5 thoughts on “文部省

  1. shinichi Post author

    (sk)

    敗戦の時に皆で守ろうとした国体がなんだったのか、どんなものだったのか、ずっとわからずに来たが、「大日本帝國は、萬世一系の天皇皇祖の神勅を奉じて永遠にこれを統治し給ふ。これ、我が萬古不易の國體である」という文章を読んで、やっとすっきりした。

    守ろうとしたのは天皇だったのだ。

    よく、「今の北朝鮮は戦前の日本をモデルにしているのでは」などというが、北朝鮮が戦争を始め、そして負けるときに、果たして将軍様を守ろうとするだろうか。

    少なくとも日本人は、天皇を守りきった。

    その結果として存在する今上天皇がリベラルな平和主義者であり、務めをまっとうされているということが、そして人格者であるということが、私たちをほっとさせる。

    「天皇制は嫌いだが、今上天皇は好きだ」という人は、意外に多い。

    Reply
  2. shinichi Post author

    A Critical Comparison Between Japanese and American Propaganda during World War II.

    by Anthony V. Navarro

    https://www.msu.edu/~navarro6/srop.html

    Japan’s concept of Hakko Ichiu, or “eight corners under one roof,” was their counter to America’s Manifest Destiny. Japan catered to the idea of a common Asian race and promoted ethnic unity under Japan’s “roof” of leadership. This idea stemmed from the 8th Century tale that when Japan was first founded 2,600 years ago, several races inhabited the islands. It was only natural, therefore, for the races come back together under the Japanese “roof” . But China, the most populous nation in the world, was a tremendous problem to the Japanese expansion effort. Japan claimed that the “unification” of Japan and China was not only for the good of Japan but for China’s welfare as well. Forceful action was necessary, however, in order to defend themselves from a resistant China.

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.