Ryan Giggs

There’s never been completion in my football career because I’ve always been striving for that next thing. You listen to people who have finished and nothing replaces playing, but I’m still excited about not having to put my body through what I’ve put it through. And not feeling the disappointment that I feel.

Posted in globe | 2 Comments

Antonio Tabucchi

It’s the job of intellectuals and writers to cast doubt on perfection. Perfection spawns doctrines, dictators, and totalitarian ideas.

Posted in beauty | 2 Comments

五木寛之

歴史上の人物に関してのさまざまな推測は、ほとんど想像力の産物である。たとえ確実な資料があったとしてもだ。
いちばん当てにならないのが本人の残した資料である。日記、記録、著書、その他の自身の手になるものは、必ずしも真実ではない。思い違いもある。故意に伏せた部分もある。意図的に事実とちがった著述もある。
また近親者、友人、知人、関係者の発言も必ずしも当てにはならない。いや、むしろ主観的な回想が少なくないのである。公的な資料として保存されたものはどうか。最近の政府・官公庁の公式記録が勝手に改竄される例を見ても、必ずしも真実とは言いがたい。

Posted in fact | 1 Comment

Antonio Tabucchi

Philosophy appears to concern itself only with the truth,
            but perhaps expresses only fantasies,
  while
literature appears to concern itself only with fantasies,
            but perhaps it expresses the truth.

Posted in story | 2 Comments

Antonio Tabucchi

I sogni di Dedalo, Ovidio, Apuleio, Cecco Angiolieri, Villon, Rabelais, Caravaggio, Goya, Coleridge, Leopardi, Collodi, Stevenson, Rimbaud, Cechov, Debussy, Toulouse-Lautrec, Pessoa, Majakovskij, García Lorca, Freud. Un libro che è un azzardo, una supposizione e un’ipotesi, e insieme un fervido omaggio a venti artisti amati da uno scrittore di oggi.

Posted in story | 3 Comments

OOHYO

Posted in music | 4 Comments

ふかわりょう

情報を含め何でも過多になりがちなんです。例えば自分の出番がきたら、たくさんコメントしたいと思いますよね。でもたくさんしゃべると、結局何を伝えたいのかが薄れてしまう。だからできるだけ削ぎ落とすことが大切だと思っています。でも、やりすぎると今度は言葉足らずで、誤解を与えてしまうこともあるため、そのバランスが難しいんです。
程よく諦めながら進んでいきたいですね。
いろいろともがくことをやめたら、不思議と浮力のようなものが働いてきたように感じるんです。だから、下手に抗うことなくプカプカと浮かんでいる状態でいられたらいいのかな?なんて思います。よくいえば”気負わず自然体でいる”ということ。

Posted in attitude | 1 Comment

浄妙寺 喜泉庵

Posted in beauty | 2 Comments

ToiToiToi

French Press Coffee
厳選コーヒーをフレンチプレスで味わう

ToiToiToiでは産地にこだわり厳選した豆をご提供しております。

金属のフィルターで濾し、コーヒーの油分まで余すことなく抽出できるフレンチプレスで、コーヒーの素材本来の美味しさを是非味わって下さい。​

​カフェラテやアイスコーヒー等もこだわりの味でご提供致します。

Posted in globe | 1 Comment

Lindsey Ellefson

Even after they were booted out of the World Cup, the Japanese national football team gave us a lesson in grace.
Following their heartbreaking loss to Belgium on Monday, the players left behind a note that said “спасибо” (Russian for “thank you”) in their locker room.
Oh, and they cleaned it up.

Posted in Japanese way | 1 Comment

Claudio Arrau

Posted in music | 3 Comments

Avivah Wittenberg-Cox

With children departing into their own journeys and ever-longer lives stretching out ahead, more mature adults are leaping, unconventionally and aspirationally, at a last chance at love.
Most of the existing literature discourages them. The dominant mantra of books, counsellors and media is that ‘staying together’ is the superior, admirable choice. They insist that romantic dreams of great sex and soul mates are the Disney-esque yearnings of the naively immature. This book argues the contrary. Great relationships are not only attainable; they are a natural and admirable goal for ageing humans.

Posted in love | 2 Comments

Saroj Chadha

Democracy is defined as ‘a form of government in which the supreme power is vested in the people and exercised directly by them or by their elected agents under a free electoral system.’ It is inherent in this definition that any government formed in a democracy will invariably be as per the bidding of the majority population represented by their elected agents (representatives) that they vote for. The majority population, as referred above, will invariably be the sum total of the electorate which will include both majority and minority communities. However it may also be right to say that both, majority votes and majority of the representatives, would belong to the majority community.
The above may lead some to presume that since a democracy relates to majority, the rights and interests of the majority will be protected automatically while those of the minorities may or may not be protected. This is not a right interpretation as it is inherent in a democracy that rights of all must be respected and protected as long as rights of others are not infringed upon. This will include rights of the majority, minorities, individuals, absentees, and common rights of all put together. In view of this it may be judicious to state that ‘democracy is an elected government by the majority where the rights and privileges of all, minorities included, are protected with the will of the majority’.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

Carnegie Mellon University

Posted in technology | 1 Comment

United Nations

Posted in UN way | 1 Comment

鳩森八幡神社

Posted in belief | 3 Comments

英辞郎 on the WEB

「思いやりのある」という言葉から思いつく単語

sympathetic
thoughtful
supportive
kind
caring
sweet
tender
warm
soft
companionable
friendly
likeable
pleasant
agreeable
compassionate
considerate
good-hearted
human
enjoyable
pleasing
pleasurable
nice
satisfying
gratifying
welcome
good
amiable
affable
amicable
lovely
approachable
good-natured
understanding
Posted in happiness | 1 Comment

厚生労働省保険局高齢者医療課

  • フレイルとは,「加齢に伴う予備能力低下のため,ストレスに対する回復力が低下した状態」を表す“frailty”の日本語訳として日本老年医学会が提唱した用語である.
  • フレイルは,要介護状態に至る前段階として位置づけられるが,身体的脆弱性のみならず精神心理的脆弱性や社会的脆弱性などの多面的な問題を抱えやすく,自立障害や死亡を含む健康障害を招きやすいハイリスク状態を意味する.
Posted in health | 2 Comments

Karen Zraick

In the latest sign of the astronomical cost of living in parts of California, the federal government now classifies a family of four earning up to $117,400 as low-income in three counties around the Bay Area.
That threshold, the highest of its kind in the nation, applies to San Francisco, San Mateo and Marin Counties. It’s used to determine eligibility for federal and local housing assistance programs.

Posted in american way | 1 Comment

Edie Weinstein

What are the qualities of a healthy and loving relationship that has sustainability?

  • Trust
  • Accountability/reliability
  • A sense of having each other’s backs
  • Open communication
  • Safety (physically and emotionally and knowing that your partner won’t intentionally harm you)
  • A willingness for each person to do the inner work to help the relationship thrive, rather than expecting the other person to take on the responsibility for you
  • Cleaning up your own messes; or as Reid Mihalko also shares, “Leave the campground better than you found it.”
  • Co-creating the rules for relationship; maintaining them or re-negotiating them
  • Focusing on strengths, as well as awareness of areas that call for improvement
  • Knowing where there is room for adjustment vs. non-negotiables
Posted in american way | 1 Comment

Cheryl Rice

Confusing love with longing happens when we label the painful yet exhilarating sensation of yearning for someone we cannot have as ‘love’. But in fact, that sensation, and the fantasies it fuels, has more to do with the unmet needs of our childhood than true love. And not only that, (and to make matters worse?) that compulsive craving actually distracts us from finding and receiving the available intimacy we deserve.

