Category Archives: voyage

なにかをしながらどこかに思いを馳せて
うたた寝をする

こころから好きだと思えるようなことをして
気持ちよく暮らす

四季と上手に付き合って
五感を取り戻す

自然のなかに入って行って
創造力を取り戻す

光の揺らぎや風の流れを感じて
バランスを取り戻す

君を想って
佇む

そうだ
旅に出よう

パイ インターナショナル

一度は訪れたい!
おとぎの世界が広がるかわいすぎる村と街

家の壁や部屋の中にお花の絵が描かれたポーランドの田舎町ザリピエ。中世の面影が残るイタリアやフランスの美しい村など、世界にはおとぎ話のようなかわいい村や街が今も残っています。本書では、絵本の世界に迷い込んだようなノスタルジックな場所や伝統的な建築物が残る小さな村、そして映画や物語の舞台になった街など、ロマンティックでかわいい場所を厳選して紹介します。

Hannah Arendt

Loving life is easy when you are abroad. Where no one knows you and you hold your life in your hands all alone, you are more master of yourself than at any other time. In the opacity of foreign places all specific references to yourself are blurred. It is easy to conquer unhappiness when the general knowledge that you are unhappy is not there to disgrace you, when your unhappiness is not reflected by innumerable mirrors, focused upon you so that it strikes you again and again. It is easy, as long as you are young, to surrender to the pure force if life, which always advises submergence and forgetfulness. It is easy to forget yourself when the reason for all your unhappiness, your “infamous birth,” is not recognized, not observed, not counted.

JR新幹線ネット

東京-京都

Lucy Pitts

The three big wonders of the Vendée, France – stunning sandy beaches stretching for miles, the glorious countryside of the bocage, dramatic, unspoiled and littered with picturesque villages, and the Marais Poitevan – a network of canals, lush landscape and pretty hamlets known as the Green Venice.

龍言

龍言の朝食の主役は、なんと言っても釜で炊いた「南魚沼産コシヒカリ」です。朝食のおかずは、南魚沼きりざい・卵焼き・鮭などの「日本の朝ごはん」と感じるおかずをご用意しております。

岩木一二三

今の状況は、本来の旅の姿ではない。人間性を置き忘れている。旅の本質を見失っている。何時の日か人間性の回復を求め、郷愁の念に駆られ山の小さな温泉宿に心の故郷を求め、本当の旅人が戻ってくる。旅らしい旅が求められる時代が来る。

吉永南央

有名なお寺ですから普段は人が多いんですが、早朝はとても静かです。誰もいない境内の奥の方からふっと読経がきこえてきたり、時には掛け軸を出し入れしている珍しい光景を目にしたり。ゆっくり静けさを味わえるのは京都に住む特権ですね…

お気に入りの『猫道』の1つなんです。猫が通るという意味ではなく、私が猫の立場(笑)。なるべく誰もいない方へひっそりと…

水の音が好きなんですよね。ここは特に立派なお宅が多いので、職人さんたちが家や庭をよく手入れしていて、『この間から作業が進んだな』なんて確認するのも楽しいんです。京都の人ってやはり、自宅のお庭とか、お店も、構えないのにちゃんと美しくしつらえているから、ありがたい…

Lake Toba

LakeTobaLake Toba is a large natural lake occupying the caldera of a supervolcano. The lake is about 100km long, 30km wide, and up to 505m deep. The lake is located in the middle of the northern part of the Indonesian island of Sumatra, with a surface elevation of about 900m. It is the largest lake in Indonesia and also the largest volcanic lake in the world.


JICA

Panglao0サンゴ礁などの観光資源に恵まれているフィリピンのボホール州では、航空需要が急激に増加しており、今後の旅客数の伸びが期待されています。しかし、現空港の拡張は環境配慮の観点から困難な状況であり、国際基準を満たした安全で、十分な収容能力を備えた新空港の建設が必要となっています。この協力では、同州の州都対岸に位置するパングラオ島において新空港の整備を支援します。環境に配慮しつつ、航空輸送に係る利便性と安全性の両立を図り、同地域における持続可能な成長に寄与します。

Thomas Varela

ClubMed1仏リゾート運営企業クラブメッド(地中海クラブ)は1950年に2人のフランス人が起業して以来、「世界に広がる夢、幸せ、友情」を象徴してきた――同社のパンフレットにはそう書いてある。
元フランス大統領バレリー・ジスカールデスタン氏の息子、アンリ・ジスカールデスタン氏は、2005年にクラブメッドの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任して以来、クラブメッドを富裕層向けに変革しようとかじを切った。木造バンガローの並ぶリゾートを閉鎖し、ディオールやシャネルといった高級ブラント店が入るリゾート施設の建設を進めた。だが2009年に欧州を襲った景気後退で行き詰まり、資金不足に陥った。
ClubMed2ジスカールデスタン氏は復星国際に支援を要請。同社は2010年にクラブメッドの株式の7%を取得し、アジア進出を進める方針を表明した。 だが復星国際がクラブメッドの支配権を確実にするまでの2年間、フランス産業史上ほとんど例のない激しい買収合戦が繰り広げられた。
フランス証券当局の11日の発表によれば、復星国際が率いるグループはクラブメッドの株式の92.8%を手中に収めた。復星国際は、やはりクラブメッドの株式を保有するフランスの未公開株投資会社アルディアンと組んで買収合戦を戦った。
過去10年にわたり復活を目指し苦しみ抜いてきたクラブメッドは、復星国際の下で大きな変革を余儀なくされるだろう。

Château de Menthon

chateau-visites-annecy-le-chateau-au-fil-des-siecles

« L’œuvre collective d’une famille où chacun a apporté sa pierre suivant l’esprit du temps et son propre goût… »

Lové dans un parc profond, le Château de Menthon n’est pas seulement l’un des joyaux architecturaux savoyards. Avec ses 105 pièces, il est resté par delà les siècles une demeure bien vivante, toujours occupée par la même famille depuis bientôt 1000 ans.

Marcel Proust

Le véritable voyage de découverte ne consiste pas à chercher de nouveaux pays, mais à avoir de nouveaux yeux.

On aime toujours un peu à sortir de soi, à voyager, quand on lit.

Joan Carles Vilalta

Regard_etrangerGénéralement, ce sont les habitants d’un pays qui parlent de leur contrée, de sa population et de ses atouts touristiques — montagnes, plages, paysages et sites classés, monuments, musées, fêtes, traditions, cuisine… Pour cet ouvrage, nous avons souhaité prendre le contre-pied de ce qui se fait habituellement et ne montrer que la façon dont les étrangers nous ont considérés au fil du temps. C’est ce qui justifie le titre de ce recueil, Le Regard étranger, qui a la modeste ambition d’orienter le voyageur ou le touriste qui se rend en Catalogne en lui apportant des références de valeur universelle.
Nous reproduisons ici des textes d’une soixantaine d’écrivains et de personnalités qui ont parlé de la Catalogne et des Catalans à un moment donné de l’histoire, depuis la Rome antique jusqu’à nos jours.