and implications in the post-Baconian age.

Posted in globe | 1 Comment

WIPO

The Digital Solution – Possible Benefits

  • Overcomes barriers that are associated with the traditional methods of moving books;
  • Reduces the cost of knowledge exchange significantly;
  • Overcomes political, physical and tariff barriers;
  • Improves economies of scale;
  • Encourages co-production;
  • Allows quick customisation and convenient archiving;
  • Allows rapid exchange of information and access to opportunities;
  • Improves access to markets and access to knowledge.
Posted in knowledge | 1 Comment