그대가 곁에 있어도 나는 그대가 그립다 (류시화 )君がそばにいても 僕は君が恋しい(リュ・シファ)

물 속에는
물만 있는 것이 아니다
하늘에는 그 하늘만 있는 것이 아니다
그리고 내 안에는
나만이 있는 것이 아니다

내 안에 있는 이여
내 안에서 나를 흔드는 이여
물처럼 하늘처럼 내 깊은 곳 흘러서
은밀한 내 꿈과 만나는 이여
그대가 곁에 있어도
나는 그대가 그립다

8 thoughts on “그대가 곁에 있어도 나는 그대가 그립다 (류시화 )君がそばにいても 僕は君が恋しい(リュ・シファ)

  1. shinichi Post author

    君がそばにいても 僕は君が恋しい

    by リュ・シファ

    水のなかに
    水だけがあるわけではない
    空には
    空だけがあるわけではない
    そして
    僕のなかに
    僕だけがいるわけではない

    僕のなかにいる人が
    僕のなかで僕を揺さぶる
    水のように 空のように
    僕の深いところを流れて
    秘密の僕の夢で出会う
    君がそばにいても 僕は君が恋しい

    Reply
  2. Pingback: Korean Poems | kushima.org

  3. shinichi Post author

    2024年5月31日(金)

    君がそばにいても 僕は君が恋しい

    今週の書物/
    『그대가 곁에 있어도 나는 그대가 그립다』
    류시화著、푸른숲、1991年刊

    『君がそばにいても 僕は君が恋しい』
    リュ・シファ著、蓮池薫訳、集英社クリエイティブ、2006年刊

    韓国は詩の国といわれる。詩作が盛んで、詩の同人クループがたくさんあり、本屋に行けば詩集がたくさん並んでいる。韓国の詩に触れることが韓国の社会や文化を知る近道だと、多くの人が書いている。

    キム・グァンソプ​(김광섭)とか ユン・ドンジュ(윤동주)といった戦前の詩人が書いた詩を読むのは、日本人である私には つらい。日本統治下で詩を書けば、日本の警察に逮捕される。ふたりの詩は、特に政治的なわけではない。それなのに、キム・グァンソプもユン・ドンジュも収監され、ユン・ドンジュは獄死している。

    戦後の詩人はバラエティーに富んでいる。ナ・テジュ(나태주)は、抒情的な詩を書く。アン・ドヒョン(안도현)は、生活に根差した詩を書く。イム・ジェボム(임재범)は、詩をロックのバラードにのせる。イ・ユンハク(이윤학)は、些細なことを詩にする。そして リュ・シファ(류시화)は、強烈な印象を残す詩を書く。戦後の韓国に、ありとあらゆるタイプの詩人が溢れ出した。

    それは キム・インユク(김인육)とか ハ・テワン(하태완)といった 若い詩人に受け継がれ、多くの詩集が出版される今日の「詩の国」韓国に続いている。楽しい詩も明るい詩も見られるが、その底には悲しさや苦しさや寂しさや怒りが流れ続けている。

    そんな数多の韓国の詩人のなかでも、リュ・シファ(류시화)は、私のなかで特別なひかりを放っている。たったひとつだけのフレーズで、読む者を虜にする。長髪、サングラス、瞑想。そんなイメージとはかけ離れた言葉が、紙の上に並ぶ。

    そう、今週は、そんな 류시화 が文字にした膨大な言葉のなかから一つの詩を選んで味わう。『그대가 곁에 있어도 나는 그대가 그립다』(류시화著、푸른숲、1991年刊)だ。日本語訳も『君がそばにいても 僕は君が恋しい』(リュ・シファ著、蓮池薫訳、集英社クリエイティブ、2006年刊)として出版されている。訳者の蓮池薫さんは色眼鏡で見られることが多いが、この訳を読むかぎり。真摯な人だと感じられる。

    この詩集の題名にもなっている『그대가 곁에 있어도 나는 그대가 그립다』は強烈な詩だ。『君がそばにいても 僕は君が恋しい』、『Even Though You Are Next To Me I Miss You』、『Même si tu es à mes côtés, tu me manques』、『Хоть ты и рядом со мной, я скучаю по тебе』、『即使你在我身边,我还是想念你』。。。 何語に訳しても、その強烈さは失われない。

     물 속에는
     물만 있는 것이 아니다
     하늘에는 그 하늘만 있는 것이 아니다
     그리고 내 안에는
     나만이 있는 것이 아니다
      
     내 안에 있는 이여
     내 안에서 나를 흔드는 이여
     물처럼 하늘처럼 내 깊은 곳 흘러서
     은밀한 내 꿈과 만나는 이여
     그대가 곁에 있어도
     나는 그대가 그립다

     In the water
     It’s not just water
     There is more than just the sky
     And inside me
     It’s not just me.
      
