キム・ギドク

世の中は、恐ろしいほど残酷で無情で悲しみに満ちている。
残酷な行為に関するニュースが、世界中で毎日報道されている。
自分自身のことを含め、どんなに一生懸命人間を理解しようとしても、混乱するだけでその残酷さを理解することはできない。そこで私は、すべての義理や人情を排除して何度も何度も考え、母なる自然の本能と習慣に答えを見つけた。
自然は…人間の悲しみや苦悩の限界を超えたものであり、最終的には自分自身に戻ってくるものだ。私は人間を憎むのをやめるためにこの映画を作った。
人間、空間、時間…そして人間。


1 thought on “キム・ギドク

  1. shinichi Post author

    キム・ギドク監督最新作 
    映画『人間の時間』公式サイト

    https://ningennojikan.com/

    **

    善悪の境界線が揺らぐ──

    **

    カンヌ(『アリラン』ある視点部門最優秀作品賞)、ヴェネチア(『うつせみ』監督賞)、ベルリン(『サマリア』監督賞)と、世界三大映画祭を制覇し、近年では『殺されたミンジュ』、『The NET 網に囚われた男』など、政治的メッセージが際立つ作品を発表し続けている韓国の異端児キム・ギドク。第68回ベルリン国際映画祭(2018)のパノラマ・スペシャル部門招待作品としてプレミア上映され、賛否両論を巻き起こした最新作の待望の日本公開が決定した。
    様々な年齢と職業の人間が退役した軍艦に乗り合いクルーズ旅行をする中で、海を航海していた軍艦が異次元に辿り着くことにより、取り残された乗客たちが生き残りをかけて様々な悲劇的事件を起こしていく様を描いた、ギドク史上最も不穏で過激なファンタジー作品。強烈な表現で常に物議をかもすギドクが、極限状態の中で道徳と倫理を越えてむき出しになる欲望を通して人間の深淵を描き出した本作は、人類の持つ暴力性と自然の摂理を突きつけてくる。善悪の境界線が揺らぐディストピアに希望はあるのか――。

    **

    主人公のイヴ役を日本と韓国を行き来しながら精力的な活動をしている藤井美菜、アダム役を甘いマスクで韓国のみならず日本でも高い人気を誇るチャン・グンソクが体当たりで熱演している。そしてイヴの彼氏役としてキム・ギドク監督と親交の深いオダギリジョーが特別出演。また、謎の老人を演じたデビュー63周年となる韓国の国民的俳優アン・ソンギ、カメレオン俳優と言われる実力派イ・ソンジェ、アクション俳優としても評価の高い個性派リュ・スンボム、ミュージカルでも活躍するソン・ギユンなど、日韓の豪華キャスによる競演も見どころである。

    **

    休暇へ向かうたくさんの人々を乗せ、退役した軍艦が出航する。
    乗客には、クルーズ旅行にきた女性(藤井美菜)と恋人のタカシ(オダギリジョー)、有名な議員(イ・ソンジェ)とその息子(チャン・グンソク)、彼らの警護を申し出るギャング(リュ・スンボム)たち、謎の老人(アン・ソンギ)など、年齢も職業も様々な人間たちがいる。大海原へ出た広々とした船の上で、人々は酒、ドラッグ、セックスなど人間のあらゆる面を見せる。荒れ狂う暴力と欲望の夜の後、誰もが疲れて眠りにつき、船は霧に包まれた未知の空間へと入る――。
    翌朝、自分たちがどこにいるのかわからず、そこから出られるのかもわからない状況に唖然とする人々は、生き残りをかけて悲劇的事件を次々に起こしていく。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.