The New Yorker

米国が膨大な資金と軍事力を投じたにもかかわらず、アフガニスタンの民主化は遅々として進まず、むしろ状況が悪化しているのはなぜなのだろうか?
米政府はこれまで約8000億ドル(約80兆円)の予算をアフガニスタンにおける軍事活動に費やしている。そのうち、約1130億ドル(約11兆3000億円)が復興活動に充てられたが、これは第2次大戦後の欧州でマーシャル・プランに使われた額を超えているという。
戦争が始まった時点で、アフガニスタンの1人当たりGDPは120ドルほどだった。それゆえに米軍の司令官デヴィッド・ペトレイアスは、アフガニスタン戦略に資金をつぎ込むことをこう奨励した。
「武器の一つとして金を用いる。金は防御手段となりうるのだ」
一方、ワシントンの関心事は、死傷者をこれ以上出さないためにアフガニスタンに駐留する米兵の数を減らすことだった。
そのため米軍は、基地のメンテナンスから調理、洗濯、物流、警備までありとあらゆる仕事を現地の人間にまかせていた。2007年以降、米軍基地内には米兵の約3倍のアフガニスタン人が働いているような状況だった。
アフガニスタン人にとっても、米軍相手のビジネスはよい生活の糧だった。なかでも、米軍に物資の調達をまかされていた物流会社はその事業をどんどん拡大していった。
このビジネスによって巨万の富を築いた者もいる。
まだ20代の物流会社のオーナー、ヒクマット・シャードマンだ。
彼は、米軍との契約期間に1億6000万ドル(約160億円)以上も稼いだという。
だが、そんな彼は現在、全財産である7099万605ドル(約80億円)を守るために米連邦裁判所で争っている。
ヒクマットは米軍やアフガンの関連業者に対する贈賄罪で告訴されているが、彼はその罪をかたくなに否定し続けている。だがすでに、この事件に関与した8人の兵士が有罪判決を受けた。

2 thoughts on “The New Yorker

  1. shinichi Post author

    「貧しきアフガン少年」はいかにして米軍から80億円を奪い取ったのか? 腐敗した米軍内部とつけ入るアフガニスタンの癒着が明らかに!

    The New Yorker

    https://courrier.jp/news/archives/60651/

    3年前、まだ20代のアフガニスタン人の青年が米連邦裁判所に告訴された。彼は祖国に駐留する米軍兵士を買収し、約8000万ドル(約80億円)もの財産を築いてアフガニスタンでも有数の富豪になったという。
    彼を私欲の道に駆り立てたものは何だったのか? 米誌の取材によって、米軍とアフガニスタンの歪んだ関係が浮かび上がる。

    **

    世界を悩ませる汚職と腐敗、経済損失は年間2.6兆ドル以上

    by Dominic Dudley

    https://forbesjapan.com/articles/detail/25734

    アフガニスタンは、地球上で最も腐敗した国の一つだ。国際NGO(非政府組織)トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)が毎年発表している「腐敗認識指数」版では、いつも下位10か国に入っている。

    また、国際NPO(非営利団体)のアジア財団の調査によれば、アフガニスタン人の70.6%が汚職について、「日常生活における重大な問題」だと考えている。さらに、81.5%は「国全体にとっての重大な問題」であると回答した。

    **

    同情少ないガニ大統領 複雑な多民族国家を束ねられず

    https://www.asahi.com/articles/ASP8J64L1P8JUHBI03B.html

     米国暮らしが長く、学者出身のガニ大統領の政権基盤は、2014年の発足当初からぐらついていた。米国の支援で大統領選を2度競り勝ったが、政敵と溝が深まり内政がまひ。意に沿わぬ閣僚を次々と更迭した。汚職を排除できず、国際援助が賄賂となって消えた。

    Reply
  2. Anonymous

    (sk)

    タリバンが来るといってあわててカブールを逃げ出していった汚職まみれの人たちに、どんな感情を持てというのか?

    資本主義の原理だかなにか知らないが、外国人と仲良くなり、賄賂を渡し、仕事をもらい、金儲けをした人たちの側に立って話などできない。

    タリバンの側に立つ方が、ずっといい。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.