中国情報局@北京オフィス

最近、米メディア大手のBloombergが「中国が米国の天然ガスを欧州に高値で転売している」という内容を報道しました。 「中国石化の子会社が、高価格の天然ガスをヨーロッパの港に3回に分けて供給する大型受注を獲得したばかり」という内容。そして偶然なのか、この3回で中国が欧州に販売した高価格ガスの出荷先は全てアメリカのエネルギー会社なのです。
中国は天然ガスの輸入国なのですが、こんな大事な時に天然ガスを輸出するのか?でもそこには十分な理由があるようです。まずはアメリカと中国の貿易の関係性。
2018年から始まった米中の貿易戦争では、トランプがハイテク製品を中国に輸出したくないのに、米中貿易の輸入超過をなんとかしたいというジレンマがありました。
そこで着目されたのが資源。交渉の結果として中国がアメリカから700億ドルの天然ガスと大豆を輸入することになったのです。
天然ガスに関する具体的な成約は指定価格で毎年400万トン、期間は20年間の購入契約になります。そして、絶対に契約違反できないよう相当高額な違約金が約束されているのです。ご存じでしたでしょうか。
しかし、中国はすでにロシアと関係があります。ロシアとは長期間にわたる天然ガスの契約を結んでいます。ウクライナの件でロシアはヨーロッパとアメリカから制裁を受けていますので、ロシアとしては中国へ輸出したいニーズが当然高くなります。
つまり中国の天然ガスは余ることになりました。天然ガスの保存にはお金がかかるし危険性が高いので、できれば順調に消費されることが望ましい。
一方で、ヨーロッパではあまりにも天然ガスが不足で値段も高揚しています。このタイミングが絶妙で、アメリカから輸入する分のアメリカからの運送開始と同時期というわけです。
結果的には、中国が余った天然ガスをアメリカの港からヨーロッパに直接運送。アメリカから直接ヨーロッパに送るのは当然、アメリカ→中国→ヨーロッパと経由するよりも運送料が安いし、保存問題も解決し、相当な収入が入りますね。
ヨーロッパは市場価格よりちょっと安い値段で不足で困っていた天然ガスを素早く輸入できたし、これがロシアからのものでもないです。まさかのウィンウィンウィン
一つの船で10億ドルの利益が出るので合計45船でトータル450億ドルの儲けになります。素晴らしいのは、金儲けのために売ったではなく、あくまで仕方がなく売って結果として人助けに繋がっているという建前になるところ。
中国とアメリカの貿易維持のために必要なのか、中国でのエネルギー消費需要のためなのか。結果として戦争という中で瞬時に判断して多額の利益を上げるところは流石だなと感じてしまいます。

2 thoughts on “中国情報局@北京オフィス

  1. shinichi Post author

    ロシアとヨーロッパと中国とアメリカの天然ガスの件で興味深い話

    中国情報局@北京オフィス

    https://note.com/beijingball/n/nec6cb83d4c4a

    ウクライナxロシアの戦争によって、日本や海外のメディアでも中国のメディアでも石油や天然ガスの話を毎日のように目にします。

    世界の多くの国々、なかでもヨーロッパ諸国は新たなエネルギー輸入供給源を探さなければならないし、アメリカのようにエネルギー資源が豊富な国でもそれは同様という状態かと思います。

    そして同時に、日本や海外メディアで目にするのは世界中がロシアの石油を買わなくても中国がロシアから買うんでしょう、的な内容。専門でもないのに得意げに語っているコメンテーターもたくさんいますね。

    これに対して中国でもさまざまな報道や噂が。最近、米メディア大手のBloombergが「中国が米国の天然ガスを欧州に高値で転売している」という内容を報道しました。 「中国石化の子会社が、高価格の天然ガスをヨーロッパの港に3回に分けて供給する大型受注を獲得したばかり」という内容。そして偶然なのか、この3回で中国が欧州に販売した高価格ガスの出荷先は全てアメリカのエネルギー会社なのです。

    一体これは本当なのか。この報道に合わせて、中国の個人メディアがかつての報道記事を根拠にしてBloombergの記事をロジカルに証明していました。

    中国は天然ガスの輸入国なのですが、こんな大事な時に天然ガスを輸出するのか?でもそこには十分な理由があるようです。まずはアメリカと中国の貿易の関係性。

    2018年から始まった米中の貿易戦争では、トランプがハイテク製品を中国に輸出したくないのに、米中貿易の輸入超過をなんとかしたいというジレンマがありました。

    そこで着目されたのが資源。交渉の結果として中国がアメリカから700億ドルの天然ガスと大豆を輸入することになったのです。

    天然ガスに関する具体的な成約は指定価格で毎年400万トン、期間は20年間の購入契約になります。そして、絶対に契約違反できないよう相当高額な違約金が約束されているのです。ご存じでしたでしょうか。

    しかし、中国はすでにロシアと関係があります。ロシアとは長期間にわたる天然ガスの契約を結んでいます。ウクライナの件でロシアはヨーロッパとアメリカから制裁を受けていますので、ロシアとしては中国へ輸出したいニーズが当然高くなります。

    つまり中国の天然ガスは余ることになりました。天然ガスの保存にはお金がかかるし危険性が高いので、できれば順調に消費されることが望ましい。

    一方で、ヨーロッパではあまりにも天然ガスが不足で値段も高揚しています。このタイミングが絶妙で、アメリカから輸入する分のアメリカからの運送開始と同時期というわけです。

    結果的には、中国が余った天然ガスをアメリカの港からヨーロッパに直接運送。アメリカから直接ヨーロッパに送るのは当然、アメリカ→中国→ヨーロッパと経由するよりも運送料が安いし、保存問題も解決し、相当な収入が入りますね。

    ヨーロッパは市場価格よりちょっと安い値段で不足で困っていた天然ガスを素早く輸入できたし、これがロシアからのものでもないです。まさかのウィンウィンウィンw

    これ、風の噂では一つの船で10億ドルの利益が出るので合計45船でトータル450億ドルの儲けになります。素晴らしいのは、金儲けのために売ったではなく、あくまで仕方がなく売って結果として人助けに繋がっているという建前になるところ。

    これに対しては中国のネット民からも、

    – 川建国(トランプが中国の利益によさそうなことをするときに中国ネット民からのニックネームで非常に中国ぽいあだ名)に感謝しなきゃ
    – 転売先を見つけてくれた拜振华(バイデンの非常に中国愛が溢れる中国語のあだ名)に感謝しなきゃ
    とのコメントも。ウクライナもロシアもヨーロッパも大変そうだけど、結局米中がめちゃ利益出て勝ち組じゃんとコメントする人も多かったです。

    いかがでしょうか?個人メディアの過剰な連想と突っ込む人も多いですが、実は中国のエネルギー消費は石油と石炭が中心で天然ガスの需要は比較的小さいとも分析されています。また、欧州に天然ガスを大量に輸送しているのは、それに見合った利益を得るため。ロシアのガス輸出が欧米から制裁を受けた後でロシア国内に天然ガスの滞留が発生していて、今後もロシアは新たな輸出の方向性を探るため、中国やインド、アジアの新興国との交渉していくのでしょう。

    そして戦争以前からずっと、中国はロシアとエネルギー分野で交流・協力していて天然ガスをロシアから調達することは可能なはずなのに、アメリカからも天然ガスを輸入しているというのも面白いなと思いました。

    中国とアメリカの貿易維持のために必要なのか、中国でのエネルギー消費需要のためなのか。結果として戦争という中で瞬時に判断して多額の利益を上げるところは流石だなと感じてしまいます。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.