Posted in love | 2 Comments

カピリナ

Posted in heart | 2 Comments

落合陽一

デジタルネイチャー:
生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂

十分に発達した計算機群は、自然と見分けがつかない
ポストモダンもシンギュラリティも、この「新しい自然」の一要素にすぎない。否応なく刷新される人間と社会。それは幸福の、経済の、民主政治の再定義をもたらす。新たなるパラダイムはここから始まる……!
「我々は、「ゲート」や「つなぎ目」のない世界を生み出し、標準化を多様性で置き換え、個人の幸福や不安といった人間性に由来する強迫観念をテクノロジーによって超越しうる。我々にとって必要なのは、テクノロジーが向かう未来へのビジョンと情熱だ。」

Posted in globe | Leave a comment

Tommy Emmanuel

Posted in music | 2 Comments

mimirin1110

私には、「憧れの人」と「好きな人」両方います。
「憧れの人」: 職場の一回り年上の人なんだけど、すごく仲が良くて、何でも言えて、その時間が心底楽しいと思える。でもその人は既婚者で、最近子供も生まれたばかりで、不倫にも程遠い人。昔の初恋の人にそっくりで、その人としゃべってると、そのときのことも思い出してしまう。目が合うと、目だけで会話したりする。ドキドキするから好きなんだろうけど、いわゆる「男女の仲」には絶対なりたくないかな。何かキレイな存在っていうか、奇麗事でない現実にあって、唯一キレイな部分っていうか・・・でも、既婚者にそんな感情抱いてる時点でもうキレイじゃないんだろうけど(苦笑)。
「好きな人」: 現在の彼氏です。出会ったのは3年前の学生時代の頃なんだけど、色々あって付き合えなくて、最近やっと再会して付き合うようになった人。3年間、彼は私の中では理想の人であり続けたけど、憧れではなかったな。けど、やっぱり付き合うとなったらいいとこ取りじゃなくて、相手の嫌なところとか、生活してる部分とか、決してきれいじゃない部分をたくさん見なくちゃならない。それを承知で一緒にいたいと思えるのが好きなんだと思う。

Posted in love | 1 Comment

紫式部

いづれの御時にか、 女御、更衣あまた さぶらひたまひけるなかに、 いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めきたまふありけり。
はじめより我はと 思ひ上がりたまへる御方がた、 めざましきものにおとしめ嫉みたまふ。 同じほど、それより下臈の更衣たちは、 ましてやすからず。朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、 恨みを負ふ積もり にやありけむ、いと 篤しくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、 いよいよあかずあはれなるものに思ほして、人の そしりをも え憚らせたまはず、世のためしにも なりぬべき御もてなしなり。

Posted in story | 2 Comments

国際教養大学

Posted in information | 2 Comments

成蹊大学

成蹊大学情報図書館には、こんな球体が吹き抜け部分に5つも浮かんでいる。なぜ図書館にこんなものが必要なのか。それは、これまでの常識を破る「喋れる図書館」を追求した結果なのだ。本来、図書館は静粛が基本だが、これは「資料をすぐに取り出せる環境で話し合いたい」という、学び舎ならではのニーズと相反してしまう。しかし情報図書館では、これを「各ゾーンごとに出してよい音のレベルを規定」することによって静粛と会話を両立させている。

Posted in good | 3 Comments

Kenneth A. Tucker

Just as you can use your own talents in a complementary manner, you can develop complementary partnerships that will make use of the talents of others. Imagine for a moment a manager who is very talented as an Achiever, as an Arranger, and as an Activator. She will be driven to accomplish things — that’s Achiever; accomplish them right now — that’s Activator; and she’ll work on several things almost simultaneously — that’s Arranger. At the end of the day, you literally have to wade through what she did, because she worked on so many things, not necessarily in an orderly fashion. To help her keep organized, she partners with a highly focused and disciplined administrative assistant.
But there’s a problem. Every five minutes, she runs to her administrative assistant and says, “Here’s another thing I want you to do.” Because she’s an Activator, she’s going to delegate the tasks as they occur to her. She could drive that highly disciplined, highly focused person nuts, because every five minutes she has a new idea or something new she wants done. And the way she presents it is, “Do this now, too.” The best way for them to work together is to “own” or claim their talents, to be honest about their weaknesses, and to respect the other person in the relationship.

Managing Your Weaknesses (PDF file)

Posted in attitude | 2 Comments

吉野弘

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

Posted in poem | 4 Comments

Gallup

Posted in business | 4 Comments

Thomas J. Sugrue

That history is a reminder that civility is in the eye of the beholder. And when the beholder wants to maintain an unequal status quo, it’s easy to accuse picketers, protesters, and preachers alike of incivility, as much because of their message as their methods. For those upset by disruptive protests, the history of civil rights offers an unsettling reminder that the path to change is seldom polite.

Posted in american way | 1 Comment

井之上パブリックリレーションズ

井之上パブリックリレーションズでは、「パブリック・リレーションズ(PR)とは、個人や組織体が最短距離で目標や目的に達する、『倫理観』に支えられた『双方向性コミュニケーション』と『自己修正』をベースとしたリレーションズ活動である」と考えています。
また、経済、政治、文化において急速にグローバル化が進行する中で、民族や文化、言語、宗教、国境を超えてステーク・ホルダー(利害関係者)とのリレーションシップ・マネジメントを実践するパブリック・リレーションズはグローバルビジネスの基盤ともなります。

Posted in information | 2 Comments

Symantec

We deliver innovative products and services to our customers and stand ready to resolve any technical issues that may arise. Our online user communities and discussion forums also serve as an important resource for product applications. We instill our brand vision, mission, and values into every product support interaction. When customers contact us, we carefully track how well we’re doing to build trust, loyalty, and a sense of delight. We review all feedback and we follow up with customers who provided low scores to see if we can address their issues. We use this feedback to drive improvements in product quality and support transactions.

Posted in attitude | 2 Comments

閑吟集

花の錦の下紐は 解けてなかなかよしなや 柳の糸の乱れ心 いつ忘れうぞ 寝乱れ髪の面影

新茶の茶壺よなう 入れての後は こちゃ知らぬ こちゃ知らぬ

何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ

我が恋は 水に燃えたつ蛍々 物言はで笑止の蛍

思ひの種かや 人の情

ただ人は情あれ 朝顔の花の上なる露の世に

恨みは数々多けれども よしよし申すまじ この花を御法の花になし給へ

Posted in globe | 2 Comments

United States Government Accountability Office

According to experts, artificial intelligence (AI) holds substantial promise for improving human life and economic competitiveness in a variety of capacities and for helping to solve some of society’s most pressing challenges. At the same time, however, AI poses new risks and has the potential to displace workers in some sectors, requires new skills and adaptability to changing workforce needs, and could exacerbate socioeconomic inequality.

Posted in american way | 1 Comment

GAO Forum on Artificial Intelligence (AI)

Implications of Artificial Intelligence (AI) for Policy and Research

Posted in technology | 3 Comments

Otis Redding

Posted in music | 1 Comment

Catriona Pollard Communications

Public Relations is all about effective communication whether it’s between an organisation and its target audience or between a person and the people they want to influence.

Posted in globe | 1 Comment

Public Relations Society of America (PRSA)

Public relations is a strategic communication process that builds mutually beneficial relationships between organizations and their publics.

Posted in information | 1 Comment

Chartered Institute of Public Relations (CIPR)

Public Relations is about reputation – the result of what you do, what you say and what others say about you.

Public Relations is the discipline which looks after reputation, with the aim of earning understanding and support and influencing opinion and behaviour. It is the planned and sustained effort to establish and maintain goodwill and mutual understanding between an organisation and its publics.