     Who is inside me
     You who shake me from within
     Like water, like the sky, flowing deep inside me
     The one who meets my secret dream
     Even though you are next to me
     i miss you

     水のなかに
     水だけがあるわけではない
     空にはあの空だけがあるわけではない
     そして僕のなかに
     僕だけがいるわけではない
      
     僕のなかにいる人
     僕のなかで僕を揺さぶる
     水のように 空のように 僕の深いところを流れて
     秘密の僕の夢と出会う君
     君がそばにいても
     僕は君が恋しい

    君がそばにいても 僕は君が恋しい。人を好きでいるときの感情をこれほど端的に表した言葉が、ほかにあるだろうか。

    僕のなかにいる君。僕のなかを流れている水のように、僕のなかに広がる空のように、僕のなかにいて、僕を揺さぶり続ける君。僕の秘密の夢に出会う君。

    류시화 の詩のなかの「君」は、류시화 の「君」ではない。読者ひとりひとりが「僕」であり「君」なのだ。

    詩人は、読む人を、その気にさせる。류시화 の詩を読む人は、読むときに誰もが 詩人 になる。

    詩が 韓国で ますます盛んになり、詩は 日本では 見向きもされない。それはいいことなのだろうが、ちょっと寂しい。

    **

    류시화 の詩について、少しだけ書き加えたくなった。それは「あるもの」と「ないもの」のことだ。

    私たちは、「あるもの」を、あってあたりまえと考えてしまう。「あるもの」があることが、どれだけ有難いことか。それを忘れてしまう。「あるもの」があることが、どれだけ運のいいことか、それを、류시화 が改めて考えさせてくれる。「ないもの」のことも同じ。失ったものについて嘆いたり、失うかもしれないと恐れたり、そんなことには意味がないと、気づかせてくれる。

    家を失くした人は、家が恋しい。家を持っている人は、空き地の風が恋しい。恋人を失くした人は、恋人が忘れられない。恋人といる人は、自由が恋しい。人生では何も失われず、何も得られない。すべてはたぶん、空の野原に吹く風のようなものに違いない。

    泣きながら、笑える日々を懐かしむ人がいる。笑いながら、いつか泣く日が来るのを恐れている人がいる。私は何のために生きていたのか。何のために生きなかったのか。

    生きている人の多くは、死を恐れる。死にゆく人のなかには、早く死ねばよかったと思う人もいる。自由ではない人は自由を逃していることに気付かない。旅人のなかには、自由に疲れて道に倒れてしまう人もいる。

    そしてなんといっても、류시화 の詩といえば、「あるもの」への感謝と思いやりだ。

    雨が降ったとき、そして雨が止んだとき、君の前に立っていたい。木になりたい。君のまえで、ずっと緑でいたい。鳥たちを集めて、君と一緒に、沈む夕空を眺めていたい。

    一度も傷つかなかったように 愛するといい.

    そんなことを書きつらねる 류시화 は、いったいどんな暮らしをしているのだろう。いったいどんなふうに人を愛しているのだろうか。류시화 は普通の人だという。普通ということは、どんなに特別なことなのだろう。

    詩人に会うことがあったら、馬鹿げたことを言ってみよう。詩人がどんな反応をするか。それを楽しむのも、悪くない気がする。

    **

    最後に、류시화らしい言葉を。

    새는 날아가면서 뒤돌아보지 않는다(鳥は飛びながら振り返らない)』から。

     나무에 앉은 새는 가지가 부러질까 두려워하지 않는다.
     새는 나무가 아니라 자신의 날개를 믿기 때문이다.

     A bird perched on a tree is not afraid of the branch breaking.
     That’s because the bird trusts its own wings, not the tree.

     木にとまった鳥は 枝が折れることを恐れない
     鳥は木ではなく 自身の翼を信じているから

    Reply
    1. Important

      Is this real:?
       ,  …  I am struggling  with  my health
      How can I help?
      wish I can help but
      get many real helps
      no need to struggling alone
      with information everywhere
      You are owe yourself
      You are the matter to many who you love
      Please conquer and get health back!

      Reply
  4. Pingback: めぐりあう書物たちもどき | kushima.org

  5. Bird

    What are the differences ?
    Even though you’re beside me, I miss you
    Even though you’re far away, I feel you
    -Imaginary & Real-

    Conflict
    I’m not sure what to do,
    but I’m sure what not to do
    I’m not sure what to do, but I’m
    Not sure what to do? I’m not
    Sure what to do?
    I’m
    Not sure what to do, I’m

    “I miss you so much, you’re my friend,” “I miss you so much, I miss you,” …. indeed very powerful, a heart
    wrenching pome by
    Lee Seung-hwy
    who are you?
    a scientist and
    statistician
    poet and artist
    dreamer or storyteller
    are you
    a fortune teller
    palm reader
    warm and cold
    earth and sky
    tree and bird
    little bit of all

    Wounded bird
    Even trusted her own wings but
    Injury unpredictable by bad weathers
    gunfire, branches fall on each other….
    accident happen

    I’m sorry….I’m going to die in my sleep…
    But please live as you never lived before
    Strong feeling of regret, regret, regret
    But opposite every sadness there are some goodness hiding.
    Be glad to be alive and be blessed to die in sleep.

    Twisted
    “Love as if you have never been hurt “
    Never understand how love can hurt?
    Till one day that bird flew away away away…
    “Birds do not look back while they fly.” they fly they run away because they hate to be caged!
     I can’t stand the sight of you, I can’t stand the sight of you …
    such complicated emotion and feeling but was really the reason Bird fly away?

    为什么苹果会从树上掉下来?
    大树日夜培育着苹果
    但有一天因为苹果
    树感受到重重压力
    悲伤不再自由自在
    苹果成了树的负担
    树的无奈选择决定
    与苹果脱离了关系

    苹果落地
    不是地力引
    苹果落地是因为
    树不再提供养分
    苹果的命根枯萎

    如果你是风
    但吹落枫叶的不是风
    而是秋天气候
    相同于
    萍果落地枯萎
    也不怪于树
    而是自然规律

    Difference between like and love, or neither
    当你喜欢一朵花时,
    你会选择摘下它.
    当你爱一朵花时,
    你每天给它浇水.
    当你不喜欢它时,
    你最多只是看一眼
    无关它的存在与否

    Reply
  6. Pingback: めぐりあう書物たちもどき | kushima.org

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *