黒田清輝

 その時代によつて多少の相異はあるがクラシツクの方では正しい形を美の標準としてゐる。然し私には、このクラシツクの方でいふ正しい形は、どうも厳格すぎるやうな感じがする。
 即ちこれを日本人に応用すると混血児になつてしまふ。嫌ひといふではないが絵にするには少し申分がある。眼のパツチリした、鼻の高い、所謂世間で云ふ美人は、どうも固すぎると思ふ。
 と云つて又、口元に大変愛嬌があるとか、苦みばしつてゐるとかいふやうな、特に表情の著しい顔は好かない。一口に云ふと、薄ぼんやりした顔が好きです。
 目の細い、生際や眉がキツパリと塗つたやうに濃い顔はいけない。鼻筋の通りすぎたのも却つてよくない。中肉中背といふことも勿論程度問題ではあるが、どちらかといへば、中背は少し高い位、中肉は少し優形の方がいゝと思ふ。つまりスラツとした姿の美しい女がいゝ。
 この絵は、ルネツサンス時代のフロオレンスの絵画によくあるやうな上品なスツキリとした優美――意気でない、野暮な優しさを描かうと思つて、頸なぞも思ひ切つて長くし、髪なども態と或る時代を現す一定の型に結はさないで、顔の輪郭なども出来るだけ自分の考へてゐるやうに直したが、どうも十分には私の心持ちが現れなかつた。
 然し嬉しいとか、悲しいとかの表情のない処までは行つたと思ふ。難を云へば、顔が一体に行き詰つてゐるかと思ふ。優しみといふ点も欠けてゐる。品が十分でない。私としては、モウ少し間の抜けた上品な処がほしかつた。
 一体に東京の女は顎が短くつていけない。尤もあまり長過ぎても困るが、どちらかと云へば少し長い位なのがいい。京都には、態と表情を殺してゐるやうな女がよくあるが、あれは中々いゝと思ふ。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

2 Responses to 黒田清輝

  1. shinichi says:

    女の顔
    ――私の好きな――

    by 黒田清輝

    日本の名随筆40 顔

    https://www.aozora.gr.jp/cards/000257/files/1425_7948.html

  2. shinichi says:

    日本の名随筆40 顔

    赤瀬川原平 横向きの自画像
    石井鶴三  顔
    泉靖一   アンゼスの顔
    伊丹万作  顔の美について
    伊藤整   魅力ある顔
    井伏鱒二  口髭
    岩佐東一郎 秋の顔 [巻頭詩]
    宇野重吉  顔
    円地文子  雛の顔
    遠藤周作  頭髪
    小津安二郎 性格と表情
    開高健   男の顔
    金関丈夫  美女と般若
    喜多六平太 歌舞伎
    喜多六平太 新面
    喜多六平太 直面
    喜多六平太 面と顔
    木村荘八  役者の顔
    黒田清輝  女の顔-私の好きな-
    五所平之助 椎名麟三さんの微笑
    佐藤愛子  悪者の顔
    佐藤忠男  少女マンガの大きな目
    篠田正浩  眼は口ほどに……
    島崎藤村  婦人の笑顔
    高峰秀子  顔
    竹久夢二  ある眼
    太宰治   容貌
    津村秀夫  臨終の眼
    寺山修司  多羅尾伴内はなぜ片目をかくしたか
    戸板康二  美人薄命
    富岡多惠子 化粧
    土門拳   僕の写したい女性
    中川一政  眼
    中里恒子  眉
    中村真一郎 顔について
    野村万蔵  能面漫話
    荻原守衞  彫刻家の見たる美人
    花田清輝  仮面の表情
    埴谷雄高  顔の印象
    日向あき子 その微笑は、やはり謎
    平林たい子 不美人論
    福原麟太郎 顔について
    藤沢周平  母の顔
    堀口九萬一 東西ほくろ考
    マキノ雅弘 眼があかなんだら、女房にします
    三島由紀夫 〈美容整形〉この神を怖れぬもの
    養老孟司  顔の見方
    吉行淳之介 みみ・はな・くちびる

Leave a Reply to shinichi Cancel reply

Your email address will not be published.