Posted in information | 1 Comment

三浦恵次

困ったことに、日本人には PR ということがわからない。「弘報」「報道」「情報」「渉外」「秘書」という字が当時 PR に充てられた日本語であった。
GHQ は、1949年の夏、CIEO 主催による日本で初めての広報講習会(PR 技術研修会)を開催し、政府がその活動についての情報をいかに円滑に国民に伝えるかということを示そうとした。この講習会の記録「広報の原理と実際 (Principles and Techniques of Public Information in Japan)」には、インフォメーションとしての広報が強調されている。しかしそこでの原理は、アメリカという社会を基礎としているものであって、それまでの日本における「天皇の官吏」としての政府・政府機関、あるいは国民を前提にしてのものではなく、更にはそれらを問い直すことも示されなかった。特殊な状況下にあった日本政府・国民という考えが抜け落ちたまま、アメリカの社会を前提にして、話が進められたのだ。そしてまた、日本側は、日本の特殊性の中でしか物事をとらえることができない状況、つまり「官」と「公」を認識できない状況だったのである

Posted in information | 1 Comment

日本パブリックリレーションズ研究所(JPRI)

PR目標と対象(ターゲット)の設定ができると、いよいよ戦略の構築に入る。PR戦略を構築することにより、何(PR目標)を、誰(対象(ターゲット))に対して、どのような方針(戦略)でコミュニケートしていくのかという、パブリック・リレーションズ活動の骨格が形成されることになる。
PR戦略を構築することは、設定したPR目標を、倫理観を支えに対象(ターゲット)に対してコミュニケートするための方針を確立させることであり、これによって、次のプロセスである「PRプログラムの作成」の具体的内容が決定され、さらに次の「インプリメンテーション」への流れを方向づけることになる。

Posted in information | 1 Comment

Association for Diplomatic Studies and Training (ADST)

Interested in a particular country or subject? Go beyond the experiences of simply one diplomat with Country and Subject Readers.
These Readers consist of relevant excerpts from individual oral history interviews arranged in approximate chronological order. They are designed to give users an overview of U.S. relations with a country or policy on a specific subject, as seen by those who dealt with it from Washington or in the field. The Readers offer unique insights over decades, though they may not provide full chronological continuity.

Posted in american way | 3 Comments

大柴ひさみ

日米間のビジネス、マーケティング、コミュニケーションの違いは、さまざまな機会で実感することが多いが、同じ日に日米の「PR(Public Relations)」業界の人間とミーティングを持ち、そのプラクティスと姿勢の違いに非常に驚いた。
まず最初に地元サンフランシスコでテクノロジーに特化したIndependentのPR Agencyと、ポテンシャルのプロジェクトに関してミーティングを持った。印象的だったのは「Thought Leadership」というアプローチによるPR活動である。日本ではあまり耳にしない言葉だが、米国では、マーケティング、コミュニケーション、PRなどの業務をたずさっていれば、必ず耳にするアプローチである。

「Thought Leadership」とは、単なる自社商品やサービスに関する情報ではなく、発信者が属する特定の分野において、将来を見据えたテーマや課題の解決策などを提案して、議論を巻き起こすというコミュニケーション活動をいう。発信者は、そうしたConstructiveなコンテンツを発信することによって、そうした情報に関心を持つメディアおよびそのオーディエンスとエンゲージが図れて、その分野においてReputationを獲得することが可能となる。

そのミーティングの後に、日本のテクノロジー関連のPRのベテランに、日本のPRの実情を聞いたが、そのリアリティに、唖然としてしまった。そのベテランに言わせると、昨今の日本の「Traditional あるいはConventional なメディア」は、従来型の広告出稿が減少する現状の中で、PRエージェンシーやクライアントに、最初から「枠」扱いで値段をつけて、自社のイベントやコンテンツを「広告媒体」のように販売し、従来型の広告の埋め合わせをしているという。もちろん、私もそんなにナイーブではないが、彼からその詳細なやり方を聞くと、そこまでするのかと思うほどだった。

Posted in business | 3 Comments

Wendy Marx

A thought leadership strategy is a blueprint for industry success. Not only does it boost your credibility, but it also puts your brand on the map. But thought leadership doesn’t happen overnight. It takes careful planning to position yourself as an industry star.
PR and thought leadership strategy go hand in hand. In fact, public relations is a key way to carve out your strategy and attain thought leadership status within your industry.

Posted in globe | 1 Comment

八巻和彦

壮大な転換期に違いない現代の世界を、構造的にとらえ、新しい世界のヴィジョンを描くことは可能だろうか。グローバリズムとナショナリズムの台頭、IT社会と格差社会、大きな物語の崩壊と断片化する知識 ……。

15世紀中世、旧世界の破局を目の当たりにしたニコラウス・クザーヌスの格闘を鏡として、今日のさまざまな破綻の様相を照らす。古い神学体系に抗い、近代への転回を促したとされるクザーヌスの思想の秘密はどこにあったのか。

Posted in perception | 1 Comment

八巻和彦

 これまで述べてきたようなわれわれの生きている世界の状況によって,われわれはこれまでの人類が経験したことがないほどに頻繁に多種多様な〈なじみのないもの〉,〈異いなるもの〉(E.: strange; F.: étrange; D.: fremd)と遭遇せざるをえない。それは,人や物だけではなく,技術や情報,状況でもある。しかし人間は〈なじみのないもの〉に対しては,生命体としての自己保存本能から自ずと警戒感と恐れを抱き,場合によっては敵意さえも抱くことになる。それは,子どもに顕著であるが,大人であっても精神的に余裕のない状態にある場合には,あるいは自身を取り巻く状況を客観的にながめることができない人は,容易にそのような状態に陥る。これは人々に強い不安感を醸成し,ひいては社会全体を不安定にしかねない危険性をはらんでいる。
 なぜならば,その不安感はそれを解消(解決)するためのはけ口を身近かに存在する〈なじみのないもの・異なるもの〉に求めると共に,そうすることで逆に自己の存在を絶対的に肯定しようとするショーヴィニズムを容易に育むからである。
 この具体例を20世紀前半のヨーロッパに見出すことができる。当時,急速な資本主義社会化とそれを基礎で支える役割を果たした近代の科学・技術の荒波にもまれたヨーロッパの人々は,自分たちの不安感と苦境の原因を身近に存在する〈異なるもの〉としてのユダヤ人になすりつけて,彼らを社会から排除するばかりか抹殺しようとさえしたのである。これは,E.フロムが有名な著作『自由からの逃走』において活写している通りである。
 そして現代欧米では,その市民が抱く不安感と直面する苦境の原因がどこに求められようとしているのだろうか。自己の社会内に暮らしているイスラーム教徒(ムスリーム)に対して,そのような悪意と疑いの眼差しが向けられてい るのではないだろうか──自分たちの社会の必要性によって招き入れたムスリームなのであるにもかかわらず。また,東アジアの日本と韓国と中国では,相互に相手をそのように見立てようとしているのではないだろうか──広く視野を取れば,お互いに文化的には極めて近いことが容易に見出せるにも関わらず。
 いずれにしても,プリミティヴな防御反応に過ぎないのであるが,あなどることのできない危険性をはらむ心理状況である。

Posted in change | 1 Comment

八巻和彦

 現代では,輸送技術と通信技術の驚異的な発達によって,誰でもが「自分の生きる世界」の拡大を実感せざるをえなくなっている。
 具体的に言えば,上述の労働市場の拡大に伴う自己の地位の不安定化の原因になっている事態であり,また,日々使用する食料や物資が遥か遠くの国から 運ばれてきたものであるという事態である。つまり自分の生を支える世界がやみくもに拡大しているという実感である。
 同じ理由によって,逆に自分が生まれ育った場所でさえも,将来にわたって自分の慣れ親しんだものとして存在し続けるという展望をもちにくくなっている,という事態も生じている。
 この両方の事態の結果としてわれわれは,あたかも一人の幼い子どもがいきなり広い舞台に連れ出されたような感覚をもつようになっている。つまり,自分の立ち位置が分からない不安と恐れである。
 そもそも人間は誰でも,自分なりの原点を確保し,それを基にして世界についての自分なりの座標を描くことで,安心して生活しているものである。しかし現代ではその座標が描きにくくなっている。広大な世界のなかで自分の居場所を確保できないだけではなく,自分の故郷(Heimat)に居てさえも故郷に居るような気がしない,つまり居心地の悪さ,不気味さ(unheimlich)を感じさせられることが多くなっているのである。つまり,われわれはいわば故郷を失った者として,根こぎされた者(dérasiné)として生きることを余儀なくされつつあると言うことができよう。
 この心理状態は,アイデンティティの喪失感という,より深刻な問題を惹起する可能性が強い。そして,この喪失感を埋めるために,「宗教復興」とか「スピリチュアリティ・ブーム」と称されるような現象が人々の間で生じているとみなせるだろう。

Posted in change | 1 Comment

八巻和彦

 通信技術の発達によって,われわれは好むと好まざるとにかかわらず,世界中の多様な情報にさらされている。しかし,人間にとって意味をもつ情報量,あるいは処理可能な情報量は限られているはずである。それを超えると,情報としての意味はなくなり,たんなる雑音(ノイズ)となる。だが,ノイズによってもわれわれの感知能力は消耗させられるから,その結果,感知能力がほとんど麻痺して,逆に自分にとって必要な情報にさえも適切な応答ができなくなるという状況が生じてくる。
 最近では IT 技術の進歩により,音声情報や画像情報もふんだんにわれわれに提供されるようになっている。しかし,文字情報に比べると,音声情報,さらに音声を伴った画像情報は,それをコンピュータに記憶するに際して必要とする記憶容量の増大に比例するような形で,より強くわれわれに作用するのであり,それに比例する形でわれわれは自分の感知能力を消耗させられているのである。
 さらに現代では,これらの大量な情報がコンピュータの同一の画面上に現われることによる問題も生じているということを指摘する必要がある。つまり,自分の前にある画面上に,多様な情報が次々と出現する。その情報は,一冊の書物のように一見して判明な順序をもって並んでいるわけでもなく,ましてや,新聞紙上のように一般的な重要性の順序に従って配列されているわけでもない。信憑性の不明な多くの情報源(発信源)に由来する多様な情報が,同じサイズの画面に現われるだけである。
 つまり,われわれが接する多様で大量な情報が自分にとってどれだけの価値があるのかということは,自分自身が判断しなければならないのである。これは大きな自由を手に入れていることではあるが,しかし,この事態はわれわれにとって常によいことであるわけではない。われわれは自分の判断力に自信をもてないことが少なからずあるからである。かつては,そういう場合のために「評論家」という存在が居た。彼らは,紙面上に登場し,その情報の価値を判断して読者に知らせてくれる特権的な読者であった。しかし,インターネットが卓越する現在の情報世界では,誰でもが発信者になりうるので,個々の情報の判定者の役割を果たしてくれる存在を適確に見つけることはむつかしい。その情報の信憑性を自身で判断しなければならなくなっているのである。これも大きな不安要因となる。われわれは,「ネットサーフィン」をすることによって,遊んでいるどころか,適切なナヴィゲーションの存在しないままに情報の「大海原」を漂流することになりかねない状況にあるのだ。
 さらにわれわれには,情報の洪水にさらされているうちに,本当は真相を知っているわけではないことを,あたかも知っているかのように錯覚する傾向が生じる。〈量〉の多さが〈質〉を決定するという,古典的なプロパガンダ技術によって生じさせられる深刻な誤解や錯覚である。

Posted in change | 1 Comment

八巻和彦

「科学・技術」が世界中を覆うようになったことで,物的資源のみならず,本来はそれを利用して生きるはずの人間が,それも世界中の人間が同じ一つの規準でくくられた上で,「人的資源」とみなされるようになった。この結果,現在では様々な分野における人間同士の競争が,歴史上かつてなかったほどに熾烈に展開されている。
 具体的に説明するならば,以下のような競争の側面が存在している。先ずは,人が人と競争するという場面である。

  1. 競争する相手の数が無限大になりつつある。これの見やすい例はスポーツ界である。「科学・技術」の進歩によって,今やスポーツ選手の能力の比較が地球規模で可能になり,より有力な選手はいっそう有利な条件で契約できるが,少しでも劣った選手は契約から排除されるという状況が生じている。同様な競争があらゆる分野で生じつつある。その結果,ある時点で競争の頂点に立った人でさえも,次の契約時には地位を失う可能性を想像できるので,安心してはいられないのである。
  2. 次に,「人的資源」間に見出されるわずかな差異さえも「科学・技術」を利用して数値化されることで,「違い」が歴然と示され,その結果,「劣った」数値の帰せられる人物が労働市場から排除されることが合理化されやすいという傾向が生じている。つまり,「合理的に敗者と判定される」という場面が生じやすくなっており,「敗者」と判定された人々には社会の中で逃げ場がないという事態が生じているのである。
  3. さらに,上の⑴で述べた状況から生じる,人が機械と競争させられるという側面がある。先ずそれは,同じ労働について人間が機械との間で,能率性をめぐって競争させられるということである。そればかりではなく,機械を使用している労働者が,機械の反応の速さに応じて自らの作業を速くしなければならないという意味での競争もある。これは,上述の「機械に使われている」という状態の一種ともみなせるのであるが,当人はそのように意識することなく,より効率的に成果を出そうという前向きの姿勢をもって働いているのに,気づいてみると大きなストレスを得ているという状況である。
  4. すぐ上で述べたこととも密接に関わるが,現代では人が時間(機会)と厳しい競争をさせられることが多い。その典型例は,労働現場で作業の合理化を進める際にストップウォッチによって労働者の作業を測定する光景に見出すことができる。これは,生命体としての時間(意識)とは別の物理的時間によって人間の日々の生活が制御されていることになる。これも人間に大きな不安を生み出す要因である。
Posted in change | 1 Comment

八巻和彦

 人間はたしかに数学のような精緻な世界を構築することが可能な存在であるが,自分自身の生き方をそのように精緻なものとして実践することは不可能である。また,数学の応用版ともみなしうる「科学・技術」一般は,たしかに数学ほどに精緻に構築されたものではなく,それゆえに一般の人間にとっても利用可能な側面をもつのではあるが,それでも,人間が科学・技術の「進歩」に即応して生き方を変えることは,常に誰にでも可能であるというわけではない。
 このような齟齬は,科学・技術が卓越的に機能する社会に生きる人々に不安感を醸成させる。生活が便利になることは歓迎できるが,その便利さを自分の制御の下におくことができないもどかしさが不安に転じている,と言うこともできよう。その主たる原因は,科学・技術が発展すればするほど,一般人にとっては,それが機能するメカニズムやシステムがブラックボックス化して理解不能になるからである。
 さらに,科学・技術の発展は労働現場での機械化を促進し,労働に携わる人々は機械に使われているという感覚に襲われやすい。そればかりか,機械の機能についていけないことは,自らの労働者としての地位を失うことを意味するという理解が成立する。既にほとんど死語となるほどに普遍化した「オートメイション化」は,実際に大量の労働者を不要な存在とした。つまり,その領域での失業者を増やしたのである。
 以上のような状況は,19世紀初頭にイギリスに発生したラッダイト運動に類似した心理状態を,現在,世界中で生み出しているとみなすことができよう。

Posted in change | 3 Comments

Manhattan Project “Metallurgical Laboratory”

Scientists have often before been accused of providing new weapons for the mutual destruction of nations, instead of improving their well-being. It is undoubtedly true that the discovery of flying, for example, has so far brought much more misery than enjoyment or profit to humanity. However, in the past, scientists could disclaim direct responsibility for the use to which mankind had put their disinterested discoveries. We cannot take the same attitude now because the success which we have achieved in the development of nuclear power is fraught with infinitely greater dangers than were all the inventions of the past.

Posted in american way | 2 Comments

安岡正篤

我々の生活を支配しておる、あるいはその内容を成しておるこのエネルギーの作用には、潜在エネルギーと顕在エネルギーの二種があるのであります。
我々の体格とか肉づき、栄養といったようなものは、これは現われておるエネルギーであります。ところが、そのように現われ、明らかに外面に出ておるエネルギーは、その人に存する全エネルギーの極めて一小部分でありまして、むしろ顕在エネルギーよりも潜在しておるエネルギーの方が遥かに強い力、大きな存在であるのであります。それはちょうど氷山と同じことで、水面に現われておる部分はごく一小部分であって、水面下に潜在しておる部分の方が、少なくとも水面に現われているものの八倍くらいはある。そこでうっかりしてよく氷山にぶつかって船が沈没するそうであります。それだけ潜在面が大きい。我々の潜在エネルギーも、このような非常に強い力を持っておるのであります。
ところが、見かけはまことに弱そうに見えながら、何かやらせると非常に精力的な不屈不撓の人もおります。これは顕在エネルギーは貧弱であるけれども、氷山みたいに潜在エネルギーが旺盛なのです。どうも人間は自然の物質よりも複雑で、どちらかというと、見てくれのいい人よりも、見てくれのさほどでない人に潜在エネルギーの旺盛な人が多いものであります。「柳に雪折れなし」などというのも、そういう意味において相通ずるものがあります。
歴史を見ましても、英雄とか哲人とかいわれる人に、案外見てくれのそれほどでない人が多いものであります。

Posted in human being | 2 Comments

Gardiner Harris

The United States withdrew from the world’s most important human rights body in protest of its frequent criticism of Israel’s treatment of Palestinians. It was the latest effort by the Trump administration to pull away from international organizations and agreements that it finds objectionable.
It was the first time a member has voluntarily left the United Nations Human Rights Council. The United States now joins Iran, North Korea and Eritrea as the only countries that refuse to participate in the council’s meetings and deliberations.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

BBC

Posted in human being | 1 Comment

VPRO

Posted in human being | 1 Comment

Yuval Noah Harari

The milder forms of nationalism have been among the most benevolent of human creations. Nations are communities of millions of strangers who don’t really know each other. For example, I don’t know the eight million people who share my Israeli citizenship. But thanks to nationalism, we can all care about one another and cooperate effectively. This is very good. Some people, like John Lennon, imagine that without nationalism, the world will be a peaceful paradise. But far more likely, without nationalism, we would have been living in tribal chaos. If you look today at the most prosperous and peaceful countries in the world, countries like Sweden and Switzerland and Japan, you will see that they have a very strong sense of nationalism. In contrast, countries that lack a strong sense of nationalism, like Congo and Somalia and Afghanistan, tend to be violent and poor.

Posted in human being | 1 Comment

Yun Ha-rim

Posted in happiness | 1 Comment

信夫克紀

誰もが、物事を前に進めるためには、何かを「する」べきだと、自然と考えていますよね。さらに、心の奥底で、何かを「する」ことが良いことで、何かを「しない」ことは、なまけている、だらしない、といった思い込みが焼きついているのではないでしょうか。
確かに、現代の日本の社会には、何かを「する」ことばかりが推奨され、何かを「しない」と叱咤激励される風潮が根強く残っていると思います。そのためか、何かを「する」努力、何かを「する」ための方法、何かを「する」ことのメリットを説く情報は、たくさんあふれています。逆に、何かを「しない」努力、何かを「しない」ための方法、何かを「しない」ことのメリットを教えてくれる情報は、ほとんど見あたりません。
何かを「する」ことばかりに気をとらわれてしまうことは、心身の悩みをさらに深刻にしてしまう危険があります。それは、足を骨折した人が無理に走り続けて転んでしまい、さらに骨折をひどくしてしまうようなものではないでしょうか。

Posted in attitude | 1 Comment

ESPN

Posted in globe | 1 Comment

日建設計

耐震構造 制振構造 免震構造


Posted in technology | 1 Comment

エリザベス・キューブラー・ロス

Posted in health | 1 Comment

도깨비

함께 한 시간 모두 눈부셨다.
날이 좋아서, 날이 좋지 않아서, 날이 적당해서.
모든 날이 좋았다.

Posted in dream | 2 Comments

Elisabeth Kübler-Ross

We all know intellectually that we don’t have forever. We also know we can’t do it all. But intellect does not inform matters of the heart. Regrets are of the heart, the yearning for more and the chance to always do it better. Regrets will always belong to the past. And death has a cruel way of giving regrets more attention than they deserve.

Posted in heart | 2 Comments

田口久人

女性にとって会話は心のやりとりだが
男性にとって会話は情報のやりとり
女性は考えがまとまらないから話し
男性は考えがまとまったら話す
女性はすべて聞きたいと思うが
男性はすべて話す必要はないと思う
女性は悩みを聞いて欲しいだけなのに
男性は悩みを解決しようとする
女性は言わなくてもわかって欲しいのに
男性は何も言われなければ大丈夫だと思う
だからいつまでも男女はすれ違う

Posted in poem | 1 Comment

吉野弘

母は
舟の一族だろうか。
こころもち傾いているのは
どんな荷物を
積みすぎているせいか。

幸いの中の人知れぬ辛さ
そして時に
辛さを忘れている幸い。
何が満たされて幸いになり
何が足らなくて辛いのか。

舞という字は
無に似ている。
舞の織りなすくさぐさの仮象
刻々 無のなかに流れ去り
しかし 幻を置いてゆく。

――かさねて
舞という字は
無に似ている。
舞の姿の多様な変幻
その内側に保たれる軽やかな無心
舞と同じ動きの。

器の中の
哭。
割れる器の嘆声か
人という字の器のもろさを
哭く声か。

Posted in poem | 3 Comments

新・全国の放射能情報一覧



Posted in Japanese way | 3 Comments

Jヴィレッジ


Posted in Japanese way | 1 Comment

Francis Jammes

Lorsque je serai mort, toi qui as des yeux bleus
couleur de ces petits coléoptères bleu de feu
des eaux, petite jeune fille que j’ai bien aimée
et qui as l’air d’un iris dans les fleurs animées,
tu viendras me prendre doucement par la main.
Tu me mèneras sur ce petit chemin.
Tu ne seras pas nue, mais, ô ma rose,
ton col chaste fleurira dans ton corsage mauve.
Nous ne nous baiserons même pas au front.
Mais, la main dans la main, le long des fraîches ronces
où la grise araignée file des arcs-en-ciel,
nous ferons un silence aussi doux que du miel ;
et, par moment, quand tu me sentiras plus triste,
tu presseras plus fort sur ma main ta main fine
– et, tous les deux, émus comme des lilas sous l’orage,
nous ne comprendrons pas… nous ne comprendrons pas…

Posted in poem | 3 Comments

前田恵一

世界はグローバル化し、AIやロボットの急速な発達により人工知能が人間の知能を超え、シンギュラリティの時代を迎える。

  • Volatility (変動性)
  • Uncertainty (不確実性)
  • Complexity (複雑性)
  • Ambiguity (曖昧性)

「VUCA」と言われる“答えのない”時代。

日々のニュースを見ても、政治も社会も経済も、予想外の事象が次々に起こり、 君の将来はもちろん置かれている環境の行く末も、明日どうなるか誰もわからない。
そんな激動の時代に「君たちはどう生きるか?」

社会を変革する意志がある者たちよ。
“時代を生き抜くためのビジネス教養”を徹底的に鍛え上げ、自らの意志で、自らの未来を切り開け。

Posted in change | 2 Comments

HEART & DESIGN FOR ALL

Posted in human being | 2 Comments

Delphine Bernard-Bruls

Posted in time | 1 Comment

広瀬弦

申し訳ないんですが、親の老いと言われても、あの人、最後まですごく元気だったんですよ。口が達者で、病院でもけんかばかりしていました。あの世にいる今でもきっと、自分が死んだなんて思っていないんじゃないかな。
そもそも、僕はずっとあの人のことが嫌いだったんです。自分でもどこかの雑誌で「私はダメな母親だった」と書いていた通り、母親としてはあんまり褒めるところがありません。とにかく、わがままで、子どもの僕にも言いたい放題。

Posted in story | 1 Comment

佐野洋子

 100万年も しなない ねこが いました。
 100万回も しんで,100万回も 生きたのです。
 りっぱな とらねこでした。
 100万人の 人が,そのねこを かわいがり,100万人の
人が,そのねこが しんだとき なきました。
 ねこは,1回も なきませんでした。

Posted in story | 3 Comments

世界銀行

世界銀行は、2030年までに極度の貧困を世界全体で3%まで減らす、また、全ての途上国で所得の下位40%の人々の所得拡大を促進する、という2つの目標を掲げており、貧困に関するさまざまなデータを収集・分析しています。
※世界銀行は、2015年10月、国際貧困ラインを2011年の購買力平価(PPP)に基づき、1日1.90ドル(2015年10月以前は、1日1.25ドル)と設定しています。

世界の貧困率および貧困層の数
貧困率 1990年:35.3% 2013年:10.7%
貧困層の数 1990年:18億6400万人 2013年:7億6800万人

Posted in globe | 1 Comment

Albert Camus

Du port obscur montèrent les premières fusées des réjouissances officielles. La ville les salua par une longue et sourde exclamation. Cottard, Tarrou, ceux et celle que Rieux avait aimés et perdus, tous, morts ou coupables, étaient oubliés. Le vieux avait raison, les hommes étaient toujours les mêmes. Mais c’était leur force et leur innocence et c’est ici que, par-dessus toute douleur, Rieux sentait qu’il les rejoignait. Au milieu des cris qui redoublaient de force et de durée, qui se répercutaient longuement jusqu’au pied de la terrasse, à mesure que les gerbes multicolores s’élevaient plus nombreuses dans le ciel, le docteur Rieux décida alors de rédiger le récit qui s’achève ici, pour ne pas être de ceux qui se taisent, pour témoigner en faveur de ces pestiférés, pour laisser du moins un souvenir de l’injustice et de la violence qui leur avaient été faites, et pour dire simplement ce qu’on apprend au milieu des fléaux, qu’il y a dans les hommes plus de choses à admirer que de choses à mépriser.

Posted in human being | 4 Comments

北川悦吏子

正人:うん。そういうの聞くとなあ ああ女の子だなあなんてキュンとするんだよね。
律 :そんなんだから何人にもなっちゃうんだよ彼女が。
正人:てかさあ 犬飼うとするじゃない?
律 :うん。
正人:で 新しい犬来ました。前の犬 捨てる?
律 :いや。
正人:なっ。俺、そこ、わかんないんだよ。増えてくじゃん、犬。なんで女の子は、増えちゃだめなの?

正人:今、この子を抱きしめたら、絶対好きになる。抱きしめてチューしたら、もう100%好きだよ。
律 :そいでいいじゃん。恋愛ってそういうもんじゃん。
正人:自分さ、律みたいなまじめな人には分からないかもしれないけど、遊んでいるっていう感覚なくて。あー、かわいいな、好きだなと思って付き合うと、どんどんどんどん…
律 :わかった、その先はわかった。どんどん増えていっちゃうんだよな、女の子が。
正人:うん。
律 :犬みたいに。
正人:うん。
律 :新しい犬飼って、次の犬が来たから、前の犬捨てる人いないっていう理屈は前に聞いた。

律 :人間と犬が一緒はまずいんじゃないの?
正人:そっか。でも両方に愛あるよ俺。

Posted in story | 1 Comment

Lars Svendsen

Plurality in the field of fashion is not least a product of the enormous amount of visual information that bombards us every day. Susan Sontag claims that a society becomes modern when one of its main activities is to produce and consume images. In that case, we are close to living in the most modern of all possible worlds. All of us have become ‘image junkies’, as Sontag puts it. According to Hal Foster, we are unable to escape the logic of the image, because images both create a loss of reality and at the same time give us something – namely new images – that enable us to soften or deny this loss. The image becomes a substitute for reality. Hannah Arendt writes: ‘The reality and reliability of the world rest primarily on the fact that we are surrounded by things more permanent than the activity by which they were produced, and potentially even more permanent than the lives of their authors.’ Conversely, a world where the lifespan of things is completely at the mercy of the whims of fashion is an unreal and unreliable world. For Lipovetsky, fashion becomes the life-guide, because it trains us to live in a world where everything is constantly changing. Viewed this way, fashion ought to be an ideal life-guide for a world whose premises it has set itself. The question is whether it really can fulfil such a role.

Posted in beauty | 1 Comment

松永伸司

美的なダメ出しをすることになんの理由があるのか? 良いものを選別すればいいのであって、だめなものは放っておけばいいのではないか? 答えは単純だ。われわれは、肯定的な批評も否定的な批評も両方必要としている。成功から学べるものと同じくらい失敗から学べることはある。
対象がなんであれ、あらゆる批評の本質的な側面は評価だ。ちゃんとした批評は、評価を理由によって裏づけなければならない。記述は、ある創作物がどのようなものか、その諸部分がどのように互いに関連しあっているかを読者に伝えることだ。記述は、批評の他の側面の基礎になる。比較は、異なる創作物同士の類似と差異を指摘することだ。文脈化は、その作者が以前に作った作品、その着想源、より広い文化的状況といった枠組みのなかに当の作品を位置づけることだ。解釈は、この創作物の意味や重要性はなんなのかという問いに答えようとすることだ。これらの批評要素は、結局のところ評価の材料になるものだろう。それらは、理由づけられた評価のための土台を批評家に与えるものだ。

Posted in learning | 1 Comment

James Elkins

It is notoriously true that art historians virtually never look at the Journal of Aesthetics and Art Criticism, the British Journal of Aesthetics, or the Zeitschrift für Aesthetik—not to mention the twenty-odd other aesthetics journals published throughout the world. Most developments of interest to art history are reported in its own journals, and when artists are discussed in the pages of aesthetics journals, the essays are not consistently cited in subsequent art historical literature.

Imagine two societies that live on distant islands—call them Ah and Ae. (“Ah” for art history, “Ae” for aesthetics.) Although they are neighbors in their archipelago, they are very far apart, so that they are just barely visible to one another in good weather. One day, a trader arriving from Ah carries with him a request from the people on Ah for a picture of their own island as it appears from Ae, and he brings with him a picture that had been made on Ah, purporting to show the island Ae. No one on Ae recognizes the odd shapes in the drawing, but they comply anyway, and after a time the trader returns with the message that no one on Ah recognized their island in the strange picture sent over from Ae. People on the two islands study the drawings, and conclude that it is probably best to stay where they are, since the people on the other island clearly can’t draw, and they may not even be able to see straight. For diplomacy’s sake they even send some letters back and forth, arguing about whose representation is worse, and they end up deciding that the members of the opposite tribe have no idea how to talk about pictures to begin with.

Why Don’t Art Historians Attend Aesthetics Conferences? (PDF file)

Posted in attitude | 2 Comments

Ali Jahanian

Unlike visual arts where the main goals may be abstract, visual design is conceptualized and created to convey a message and communicate with audiences. This is a key but subtle difference between visual arts and visual design. In fact, it is a critical measure of success in applied arts along with the visual appeal of the design. A design message has to be conveyed at first glance. Studies suggest that designers need to make a good first impression only in some few milliseconds, and this impression deals with expressive aesthetics, which is a matter of visual appeal by itself.

Posted in difference | 1 Comment

あざなえるなわのごとし

もともと人間の情動は定量化できない。 なぜかと言えば人間の脳や感性は全ての個体が等質ではないし、同じものを見て誰かは「気持ち悪い」と感じ誰かは「カワイイ」といい誰かは「格好いい」という可能性は充分にある(もちろん感性をアウトプットする感覚言語の選択の問題である可能性は鑑みた上で)。
キティちゃんはカワイイ。 ではそのかわいさは林檎何個分か?という定量化はできない。 仮にキティちゃんがリンゴ3個分カワイイとして(この時点でおかしいが)、では橋本環奈の可愛さはリンゴ何個分か?と他に適用するのも難しい。 ひとつの定規を他に対しても適用し比較するのが定量化だが、感性や感覚は絶対的ではないからこそ定量化できない。 感覚とは、対象の絶対値ではない。 あくまで受け取り手により一程度変動する曖昧なものでしかない。
そもそも言語は、脳内の概念を定量的に置き変えるための擬似的な手段でしかない。 強力ではあるが、絶対的なツールではない。 共通コミュニケーションの手段であり、かつ人間の膨大な思考を擬似的に捕まえるためのツール。 人間の内的世界の抽象を、外的に定量化するための文字や数字に還元することは難しいし、出力した時点でそれは内的な抽象と等価ではない。
人間は0や1を入力すればそのまま0や1で出力する単純な仕組みではない。 感想、批評だと言うが、ひとつの物語・作品に含まれる膨大な情報の中のごく一部だけを、独りの人間が己の感性という装置を通し、さらに言語に変換したものはその人間のものでしかなく、作品とは関係ない。 作品が良いか悪いか? それはその作品を同じように観るしかない。 個々の感性により判断は異なり、価値もまた然り。 「誰かが○○と感じた作品(物語)だからそういう風に考える可能性が高いだろう」という目安にはなるが。
仮に可能であれば、作品を見ている脳の電位を直接計るしかないだろうが、それにしろさまざまなノイズが多く(少しでも他のことを考えればそれがノイズになりえる)実際的ではないだろう。
人間の美的感覚というのは定量化できず感覚を計るのに感覚を持って行うからこそ抽象的。 ファッションは、文字言語化できない感覚的な抽象を言語や数字などの言語記号に変換せず、直接的に形として表現し心理的効果として昇華したもの。

Posted in human being | 2 Comments

Journal of Neuroscience and Neuroengineering

Journal of Neuroscience and Neuroengineering deals with all branches of neurosciences and engineering including neurobiology, neurochemistry, neuroanatomy, regenerative medicine, brain-computer (machine) interface, cognitive neuroscience, neural engineering, neuro-electronics and neural circuits/interfacing, neuroimaging using various modalities such as electroencephalography, ultrasound, x-rays computed tomography, magnetic resonance, fluorescence and optical microscopy, molecular and cellular neuroscience, neuro-immunology, neuro-oncology, neuro-pharmaceutics, neuro-physiology, neuropsychology, neuroprotection, neuroradiology, neuroregeneration, brain disorders and diseases, cerebrovascular disease, cerebrovascular/gene regulation, neurosensors, neurosurgery, neurotransmitters, nanoscale neuroscience, novel techniques for neuroscience applications, medical engineering technologies for nervous system, neurochips, biomedical engineering, rehabilitation, systems neuroscience/biology, laser and optoelectronics technologies for neuroscience applications, theoretical and computational neuroscience, metabolic networks, translational neuroscience and translational medicine, neuroendocrinology, neuroepidemiology, neuroergonomics, neurogenetics, nanomedicine, diseases of the nervous system and their treatment, drug design and drug discovery, drug/alcohol effects, toxicity, environment and health effects, biocompatibility materials for neuroscience applications, bioelectronics and biosensors, biomedicine and much more.

Posted in human being | 2 Comments

Wikipedia

The Weber–Fechner law refers to two related laws in the field of psychophysics, known as Weber’s law and Fechner’s law. Both laws relate to human perception, more specifically the relation between the actual change in a physical stimulus and the perceived change. This includes stimuli to all senses: vision, hearing, taste, touch, and smell.
Both Weber’s law and Fechner’s law were formulated by Gustav Theodor Fechner (1801–1887). They were first published in 1860 in the work Elemente der Psychophysik (Elements of psychophysics). This publication was the first work ever in this field, and where Fechner coined the term psychophysics to describe the interdisciplinary study of how humans perceive physical magnitudes.

Posted in human being | 4 Comments

Bianca Bromberger, Rebecca Sternschein, Page Widick, William Smith, II, Anjan Chatterjee

Historically, art and esthetics have been well ensconced in the humanities and have not been considered seriously within the sciences. Fechner (1876) began the field of empirical esthetics. More than a century later, neuroscience is playing catch-up, and is finally coming of age (Skov and Vartanian, 2009; Chatterjee, 2011). Theoretical positions and a few books linking neuroscience to art have appeared (Ramachandran and Hirstein, 1999; Zeki, 1999; Livingstone, 2002; Chatterjee, 2004a). Empirical studies using imaging techniques looking at our responses to beauty (Aharon et al., 2001; Ishai, 2007; Winston et al., 2007; Chatterjee et al., 2009) as well as to different kinds of artwork (Kawabata and Zeki, 2004; Vartanian and Goel, 2004; Jacobsen et al., 2005; Ishai et al., 2007; Cela-Conde et al., 2009) are being published. Recent conferences devoted to art and neuroscience (Nadal and Pearce, 2011) attest to the growing interest in the biology of esthetics. In this paper, we examine the state of one important aspect of neuroesthetics, the neuropsychology of art (Chatterjee, 2004b; Bogousslavsky and Boller, 2005; Zaidel, 2005). We outline reasons that this aspect of neuroesthetics has been relatively undeveloped and report our initial attempts to rectify this situation.

Posted in art | 2 Comments

Paul Simon

Posted in music | 2 Comments

Lucy Pitts

The three big wonders of the Vendée, France – stunning sandy beaches stretching for miles, the glorious countryside of the bocage, dramatic, unspoiled and littered with picturesque villages, and the Marais Poitevan – a network of canals, lush landscape and pretty hamlets known as the Green Venice.

Posted in voyage | 1 Comment

Richard Schwartz

Loneliness is bad for you.

When you’re disconnected, your immune system goes to hell.

If we know that loneliness affects our immune response, it’s not surprising that it would happen at the level of DNA expression.

Few higher mammals are solitary. Humans are relatively helpless as individuals in the natural world. Part of what makes us so powerful is that we’ve banded together in small groups. And part of the pain of loneliness is the recognition that without other people we simply can’t survive.

Posted in human being | 1 Comment

Steven W. Cole

The conceptual relationship between genes and the social world has shifted significantly during the past 20 years. As genes have come to be understood in concrete molecular terms, rather than as abstract heritability constructs, it has become clear that social factors can play a significant role in regulating the activity of the human genome. DNA encodes the potential for cellular behavior, but that potential is only realized if the gene is expressed—if its DNA is transcribed into RNA. RNA and its translated proteins are what mediate cellular behaviors such as movement, metabolism, and biochemical response to external stimuli (e.g., neurotransmission or immune response). Absent their expression in the form of RNA, DNA genes have no effect on health or behavioral phenotypes. The development of DNA microarray and high-throughput RNA sequencing technologies now allows researchers to survey the expression of all human genes simultaneously and map the specific subset of genes that are active in a given cell at a given point in time—the RNA “transcriptome.” “Functional genomics” studies surveying RNA transcriptomes have shown that cells are highly selective about which genes they express, and humans’ DNA encodes a great deal more genetic potential than is actually realized in RNA. Even more striking has been the discovery that the social world outside one’s body can markedly influence these gene expression profiles.

Posted in human being | 1 Comment

三島由紀夫

 拒みながら彼の腕のなかで目を閉ぢる聡子の美しさは喩へん方なかつた。微妙な線ばかりで形づくられたその顔は、端正でゐながら何かしら放恣なものに充ちてゐた。その唇の片端が、こころもち持ち上つたのが、歔欷のためか微笑のためか、彼は夕明りの中にたしかめようと焦つたが、今は彼女の鼻翼のかげりまでが、夕闇のすばやい兆のやうに思はれた。清顕は髪に半ば隠れてゐる聡子の耳を見た。耳朶にはほのかな紅があつたが、耳は実に精緻な形をしてゐて、一つの夢のなかの、ごく小さな仏像を奥に納めた小さな珊瑚の龕のやうだつた。すでに夕闇が深く領してゐるその耳の奥底には、何か神秘なものがあつた。その奥にあるのは聡子の心だらうか? 心はそれとも、彼女のうすくあいた唇の、潤んできらめく歯の奥にあるのだらうか?
 清顕はどうやつて聡子の内部へ到達できるかと思ひ悩んだ。聡子はそれ以上自分の顔が見られることを避けるやうに、顔を自分のはうから急激に寄せてきて接吻した。清顕は片手をまはしてゐる彼女の腰のあたりの、温かさを指尖に感じ、あたかも花々が腐つてゐる室のやうなその温かさの中に、鼻を埋めてその匂ひをかぎ、窒息してしまつたらどんなによからうと想像した。聡子は一語も発しなかつたが、清顕は自分の幻が、もう一寸のところで、完全な美の均整へ達しようとしてゐるのをつぶさに見てゐた。
 唇を離した聡子の大きな髪が、じつと清顕の制服の胸に埋められたので、彼はその髪油の香りの立ち迷ふなかに、幕の彼方にみえる遠い桜が、銀を帯びてゐるのを眺め、憂はしい髪油の匂ひと夕桜の匂ひとを同じもののやうに感じた。夕あかりの前に、こまかく重なり、けば立つた羊毛のやうに密集してゐる遠い桜は、その銀灰色にちかい粉つぽい白の下に、底深くほのかな不吉な紅、あたかも死化粧のやうな紅を蔵してゐた。
 清顕は突然、聡子の頬が涙に濡れてゐるのを知った。彼の不幸な探求心が、それを幸福の涙か不幸の涙かと、いちはやく占ひはじめるが早いか、彼の胸から顔を離した聡子は、涙を拭はうとはせず、打ってかはった鋭い目つきで、些かのやさしさもなしに、たてつづけにかう言った。
「子供よ! 子供よ! 清様は、何一つおわかりにならない。何一つわからうとなさらない。私がもっと遠慮なしに、何もかも教へてあげてゐればよかったのだわ。ご自分を大層なものに思っていらしても、清様はまだただの赤ちゃんですよ。本当に私が、もっといたはつて、教へてあげてゐればよかった。でも、もう遅いわ。……」
 言ひおはると、聡子は身をひるがへして幕の彼方にのがれ、あとには心を傷つけられた若者がひとりで残された。
 何事が起ったのだろう。そこには彼をもっとも深く傷つける言葉ばかりが念入りに並び、もっとも彼の弱い部分を狙って射た矢、もっとも彼によく利く毒素が集約されてをり、いはば彼をいためつける言葉の精華であった。清顕はその毒の只ならぬ精錬度にまづ気づくべきであり、どうしてこんなに悪意の純粋な結晶が得られたかをまづ考へるべきだった。
 しかるに胸は動悸を早め、手はふるへ、口惜しさに半ば涙ぐみながら、怒りに激して立ちつくしてゐる彼は、その感情の外に立って何一つ考へることができなかった。彼にはこの上、客の前へ顔を出すことが、そして夜が更けて會が果てるまで平然とした顔つきでゐることが、世界一の難事業のやうに思はれた。

Posted in story | 3 Comments

New World Wealth

Cities with large (1,000+) outflows of HNWIs in 2017

City (alphabetical) Location
Istanbul Turkey
Jakarta Indonesia
Lagos Nigeria
London UK
Moscow Russia
Paris France
Sao Paulo Brazil
Posted in globe | 2 Comments

Wikipedia

Number of millionaire households per country
by Boston Consulting Group
Number of millionaires per country
by Credit Suisse
Rank Country Number           Rank Country Number
1 United States 7,085,000           1 United States 15,356,000
2 China 2,124,000           2 Japan 2,364,000
3 Japan 1,244,000           3 United Kingdom 2,189,000
4 United Kingdom 821,000           4 Germany 1,959,000
5 Canada 485,000           5 China 1,953,000
6 Germany 473,000           6 France 1,949,000
7 Switzerland 466,000           7 Italy 1,288,000
8 France 439,000           8 Australia 1,160,000
9 Taiwan 370,000           9 Canada 1,078,000
10 Italy 307,000           10 South Korea 686,000
11 Australia 263,000           11 Switzerland 594,000
12 Belgium 240,000           12 Spain 420,000
13 Saudi Arabia 236,000           13 Taiwan 381,000
14 Hong Kong 228,000           14 Belgium 340,000
15 Netherlands 206,000           15 Sweden 335,000
Posted in fake | 1 Comment

Wikipedia

Number of Billionaires by Country

Rank Country Number Rank Country Number
1 United States 585 25 Norway 14
2 China 476 27 Chile 12
3 India 131 27 Malaysia 12
4 Germany 114 29 Netherlands 10
5 Russia 96 29 Saudi Arabia 10
6 Hong Kong 67 31 Austria 8
7 United Kingdom 54 31 Ireland 8
8 Brazil 43 31 South Africa 8
9 Italy 42 34 Argentina 7
10 Canada 39 34 Egypt 7
11 France 38 34 Finland 7
11 South Korea 38 34 UAE 7
13 Switzerland 36 37 Cyprus 6
14 Australia 33 37 Czech Republic 6
14 Japan 33 37 Denmark 6
16 Sweden 31 37 Ukraine 6
16 Taiwan 31 41 Kazakhstan 5
18 Turkey 29 41 Peru 5
19 Spain 25 43 Greece 4
20 Singapore 21 43 Kuwait 4
21 Indonesia 20 43 Lebanon 4
21 Thailand 20 43 Monaco 4
23 Israel 18 43 Poland 4
24 Mexico 15 43 Portugal 4
25 Philippines 14 43 Vietnam 4
Posted in fake | 1 Comment

君品酒店 – Palais de Chine Hotel

Posted in voyage | 2 Comments

日月潭涵碧樓酒店 – The Lalu, Sun Moon Lake

Posted in voyage | 2 Comments

Events-Japan

忖度ジャパン(サッカー日本代表)

  • 電通という名前を出してはいけないと言われていますので、名前は伏せますが、大手広告代理店からのプレッシャーがありました。
  • スポンサー名は明かせませんが、キリンカップサッカーの開催の関係で、スポンサーの意向を反映しま
    した。
  • メーカー名は言えませんが、香川真司選手が出場しないと、スパイクメーカーからの資金援助が絶たれるため、コンディションに関わらず選出することは前もって決定していました。
Posted in Japanese way | 2 Comments

五木寛之

かつて戦時中の私たち日本人は、「神州不滅」という物語を信じていた。
嘘のようだが、最後には神風が吹くだろうと思っていた。そう信じていればこそ、世界の大国相手に戦争をするなどという勇気が出たのだ。
夢から醒めてみると、なんという阿呆らしい信じ込みだったのだろう、と自分でも驚く。
しかし、生き延びていればこそ、夢は夢だったと悟るのだ。戦いに敗れた後も生き永えていればこそ、夢の虚妄に気付くのである。
死は生の断絶である。夢を信じて死を迎える人間は、夢の中に生を終える。
私はたぶん、自分も「死ねば宇宙のゴミになる」だろうと思っている。しかし、一つの明かるい物語を抱いたまま生を終えたいと思わずにはいられない。その物語を信じたことを後悔する余地はない。なぜならば、死とともに意識が失われるからである。信じたまま生は完結するのだ。

Posted in life | 1 Comment

女向けの究極セックス講座

女性はデリケートな生き物です。中には肉食系女子と呼ばれる人もいますが、大半はセックスに対してそれほど積極的ではありません。元々媚薬は、性欲があまりない女性のために開発されたと言われています。主に「性的刺激を受けても興奮しない」「オーガニズムに達しない」などと悩んでる女性が使うと効果があります。
女性の体はとても複雑で精神は繊細です。物理的な感情だけでオーガニズムに達することは難しく、精神的な感情も必要になります。媚薬は性的刺激を受けても興奮しない女性のために、オーガニズムに達するのを助長してくれます。また催淫作用により性欲を高め、精神的にもオーガニズムに達しやすい状態になります。気持ちの良いセックスをするには、ムードも大変重要です。媚薬はそのムード作りにも、一役買ってくれます。

Posted in human being | 1 Comment

元田久治

Posted in art | 3 Comments